バターを使うか否かによって形が違う「クロワッサン」 クロワッサン「ピエール・ガニェール」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

121119kurowa

 

 

「クロワッサン」

今日のクロワッサンは、ANAインターコンチ
ネンタルホテル東京の2階にある「ピエール
・ガニョールパン・エ・ガトー」のものです。

 

パンというのは一緒のオーブンで焼いても
焼き色が個々に微妙に異なるものですね。

 

ですからこのクロワッサン一つを見て
云々は出来ないと思うのですが、

 

「ピエール・ガニョール パン・エ・ガトー」
のクロワッサンの色は、ちょっと色が
独特のような気がします。
材料や、原料の加減なのでしょうか。

 

 

「メゾンカイザー」のクロワッサン

 

 

 


クロワッサンは20世紀になってできたもの

クロワッサンについては
「17世紀のウィーンで、トルコ軍の侵入を
知らせたパン職人の働きを愛でて、トルコの象徴
である三日月型のパンが作られるようになった」

 

 

torukokokki

 

 

というお話があるようですが、これはあくまで
「お話」であって事実とは異なるようです。

 

現在のクロワッサンのレシピである、バターを
生地に折り込んであるものが広まったのは
意外にも20世紀なってからだということ。

 

 

 

「バター」か「その他の油脂」かで形が違う

そして現在でもフランスでは
クロワッサンに「バター」を折り込んであるのか
あるいは「他の油脂」なのかによって
両者の形が異なっているそうです。

 

バターの方を、
クロワッサン・オ・ブール
(croissant au beurre)」といい、

 

その他の油脂の方を、
クロワッサン・オルディネール
(croissant ordinare)」と呼んでいます。

 

バターで作った「クロワッサン・オ・ブール」
は、両端がまっすぐの、いわば菱形です。

 

 

12 10 5 kurowasan「クロワッサン・オ・ブール」まっすぐ(菱形)のクロワッサン
「ドミニク・サブロン麻布十番店」

 

 

それ以外の油脂で作った
「クロワッサン・オルディネール
(croissant ordinare)」は、両端が
曲がっている、いわゆる三日月形をしています。

 

 

160329kurowassan「「クロワッサン・オルディネール」三日月形のクロワッサン
「成城石井アークヒルズ店」

 

 

オルディネールとは、日常の、普通の
というような意味だそうです。

 

 

 

今日の「クロワッサン」

ピエール・ガニェールの「クロワッサン」は
クロワッサン・オ・ブール
(croissant au beurre)ですね。

 

原料にもこだわっているのでしょう。
バターの味が深いです。

 

さすがにおいしいです、
「ピエール・ガニョールパン・エ・ガトー」
のクロワッサンはっ。

 

スポンサードリンク