今年はローゼンタール〈魔笛〉の「スタジオライン 創立50周年記念」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

blog_import_5153612e1ceba

 

ローゼンタールのスタジオライン、創立50周年

今年は、ローゼンタール〈魔笛シリーズ〉が生まれた、
ローゼンタールの「スタジオライン」ができて50周年です。

 

ローゼンタールでは「スタジオライン創設50周年記念」を
開催していました。

 

そもそもスタジオラインとは、
「いつまでも真の価値を持ち続け、
時代の感覚に合っているものこそ本物」

 

という理念のもとに、時代を代表する芸術家や
デザイナーとコラボレートした作品を発表する
という革新的なものです。

 

今までのコピーをすることなく
新しいデザインの洋食器開発に力を注ぐ。

 

このスタジオラインの発想こそが
ローゼンタールを世界的な洋食器メーカーへ導き
飛躍的な成長を遂げさせました。

 

 

 

伝統だけではなく、今を生きているもの

これは陶磁器に限らず、どんなものにもいえる
ことでしょうが、伝統を重んじながら
しかしそれが今に生きていなければならない。

 

まさに立川談志がそのようなことを言っていたようです。
古典落語のかたちの踏襲、師匠や先達たちに少しでも
近づけるように稽古を稽古を重ねることの大切さ。

 

と、そこまでくるのさえ大変なことですが、
でもそこでとまってはいけない。

 

落語が博物館へ入るような代物になっちゃいけない、
というような意味のことを談志は言っていた、
と聞いたことがあります。

 

たしかに、どんなに長い伝統につちかわれたすばらしいもの
であっても、やはり「今」に息づいていなければ魅力がありません。
とても難しいことだと思いますが。

 

 

 

毎年発表される意欲的な作品

ローゼンタールの「スタジオライン50周年記念」
では毎年、その年に新たにデザインされた花瓶を
紹介していました。

 

なかには、多分皆さんもどこかで見ている、
という作品もあります。

 

例えば、どこにでもある茶色やあるいは白の
紙袋のまんまのかたちをした花瓶。

 

blog_import_5153612e54df5

 

しかも、いかにも使った紙袋らしく
少ししわくちゃになっています。
もちろん、陶磁器で作ったものです。

 

ローゼンタールのこのデザインを真似たものを、
他でも見たことがあります。

 

それほど有名ということなのですね。

 

 

 

他では絶対に見ることのない花瓶

その他、丸いフォルムの花瓶の一つの側面だけが、
まるで割れたようにひびが入っているもの。
(今日の一枚目の写真です)

 

また、花瓶の片側だけ針というか
トゲのようなものが一面にあるものも。

blog_import_5153612e09bfc

正直にいえば、このトゲ花瓶は私は買わないでしょう。

 

しかし、それを作っている人の
心意気はわかるような気がします。

 

ものをつくり出す人の挑戦と苦悩と挫折と達成感……と、
いくら書いても足りません。

とても美しいです。

 

スポンサードリンク