石垣「檜町公園」東京ミッドタウン

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

12105hinoki

 

 

檜坂から東京ミッドタウンを見ると

この写真は、東京ミッドタウンの後側に接している
檜坂から東京ミッドタウンを見たものです。

 

右に高くそびえているのがミッドタウン・タワー。

 

今日は、東京ミッドタウンの方ではなくて
この石垣の紹介をしましょうね。

 

 

 

毛利邸時代のものを再利用した「石垣」

ここ東京ミッドタウンは以前、長州藩の毛利邸のお屋敷だった
ということは前にお話しました。

 

毛利邸は明治維新後に軍用地になりましたが
戦後は米軍に接収されています。

 

そして返還後は、大部分が防衛庁となりましたが、
庭園部分は1963(昭和38)年からは
檜町公園として解放されています。

 

その後、防衛庁が移転して跡地が再開発され
2007年に現在の東京ミッドタウンになりました。

 

写真の石垣は、毛利邸時代のものだそうです。
発掘調査で出てきたものを再利用しています。

 

 

130226mid

 

 

 

 最初の写真は「M」から撮ったもの

この地図の左の方に、赤い点線が上から
下に走っていますね。

 

これが外苑東通りで、東京ミッドタウンの
正面側、入口になります。

 

1枚目の写真はその反対側、地図でいいますと
「M」の地点から撮ったものです。

 

この石垣の右側には階段があって
昇るとそこは檜町公園。

 

 

blog_import_515368b44677d

 

 

 

江戸に御一緒しませんか?

檜町公園に立って右を見ますと、冬ですと
夜はイルミネーションが美しい東京ミッドタウンの
スケートリンクが見えます。

 

そして左は、江戸時代の毛利邸の庭園をもとにした日本庭園。

 

右は「東京」、左は「江戸」。

 

東京ミッドタウンの正面からですと、21世紀の東京しか
見えませんが、こちらですと江戸まで見えますよ。

 

かたつむり君が、ゆっくりとお江戸に連れて行ってくれそうです。
みなさんも、いらしゃいませんか?(「忠臣蔵『あぐりのお茶会』」

 

スポンサードリンク




梅 うぐいす 赤坂「青野」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130215umeugu

 

 

梅にうぐいす 

赤坂「青野」のうぐいすと梅。

 

この梅は、先日の「椿」や昨年の「朝顔」のように
一つの花を立体的につくるのではなく、梅の枝やまわりの
雰囲気までも包み込んで表現していますね。

 

1枚目の写真の、お皿の下の着物の柄には
絞りの紅い梅の花があります。
梅の花のお菓子に花を譲って、お皿の下に隠れてもらいました。

 

 

 

絞りの赤い梅の花

それでは今度は、梅の花のお菓子に退いてもらい
うぐいすと、着物の赤い絞りの梅の花の組み合わせにしてみましょう。

 

このうぐいすの可愛らしさには、言葉もありません。

 

 

130215ugusiro

 

 

このようなことをしていると、ホントに楽しいです!
(おつきあいをして下さっている皆様に、心から感謝を……)

 

スポンサードリンク




20品目のまぜまぜビビンバ「グリーン・グルメ」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

100208bibinnba

 

ブログを書くようになってから、買ったものの名前や会社などの
手がかりになるものを、なるべくとっておくようにしています。

 

が、このビビンバに関してはそれがみつかりません。
間違えて捨ててしまったのかも……。

 

「20品目」と「ビビンバ」という言葉は確かなので
ネットで探してみたのですが、これだ!、とはっきりしたことは
わからないのですが。
たぶん、グリーン・グルメという会社の
「20品目のまぜまぜビビンバ」ではないかと思います。

 

ただ、この会社のものに限らず、「◯◯品目のまぜまぜ◯◯」という
ネーミングは結構あるようです。
ちょっと驚きました。

 

スポンサードリンク