「ローゼンタール〈 魔笛 〉」初期の作品

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

blog_import_515362a749384

 

 

 

現在の〈 ゴールド 〉と〈 ホワイト 〉以外に、
何種類かのものがありました。

 

モーツァルトのオペラ「魔笛」の登場人物の主要な人、
それぞれにあわせてビョルン・ビンブラッドがデザイン
したものと思われます。

 

それはそれは、贅沢なものでした。

 

そして現在、ローゼンタール〈 魔笛 〉のゴールドと
ホワイトがあります。

 

これはやはり、残るべくして残った
「究極のシンプルな美」という気がします。

 

blog_import_515364355e57b

 

 

私は1993年当時に「パパゲーノ」を見たことがあります。

 

オペラ「魔笛」の登場人物の名前である「パパゲーノ」は、
白のベースにゴールドの小さな葉っぱのような連続模様を
散らした、とても愛らしいものでした。

 

私は、ゴールドとホワイトのカップを揃えた後に、
いつかはパパゲーノも加えようと思っていたのです。

 

登場人物ごとにデザインの違うこんな素晴らしい、
楽しい食器を全て揃えられる人は、残念ながら限られた
人ではないでしょうか。

 

また、それ以上に作る側、ローゼンタール社にとっても、
この価格でそこまで凝りに凝ったものを制作するのは大変
なことでしょう。

 

膨大なパターン一つを考えても、とてもあり得ないことです。

 

 

121101kurowasan

 

かくして、ローゼンタール〈 魔笛 〉の神髄、象徴は
〈 ゴールド 〉と〈 ホワイト 〉となって
現代に息づくことになりました。

 

なんと幸せなことでしょう!

 
130421lupicia

 

スポンサードリンク




「ローゼンタール〈魔笛〉ゴールド」の本名は「ザラストロ」

 

 

愛知県陶磁資料館
『モダン・ヨーロッパの名作食器展」

この写真は前回紹介した、愛知県陶磁資料館のサイトで
「モダン・ヨーロッパの名作食器展」に添えられていた
写真です。

 

blog_import_51536288bd0e4

ティーセット《ツァウバーフレーテ[ザラストロ]》
ビヨン・ウィンブラド/ローゼンタール ドイツ
愛知県陶磁資料館蔵

 

 

 

写真の下に3行で書かれているものが
愛知県陶磁資料館のサイトに書かれていたものです。

 

2行目の、ビョルン・ビンブラッドの名前の表記ですが、
「ビヨン・ウィンブラド」になってます。

 

外国の方の名前をカタカナで表記する時には、
つきものの問題ですね。

 

他にも「ビョルン・ビンブラッド」との表記とか
いろいろなものを見たことがあります。

 

これは、どれが正しいということは
難しいでしょう。

 

 

 

《ツァウバーフレーテ》は〈魔笛〉のドイツ語

見ていただきたいのは、一番上の行です。
ティーセットの次に、《ツァウバーフレーテ》とありますね。

 

これが〈魔笛〉のドイツ語をカタカナ表記したものです。
英語では〈magic flute〉マジックフルート。

 

 

12.7.18.ora

 

 

 

[ゴールド]は[ザラストロ]

そして問題はその次の言葉の、[ザラストロ]。
これがローゼンタール〈魔笛〉ゴールドの本名なのです。

 

ザラストロというのはモーツァルトの
オペラ「魔笛」の登場人物の名前。

 

ローゼンタール〈魔笛〉が誕生した直後は、現在の
〈ゴールド〉と〈ホワイト〉の他にもいくつかありました。

 

オペラ「魔笛」の何人かの登場人物を、デザインや色で
表現した、超超凝ったものでした。

 

(デザインをしたビョルン・ビンブラッド氏は、
さぞ楽しかったことでしょう!)

 

私がローゼンタール〈魔笛〉に初めて出会った1993年時点
でも、現在はない2種類ほどがありました。

 

121127mituusagi

 

スポンサードリンク




愛知県陶磁資料館で、現在「ローゼンタール〈魔笛〉」が紹介されています

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

blog_import_51536288bd0e4

 

 

「モダン・ヨーロッパの名作食器セット」展
           愛知県陶磁資料館

 

今日は、「ローゼンタール〈魔笛〉」の展覧会のお知らせを。
愛知県陶磁資料館(AICHI PREFECTURAL CERAMIC MUSEUM)で、
「モダン・ヨーロッパの名作食器セット」展が開かれています。

 

期日は2011年10月8日(土)~12月18日(日)まで。
本館一階、特別展示室で開催されています。

 

 

 

全体が三つに分かれています

 

第一章

 

「スタンダード・クラシックス Standard Classics」
マイセン「ブルーオニオン」シリーズ
ウェジウッド「ユーランダー」シリーズ
ロイヤルコペンハーゲン「フロラ・ダニカ」
「ブルー・フルーテッド」シリーズ

 

第二章

 

「北欧モダニティ Nordic Modernity」
スウェーデン、フィンランドのデザイン

 

第三章

 

「ローゼンタール社とデザイナーたち Rosenthal Prpducts and Designers」
ローゼンタール「魔笛」シリーズ

 

 

140202nanohana

 

 

 

もっともフォルムとファンクションに
高い美意識を持つローゼンタール社

愛知県陶磁資料館の公式サイトには、みどころとして
こんなふうに記しています。

 

「ローゼンタール社は陶器メーカーの中で
もっともフォルムとファンクションに高い美意識を持ち、

各国の著名デザイナーに制作を依頼しています。
それぞれに妥協なき、個性的な名作食器デザインです。」

 

 

130715tyokosakuranbo

 

 

 

他の追随を許さない美 

う~ん、まさにおっしゃる通りですね。

 

当ショップ、ローゼンタール〈魔笛〉専門店、アプリの
商品説明に書いた「フォルムの美しさは他の追随を許しません」
と一緒!、で嬉しい限り。

 

シュガーポットは特別としても、コーヒーポットや
ティーポットには、ローゼンタール〈魔笛〉に
近いものもあるのでは……とお思いでしょうか。

 

でも、違うのです!

 

このフォルム、このライン、わずかな違いも許さない、
美を追求する厳しい目と感性がつくりあげた逸品なのです。

 

 

130912ominaesi

 

 

三章はローゼンタール社〈魔笛〉のみ

第一章と第二章は、それぞれ複数のブランドが紹介されて
いるのに、第三章はローゼンタール社のみ。

 

そして〈魔笛〉シリーズが代表。

 

それだけ、ローゼンタール〈魔笛〉がデザイン性に優れた、
美しいものだという証しですね。

 

(まるで自分の作品が褒められた如くの、舞い上がり方を
していますが……恥ずかしい……でも嬉しい)

 

それに愛知県陶磁資料館は、今回の展覧会のみならず、
愛知県陶磁資料館としてローゼンタール〈魔笛〉のセットを
所有していて展示しているとか。

 

いいですね、いつかは行ってみたいです!

 

 

スポンサードリンク