ラベンダーの種類と成分 3「ラバンジン」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

ラベンダー「ラバンジン・グロッソ」

 

 

ラバンジン(ラバンディン)

_______________________

学名

「Lavandula hybrida」
「Lavandula flagrans」

_______________________

成分

酢酸リナリル、リナロール、
カンファー、1.8シネオール、
ボルネオール、ラバンデュロール等

・酢酸リナリル
(鎮静作用)

・リナロール
(鎮静作用、鎮痛作用、肌の抗炎症作用)

・カンファー
(神経覚醒作用)

・1.8シネオール
(呼吸器系に作用、神経覚醒)

_____________________________________________

 

 

 

「スパイクラベンダー」     「真正ラベンダー」
|             |
|____________|

「ラバンジン」

(イラスト/「Bienvenue à la ferme」)

 

 

 

「真正ラベンダー」と「スパイクラベンダー」の交雑種

真正ラベンダーとスパイクラベンダー
を交配させて作られたもので、少し
灰色がかった紫の花を咲かせます。

 

生育地は、海抜200mから800mの
土地で栽培もしやすく、採油率も真正
ラベンダーの2倍もあるとのこと。

 

この品種は、海抜500m付近で「真正
ラベンダー」と「スパイクラベンダー」
の両種が野生している場所で、昆虫が
自然受粉をして誕生したものです。

 

痩せた寒い土地でも育つ上、大きな花
をつけるラバンジンは、1900年頃から
フランスで栽培が始まりました。

 

しかし、この種の交雑種によくあるよう
に次世代のタネが作れないため、挿し木
などでクローン栽培をしています。

 

 

 

標高と生息するラベンダーの関係*

海抜       ラベンダーの種類

____________________________

1800m
    ★  高品質ラベンダー
    ★「青い黄金」「モンブラン」

1200m     _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
    
    ☆
    ☆  真正ラベンダー

    
    
800m  ____________________________________

                
                
                
                
500m         ラバンジン *
    ★              
       ★                   
       ★スパイクラベンダー        
                     
200m   ★               *
    _______________________

      フレンチラベベンダー

0m  _________________________

 

 

 

 

 

ラバンジンの種類

交雑の仕方により、更に
何種類かのラバンジンがあります。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

A ラバンジン・スーパー
 (Lavandula x intermedia ‘Super’)

  高品質
  1.8シネオールやカンファーの割合
  が少なく、酢酸リナリルが多い
  ため優しい香りです

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

B ラバンジン・アブリアル
 (Lavandula x intermedia ‘Abrialis’)

  南仏プロヴァンス地方では1930年代から
  栽培されていて主油量が非常に多い品種
  酢酸リナリルの割合が少なく、
  カンファーや1.8シネオールが多い
  これを品種として固定した農学者
  アブリアル教授に因んでつけられた名称

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

C ラバンジン・グロッソ
 ((Lavandula x intermedia ‘Grosso’)

  南仏プロバンス地方ヴォークリューズ県
  在住のグロッソ氏により育種が行われ、
  新種として固定され、1970年代半ばに
  栽培面積が増え、最も流通している
  日本で園芸用に販売されているものも
  ほとんどはこのグロッソ
  1.8シネオールの割合が多く
  刺激的でワイルド

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


D ラバンジン・スミアン

  現在は、殆ど栽培されていない

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

ラベンダー「ラバンジン・グロッソ」

 

 

 

ラバンジン独自の魅力

耐寒性はマイナス10度まである上、
耐暑性もありますが、風通しは必要。
家庭でも育てやすいラベンダーです。

 

6月下旬から8月上旬の
夏の真っ盛りが開花期。

 

ラバンジンは、真正ラベンダーの繊細な
香りとは異なり香りが強いため、真正
ラベンダーより劣るとされてきました。

 

しかし、スパイクラベンダーがそうで
あるように昨今は、ラバンジン独自の魅力
に注目されるようになってきています。

 

 

 

 

 

鎮痛作用・抗炎症作用等

真正ラベンダーのフローラル調の優しさに
対し、ラバンジンのキリッとしたハーブ調
の香りにも需要が増えてきました。

 

鎮痛作用や、呼吸器への作用では真正
ラベンダーよりラバンジンの方が適して
いますから、何を求めるかによりますね。

 

成分のカンファーは、鼻づまりを改善
する他、咳を鎮めたり気管支炎などの
呼吸器系の病気にも効果的です。

 

それだけではなくカンファーには
血液循環をよくし、抗炎症作用もある
ということですので、筋肉痛や関節痛、
リウマチ、神経痛などにも。

 

またカンファーには、心臓強壮作用が
あり、以前は強心剤(カンフル剤)に
も利用されていました。

 

 

 

 

注意事項

ただ、カンファーや1.8シネオールは皮膚
に刺激を与えることもありますので、炎症
の部分に直接使用しないようにしましょう。

 

真正ラベンダーは、火傷に使用可能ですが
ラバンジンは、火傷に原液は NGです。

 

妊娠中、授乳中の方、てんかん患者、
ペットのいる人は使用は避けたほうが
よいといわれています。

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください