浅野内匠頭、辞世の句  さくら『八重桜』赤坂「青野」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

「風誘う 花よりもなお我はまた 春の名残りをいかにと(か)やせん」

浅野内匠頭長矩
120611aonoyaezakura

 

 

旧暦3月14日(4月21日)

これは浅野内匠頭の辞世の句といわれているものです。

 

内匠頭長矩は1701(元禄14)年3月14日に江戸城、松の廊下で
刀を抜いたために、田村右京太夫邸で即日切腹を命じられました。
旧暦の3月14日は、今ですと4月21日にあたります。

 

この辞世の句は、家臣があるお寺の住職に頼んで作ってもらった
ものだ、という小説を読んだことがあります。

 

家臣はこの歌を内匠頭長矩に届けますが、
内匠頭が間違えて詠んだということに、小説の中でなっていました。

 

あくまで小説ですが、私は(内匠頭が詠んだ他の歌をみても)
辞世の句をつくってもらったと考えるのは不自然な気がします。

 

切腹を申し付けられている状態では辞世の句など詠む暇はない、
という人もいますから、この句が後の人の創作ということは
考えられたとしても。

 

 

 

多門伝八郎筆記に残るのみ

この辞世の句は、浅野家にも伝えられてはおらず、目付役の
多門伝八郎の書いた「多門伝八郎筆記」に記録されるのみです。

 

しかも、「多門伝八郎筆記」は事件のかなり後で
書かれたものであり、編集や追加などの脚色もみられるといいます。

 

ですからこの句は、多門伝八郎の創作だという人もいます。
それどころか、「多門伝八郎筆記」も他の人の筆による、
という説まであるそうです。

 

 

sakura1

 

 

 

面会も許されず

この句が内匠頭自身によるものか否か、それ以前に、
なぜ彼は刀を抜いたのか、についてはわかりません。

 

家臣の片岡源五衛門は田村邸に駆けつけましたが
内匠頭長矩と最後の対面は許されませんでした。

 

「さだめし不審に思うであろう。
かねて言っておかねばならぬことであったが、いまは言えない」

 

との遺言を、人づてに伝えられたといいます。

 

 

130317oanosakura2

 

 

 

「即日切腹」「庭で切腹」はあり得ないこと

ただ、これだけは事実だそうです。

 

このような事件が起こった時に
「即日切腹」ということは考えられず、

 

五万石の大名が、室内ではなく
「庭で切腹」ということもありえない、と。

 

また、喧嘩両成敗が基本でしたが、吉良上野介には何のお咎めも
なかったこと等、江戸の人々が内匠頭贔屓になったのも
わかるような気がしますね。

 

お菓子は赤坂「青野」、桜の最後の生菓子『八重桜』。

 

スポンサードリンク