「バラ色」は何色でしょうか?

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

barahanabira

 

 

 薄いピンク色

昨日のブログのタイトルは「ニューヨークのバラ」と
しましたが、最初は「ニューヨークのバラ色のバラ」
にしようと思っていました。

 

でも、昨年のことを思い出して変えました。
去年の3月まで私は「バラ色のバラ」というのはピンクの
淡い色のバラを指すのだと、信じて疑いませんでした。

 

1月13日のブログ「この世で一番、縁の深い命」の写真の
バラより、もう少し淡いピンクだと思っていたのです。

 

 

blog_import_515361b892b1d

 

 

深紅のバラ

しかし昨年の3月末のことでした。

 

お目にかかったことのないカメラマンの方のブログに
真っ赤なバラの写真が載っていたのですが、
それを「バラ色」のバラと書いてあってのです。

 

その時は、その方が誤解をしているのだと
私は思っていました。

 

 

「当たり前でしょう?」

2、3日後、その方に会う機会がありましたので
その話をしてみました。

 

そばに他の女の方もいらしたので、まずその女性に聞きました。

 

「バラ色のバラって、何色だと思いますか?」と。
するとその方は「深紅」と答えたのです。

 

そんなこと当たり前でしょう?、といわんばかりの口調でした。
私の確信が、グラグラッと崩れ出しました。

 

「そうなんですか!?」と、
今度はカメラマンの方に向かって聞くと、同様の答え。

 

 

130617barahikawa370

 

 

 

本当はどちら?

先日、あるにおいだけがわからない、あるいはわかるものの
感受性が鈍い状態を「嗅盲」と呼ぶが、本人も自分が嗅盲で
あることに気づかないことが多い、と書きました。

 

バラ色が深紅だと聞いた私は、まさにそんな感じでした。
みんなが知っている香りを私だけが感じていない事実に
初めて気づいた、かの如くです。

 

もし昨日書いたニューヨークのバラの色が深紅であるならば
私はそのバラが「ニューヨークによく映えた」とは
書かなかったでしょう。

 

強い赤味を感じない淡いピンク色だからこそ、
雨に煙るグレーイッシュなニューヨークの街に
とても似あっていたと思ったからです。

 

「バラ色」と聞いて、みなさんは何色を思い浮かべるのでしょうか?

 

スポンサードリンク




ニューヨーク

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

akairippoutaiisamunoguti_2013082001232887c『赤い立方体』イサム・ノグチ ニューヨーク

 

 

 

優しい街 ニューヨーク

人が転んだり、滑ったりする時というのは、
私の数多の転倒経験からいいますと(?)
後に倒れることが多い気もしますが
時には前に倒れることもあります。

 

なんとものぐさなと、いわれてしまうのは必須
なのですが、湯船のお湯を汲むのにお風呂場には
入らずに、洗面所に膝をついて手を伸ばして
汲もうとしたことがありました。

 

狭いお風呂場なので普通だったら、充分可能なのです。
でもその時は支えていた左手が水で滑って
しまい、そのまま顔がガーンと床に……。

 

 

 

 

どちらの頬だったか忘れてしまいましたが
内出血のひどい色になりました、

 

一週間後くらいに、国会の外務委員会で
子どもの権利条約の審議が行われ、その傍聴に
行ったのですが、その時はガーゼをして行きました。

 

その数日後には、ニューヨークに
行く予定がありました。
私はアメリカに行ったのはこの時だけです。

 

 

 

 

頬のすごい色は、さほどでもなくなっていまし
たが、それでもまだ普通の色ではありません。

 

ガーゼをしていたか、ハンカチで押さえる
ようにしていたのかは覚えていないのですが
ニューヨークのスーパーマーケットで
買い物をしている時のことです。

 

店員さんが私を見て、
「大丈夫?」
と心配そうに聞いてくれるのです。

 

 

 

 

一人ではなく、何人もの人がです。
そのうちの一人は、紙で上手に包んだ
大きめの氷を持ってきてくれて
私の方が恐縮してしまったほどでした。

 

ニューヨークは人種のるつぼのコンクリート
ジャングル、どちらかといえばこわい街、
と思っていた私には驚くことばかりでした。

 

東京より、はるかに他の人を気遣い、
またそれを言葉にする人が多かったからです。

 

これは、たまたまそうだっただけ
のことなのでしょうか?
たった一度しか行ったことのない私には、
ニューヨークについて語る資格は全くありません。

 

 

 

 

 

ニューヨークで聞いた「風の歌」

優しい街ニューヨークで、風が歌った
ような美しい歌を聞きました。

 

ニューヨークの国連本部の郵便局だったか
売店だったか忘れてしまったのですが
何かを買う場所でした。
葉書か何かを選んでいる時のことです。

 

他にお客さんはいなかったような気がします。
(と書いてみて、そんなことがあるだろうか
という気もするのですが、確かにいなかった
ように思います)

 

 

 

 

静かな、ささやきというには少しだけ
大きな歌声が流れていました。

 

音の大きさが低い(小さい)とともに、音の高さ
(ピッチ)も低く、ゆったりとした音質の声です。

 

売店の女性が、ゆっくりと時間が流れる
人気のない午後のひとときに、思わず
口ずさんだようでした。

 

 

 


 

もちろん、歌詞の意味はわかりません。
美しい旋律でした。

 

アフリカの子守唄なのでしょうか?
あるいはアフリカの民謡なのか……。

 

西洋音楽のベルカント唱法といわれる
発声法とは異なる、自然につぶやいた
ような歌い方も私は好きです。

 

 

 

 

品物を選ぶことはかたちだけになって、
私はその歌に心を奪われていました。

 

 

静かな穏やかな午後のひととき、

見渡す限り遥かなアフリカの大地に、

ゆったりと風が吹いている。

その風が木々の間を縫うように伝わってきた時、

風は美しい旋律に生まれ変わっている
.
….そんなことを思わせる歌でした。

 

 

 

 

私はそこで買ったバッハの「マタイ受難曲」を
手にして、カフェテリアに行きました。

 

眺めのよいカフェテリアです。
イースト川が見えました。

 

風も歌も川も、そして人も
絶えることなく流れていきます。

 

 

世界初の青いバラ
「アプローズ(APPLAUSE)」

 

 

 

ニューヨークのバラの花

私のたった一度のアメリカ旅行であるニューヨーク
へ行ったのは、4月の始め頃だったと思います。

 

ニューヨークのこの季節の天気が、どのような
ものなのかはいまだに知らないのですが、滞在して
いたわずかな間は雨が多かったような気がします。

 

雨が降っていなかった日のセントラルパークでのこと。
うさぎを散歩させている男の人がいました。

 

 

 

 

ここ数年は日本でも「うさんぽ」と称して、
うさぎのお散歩が流行っています。

 

私がうさんぽという言葉を知ったのは
1990年代後半の「うさファン(わーるど・
らびっと・ふぁんくらぶ)」の本ででした。

 

それよりも前に、ニューヨークの
セントラルパークで、初めて出会った
うさんぽには少々驚いたものです。

 

 

 

 

(ここでちょっと一言。
うさぎさんは犬とは違い、必ずしも
散歩が好きではありません。
といいますか、苦手な子の方が多いと思います。
うちのあぷりも嫌いでした。
うさぎは公園で犬に会うのもストレスですし、
また犬や猫のダニがつくこともありますので
気をつけてあげてくださいね)

 

雨が多かったニューヨークですが、
私は雨が嫌いではありません。

 

暴風雨はともかくとして、静かに降る雨は
嫌いではないというよりは、むしろ好きなくらい。

 

 

 

 

しかもニューヨークの街は
雨がとても似合うようにも思えました。

 

そんなニューヨークの街を歩いている時のこと、
二人の男性が路上でお花を売っていました。

 

きれいな見事なバラの花束でした。
ふと見ると、そばに同じバラの
花束が一束落ちています。

 

 

 

 

私が「落ちてますよ」というつもりで花束を
お花を売っていた男性達の方に差し出しました。

 

すると二人の男性は同時に、
「いいよ、あげるよ」
と笑いながら言いました。

 

といっても、本当は英語が全くわかりませんので
そうじゃないかなという感じだけなのですが……。

 

 

 

 

私はここだけはもう日本語になって
いる英語でお礼を言いました。

 

グレーに煙るような雨のニューヨークの街に
淡いピンク色のバラがよく映りました。

 

スポンサードリンク




荻窪駅への階段で滑り落ちました!

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140316higasiyuki

 

一昨日の夜から昨日の朝にかけて
かなりの量の雪が降りました。

 

昨日は、朝7時前に家を出たのですが
道路がツルツル滑って大変でした。

 

こんなに滑る道を歩いたのは初めて、
というくらいの滑りよう。

 

私は長靴を持っていないので、仕方なくブーツを履いた
のですが歩きにくいこと、歩きにくいこと。
本当に転ぶかと思いました。

 

実は私は、雪の日だけでなく雨の日も、
いえ晴れている時でも、外でもあるいは屋内でも
本当に良く転ぶのです。
全然、自慢になりませんが……。

 

一番最近は、一年ちょっと前の一昨年の12月に、
荻窪の駅へ向かう階段で滑りました。
その日は雨が降っていました。

 

シュウママさんと、Kさんと、初めて会った
2人のうさ友さんとで荻窪の病院の診察後(うさぎのです)に、
ドッグカフェでおしゃべりをしたあとのことでした。

 

私はうちのうさぎのあぷりがお世話になった先生への
お礼のために、病院に伺ったのです。

 

5人のうち、3人はうさぎさん連れです。
帰宅まで2、3時間かかる人もいるので、ラッシュ前に
帰ろうと荻窪駅に向かいました。

 

私は、引っ越し等で遅れていたお礼を、やっと先生に伝える
ことができて、ホッとしていたのも事実でした。
なんとなくボッ~、としていたのを覚えています。

 

荻窪駅は、道路から階段でおりたところに、
切符売り場と改札があります。

 

その階段の途中位からでしょうか、
私はそのまま4、5段滑り落ちました。
背中でスライディングをして、腕をぶつけたような気がしました。

 

でも幸い、すぐ立つことができました。
一緒にいた四人は、目がテンになっています。

 

四人はJRに乗り、私は地下鉄に乗るので、その後
すぐ他の4人とは別れたのですが
皆さん、驚きと心配でずっと見ていてくれました。

 

階段から滑り落ちて、すぐ立てはしたものの
やはりなんとなく体が痛く感じられます。
うちへ帰って早速、腕を見てみると……。

 

腕には階段での擦り傷はありましたが、
傷口自体はそんな大きくもありませんでした。

 

傷口や血液はほんの少しですが、こうした打撲は
内出血が辺り一帯を黒ずんだ紫色に変えます。
私は今までの何度もの経験(?)から思いました。

 

ところが翌日になってみると、黒ずんだ紫色に
なるどころか、傷が消えたとまではいえませんが、
昨日よりははるかに良い状態でした。

 

色も普通の肌の色です。
私は、狐につままれたような気がしました。

 

あれだけザァ~ッと滑り落ちて、両腕で擦った場所が
翌日にはほとんど治っている、ということが
あるのだろうか、と。

 

となると、滑り落ちる時に両腕が支えたのでは
なかったのかも……。

 

そこまで考えた時に、私は首の上の部分の、
後頭部の下の方に、鈍い変な痛みがあることを思いました。

 

痛みだけではなく熱を持ち、
ぼわっと腫れてもいるようです。

 

腕の傷がそれほどでもなく頭と首で支えた、
ということはむち打ち症なのでしょうか?

 

その翌日も、後頭部の下の部分と首の鈍痛が
続きました。

 

ネットでむち打ち症を調べたりもしました。
不安な数日間が続きました。

 

しかし結論をいえば、幸いなことに
むち打ち症ではありませんでした。

 

あれだけ滑って、体のどこにも紫色の内出血がなく
ほんのかすり傷だけというのも信じがたいことです。

 

この幸運に感謝をして、これからは本当に注意を
しなければと思いました。
2度と滑ったり転んだりしないようにね。

 

スポンサードリンク