恐竜をゲット「だんだん畑」麻布十番

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

blog_import_515365336a122

 

 

一応、店長ブログです!

このブログは一応、ローゼンタール〈魔笛〉専門店「Apri(アプリ)」の
店長ブログということになっているのですが、現在は、ちょっと
どうなんでしょう?という内容になってしまっております……反省。

 

そこでショップのことなのですが、みなさんのパソコンでは
ローゼンタール〈魔笛〉専門店「アプリ」はどのように
見えているのでしょうか?

 

昨日ネットカフェに行って確かめたこと
というのはそのことだったのです。

 

 

141214tizukeki

 

 

 

ファイアーフォックスではグダグダに崩れて……

十日ほど前、お師匠さんのパソコンでは
当ショップ「アプリ」は悲惨な形に見えました。
画像が崩れているのです。

 

写真画像はデコボコしていましたし、おまけに文字が写真に
かぶっていて、読みづらいことこのうえありません。

 

私はあっけにとられてしまいました。
私のパソコン以外では、ショップ「アプリ」は
こんな風に見えてしまうのだろうか?、と。

 

自分のパソコンでは画像が崩れていないことを伝えると
お師匠さんは私に聞きました。

 

「IP?」と。

 

 

140510midorilpitua

 

 

 

IPって何ですか?

ここからは私の汚点なので、本当は書きたくないのですが……。
私は「IP」の意味がわかりませんでした。

 

いくらなんでもIPの意味がわからないのはまずいだろう、
ということはわかるのですが。

 

「IPって何ですか?」ちょっと小さい声で私は聞きました。

 

「インターネットエクスプローラ」だったか「ブラウザのこと」
とお答えになったのか、はっきり覚えていません。
なにしろ動揺していましたので。

 

 

130518pisutatioorenji470

 

 

 

ネットショップをしていて、あり得ない!

パソコン関係の何かそのあたり周辺のことだということはわかった
のですが、今ひとつはっきり答えることができませんでした。

 

私はサファリを使っているのですから、ここは
「サファリです」と答えるのが正しい答えでした。

 

そこで数日後、ネットカフェに行き、Windowsのインターネット
エクスプローラでショップがどのように見えるのか確かめに行ったのです。
幸い、崩れることもなく見えました。

 

皆さんのパソコンでも、そうだといいのですが……。
一体、何がどうなると崩れてしまうんでしょうね。

 

で、IPがわからなかった日のことですが、帰りに麻布の
「だんだん畑」というお花屋さんで、恐竜を一つゲットして帰りました。

 

 

130823kurikagoyoneya

 

 

 

恐竜と二人

私はこの植物は何という名前かわからないのですが、
数が少なくなっていたためか、なんと84円という
恐竜にしては少々威厳に欠けるお値段ではありました。

 

なぜ恐竜というあだ名を私がつけたかについては
説明の必要はありませんよね。
ギザギザが恐竜の背中みたいでしょう?

 

「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ 花を買い来て妻としたしむ」
という啄木のうたではありませんが、

 

「IPさえ わからず答え詰まる日よ 恐竜買い来て一人悲しむ」
のでありました。

 

スポンサードリンク




携帯のメールアドレス

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 
blog_import_5153650f0d234

 

一昨日歯医者さんに行ったのですが、
その途中の地下鉄の中でのことでした。

 

車内は、そんなにここんでいるというわけではなく、
かといってガラガラでもないといった状態。

 

千代田線のどこかの駅で、制服を着た学校帰りの少女が一人、
電車に乗ってきました。

 

彼女は、一度は私の前を通り過ぎて行ったのですが、
また戻ってきて私の前に立ちました。

 

そして、笑いながら私に「こんにちは」と。
私も「こんにちは」と笑顔で答えました。
何かとてもニコニコして、恥ずかしそうです。

 

 

141209rosenthalmagicfluteteacup

 

 

「どこまで行くんですか?」と彼女が私に聞いたり、
「何年生?」と私が聞いたり、
ポツリポツリという感じで話をしました。

 

彼女は声を出すのが大変そうに見えました。
また、話した言葉自体も、
私にはあまり聞き取れませんでした。

 

しかしそんなことを気にする風もなく、
一生懸命話しています。

 

彼女が高校一年生と聞いて、私は少々驚きました。
身長や体全体の感じから、それより何歳か
年下だと思っていたからです。

 

定期券を出して、私に見せるというよりは、
あたかもそこにはいない人に見せるかの動作をしたり

 

実際には私に言っている言葉なのに、これまたそこにはいない
別の人に話すかのように話したりという仕草の理由は、
恥ずかしさからだったのかもしれません。

 

 

121025kabotya

 

 

途中で私は、彼女が何度か同じ言葉を
繰り返しているのに気がつきました。

 

その時は、彼女は私の隣に座っていたのですが、隣の私の
方を見ずに、正面を見て言っていたので気がつかなかったのです。

 

「~~~、◯◯◯、お願いします」
という、お願いします、という言葉だけがはっきりとわかりました。

 

私の方を見ないでいっている言葉ではありますが、
繰り返しているところをみると、そのお願いは
私に対してのものなのかと思い始めました。

 

最初に言っている、「~~~」の部分は、
私のことを指している、呼びかけの言葉なのだとわかりました。

 

◯◯◯の部分は、携帯メールの類いの言葉に聞こえました。
つまり、私に、携帯のナントカをお願いします、
と言っているのです。

 

 

blog_import_51536628758b8

 

 

私は携帯を出してはいませんでしたが、
バッグの中には入っています。

 

ただ、人には驚かれますが携帯メールはしていません。
彼女が、私に携帯にメールを送ってくれと言っているのか、
メールアドレスを教えてと言っているのかなと思った私は、
彼女に聞いてみました。

 

すると彼女は笑いながら首を振って、否定をするのです。
もし携帯のメールアドレスを教えてと言われたら、
私はどうしたら良いのか、実はちょっと戸惑っていました。

 

私が「携帯メールをしていないからメールアドレスはない」と
答えたとしたら、彼女はおそらく、私が教えたくないために
ウソを言っていると思うでしょう。

 

私はたまたま携帯メールを現在はしていませんが、
もししていたとしたら教えてあげた方が良いのでしょうか?

 

 

150919tounyu

 

 

しかし、私の質問に彼女は2度、
はっきりと笑いながら否定をしました。

 

今考えますと、彼女は恥ずかしいので、
首を振って否定する仕草をしていたのかもしれない
とも思うのですが。

 

そのうち二人が降りる駅に着きました。
私はそのまま駅から出て、
彼女はまた別の線に乗り換えです。

 

私は、すこしの後ろめたさを感じながら彼女にバイバイ、
と手を振りました。

 

彼女も笑顔でバイバイと手を振りました。
笑顔がとても可愛い女の子でした。

 

スポンサードリンク




柳家小三治親子

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130317mouri

 

 

やっと小三治

今日は小三治の話をちょっと……。
それで、今回の落語関係話(?)を終えます。

 

実は今日の昼間、思い出したのです、ずっと昔のことを。
小三治が、黒柳徹子の「徹子の部屋」に
ゲスト出演した時の話です。

 

その日私は仕事で出かけたので、小三治が出演した「徹子の部屋」
の番組の、最初の数分間しか見ることができませんでした、

 

そこで母に、「この続きをあとで教えてね」
と頼んで外出してしまいました。
そして帰って来て、母から聞いのか今日のお話です。

 

 

130617youseninsimoyasiki370

 

 

 

カエルを可愛がる男の子

小三治の子どもがまだ、ちっちゃかった時のこと。
3人のお子さんのいる小三治の、一番下の男の子は当時幼稚園児。

 

その男の子が、ベランダでカエルを飼っていたそうです。
その子はカエルを大事そうに手に乗せて、

 

「かわいい、かわいい」
と、とても可愛がっていたということです。

 

 

130312tubaki

 

 

 

「補習授業に出るか?」

その彼が通っている幼稚園で、ある時、時間外の補習授業をするので
それを希望するか否かを保護者に問うお知らせが来ました。

 

小三治はその子に聞いてみました。
すると、そのカエルを買っている男の子は補習に参加しない
というので、小三治はその通りの返事を幼稚園にしました。

 

すると、再び連絡が来たのです。
「補習に出席しないのはお宅のお子さんだけで、彼以外のクラス
全員の子どもは参加するという返事ですがどうしましょうか?」と。

 

そこで小三治は、またその子に問います。
「他の子は全部出るんだってよ。どうする?」と。

 

しかし、その子は、それでも参加しないというので
また、その旨を小三治は幼稚園に連絡したということでした。

 

 

130617youzeninjikkaityou

 

 

素敵な親子

たったこれだけの話なのです。

 

ですが私は、何ともいえないほわ~んとした、
でもきっちり筋の通った話に感動しました。
さすが小三治親子だわい!、と。

 

今は(といっても、結構昔の話なのですが、その当時でも充分に)
小さいうちからお勉強、お勉強と、親子共々しゃかりきに
なっていることが多いものです。

 

幼稚園からそんな連絡が来たら、子どもには聞かずに当然のように
「出席」に◯をつけて提出してしまう親もいるでしょう。

 

しかし、小三治はそこをちゃんと子どもに聞いてみる、
そして子どもの答えを尊重する。

 

すると、出席しないのがたった一人だったということを案じた園側が
再度連絡をくれるものの、子どもに聞いてみて参加しない返事をする。

 

「お勉強を強要しない」、「子どもも自分の意見をきちんと言える」、
「親が子どもの意見を尊重する」、
「人がみんなするからといって親も子ども流されない」
という親子なのですね。

 

 

 

何ガエルだったでしょうか?

そのカエルがアマガエルだったか、ガマガエルだったか
忘れてしまいました。

 

ですが、私の記憶が作ってしまった話の中では、あまり可愛いとは
思えないガマガエルだったような気もするのです。
(あっ、ガマガエルさん、ごめんなさい)

 

そんなガマガエル(ホンとか!)を「かわいい、かわいい」
と愛でる男の子……。
いいなぁ~。

 

そしてこの話をビデオではなく、母から聞いたということが
私にとってより一層、良い思い出として残ることになりました。

 

子どもがカエルを「かわいい、かわいい」と撫でる仕草を
母が真似ながら話してくれたことが、今でも鮮やかに
私の記憶に残っています。

 

スポンサードリンク