「なぜ人の家に入り込んでいるんだ、警察を呼ぶ」とドアを蹴る、深夜に現れた見知らぬ人 

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

140820yozora

 

 

夜中の3時過ぎにドアを叩き、蹴る人

先日、ももちの「かじかじ棒」の話
していて、ももちと二人で驚いた出来事
があったのを思い出しました。

 

それは夜中の3時半も過ぎた頃、
ドアをドンドン叩く音がします。

 

ドアを叩くのみならず、ドアを何度も
強く蹴っていて、これはあとで見てわかった
のですが、大きなキズになっていました。

 

 

 

 

「早くここを開けなさい。
私のうちに入り込んで……。
出て行きなさいよ! 警察を呼んで!」

 

ということを繰り返している彼女に
対して、私は玄関のドアは開けずに
通路に面している柵のついた窓を開けました。

 

当時、住んでいたのは、部屋の並び方が
マンションによくあるタイプの間取り。

 

玄関を入るとすぐ、外の通路に面して窓の
ある部屋があり、廊下の両側にはキッチンや
洗面所、そしてベランダに面した側に
リビングと和室があるという。

 

 

140921hotelbakasaka

 

 

 

部屋番号が違いました

窓を開けてみましたが
やはり私の全く知らない人です。
うさぎのももちも、驚いたように
私と一緒に窓辺で彼女を見ています。

 

「ここは自分の家だ。
何で人の家に入っているんだ。
警察に訴えてやるっ!」

 

と言いながらドアを蹴り続けているため
結局、警察を呼ぶしかありませんでした。

 

というより最初から彼女は、私が彼女の
家に侵入しているので、警察を呼べと
言っていたのですが。

 

 

 

 

警官が2人駆けつけてくれると
彼女はちょっとバツが悪いような表情に
なり、今までより弱い口調にまりました。

 

警察官が彼女の家を訊ねると
うちの部屋番号ではない番号を告げ、
彼らに連れられて立ち去ったのです。

 

なんのことはない、彼女は自分の家が
ここではないとわかっていたのです。
ということは、何をしに来たのでしょう?

 

あとにはビックリしたももちと私が
白みだした空を見つめるばかりでした。

 

 

140807soityou

 

 

 

彼女はDVの被害者

翌日、そのことを管理室に告げに行き
管理人さんから彼女がDV、家庭内暴力
の被害者だと聞きました。

 

彼女はうちの少し上の階に住んでいて、夫に
暴力を振るわれ、時々家の外に出されること。
昨夜は、仕事の帰りだったのだろう、
ということでした。

 

そんなことがあったほんの2、3日後、
私が外から帰ってきてマンションの玄関に
入る時に、出てくる人とすれ違いました。

 

彼女でした。
私が気づくより前に、彼女にはわかっていたようで
下を向いて、逃げるように去って行きました。

 

 

140416kumoroppongi

 

 

 

自分の怒りを誰かにぶつける

「生酔い本性違わず」ではありませんが
彼女は、私を一瞬見るなりわかったのです。

 

うちに来たことも、自分の家と間違って
来たわけではなかったのでしょう。

 

だからこそ彼女は、警察を呼べといいつつも
実際に警察官が来ると態度が変わり
自分の部屋番号を告げたのです。

 

 

 

 

その後、彼女が夫からベランダに追い出されて
いると思われる音が聞こえたこともありました。

 

彼女はなぜか、私の顔と家を知っていたようです。
酔って家を間違えた振りをしてうちに来て
日頃の夫のDVに晒され続けた怒りを
私にぶつけたのだと思われます。

 

その後、私は引っ越してしまいましたが
彼女は今、どうしているのでしょう?

 

 

140416roppongikoukou

 

スポンサードリンク