ツーバイツーバニラビスケット(フクロウとネコ)「アーティザンビスケット」 

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140510nekohukurou

 

 

可愛いだけじゃなくてホントにおいしいよ!

前回、渋谷区の同性結婚証明書の記事につけた
フクロウとネコちゃんの
カップルのビスケット
ですが、これはイギリスのアッシュボーンにある
アーティザン(ARTISAN)ビスケット社のものでした。

 

東京ミッドタウンの「ディーン&デルーカ」
で買ったものです。
「ツーバイツー( TWO BY TWO)」のバニラ
ビスケットですがとってもおいしくてお気に入り。

 

それもそのはず、アーティザンビスケット社は
保存料は一切使用せず、良質の原材料を
使用して丁寧に作っているようです。

 

アーティザンビスケット社の「アーティザン」
の意味は、良質な原材料と職人の技術を
使って作られた、という意味だそう。

 

 

150512athizan

 

 

 

2012年、トップビスケットブランドに

アーティザンビスケット社は2012年に
ギルト・オブ・ファインフーズから
トップビスケットブランドに選ばれました。

 

ギルト・オブ・ファインフーズとは
イギリスの高級食材専門店や、デリカテッセン
などの小売店の業界団体。

 

そのギルト・オブ・ファインフーズから
アーティザンビスケット社は、なくてはならない
ブランドとして選ばれたというわけです。

 

 

150512athizanbisuketto

 

 

 

丁寧なビスケット作りは1935年から

アーティザンビスケット社の歴史は
1935年に始まりました。
スペンサーファミリーが営んでいた、紅茶の
お店の奥で作っていたビスケットが始まり。

 

紅茶のお店の名前は「グリーンドラゴン」といい、
1605年までさかのぼりますと、その建物は馬を預けて
宿泊するタイプの宿屋(「コーチング・イン」
というそう)だったそう。

 

アーティザンビスケット社となってからでも
70年以上の歴史をもっているのですね。

 

 

 

ツーバイツーは全部で4種類

こちらは今日、御紹介の「フクロウとネコ」
以外の、3種類のツーバイツーです。

 

 

two_by_two_new-pack-rangeツーバイツー4種(写真/
「ARTISAN BISCUITS TWO-BY-TWO」)

 

 

一番左は、今日御紹介の
「フクロウとプッシーキャット」。
イギリスでは有名なエドワード・リアの詩、
「フクロウとネコ」がモチーフになっています。

 

作者のエドワード・リアは「不思議な国のアリス」
でおなじみの、ルイス・キャロルにも
影響を与えたといわれる人です。

 

フクロウとネコのカップルが、船旅の末に
たどりついた島で、結婚式をあげる
という幻想的な内容のお話だそう。

 

 

140510nekohukurou船に乗っているフクロウと
ネコが描かれているパッケージ

 

 

たくさんの言葉遊びが、この詩には
含まれているといいます。
英語がわからなくても読んでみたくなりますね。

 

それに組み合わせがすっごいです、
フクロウとネコ、種を超えた愛!
私は、この「フクロウ」と「ネコ」という
組み合わせそれだけで、やられてしまいました。

 

 

lunchboxツーバイツー・ランチボックス
(写真/「ARTISAN LUNCH BOX」

 

 

 

イソップ童話もビスケットに

その隣りは「ライオン&マウス」。
こちらはたっぷりのバターと
本物のイチゴジュースを使用。

 

「ライオンとネズミ」はイソップ童話ですね。
気まぐれで助けた小さなネズミに
大きなライオンが命を救われるお話。

 

次は、「トータス&うさぎ」で
これもイソップ童話ですね。
「♬ もしもし かめよ、かめさんよ〜 ♫」のアレ。

 

たっぷりのバターに、トフィーが加えられています。
トフィーと聞くとすごく甘そうですが
甘さは押さえ気味で、洗練された味だとか。

 

 

150512tubaitubisuketto

 

 

最後の一番右側は「ジョージ&ドラゴン」。
ナチュラルレモンカードビスケット。

 

この「ジョン&ドラゴン」というお話は
ヨーロッパに広く伝わる、聖ジョージの竜を
退治する伝説にもとづいています。

 

恐ろしいドラゴンに困り果てている村人と
お姫様を、聖ジョージが助けるお話だそうですよ。

 

どのお話も面白そうで、おいしそうな
アーティザンビスケット社の
「ツーバイツービスケット」の御紹介でした。

 

スポンサードリンク