「意心帰」安田侃 東京ミッドタウン

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

isindouyasudakan

 

 

東京ミッドタウンの入口で出迎えてくれる「意心帰」

この彫刻は、東京ミッドタウンにある安田侃の彫刻、「意心帰」。

 

地下鉄の六本木駅を降りて、地下道を東京ミッドタウンの方向に
歩いてきますと、入口あたりに見えてくる彫刻です。

 

御覧のように、大きいものがドテーンとあります。
地下なのですが、天井がくり抜かれていますので
陽の光が差し込んいます。

 

その光を受けて大理石の石肌が
目映いばかりに照り映えています。

 

 

130801dousinnki370

 

 

 

「意心帰」は2006年作

幅は3m22㎝、奥行きは2m51㎝、高さは1m84㎝。
重さは、18.5トン。

 

 

13080dousinkitoukyoumiddotaun370         天井からは太陽の光が射し込みます。

 

 

「数十億年という時を経て作られた大理石は、
この地球の一部です。
その白い石『意心帰』を地下に戻しました。
石に掘られた穴に身を沈めると地球の一部になり、
豊かな太古の声なき声が聞こえてきます。
地上より太陽の光が差し込む時、その石は
初めて光を視るように白い石の粒子は美しく息づきます。
『意心帰』と地上の『妙夢』が共鳴し、
空間全体が優しいヒューマンな場になることを願っています」
「東京ミッドタウン デザイン&アート」

 

 

130801dousinkiyasudakan

 

 

 

 「意心帰」に触れて

「東京ミッドタウン」のサイトには
「石に掘られた穴に身を沈めると地球の一部になり……」

 

とありますように、いつもこの彫刻の穴の中には
子どもたちが楽しそうに入っています。

 

 

yasudakan2011taormina370

「意心帰」安田侃 Taormina 2011.12〜2012.2
『現代の神話』展(写真/「KAN YASUDA)

 

 

安田侃の作品を展示してある 東京の別の場所では
作品に触れられないようにガードがありました。

 

設置した場所を管理する人(?)が決めるのでしょうか。
こちらの東京ミッドタウンの展示の方が嬉しいですね。

 

 

yasudakanitaria

「意心帰」安田侃 アッシジ 2005.6〜10
『人生を愛することは、平和を作ることだ』展
(写真/「KAN YASUDA」

 

 

 

 長い時「一劫」

私の中には「石」という言葉には、常に
「悠久」というイメージがまとわりついてもいます。

 

仏教では時間の長さを測る単位の一つとして
「劫(こう)」というものがあります。

 

一劫の長さを説明するのには何種類かあるようですが
一番有名なものは、次のようなものです。

 

一辺が四十里という大きな岩があり、100年に一度
天女が舞い降りてきて絹の羽衣でその岩を撫でます。

 

その羽衣で撫でているうちに、岩がすり切れて
なくなってしまう(!)、という途方もない長い時間が
「一劫(いっこう)」という時の長さ。

 

 

yasudakan

「意心帰」安田侃 フィレンツェ 2000.7〜10
『街における彫刻』(写真/「KAN YASUDA」

 

 

 

 「五劫のすり切れ」

落語の「寿限無(じゅげむ)」では
「五劫のすり切れ」という言葉が出てきますね。

 

生まれた子どもに、おめでたいことや、子どもが
あらゆるものに恵まれるようにと、望むことを
あれこれとつなげて名前にしようとします。

 

すると名前は、やたらと長くなってしまい
一息では言えないほどになってしまいました。

 

そんなに長かったら、親が子どもの名前を呼ぶにも
あるいは、子どもの友達が来てその子の名前をいう時に
こまっちまうじゃねぇか….、というようなお話ですね。

 

そのおめでたい、子どもに長寿を望むものとして
「五劫のすり切れ」という言葉が出てくるのです。

 

先ほどの一劫ですら、人間には気の遠くなるほどの長さ
だというのに、その五倍の五劫、それすら
すり切れてしまう、というのですから。

 

生まれた子どもに、どうか長い寿命が
さずかりますようにという、親の祈るような思いでしょう。

 

 

 

一年の終わりに

「一劫」には遠く及びませんが
私達人間には使い勝手のよい時間の単位である一年。

 

私にとっては、生涯の節目ともいえるような
2013年も今日で終わります。
新しいものが始まる前の、一つの区切り。

 

 

yasudakan2005isinkiassisi370

「意心帰」安田侃 アッシジ 2005.6〜10
『人生を愛することは、平和を作ることだ』展
(写真/「KAN YASUDA」

 

 

「意心帰」という名には、安田侃さんの
どのような思いが込められているのでしょうか。

 

スポンサードリンク




白玉入りあたたかい黒ゴマ汁粉「聘珍楼」山王パークタワー

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

gonajirukoheitinrou131225

 

 

「聘珍楼」山王パークタワー店

今日、御紹介するものは「白玉入りあたたかい黒ゴマ汁粉」です。
山王パークタワーの27階にある「聘珍楼」で頂きました。

 

山王パークタワーが出来たのが2000年、平成では12年のことです。
地下4階、地上44階立てで、高さは194.4メートル。

 

以前このブログでは、山王パークタワーの一階にある
「溜池山王駅」の写真を紹介したことがありました。
それがこちらの写真です。

 

 

130728tameikesannoueki

 

 

この写真の左の建物が山王パークタワー。
1階の左の端にあるのは「溜池山王駅」ヘの入口です。

 

写真の右の方に見える、同じような建物が3つ並んでいるのは
手前から、衆議院第一議員会館,衆議院第二議員会館、
そして一番向うが参議院議員会館です。

 

今の写真は山王パークタワーの下の部分だけでしたが
全部写っている写真がこれです。

 

 

sannoupakubiru             山王パークタワー

 

 

 

山王パークタワーの首相官邸側には窓が少ない

この「聘珍楼」がある山王パークタワーは、総理大臣官邸に
隣接していますので、官邸側には極力、窓を設置せず
外が見えないような配慮がされているのだそう。

 

次の写真は、先ほどの写真の右側を撮ったものです。

 

 

130728giinkaikan

 

 

3つの議員会館の手前にある、平べったい(?)建物が首相官邸。

 

この写真には写っていませんが、写真の左が
山王パークタワーですから首相官邸は、本当にお隣ですね。

 

そうそう、私達が行った2日前にも、総理がNHK、時事通信の人と
聘珍楼で会食したという記事が新聞に載っていましたよ。
総理大臣官邸と近いので、ここは便利なのでしょう。

 

 

 

 ビューティー薬膳

山王パークタワーの1階から「聘珍楼」のある27階まで
ノンストップのエレベーターがいくつかあります。

 

30秒で27階まで一気に行ってしまいますので
乗っているとちょっとお耳が、ぴこぴこします。

 

12月も終わりに近い日に、今年一つのことを達成した慰労会
ということで、私を含めて3人の人が招かれたのです。

 

さてさて肝腎のメニューですが、今回は「ビューティ薬膳」
内側からきれいになる「美肌ランチコース」というもの。

 

「明日はお肌ピカピカだね」
と言いあっていたものの、翌日は誰にも会わなかったので
効果のほどは断言出来ないのが残念です。

 

 
12_yakuzen_lunch_2013122603293291f

石垣島産赤ハタの炊き込みスープ
(写真/「聘珍楼」

 

 

 

「ランチ美肌コース」

おしゃべりをしながら本当にあっという間に
時間がたってしまいました。
その時には話さなかったのですが、家に帰って、

 

そういえば……、と思い出したことがあります。

 

この御夫婦が提訴した裁判で、今日のお食事を招いてくださった方が
質問(訊問)をして、私が答えるということもありましたっけ。
まさに、今日の4人でした。

 

私がその裁判の証人訊問にたったのは、93年の2月のことです。
おもしろいことに、何かあらゆることが「20年」なのです。

 

 

12_yakuzen_lunch_201312260333476a3

スッポン入り茶碗蒸しのウニソース餡
(写真/「聘珍楼」

 

 

 

反対だったかも?

そんなこんなの20年間を思い出している時に
私はふっと思いました。

 

今回、私達は3人は彼女に招かれました。
20年以上前からずっと、私達は彼女にお世話になってきました。

 

そして今月の初めには、あろうことか真夜中にいたるまで
彼女の事務所に出たり入ったりするというハプニングもあったほど。
そのおかげで、大きな一つの山を越えことが出来たのです。

 

私達の方こそ、彼女にお礼をし御馳走をするべきではなかったのか、
反対ではなかったのかと私は気づいたのです。

 

……でも、もう御馳走になっちゃったし。
まっ、いいかっ!

 

とにかく、今年も終わります。
2013年は、本当にありがとうございました、の年でした。
このブログにきてくださる皆様に感謝を申し上げます!

 

おかげで今年もブログを続けることができました。
本当にありがとうございました!
(でも、明日もブログは書くよ!)

 

スポンサードリンク




オキザリスとクローバーは別の種類 「オキザリス」と「クローバー」 

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

yotubakuroba

 

 

また四葉のクローバー!

数ヶ月前にも「四葉のクローバーをみつけちゃいました!」
というブログを書いたのですが、また見つけちゃった!
ラッキ〜!、それも、なんと2本も!

 

ただ季節的なものもあるのでしょうか
前回の四葉のクローバーよりも、小さくて弱々しいです。

 

前回のものはこちら。

 

 

yotubanokuroba130914

 

 

 

 「四葉のクローバー」は2種類ある?

クローバーといいますと普通は三つ葉ですが
中には「四葉のクローバー」という種類もあるそうです。

 

ただ一般の「四葉のクローバー」と称して
売っているタネには2種類あります。
一つは、本当の四葉の「クローバー」

 

もう一つは、本当はクローバーではないのですが
葉のかたちが似ているオキザリスという植物のタネを
「四葉のクローバー」と称して販売しているものの2つです。

 

 

 

オキザリス

次の写真がその「オキザリス」です。
葉っぱの形が似ているでしょう?

 

 

okizarisu        オキザリス(写真/「kurumi 植物と花」)

 

 

私は、今回初めて「オキザリス」という名前を知りましたが
「オキザリス」の花や葉っぱは今までに何度も見ていました。

 

「ヤサシイエンゲイ」によりますと、世界には800種類もの
「オキザリス」の仲間がいるそうです。

 

日本にはそのうちの5種類があり、「オキザリス」という名前より
「カタバミ」という言い方の方が馴染みが深いかもしれませんね。
私も「オキザリス」を「カタバミ」という名前で認識していました。

 

 

 

こんな「オキザリス」も

こちらも「オキザリス」の仲間で「デッペイ(O. deppei)」。
メキシコ原産で、球根を作るタイプの「オキザリス」。

 

okizarisudeppei-150x150         オキザリス デッペイ(写真/「草木図譜」

 

 

葉っぱが、これぞ「四葉のクローバー」
ともいうべき形のハート形をしています。

 

この「デッペイ」は主に葉っぱを鑑賞するもので、花は小さくて
あまり見栄えがしないということですがなかなか美しい色ですよね。

 

また、よくある「オキザリス」の葉っぱの先を
チョンとハサミで切ってしまったような形のものもありますよ。
それがこちら。

 

 

toraiangurarisu             オキザリス トライアングラリス

 

 

というように、葉っぱの形が似ているので
「四葉のクローバー」のタネとして売られていたりもしますが
本当の名前は「オキザリス」という植物です。

 

 

 

本当の「四葉のクローバー」

そしてもう一つの方が、シロツメクサの「四葉版」で
こちらが本物の「四葉のクローバー」です。

 

本当の「四葉のクローバー」はタキイ種苗株式会社のサイト
記載されているのですが、現在は小売りはしていないよう。

 

 

 

yotubakurobarosenthalmagicflute131116

 

 

この本当の「四葉のクローバー」のタネですが
1袋の中に、三つ葉と四葉の両方が入っているそうです。

 

そのタネをまいた当初、初期に出てくる葉っぱは
全て「三つ葉」のクローバーなのだとか。

 

株が大きくなってくるにつれ、順調に生育していけば
数ヶ月で「四葉のクローバー」が見られるということ
ですが、おもしろいですね。

 

今年は前回1本と、今回は2本、合計3本もの
「四葉のクローバー」を見つけることができました。
生涯で最高の、年間発見率(?)です。

 

2013年、本当に良い年でした!
感謝!

 

130514yotubaomote

 

スポンサードリンク