メイプルスコーン「ディーン&ディルーカ」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130307mepurusukon

 

 

ディーン&デルーカのサイトには載っていないけど

とっても甘くておいしいメープルスコーン。
クルミがガシガシ入っているのが、嬉しいです。

 

ちょっと「ディーン&ディルーカ」のサイトを見ましたら
メイプルスコーンがのっていませんでした。

 

ホームメイドスコーンという名前のスコーンがありましたが
今日のメイプルスコーンとは違うようです。
変わってしまったのかもしれませんね。

 

 

クロテッドクリーム

イギリス、スコットランドで生まれたスコーン。
イギリスのアフタヌーンティーには欠かせませんね。

 

あの3段式のお菓子をのせる器(なんていうんでしたっけ?)
には、かならずころころとスコーンがありますね。
ジャムやクロテッドクリームをつけて食べるのが定番。

 

 

kuroteddokurimu手前がスコーン、奥の右がクロテッドクリーム
左はコンフィチュール(写真/「アルカス」

 

 

クロテッドクリームとは、イギリス南西部デボンと
コーンウォール特産のクリームのこと。

 

デボンで作られたクロテッドクリームを「デボンシャークリーム」、
コーンウォールのクロテッドクリームは「コーニッシュクリーム」
と呼ぶそうです。

 

 

 

乳脂肪分の量は、バターと生クリームの中間

クロテッドクリームは乳脂肪を55〜63%位含み、バター(83パーセント)
と生クリーム(46パーセント位)の中間に位置します。

 

良質のクロテッドクリームは、見た目は黄色っぽくバターに近いのですが
口の中ですーと溶ける、濃厚ではあってもしつこくないものです。

 

 

kuroteddokurimumodokiこちらは1分でできる
クロテッドクリーム(もどき?だと思う)
(写真/「COOKPAD」)

 

 

すーとは溶けますが、クリームの表面は黄色く
ザラザラした感じの膜が張っていることが特徴です。

 

この膜はクロテッドクリームの製造過程でできる膜で
「crust(クラスト)」と呼ばれます。

 

 

 

「Clotted」は「clout(つぎはぎ、パッチ)」が語源

クロテッドクリーム(Clotted cream) の 「Clotted」は「clout」が語源。

 

「clout」とは、つぎはぎ、パッチという意味で
この「crust(クラスト)」のことを指しているそうですよ。
(「Yahoo知恵袋」)

 

私は実はクロテッドクリームがちょっと苦手と思っていたのですが、
本物のクロテッドクリームを食べていなかったからかもしれませんね。

 

ただし現在では、イギリスでも本物をみつけるのは
難しいということです。

 

「ディーン&ディルーカ」のメイプルスコーンは、クロテッドクリームや
ジャムをつけなくても私には充分美味しく感じられました。

 

「ディーン&ディルーカ」には、このメイプルスコーンの他に
プレーンスコーンもあります。

 

プレーンスコーンの方は甘さが抑えめだそうですよ。
今日御紹介のメイプルスコーンは
おいしいクッキーのようなおやつ感覚でどうぞ。

 

スポンサードリンク




柚子 赤坂「青野」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

yuzuakasakaaono131116set430

 

 

赤坂「青野」の柚子

実はこれ、少々前のものでして、まだ青い柚子ですね。
この青い柚子を買った少し後には、たしかもっと色づいた
黄色い柚子が赤坂「青野」のサイトに出ていたような気がします。

 

今日の青い柚子が黄色くなると、今年の初めて紹介した
ゆべし(油餅子)の原料にもなります。

 

 

yuzuakasakaaono131117

 

 

 

「柚酸」とも

「柚子」は「柚酸」ともかくそうですが
それは、熟してもまだ他の柑橘類よりはるかに酸味が多く

そのままでは食用に向かないほど酸っぱいことに
由来しているのでしょうか。

 

柚子は中国が原産とも言われていますが
詳しいことはわからないそうです。

 

柚子はみかん科みかん属の柑橘類ですので
お花も似ていますね。

 

 

yuzu0021            柚子の花(写真/「季節の花300」

 

 

 

実を結ぶまでに長い時間が必要

ここに見える2つのお花の右側に見えているのが
柚子の赤ちゃんで、これが大きくなって柚子になります。
5月頃に花が咲いて、6〜7月頃に実がなります。

 

この柚子ですが、実を結ぶ時期が他のものに比べると
かなり時間がかかるそうです。

 

「桃栗 3年、柿 8年」
という言葉は、よく聞きますよね。
ですが、その後にまだ続くのです。

 

「梅は酸い酸い 13年
柚子は大馬鹿 18年
林檎にこにこ 25年」

 

 

yuzuakasakaaono131116

 

 

というのだそうです。
そんなこと言われちゃ、柚子はかわいそうですよね。

 

タネから育てる実生栽培ですと、このように柚子は
かなり時間がかかってしまいますので、その期間を短縮するために
カラタチに接ぎ木をすることがあるようです。

 

そうしますと、十数年かかって結実する柚子が、
数年で結実、収穫ができるようになるそうです。

 

スポンサードリンク




ドライキウイ「ボン・ルパ」麻布十番店

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130618doraikiuibonrupa

 

 

「ボン・ルバ」の「ドライキウイ」

私がじっと「ドライキウイ」見ていますと店員さんが
「どうぞ」と試食用の「ドライキウイ」を差し出してくれました。

 

いかにも、というきれいな色に着色をしているものも多いなか
この「ドライキウイ」はちょっと茶色っぽくて
その鮮やかでない色が、好ましいですね。

 

本当に着色等、何もしないで「ドライキウイ」を作ったら
こんなふうな色に近く仕上がるのではないかなと。

 

 

 

無着色ではないそう 

「ボン・ルパ」のお店の人の話では、この「ドライキウイ」も
残念ながら完全に無着色というわけでもなさそうです。

 

でも、そうであっても着色はせいぜい、この程度で
止めておいてほしいと思いますね。

 

 

kiui         (写真/「FXDDブログへようこそ」

 

 

 

フルーツインスタイル

帰ってきて、レシートからこの
「ドライキウイ」の販売者がわかりました。

 

東京にある、「大信実業株式会社」という会社で
「Fruits in Style(フルーツインスタイル)」という名前で
ネット販売もしているようです。

 

ネットでの説明によりますと、生のキウイのような
タネのつぶつぶ感を残したうえで、なおかつ
酸味が強過ぎないように仕上げたそうです。

 

原産国は中国。
原材料としては、キウイ、砂糖、クエン酸、酸化防止剤(亜硫酸塩)。

 

そして着目した色のことですが
「ドライキウイの緑は天然の色で、着色料は一切使っておりません」
と書いてあります。

 

作っている会社「フルーツインスタイル」のネットでの情報と
売っているお店「ボン・ルパ」のおねーさんの言うことと
どっちが正しいの?

 

スポンサードリンク