「グレープフルーツ」と「キンモクセイ」の香り ダイエットに効果がある? ない?

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

グレープフルーツダイエット

グレープフルーツの香りがダイエット
によいという情報をよく目にします。

 

ダイエット効果があるという理由
はグレープフルーツの香りが、
     ↓
  交感神経を刺激
     ↓
  脂肪の燃焼を促し
     ↓
 エネルギー消費を促進
     ↓
  体温を上昇させる

 

からというものです。

 

 

 

 

ラットを使った実験では、グレープ
フルーツの香りを一時間かがせた後に
血中のグリセローツ濃度が2,5倍まで
上昇したという結果が出ています。

 

中性脂肪が分解されると、グリセロール
と脂肪酸に変わりますが、ただその効果
が香りによるものか、精油成分が肺を
通して血中に取り込まれたのかという
疑問は残ります。

 

しかしそれも、無臭症のラットを使った
実験でも同様の結果が得られたことから
臭覚刺激効果ということがわかりました。

 

 

 

 

 

コーヒーの香りと相乗効果も

ニオイ刺激が、自律神経活動をコント
ロールし脂肪分解を促進して結果的に
体重の減少につながるというのです。

 

この効果は、グレープフルーツにだけでは
なく、コーヒーの香りとの相乗効果により
脂肪分解を促進させるともいいます。

 

おやつにグレープフルーツとコーヒの
組み合わせは最強?、なのでしょうか。

 

 

 

 

 

香りだけではダイエットは無理

このグレープフルーツがダイエット
に良いという説に、真っ向から
反対する方もいらっしゃいます。

 

確かに、グレープフルーツの精油には
利尿作用があってむくみを解消する
ことは可能、

 

その上、皮付近に多く含まれるナリン
ギンという成分は食欲を抑え脂肪の
分解を促進する、

 

ということは事実ですが、香りを嗅ぐ
だけでの効果はないといいます。

 

「食べたり、精油をブレンドしてマッサ
ージをすることでそれなりの効果は得ら
れるものの、グレープフルーツの香りの
効果にはむしろ『食欲増進作用』がある
ほどです」(「Jun  Nakayama」)

 

 

「グレープフルーツ」の香りは
ダイエットに効果がある?

 

 

 

キンモクセイの香りのダイエット効果

グレープフルーツの香りに関しては
かなり前から聞いていますが、キンモク
セイの香りは今回、初めて知りました。

 

キンモクセイの香りがオーキシンという
ホルモン物質の分泌を促し、食欲を抑え
る効果があるとの報告がされました。

 

ラットを使ったテストでは
体重の増加量が90%に抑え
られたということです。

 

人間のテストでは、いわゆる
腹7分目程度の量しか摂らなくて
も満腹感が得られたとのこと。

 

香りの効果として、脳視床下部摂食中枢
の細胞が産生する「オレキシンの量を
低下させる」ということからダイエット
効果が期待できるというものです。

 

 

東京ミッドタウンの「キンモクセイ」

 

 

 

「オレキシン(orexin)」とは

1998年に発見された神経ペプチド
(神経が分泌するホルモンなどの総称)
です。

 

視床下部外側野に存在する神経細胞が
産生しているオレキシンは、食欲や
報酬系、睡眠・覚醒を制御します。

 

オレキシンを作る神経細胞が消滅する
と、ナルコレプシーという睡眠障害に
なることがわかっています。

 

 

 

 

オレキシンを脳室内投与した結果として
摂食量の亢進、交感神経系の興奮、
ドーパミンニューロンの興奮などは全て
覚醒に応じて引き起こされる現象、

 

あるいは、覚醒が引き起こされた
結果とも捉えられることから
オレキシンの中心的な役割は
覚醒の維持にあると考えられています。

 

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください