嗅覚障害の種類 嗅覚1

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

においが「わからない」「なくなる」

五感の一つである嗅覚は、私たち
にとって、とても重要なものです。

 

嗅覚によって食事を美味しく
味わうことができますし
危険を避けることもできます。

 

また、においが過去を想起
させることもあります。

 

においがわからなくなることを
「嗅覚障害」といいますが、内容
によって、いくつかに分かれます。

 

 

 

 

まず最初に、嗅覚障害をまとめたものを
表示し、次に一つずつの説明をします。

 

____________________

Ⅰ 量的嗅覚障害

1 嗅覚脱失 – A
  (全てのにおいがわからない)

2 嗅覚低下 – B
  (においが感じ方が弱い)

____________________

 

Ⅱ 質的嗅覚障害

1 異臭症
 (本来のにおいと違うにおい)

  ⑴ 刺激性異臭症 – C
  (本来のにおいと違う or 皆同じにおい)

  ⑵ 自発性異臭症 – D
  (鼻や頭で常に or 突然においを感じる)

 

2 嗅盲 – E
 (特定のにおいがわからない)


3 嗅覚過敏 – F
 (においに不快感を感じる)


4 その他

  ⑴ 悪臭症 – G
   (上気道の疾患による悪臭)

  ⑵ 自己臭症 –  H
   (実際にはない鼻・口・体臭等に悩む)

  ⑶ 幻臭 – I
   (自己臭症と同様の統合失調症の一症状)

  ⑷ 鉤回発作 – J
   (嗅覚中枢での自発的発火による症状)

 ____________________

 

 

 

 

 

嗅覚障害 量の問題と質の問題

Ⅰ 「量的障害」(量の問題)

1「嗅覚脱失(anosmia)」 – A

においが全くわからなくなる症状です。

 

 

2「嗅覚減退(hyposmia)」 – B

全くわからないというわけではないもの
の、においの感じ方が弱くなった状態。

 

これは嗅覚の量に関する障害ですので
嗅覚の「量的障害」いい、病院を訪れ
る多くの人はこの量的障害です。

 

 

 

 

 

Ⅱ 「質的障害」(質の問題)

量的障害に対するのが、「質的障害」で
においの「質」に関するものを指します。

 

 

1 「異臭症(dysosmia)」

においの量ではなく、本来の匂いとは
違って感じられるという質が問題の症状
に「異臭症」があります。

 

異臭症は、
「刺激性異臭症」と
「自発性異臭症」に分けられます。

 

⑴「刺激性異臭症(parosmia,troposmia)」- C 

あるもののにおいが本来のものと異なって
感じられたり、また何のにおいを嗅いでも
同じにおいに感じる異常です。

 

 

⑵「自発性異臭症(phantosmia)」 – D

においのする物質がないにも関わらず
常に鼻や頭の中ににおいを感じたり
あるいは何もないのに突然においを
感じるといったものです。

 

異臭症の患者数はそれほど多くはありま
せんが、嗅覚脱失や嗅覚低下で受診する
人のなかに異臭症を伴う人もいます。

 

 

 

 

 

2 「嗅盲(olfactory blindness)」 – E

ある特定のにおいだけが
わからない状態をいいます。

 

約400あるというにおい分子受容体のうち
の一部の受容体が遺伝子変異により発現
しないと臭盲が起きると推測されています。

 

臭盲となるにおい感覚については、いくつ
かのにおい物質が判明しているようで、青酸
(シアン化水素)の放つアーモンド臭を感じ
ない人は人口の約1割いるといわれます。

 

 

 

3「嗅覚過敏症(hyperosmia)」 – F

過敏症といいますと、量を感じますが
嗅覚過敏症は「量的障害」ではなく
「質的障害」に含まれます。

 

その理由は、においの量が少なくても
敏感に感じるというのではなく、不快な
においを感じる症状の問題と捉えられて
いるからのようです。

 

 

 

 

 

4 その他

⑴「悪臭症(cacosmia)」- G

同じ質的嗅覚障害のなかに「悪臭症」と
いうものがありますが、これは副鼻腔炎や
扁桃炎などの、主に上気道の炎症性疾患や
腫瘍性疾患により病巣が悪臭を放つものです。

 

 

 

⑵「自己臭症(egorrher symptom)」  – H

実際にはない自分の口臭や鼻臭、あるい
は体臭があると思い込む状態のこと。

 

実際にはないものがにおうと思って
いるのですから、心因性や精神疾患
によるものが多いようです。

 

 

 

⑶「幻臭(hallucination)」I

こちらも自己臭症と同じような
症状で、統合失調症の一症状です。

 

異臭症との区別は難しいのですが
患者が統合失調症だった場合には
「幻臭」と判断がつくとのことです。

 

統合失調症は、視覚では「幻覚」が
聴覚では「幻聴」が聞こえることがあ
りますので、その嗅覚版が「幻臭」と
いうことなのでしょうか。

 

 

 

 

 

⑷「鉤回発作(uncinate epilepsy)」- J

「鉤回発作(こうかいほっさ)」の
鉤回(鉤と鈎の両方の漢字が使われる)
は、嗅覚情報の処理と関わりを持つ領域。

 

この場所がてんかん発作の起点となりま
すが、けいれんはともなわない発作で
無限状態ともいわれます。

 

周囲への知覚がありながらも、夢の中
で行動しているように感じられ、しば
しば幻臭や幻味をともないます。

 

時間としては短いものの
鮮明で不快なにおいということ。

 

原因不明のことが多く、明確な分類
が困難なため、その他の質的異常に
含まれています。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください