ラベンダーの種類と成分 4「フレンチラベンダー」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

フレンチラベンダー、ラベンダーストエカス

(French lavender、
Lavandula stoechas)

______________________

学名

「Lavandula stoechas」

______________________

別名

スパニッシュラベンダー
 (Spanish Lavender)、

イラリアンラベンダー
 (Itarian lavender)、

ストエカスラベンダー
 (Stoechas Lavender)

 

地中海沿岸地域を中心に広く自生している
ため、土地により呼び名が異なります

______________________

成分

フェンコン、カンファー、δ-3-カレン等
_____________________________________________

 

 

 

 

 

標高と生息するラベンダーの関係*

海抜       ラベンダーの種類

____________________________

1800m
    ★  高品質ラベンダー
    ★「青い黄金」「モンブラン」

1200m     _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
    
    ☆
    ☆  真正ラベンダー

    
    
800m  ____________________________________

                
                
                
                
500m         ラバンジン *
    ★              
       ★                   
       ★スパイクラベンダー        
                     
200m   ★               *
    _______________________

      フレンチラベベンダー

0m  _________________________

 

 

 

 

 

「防虫」「抗菌」「抗ウイルス」

ラベンダーという名前ですし、スパイク
ラベンダーとは似ている部分もあります
が、真正ラベンダーとはかなり違った
香りと作用をもちます。

 

香りは、カンファーに加え少々刺激もある
香りが混ざり、よりハーブ系に近いもので
防虫、抗菌、抗ウイルス作用に優れます。

 

海に面した珪質土の陵に生息し、
「ウサギの耳のような花をつけます」
と書いてあるものがほとんどですが
実はこれ、花ではなく「葉」なのだそう。

 

 

 

ウサギの耳のようなフレンチ
ラベンダーの花(ハチ付き)
「ウサギの耳」部分は「苞葉」

 

 

 

ウサギの耳のように見えるのは「花」ではなく

「苞葉」

「苞葉(ほうよう)」といい、花穂を
守るために葉っぱが変異したものです。
4本ほどの苞葉が、花穂の先端につきます。

 

(ちなみに「花穂」は「かすい」と
読み、穂のような形で咲く花のこと。
英語では「spike、ear」。
ススキやエノコログサ、ケイトウ
がこのタイプです)

 

花の色は、写真ですと赤紫という感じ
に見えますがこれ以外に、ピンク系、
ブルー系、ホワイト系と様々あります。

 

残念なことに香りは弱いよう
ですが、花が散った後にも
ウサギの耳=苞葉は残るそうです。

 

 

 

 

 

ケトン類

神経に対する毒性のあるケトン類が
多く含まれ、てんかん発作や流産を
引き起こすこともあります。

 

自閉症や知的障害児などは
てんかんを合併している場合
も少なくありません。

 

しかしケトン類には、沈痛・消炎作用
や血行促進作用もあり、肩こりや腰痛
などに有効な成分でもあります。

 

痰を除去する働きもある上、フレンチラベ
ンダーは抗菌作用物質も含みますので風邪
などの呼吸器系の疾患によいといわれます。

 

 

 

 

 

皮膚のトラブルに

火傷の治療や、感染による皮膚炎
などにも効果を発揮します。

 

鎮痛作用、抗ウイルス作用、殺菌作用、
抗炎症作用、傷跡修復作用、保湿作用
など。

 

ラベンダー精油は、パッチテスト
が 大丈夫ならば原液でも使えますが
フレンチラベンダーは
原液では使えません

 

 

 

 

 

注意事項

妊娠中、授乳中の方、てんかん患者、
ペットのいる人は使用は避けたほう
がよいといわれています。
犬もケトン類は苦手。

 

ラベンダーというとリラックス効果
がすぐ思い浮かびますが、ラベンダー
ストエカスにはその作用のあるエス
テル類はわずかしか含まれません。

 

リラックス効果というよりは
リフレッシュ効果が期待できます。

 

 




スポンサードリンク



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください