乃木希典から命名された「乃木坂」の昔の名前は「幽霊坂」 赤阪の坂7

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

150923nogitei

 

 

乃木坂駅の住所は南青山

ここ数回「赤阪駅」を通っている東京メトロ、千代田線のお話を
してきましたが、千代田線の「赤阪駅」のお隣は「乃木坂駅」です。
ということで、今日は「乃木坂」のお話をしましょうね。

 

「乃木坂」は駅名でもあり、坂名でもありますが
「赤阪」は駅名ではありますが、坂名ではありません。
「乃木坂」という坂はありますが、「赤阪」という坂はありませんから。

 

ですが「赤阪」という住所表記はありますが
「乃木坂」という住所表記はありません。
と少々ややこしくなってきましたので、早速お話を始めましょう。

 

 

nogizaka     左下にある乃木坂駅のそばのピンク色の部分が「乃木坂」

 

 

「乃木坂駅」の住所は南青山1-25-8 であり、赤阪ではありませんが
坂の方の「乃木坂」は、赤阪8丁目と9丁目の境の場所に
あり、地図にはピンク色で示してあるところです。

 

ひらがなの「く」の字といいますか
アルフェベットの「L」といいったらいいでしょうか、
とにかくそれらの中心から撮った写真がこれです。

 

 

150923nogizakkado

 

 

写真右の方の道は、地図でいいますと下の方に進む道、
外苑東通りで、六本木駅に向かっています。
そちらを向いて撮った写真がこれです。

 

 

150923nogizaka

 

 

少しだけ上り坂になっているのがおわかりでしょうか?
写真ですとあまり高低差を感じないのですが
実際はもっと坂という感じがします。

 

この写真の右側に見えているのが、乃木坂陸橋。
こちらは赤阪出口になります。

 

この陸橋の上から、「く」の字の上の部分の
「乃木坂」を撮った写真が次のもの。

 

 

150923nogizakarikyo

 

 

こちらは赤坂通りで、赤阪駅や赤坂サカスへ向かう道。
乃木坂駅と赤阪駅は歩いてもすぐの距離です。

 

写真では見にくいのですが、中央当たりに1ミリ ×3ミリほどの
黒っぽく見えているものは、赤坂サカスのビッグハット。

 

 

TBSbighut140618         赤坂サカスのビッグハット

 

 

 

「乃木坂」の昔の名前は「幽霊坂」

「乃木坂」は江戸時代には、「幽霊坂」や「なだれ坂」
「行合坂」、または「膝折坂」ともいわれていたそうです。

 

ただ「幽霊坂」という名前の坂は「乃木坂」に限らず、港区のお隣
千代田区富士見町、同じく神田淡路町、港区では三田、その他
北区、新宿区、新宿区、文京区と「幽霊坂」はいくつもあるとか。

 

これらはみんな江戸時代に名づけられたそうですが
『江戸の坂 東京の坂』(有峰書店・横関栄一著 昭和45年刊)に
よりますと、幽霊が出ることで有名だから、ではないということ。

 

江戸時代の江戸っ子は(この言い方は「馬から落ちて落馬」してる?)
木々がうっそうとして寂しく「いかにも幽霊が出そうだなぁ」という
場所を幽霊坂と名づけたのだそうです。

 

だから、あちらこちらにあるわけ。
ということは、幽霊が出るわけではないのでちっとも恐くないですね。

 

 

nogizaka

 

 

 

「幽霊坂」から「乃木坂」へ

「幽霊坂」と呼ばれていた坂が「乃木坂」と命名されたのは
1912年、大正元年9月のことでした。

 

この付近に住居を構えていた大日本帝国陸軍の重鎮で、学習院院長
でもあった乃木希典の殉死を悼み、赤阪区議会が議決したのです。

 

この写真は旧乃木邸の門から垣根の部分を映したもの。
写真の右端に見えているのは、赤煉瓦で作られた厩です。
とても立派で、うちよりはるかに大きい。

 

 

150923nogitei

 

 

 

駅名も「乃木坂」に

「赤阪」は住所としても使われている地名ですが
「乃木坂」という住所表記上の地名はありません。

 

ですがこの1912年の赤阪区議会での「幽霊坂」→「乃木坂」の
命名変更により、それ以降このあたり一帯は
「乃木坂」と呼ばれるようになったということです。

 

その後の1972(昭和47)年、千代田線の駅名としても
「乃木坂」は採用されることになります。

 

住所表記上は存在しないとはいえ、「乃木坂」は
確実に市民権を得た地名となっているのですね。

 

スポンサードリンク




「赤坂駅」と「赤坂見附駅」、先にできたのは?

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

140416akasakaeki

 

 

「赤坂」の名前のつく駅

千代田線の小さな旅も終了して「赤坂」に帰ってきました。
駅名で赤坂と名前のつく駅は、東京メトロの千代田線の「赤坂」と
同じく銀座線及び丸ノ内線の「赤坂見附」の2つがあります。

 

赤坂サカスへ行くには千代田線の「赤坂駅」が近いですね。
「赤坂駅」の3b 出口をでて階段をのぼると
そこはもう赤坂サカスの敷地内ですから。

 

 

140401sakasutakisakura      「赤坂駅」3b の出口を出ると、春は滝桜が

 

 

 

201407TBSgoya          夏はゴーヤのカーテン

 

 

 

141126akasakasakasusuketorinku         冬はスケートリンクが見えます。

 

 

 

この「赤坂駅」と「赤坂見附駅」はどちらが先に出来たのかと
いいますと……、ホーム等を見れば一目瞭然ですね。

 

千代田線の方がはるかに新しいので
先に出来たのは「赤坂見附駅」の方です。

 

 

150811cheesecakesirotae  「赤坂見附駅」のすぐそばにある「しろたえ」のチーズケーキ

 

 

 

「赤坂見附駅」

「赤坂見附駅」は、住所でいいますと赤坂3丁目にあり
1938(昭和13)年、11月18日に営業を開始しています。

 

最初に開通したのは現在、銀座線と呼ばれている線で
1959(昭和34)年、3月15日には丸ノ内線が開業しました。

 

ですが現在は、千代田区永田町にある「永田町駅」も
「赤坂見附駅」と同じ駅としての扱いになっています。

 

丸ノ内線の開業から20年後の1979(昭和54)年、9月21日 に
半蔵門線の「永田町駅」が開業し「赤坂見附駅」と乗り換え業務を開始。
と同時に有楽町線とも乗り換え業務を開始しました。

 

その後の1997(平成9)年、9月30日 には南北線の「永田町駅」も
できて乗り換えができるようにもなりました。

 

ただし、半蔵門線、有楽町線、南北線の「永田町駅」は
駅名が示している通りに赤坂ではなく千代田区にありますし
「赤坂見附駅」とは距離も少々離れています。

 

 

150827umaya       こちらも「赤坂見附駅」の近く「うまや」

 

 

 

5路線乗り入れは東京メトロ最多

ではありますが、東京メトロではこの5路線(銀座線、丸ノ内線、
半蔵門線、有楽町線、南北線)を、定期等の扱いにおいても
同一の駅とみなすということです。

 

なお、1つの駅に5路線の乗り入れることになるのは
東京メトロの駅の中では最多だそう。

 

2014年の東京メトロの各駅乗降人員によりますと、1日平均
銀座線・丸ノ内線を足した「赤坂見附駅」では「109,472人」。
半蔵門線・有楽町線・南北線の「永田町」は「65,296人」、
合計では「174,758人」ということになりますね。

 

 

150622kuzumochi     「赤坂駅」のそばにある「相模屋」のくず餅

 

 

 

「赤坂駅」

一方、千代田線の「赤坂駅」は
千代田線1つのみでホームも1つしかありません。

 

住所は赤坂サカスと同じ、赤坂5丁目にあり
1972(昭和47)年、10月20日 に赤坂駅として開業しました。
「赤坂見附駅」ができた34年も後のことだったのですね。

 

東京メトロの1日の平均乗降人員、2014年度では
「86,518人」と「赤坂見附駅」よりもかなり少ない人数。

 

 

130715TBSnatusakasu         この階段をのぼると赤坂サカス

 

 

 

「赤坂駅」「赤坂見附駅」「永田町駅」

「赤坂駅」(赤坂5丁目)
千代田線 1972(昭和47)年、10月20日
1日の乗降客平均(2014年度) 86,518人

 

「赤坂見附駅」(赤坂3丁目)
銀座線  1938(昭和13)年、11月18日
丸ノ内線 1959(昭和34)年、3月15日
1日の乗降客平均(2014年度) 109,472人

 

「永田町駅」(千代田区永田町)
半蔵門線 1979(昭和54)年、9月21日
有楽町線      
南北線  1997(平成9)年、9月30日
1日の乗降客平均(2014年度) 65,296人

 

スポンサードリンク




「北干住」ではなくて「北千住」  東京メトロ千代田線

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

kitasenjutiyodasen

 

 

千代田線のラインカラーは緑、路線記号は「C」

前回、東京メトロ地下鉄千代田線の「千駄木駅」での
史上最高とは申しませんが、私個人の史上最高の落書き(!)
のお話を聞いていただきました。

 

地下鉄の千代田線は、東京都足立区の「綾瀬駅」から渋谷区の
「代々木上原駅」までを結んだ地下鉄の路線です。

 

実際には代々木上原の先は小田急線と、また綾瀬の先はJRに
相互乗り入れをしていますが、本来の千代田線のみの駅は19駅。

 

代々木上原  →  代々木公園  →  明治神宮前  →  表参道  →  乃木坂  →
赤坂  →  国会議事堂前  →  霞ヶ関  →  日比谷  →  二重橋前  →
大手町  →  お茶の水  →  湯島  →  根津  →  千駄木  →
西日暮里  →  町屋  →  北千住  →  綾瀬

 

前回は「千駄木」を、もっと以前には
「国会議事堂前駅」も紹介したことがありましたね。

 

 

140408kokkaigijidou

 

なお、千代田線の電車の車体や、地下鉄の路線図や乗り換え案内で
使用されているラインカラーはグリーンで、路線記号は「C」。
今日、御紹介するのは「千駄木駅」の3つ先にある「北千住駅」です。

 

 

 

「北干住」は間違い

この「北千住駅」、少し前にネットで一躍有名(?)になりました。
話題になったのは「北千住駅」の「北千住」という駅名標についてなの
ですが、次のような駅名標が「北千住駅」につけられていたのだそう。

 

 

kitasenju

 

 

実はこの駅名標は間違っているのですが、おわかりですか?
私はわかりませんでした。

 

両者を並べてみましょう。
上が正しいもので、下が間違っている駅名標。

 

 

kitasenjutiyodasenkitasenju

 

 

答えは、「北千住」の真ん中の「千」の字です。
下の「千」が間違って「干す」の「干」になってしまっているのですね。

 

上は、「干」の字の上に正しい「千」を印刷した紙を
一時的に貼って訂正したものに見えます。
その後、きちんと「千」になっている「北千住」に取り替えたそうです。

 

 

 

「北千住」が正解

私は、この間違い駅名標が表示されていた期間に
「北千住駅」を通過したか否か、記憶にないのですがもし通過して
かつ見ていたとしても、多分気づかなかったでしょうね。

 

こうして写真で2枚を比べてみてもわからなかったのですから。
ねっ?、普通、わからないですよね。

 

むしろ、気づいた人って凄い、と思います。
第一発見者は誰だったのでしょう?

 

 

天満駅だって負けてはいません

こちらは吉村智樹さんという方のツイッターの写真なのですが……、
間違っているところ、わかりましたか?

 

 

tenmaeki

 

 

この写真をツイートしていた吉村智樹さんは、これが撤去されて
しまいがっかりした、と書いていらっしゃいました。

 

まあ、間違いと気づいた後でもそのまま放置しているというのも
難しいのかもしれませんけど、ちょっと残念ですよね。

 

前回の千駄木駅の駅名標を「千駄」から「千駄」にいたずらを
したのは故意にした面白さ、そして今日の「北住」が「北住」
になっていたのは企まずに生まれてしまった面白さ。

 

 

 

間違いは、暮らしのゆとり?

人の間違いを批判し、嘲笑するというのではなく
面白がっちゃうという心理は、誰にでもありますよね?…ねっ?

 

この「ご利用くだい」は何度見てもおかしくて
吉村智樹さんががっかりしたというのもむべなるかな。

 

実はこの手の間違いって、他にもいろいろあるようですよ。
世の中って、結構楽しさに満ちているのですね。

 

スポンサードリンク