「若冲と蕪村」サントリー美術館 東京ミッドタウン

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

150428senbeibusonan

 

 

「蕪村庵」のおせんべい

昨日、お話しした若冲と蕪村に関する意外なグッズとは
この写真のおせんべい。

 

サントリー美術館のショップで食品が置いてあったのは初めて見ました。
(勿論、併設されているカフェ「不室屋」以外では、という意味ですが)

 

ただしこのおせんべい、ただのおせんべいではありませんよ。
「六角醤油せんべい」という名前で、作っているのは「蕪村庵」!

 

蕪村庵の本店は、京都六角堂にある
いかにも京都という感じの町家作りのお店です。

 

 

 

honten03       蕪村庵本店 京都六角堂(写真/「蕪村庵」

 

 

 

40歳頃から京都に定住

蕪村は享保元年(1718年)に摂津の国(大坂)の農家に生まれ
20歳前に江戸に行き夜半亭宋阿(やはんていそうあ)に俳句を学びます。

 

27歳の時に師匠の宋阿が亡くなり、芭蕉の足跡を
たどる如くに東北、宇都宮等を遊歴。

 

35歳頃に京に上った後、丹波に3年ほど過ごしてから京都に戻り
俳諧と絵画の分野で活躍し、天明3年(1783年)、68歳で没。
京都市下京区に「与謝蕪村宅跡」という石碑があるそうです。

 

 

120616ta

 

 

 

蕪村って絵も描くの?

中学生までの私は、蕪村は俳人だと思っていました。

 

「菜の花や 月は東に 日は西に」
「春の海 終日(ひねもす)のたりのたりかな」は有名ですね。

 

 

130303nanohana

 

 

45歳で妻を娶り、55歳で宗匠となり
師の夜半亭宋阿の跡を継ぎ夜半亭二世を襲名。
そんな遅咲きの蕪村が60歳、還暦の年に作った句がこちら。

 

 

「遅き日の つもりて遠き むかしかな」

 

「遅き日」は春の季語で、日の入りが遅くなる春の描写。
日の遅くなる春を、何度も経てきたことを感慨深く
詠んでいる句だそうです。(「蕪村庵『蕪村浪漫』」

 

 

dlineimgl2_7重要文化財 鳶・鴉図 与謝蕪村筆 双幅 18世紀
北村美術館蔵(写真/「サントリー美術館」)

 

 

 

故郷へ帰らなかった蕪村

40過ぎて京都に定住する以前は江戸、東北等を長い年月放浪していた
ようですが、蕪村はその間、故郷へ帰っていないともいわれています。

 

以前、テレビ東京の「美の巨人達」で与謝蕪村を取り上げた時に
蕪村は婚外子だとの説明を聞いた覚えがあります。

 

蕪村が故郷に帰らなかったということが事実だとしたら
そんなことも影響しているのかな、と勝手な想像をしたりして。

 

 

 

「黒」と「白」

今回の「若冲と蕪村」のポスターはこちらですが
右半分が若冲で、左が上にあげた蕪村の絵の一部です。

 

 

jakuchubuson

 

 

ということで私は蕪村は絵画より、文字の方が印象が強くて
絵はそれほど引き込まれなかったのですがこのカラスは凄い。

 

一方、お隣りの若冲はカラスの黒とは対照的に白い象。
いかにもじゃくちゅう〜という感じでこちらも面白いです。

 

 

 

若冲の墨絵が素敵

私が初めて若冲の絵を知ったのは、色鮮やかな鶏の絵。
う〜ん、凄い絵なんでしょうけど、ちょっと恐い
と鶏が苦手な私は正直ちょっと引き気味だったことを思い出します。

 

若冲といえば極彩色、というイメージがありましたが
今回の「若冲と蕪村」で見たインゲン豆とトウモロコシの墨絵は驚き!

 

いや〜、素敵でした。
若冲って上手、って怒られるよ!

 

伊藤若冲は、1716年に京都錦小路の青物問屋「桝屋(ますや)」
の長子として生まれ、1800年に85歳で亡くなっています。

 

 

 

dlineimgl1_7象と鯨図屏風 伊藤若冲筆六曲一双 寛政9年(1797)
MIHO MUSEUM蔵(写真/「サントリー美術館」

 

 

 

若冲も、40歳で隠居をし画業に専念

長男だったため、23歳の時には家業の青物問屋を継ぎますが
40歳で次弟に家督を譲り自身は隠居をして、絵を描くことに専念。

 

今回の展覧会には、若冲の弟(これが家業を譲った弟かは定かでは
ありませんが)の描いた絵も出品されていました。

 

カメを描いたちょっとおどけた可愛らしい絵でしたが
雅号が面白いです、その名も「白歳」。

 

青物問屋ですので「白菜(はくさい)」の音を持つ「白歳」
などとつけて、兄弟で戯れていた様子が目に浮かびますね。

 

 

150428busonansenbei

 

 

そうそう、蕪村庵のおせんべいがあったショップに
「蕪村さんも大好き六角せんべい」と、サントリー美術館
らしからぬ、お茶目な言葉が添えられていました。

 

私もめちゃくちゃな関西弁で
「ほんまかいな!」と心の中で返しておきましたよ。

 

スポンサードリンク




「若冲と蕪村」に行こうとしたら電線に木が3つ! 檜町公園

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

130317oanosakura2

 

 

 

サモトラケのニケの上は「サントリー美術館」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」に最近、登場している
「サモトラケのニケ」銀座「鳩居堂」が出店しているのは
東京ミッドタウンの地下1階です。

 

その上の3階には、サントリー美術館があり
現在、「若冲と蕪村」展が開催されています。

 

3月18日から5月10日までですが、いつものように見逃しかねませんので
選挙の投票を済ませた帰りに寄ってみることにしました。

 

次の地図の左側、上下の赤い線で表されているのが外苑東通りです。
その赤い線の下の方で接している緑色のものが東京ミッドタウン。

 

 

130226mid

 

 

赤い線の方が正面玄関ですが、私は後ろの檜町公園の方から行きました。
緑色の東京ミッドタウンの右端にある、「M」と書いてあるあたりに
来ますと、消防車やパトカーが止まっていて人々が何かしているよう。

 

 

 

木の悲鳴かな?

一体、なにごとかと思いましたら、これみたい(  ↓  )です。
御覧になれますでしょうか?

 

 

150426densenki

 

 

電線に30〜40センチほどの木が3つほどぶら下がっています。
最近ここで、大きな木を切り倒していたのですが
その時に、枝が電線に引っかかってしまったのでしょうか?

 

でも伐採は少し前のことですので、別件かもしれません。
あの時からずっと木が電線にぶら下がったままということも
あり得ないと思いますし。

 

 

130324tyukinto

 

 

昨夜も、樹齢数百年のエドヒガンザクラが保存会の人の願いも空しく
切られてしまったという報告メールで読んだばかりです。
木が切られてしまうというのも悲しいですね。

 

枯れたわけでもない大きな木が切り倒されて横たわっているのは
切った部分が活き活きとした色をしているだけに痛ましい気がして……。

 

檜町公園のそばにあった木は何歳だったのでしょう。
もしかしたら、この電線に引っかかった枝も木の悲鳴なのかもなんてね。

 

 

blog_import_5153600db609f

 

 

 

「同い年の天才絵師」

などど思わず木の年齢などを考えてしまいましたが
今日はサントリー美術館の「若冲と蕪村」を見に来たのでありました。

 

この展覧会のサブタイトルは「生誕三百年 同い年の天才絵師
(Celebrating Tow Contenporary Geniuses)」というもの。

 

タイトルが示しているように伊藤若冲と与謝蕪村は共に1716年生まれ。
ちなみにこの1716年、正徳6年は元禄期の町人文化を担った尾形光琳が
亡くなった年であり、徳川吉宗が八代将軍となった年でもあります。

 

 

jakuchubuson

 

 

 

共に40歳位から京で画業に専念

同じ年に生まれた若冲と蕪村は、共に40歳位から
京都で絵画に専念するようになりました。
しかも、二人が住んでいたのはそんなに離れていない場所だったとか。

 

京都といえば、「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」では
京都市の野良猫に関する条例を今月の初めにお知らせしたばかり。

 

3百年前に生まれた同い年の天才、蕪村と若冲。
先日、切られてしまった樹齢数百年のエドヒガンザクラと
何歳だったのかはわかりませんが切られてしまった赤坂の木。
そして野良猫の生存がますます過酷になっていく京都市の条例等々。

 

 

PHT0200086000000        サントリー美術館所蔵の桜のお抹茶碗

 

 

檜町公園の近くで伐採された大きな木を目の当たりにして
ショックとも衝撃とも言葉が違うような気もしますが心が揺れました。

 

この世に生を受けたものは人間に限らず
出来るだけこの世界に長く留まることができるといいですね。

 

と今日は木が気になり(オヤジギャグ)お話しできませんでしたので
明日、サントリー美術館のショップで買った若冲と蕪村に関する
意外なグッズ(?)とともに「若冲と蕪村展」を御紹介しましょう。

 

スポンサードリンク




「栴檀は双葉より芳し」の「栴檀」は「白檀」のこと 白檀「鳩居堂」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

150422koubokukyukyodo

 

 

サモトラケのニケの後ろで買った白檀

前々回に御紹介した、東京ミッドタウンの地下1階に現在
展示されている「サモトラケのニケ」の後ろにあたる場所で
今日の写真の香木を買いました。

 

この場所は色々なお店が次々と変わる場所で、前に御紹介した
「サーモン昆布重ね巻き」も、そしてこちらはもう3年前になりますが
ぬいぐるみの「ハンサ(Hansa)」もこの場所にあったものです。

 

そこに今回登場したのは、銀座の鳩居堂。
中学、高校生の時、私は銀座の鳩居堂に通い、和紙の便せんや
千代紙などを買って楽しんでいたものでした。

 

今回、東京ミッドタウンの鳩居堂をちょっと覗いてみますと
驚くほどリーズナブルな香木(白檀)ががあります。

 

 

150422byakudan

 

 

 

フィジー産の白檀

白檀は香木の中で高価な方ではないのですが
それにしても見たことがないようなお値段でしたので聞いてみることに。

 

今回は2種類の白檀がありましたが、3グラム千円台のもの
と400円のものがあったのです。

 

千円以上のものは老山白檀というインド産のもので
400円の方はフィジー産ということ。
フィジー産の香木というのは初めて聞きました。

 

 

130313tamuke

 

 

さっそく家で香りを聞いてみましたが、フィジー産の白檀は
よくいえば柔らかですがコクがない(コクという言い方も変ですが)。
よくも悪くも淡過ぎる香りでしょうか。

 

私は白檀という香木は、もっとツンとくるものだと思って
いたのですが、ソフトな甘い香りだったことに驚きました。

 

 

 

「栴檀は双葉より芳し」の「栴檀」=「白檀」

白檀は「サンダルウッド(Sandal wood)という名前でも有名ですね。
エッセンシャルオイル、ウォーター(樹皮などから抽出する水分)等々。

 

そういえば白檀で出来たお扇子もありますが
私は子どもの頃からこの香りが苦手でした。

 

その白檀にまつわるものとして
「栴檀は双葉より芳し(大成する人は幼い時から優れているとの意)」
という言葉は超有名ですが、この栴檀とは白檀のことを指します。

 

 

130312ginyou

 

 

 

「栴檀」という名の別の木もある

ところが、ところが……、ここで少々混乱する事実があります。
「栴檀は双葉より芳し」でいう「栴檀」は確かに「白檀」のこと。

 

ですが実は「栴檀」という名前を持つ別の木があり
現在「栴檀」といえば「白檀」ではない方の木を指すそうです。

 

「栴檀は双葉より芳し」の方の「栴檀(白檀)」には
このような花が咲きます。
5月から6月が花の時期だそうですので、これからですね。

 

 

byakkudanhana          白檀の花(写真/「花図鑑」

 

 

一方、上記の「白檀(栴檀)」とは別に
一般的に「栴檀」といわれている木の花がこちら。

 

 

sendannohana          栴檀の花(写真/「木の雑記帳」)

 

 

このように花を比べてみるだけで、同じ木でないことは一目瞭然。
では、なぜこんな混乱が生じてしまったのかといえば、

 

昔の日本人が中国の文献を参考にしている時に、中国の表記とは
異なる日本語で書いてしまったことが原因なのだそうです。
また、このような例は他にもあるとか。(参照/「木の雑記帳」

 

 

 

白檀(びゃくだん)

Santalum album ビャクダン科ビャクダン属
英名は  White sandalwood, Sandalwood
木の部分が香るのであり、葉や花には香気はないとされる

 

 

 

栴檀(せんだん)

Melia azedarach   センダン科センダン属
英名は  Chinaberry
香りはしない

 

 

 

栴檀の実では数珠を作らない

また、今回の香りのこととは別ですが、よく間違えて既述されて
いることがあるようですので、念のために書いておきましょう。

 

 

sendannohana               栴檀の花

 

 

栴檀はこのような花が咲いたあとに、次の写真のような実がなります。
ころころの丸い実がお数珠のようだということで
「センダマ(千球)」から「センダン」と命名されました。

 

 

sendan99         栴檀の実(写真/「季節の花  300」

 

 

それを間違えて、この実でお数珠を作ると記載しているものが
多々ありますが、「栴檀の実で数珠を作る」は間違いです。

 

ただし実ではなく、木の部分ではお数珠を作るそうですので
間違えないで下さいね。

 

スポンサードリンク