誰にも言えない密かな楽しみ 白いもちショコラ

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

121127motishoko

 

 

誰にも言えない密かな楽しみ

ブルボンの「白い もちショコラ(バニラ風味)」。
冬期限定商品です。

 

バニラをきかせたホワイトチョコレートとミルク風味のソースを
モッチリ柔らかなお餅で包んであります。

 

「白い もちショコラ」を食べていたらなんとなく
ロッテの「雪見大福」を思い出しました。

 

私は以前、「雪見大福」を、お風呂で本を読みながら
食べるのが好きでした。
って、お行儀悪すぎなのですが……。

 

しかしこういう時って、一人暮らしの幸せをしみじみ感じます。
こんなことをしても、誰にも怒られないんだもの。

 

もちろん、今はしていませんよ。
ホントにしていないです、ホントに。
だって今はバスタブないんだもの(って、そういう理由かい!)。

 

 

yukimiTop

 

 

 

話しちゃダメって言ったでしょ!

ちょっとぬるめのお風呂でにつかりながら本を読みむのは
私の最高の楽しみの一つです。

 

おもむろに本のページをめくって、ぐふぐふ言いながら
「雪見大福」を食べるのです。

 

という話を、高校時代の友達に話したことがありました。
すると彼女はその話を、彼女のまだ小さな姪のゆうちゃんに
話してしまったというのです。

 

青少年の健全な育成に、いたく心をくだく私は
「真似をされたら教育上、よろしくないから」と、
きちんと彼女に口止めをしておいたのにもかかわらず。

 

「だめじゃない、そんなことを言っちゃ!」と私は、姪のゆうちゃんに
話してしまった高校時代の友人に、ちょっと強い口調で言いました。

 

すると彼女は、心底あきれたように言ったのです。

 

「そんなこと、真似するはずがないじゃないっ!
というか、真似をしたいなんて思う人がいるはずないじゃないっ!!」

 

と、彼女は私の口調よりも、もっともっと強い口ぶりで
私の心得違いを諭したのです。

 

 

basurumu

お風呂のイメージ、あくまでも「イメージ」ね

 

ゆうちゃん、元気かな?

ちなみに、私がお風呂に入りながら雪見大福を食べる、
という話を聞いた時のゆうちゃんは
なんとも驚いたというか、不思議な顔をしていたということです。

 

ブルボンの「白い もちしょこら(バニラ風味)」を食していたら
そんなこんなが思い出されてきた、冬の午後でありました。

 

スポンサードリンク




ロンデールブルー(Rondele au Bleu)「プレジデント(president)」やまや赤坂店

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130522presidentpondeleaublue

 

 

ロンデールブルー

「プレジデント」のロンデールブルー。
このブログでは「プレジデント」のチーズは
何度か御紹介しましたね。

 

130522presidentrondeleaibleuhako

 

今日、知ったばかりのことなのですが
このプレジデントが主催している「アペリティフの日」
という催しが、6月に六本木ヒルズで行われたようです。

 

六本木ヒルズは東京の催しということですが。

 

東京以外にも、京都、千葉、埼玉、横浜、名古屋、
大阪、岡山、土佐、宮崎、仙台、豊橋、金沢、琵琶湖と
日本の各地で開催されています。

 

 

 

アペリティフとは?

「アペリティフ」とは、食を楽しむフランス人には
欠くことの出来ない習慣だそう。

 

食事の前に飲物と「アミューズ・ブーシュ」
と呼ばれるおつまみをお供に、

 

お友だちや家族と楽しいおしゃべりをしながら
素敵な時を過ごすことをいうそうです。

 

「アペリティフ」をするのに決まったルールはありません。
お好みの飲物と簡単なおつまみさえあれば
たくさんの人とでもあるいは二人、一人でもOK。

 

 

941325_624660550878802_553431248_n       (写真/「プレジデントチーズ」)

 

 

休日の戸外で、何かの集まりで、スポーツの後に、仕事の帰りに、
あるいはおうちの御飯のときでも、いつでもどこでもOKなのが
「アペリティフ」なのだそう。

 

 

 

6月の第一木曜日が「アペリティフの日」

日本でプレジデントが開催する「アペリティフの日」の催しは
今年2013年6月で、10回目を迎えたということです。

 

毎年「6月」の「木曜日」に開催されるらしいのですが
その理由は、フランス人にとって「6月」はバカンスの始まりの
季節であり「木曜日」は週末の始まりだからということ。

 

 

969927_623576410987216_1564840485_n         (写真/「プレジデントチーズ」)

 

 

6月の第一木曜日は、世界中が「アペリティフ」の日。
2004年に、フランス農水省が毎年、6月の第一木曜日を
「アペリティフの日」と提唱して以来、世界各地で
アペリティフを楽しむためのイベントが開催されています。

 

今年の6月、東京の「アペリティフの日」のイベントは
六本木ヒルズで行われました。

 

来年こそは参加したい!、と固く決意をしました。
が……、「参加人数が4500人」という数字を聞いて
早くも心がなえている気弱さではあります。

 

スポンサードリンク




チョコとマカダミアのライ麦パン「ポンパドウル」麻布十番

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130213maka

 

 

見かけによらず(?)柔らかくて 

麻布十番の「ポンパドウル」のチョコとマカダミアのライ麦パン。

 

パンの中に入っているチョコレートも
くどくなくてスッキリとしたお味。

 

また、チョコレートとマカダミアナッツとのバランスなども
よくまとまっている、とてもおいしいパンでした。

 

 

spe2_ph_37_20131127144924d45       マカダミアナッツ(写真/「農林水産省」

 

 

 

「一店舗一工房制」のポンパドウル

ほとんどのポンパドウルのお店では
パンづくりの工程の最初から最後までを
売り場に併設されたパン工房で行っているのだそうです。

 

つまり仕込むところからパンが焼き上がるまで
全てをそのお店で行っているということです。

 

冷凍された状態で届いたパンを
そのお店のオーブンでで焼くだけということではなく。

 

本当の意味での焼きたてパンなのですね。
それが美味しさの秘密なのでしょうか?

 

 

 

人気のパンたち 〜バゲット〜

ポンパドウルではバゲットが人気だということです。

 

 

f001          バケット(写真/「ポンパドウル」

 

 

「バケット」とは、フランス語で「棒」という意味だそう。
う〜ん、ホントその通りだ〜!

 

ポンパドウルには,このバケット以外にも
いくつかフランスパンがあるようです。

 

 

 

〜バタール〜

次のものはバタール。

 

 

f005         バケット(写真/「ポンパドウル」

 

 

「バタール」とは,フランス語で「中間の」という意味だとか。

 

このバタールは、この上で紹介したバケットと
外見が似ていますよね、ほとんど一緒といえるくらいに。

 

ですが、「中間の」という意味を持つバタールのほうは
中がバケットに比べてふわふわなのだそうです。

 

 

 

〜チーズバタール〜

次が、このバタールにチーズが入っている「チーズバタール」。

 

 

f003         バケット(写真/「ポンパドウル」

 

 

ポンパドウルのオリジナルで、創業当時からの人気商品です。
角切りのチーズとふわふわパンがよくあうそうな。

 

 

 

〜フォンデュ〜

そしてこちらは「フォンデュ 小」。

 

 

f004        バケット(写真/「ポンパドウル」

 

 

フランス語の「フォンデュ」は「割れた」という意味だそうですが
確かに、二つに割れていますね。

 

 

 

閉店してしまったドミニク・サブロン

麻布十番のドミニクサブロンがなくなってしまった今は、
このポンパドウルが麻布十番にあることはとっても嬉しいです。

 

麻布十番のドミニク・サブロンは2010年12月20日という
「1」と「2」がいっぱいつく日に
日本国内では12店舗目のドミニク・サブロンとしてオープン。

 

しかし残念なことに2012年10月に閉店。
(と、閉店の日も「1」「2」ですね)
約2年間の営業でした。

 

 

 

2店が同時あったのは3〜4か月?

一方ポンパドウル麻布十番店は2012年の7月2日にオープンしています。

 

 

         2010.12           2012.10
ドミニクサブロン  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ポンパドウル                    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
                   2012.7

 

ちょっと正確さには欠けますが、こんな感じでしょうか?

 

ドミニクサブロンとポンパドウルが、麻布十番の
しかもかなり近い場所に同時期にあったのは
3〜4ヵ月だったのですね。

 

麻布十番にドミニクサブロンがなくなってから
一年と少したつ現在、ポンパドウル麻布十番店には
末永くがんばってほしいものです。

 

麻布十番の「ポンパドウル」、閉店しないでね!

 

スポンサードリンク