日本には雄株だけしかない「キンモクセイ」 

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

130430tokyomidtownkinmokusei

 

 

香りで気づいて花を探す

今年はキンモクセイが早いような気がしますが、今日の写真は
東京ミッドタウンのお庭のキンモクセイを撮ったものです。

 

キンモクセイは香り強さに比べて橙色のお花は小ちゃくて控えめ。
歩いていて「?」と、香りに気づいてあたりを見回すと
キンモクセイが咲いているということが多いですね。

 

 

isindouyasudakan      東京ミッドタウンにある「意心帰」(安田侃)

 

 

キンモクセイの学名は「Osmanthus fragrans var. aurantiacus」で
モクセイ科モクセイ属。
英名は「 fragrant orange-colored olive」。

 

学名の「Osmanthus 」はギリシャ語の
「香り」を意味する「osme」と「花」の意の「anthos」に由来します。
また「fragrans」は「香しい香り」、「aurantiacus」は「橙色の」意。

 

原産地は中国中国南部で、中国では「丹桂(たんけい)」や
「桂花(けいか)」と呼ばれていて、お茶やワイン、
また漢方薬としても親しまれているそうです。

 

 

0565f69004157cfcfd58ae280609cccf-730x306

 

 

 

日本にはキンモクセイの雄株しかない?

この季節はあちらこちらで香っているキンモクセイ。
中国が原産のキンモクセイが日本にきたのは江戸時代ですが
日本にある全てのキンモクセイは雄株のみで雌株はないのだそうです。

 

秋のキンモクセイに対して、春はジンチョウゲと対になるほど
両者は香り高い植物として有名ですが、ジンチョウゲもまた
日本には雄株しかないとか。

 

 

130801myoumutoukyoumiddotaun       東京ミッドタウンにある「妙夢」(安田侃)

 

 

 

雄株、雌株、雌雄同株(両性花、単性花)

植物には同一の株にめしべとおしべをつける雌雄同株のものと、
めしべだけの雌花しかつけない株と、おしべだけの雄花だけしか
つけない株が別になっている雌雄異株のものとがあります。

 

ということは、以下の3種類があるということですね。
1 雄株
2 雌株
3 雌雄同株

 

ただし、ここでちょっとややこしいのは「3」の雌雄同株。
雌雄同株にも実は、2種類あるのです。

 

3 雌雄同株のうち
A 一つの花に、おしべとめしべの両方がある両性花を咲かせるもの
B おしべだけの花(単性花)、めしべだけの花(単性花)を
同株につける雌雄異花のものがあるそう。

 

 

120902sujikumo           夕暮れの東京ミッドタウン

 

 

 

誰も持ち込もうとしなかったのか?

と全部で4種類なのですが、日本のキンモクセイは
このうちの「1」、雄株のみということになります。

 

したがってキンモクセイもジンチョウゲも実を結ぶことはありません。
その代わりといってはなんですが、両者とも挿し木で簡単に増えます。
私も小学生の時にジンチョウゲを挿し木で増やしたことがあります。

 

確かに、植物を勝手に国外から持ち込んではいけないという決まりがある
そうですが、勝手にではなくきちんと申告(?)して雌株を日本に持って
きたいと思う人は江戸時代から現在まで一人もいなかったのでしょうか?

 

実といっても特別なものでもなく、挿し木で増やすことも容易なので
その必要がなかったということかもしれませんけど。
とはいえ、私にはやはり不思議な気もするのです。

 

スポンサードリンク




てんとう虫 ピスタチオ・オレンジムース「ピエール・ガニェール」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130518pisutatioorenjimusu470

 

 

てんとう虫がついているムース

ANAインターコンチネンタルホテル東京の2階にある
「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」のケーキです。
いかにもピエール・ガニョールという感じのケーキですね。

 

ピエール・ガニョール パン・エ・ガトー
東京都港区赤坂1-12-33 tel.03-3505-1111)

 

本当は「ピスタチオ・オレンジムース」という名前ですが
それよりも「てんとう虫のオレンジムース」の方が
あっているような気がするほど可愛いムース。

 

 

130518pisutatioorenji

 

 

 

害虫と益虫の両方がいるてんとう虫

と、可愛いてんとう虫ですが、日本でよく見かけるものは
「ナナホシテントウ」と「ナミテントウ」という種類だそうです。

 

両方とも主食はアブラムシ、ということは益虫ですね。
中には草食のてんとう虫もいるそうで、こちらはほとんどが害虫。

 

まあ「害虫」・「益虫」といっても、人間にとって都合がいいか
悪いかでつけている名前ですので、てんとう虫にしてみたら
「なんだよ、それ!」っていうことになるかもしれませんが。

 

 

 

日本に一番多くいる「ナミテントウ」

次の写真のたくさんのテントウ虫は日本で最もよく見られる
「ナミテントウ」という種類のものです。

 

 

050530

 

 

黒の地に赤い点が二つあるもの、赤い地に黒い点があるもの、
黄色っぽい地に黒い点がいっぱいあるもの、無地のもの等々
これら全てが「ナミテントウ」です。

 

テントウ虫科(Coccinellidae)の
「ナミテントウ(Harmoniaaxyridis)」は
主に3月から10月にかけて出現します。

 

 

 

「冬眠」も「夏眠」もします!

冬は成虫で冬を越すそうですが、10月の下旬頃から人家や草むら、
落ち葉や樹皮の下などに集団で冬眠をします。

 

そればかりではなく、面白いのは夏眠もするそうで、夏の暑い時期は
やはり草の根もと等で活動を停止しているとか。(「小さな園芸館」
「寒さは勿論だけど、暑さにも弱くって」ということなのでしょうか。

 

この写真の一番下の右側の「ナミテントウ」が
ピエール・ガニョールの「ピスタチオ・オレンジムース」の
テントウ虫に一番似ているように見えますね。

 

 

050530130519pisutatioorenji470

 

 

 

てんとう虫の名前の由来

てんとう虫を捕まえると、てんとう虫は指先のような高いところに
登っていって、そこからパーッと羽を広げて飛んで行ってしまいます。

 

この動作が、あたかも太陽を目指しているように見えることから
てんとう虫という名前がついたのだそうですよ。

 

 

130518pisutatioorenjimusu

 

 

 

おいしくないから食べないで!

またこのてんとう虫君、外敵に触られると死んだ振りを
したりするといいますから結構、役者な一面も持っているようです。

 

とはいえ、てんとう虫の体液には野鳥が嫌いなアルカロイドという
成分が含まれているために、野鳥はもともとてんとう虫は敬遠するそう。

 

まれに間違って食べてしまった野鳥は、以後2度と食べることはない
ともいわれていますので、てんとう虫はおいしくないのですね、きっと。

 

もちろん、てんとう虫のついているピエール・ガニョールの
「ピスタチオ・オレンジムース」はおいしいムースでしたよ。

 

スポンサードリンク




「私には役不足」と言うと「私はもっと力がある!」の意味に

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

150527thipotteacuphuji

 

 

「役不足」

先日、もうなくなってしまったホテルオークラのオーキッドルーム
でのアフタヌーンティーを御紹介したことがありました。

 

アフタヌーンティーを一緒に楽しむ約束をしていたお友達を
オーキッドルームのそばのソファーで待っている時のこと。
隣りに座っている女の人が電話で少々興奮気味に話しています。

 

彼女は、頼まれた仕事を受けるつもりで依頼者に会いましたが
結局、その仕事は彼女にはまかされなかったようでした。

 

彼女はそれを別の人にこう訴えていたのです。
「私では役不足ということなのでしょうか?!」と。
不満げに少々の怒りをこめて表現していました。

 

 

150615miyonoharutoraya

 

 

 

「役  >  人」or「役  <  人」?

彼女は本来の「役不足」という意味とは反対の使い方をしていました。
「役不足」という言葉の意味は
「力量に比べて、役目が不相応に軽いこと」をいいます。

 

役と人の力の関係は「役  <  人」となります。
つまり「役をふられた人の力の方が大きい」、ということは
「役の方がその人の力に比べて小さ過ぎる」ということでもあります。

 

あれほど能力のある人に、たったあれだけの役ではもったいない、
役に不足があるという感じですね。

 

ところが、冒頭に紹介した人は「役不足」を「役  >  人」と
捉えて、「私では役不足ということなのでしょうか?!」と
抗議をしているわけです。

 

 

150528teapothuji

 

 

 

「力不足」と混乱?

最近、意識してみていたのですが、話し言葉、文章ともに
本来とは反対の意味で使っている彼女のような人がほとんどでした。

 

それもそのはず、「goo辞書」によりますと「役不足」を
本来の意味である「役  <  人」と使っている人は41.6パーセントに過ぎず
間違った解釈の「役  >  人」として使う人が51.0パーセントもいるとか。

 

なぜこのように反対に思ってしまう人が多いのかということについては
「役不足」と似ている「力不足」という言葉と混乱している
のではないかという説もあるようです。

 

冒頭の女性の言った
「私では『役不足』なのですか?!」という言葉を
「私では『力不足』なのですか?!」と置き換えると頷けますね。

 

言葉は生き物ですので、時とともに進化か退化かは
わかりませんが、変化していくことは事実です。

 

本来の「役不足」は「力量に比べて、役目が不相応に軽いこと」が
正しい意味ですが、現時点でさえ誤用が半分を過ぎているようです。
もしかしたら、将来は逆の意味になってしまうかもしれませんね。

 

スポンサードリンク