「若冲と蕪村」サントリー美術館 東京ミッドタウン

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

150428senbeibusonan

 

 

「蕪村庵」のおせんべい

昨日、お話しした若冲と蕪村に関する意外なグッズとは
この写真のおせんべい。

 

サントリー美術館のショップで食品が置いてあったのは初めて見ました。
(勿論、併設されているカフェ「不室屋」以外では、という意味ですが)

 

ただしこのおせんべい、ただのおせんべいではありませんよ。
「六角醤油せんべい」という名前で、作っているのは「蕪村庵」!

 

蕪村庵の本店は、京都六角堂にある
いかにも京都という感じの町家作りのお店です。

 

 

 

honten03       蕪村庵本店 京都六角堂(写真/「蕪村庵」

 

 

 

40歳頃から京都に定住

蕪村は享保元年(1718年)に摂津の国(大坂)の農家に生まれ
20歳前に江戸に行き夜半亭宋阿(やはんていそうあ)に俳句を学びます。

 

27歳の時に師匠の宋阿が亡くなり、芭蕉の足跡を
たどる如くに東北、宇都宮等を遊歴。

 

35歳頃に京に上った後、丹波に3年ほど過ごしてから京都に戻り
俳諧と絵画の分野で活躍し、天明3年(1783年)、68歳で没。
京都市下京区に「与謝蕪村宅跡」という石碑があるそうです。

 

 

120616ta

 

 

 

蕪村って絵も描くの?

中学生までの私は、蕪村は俳人だと思っていました。

 

「菜の花や 月は東に 日は西に」
「春の海 終日(ひねもす)のたりのたりかな」は有名ですね。

 

 

130303nanohana

 

 

45歳で妻を娶り、55歳で宗匠となり
師の夜半亭宋阿の跡を継ぎ夜半亭二世を襲名。
そんな遅咲きの蕪村が60歳、還暦の年に作った句がこちら。

 

 

「遅き日の つもりて遠き むかしかな」

 

「遅き日」は春の季語で、日の入りが遅くなる春の描写。
日の遅くなる春を、何度も経てきたことを感慨深く
詠んでいる句だそうです。(「蕪村庵『蕪村浪漫』」

 

 

dlineimgl2_7重要文化財 鳶・鴉図 与謝蕪村筆 双幅 18世紀
北村美術館蔵(写真/「サントリー美術館」)

 

 

 

故郷へ帰らなかった蕪村

40過ぎて京都に定住する以前は江戸、東北等を長い年月放浪していた
ようですが、蕪村はその間、故郷へ帰っていないともいわれています。

 

以前、テレビ東京の「美の巨人達」で与謝蕪村を取り上げた時に
蕪村は婚外子だとの説明を聞いた覚えがあります。

 

蕪村が故郷に帰らなかったということが事実だとしたら
そんなことも影響しているのかな、と勝手な想像をしたりして。

 

 

 

「黒」と「白」

今回の「若冲と蕪村」のポスターはこちらですが
右半分が若冲で、左が上にあげた蕪村の絵の一部です。

 

 

jakuchubuson

 

 

ということで私は蕪村は絵画より、文字の方が印象が強くて
絵はそれほど引き込まれなかったのですがこのカラスは凄い。

 

一方、お隣りの若冲はカラスの黒とは対照的に白い象。
いかにもじゃくちゅう〜という感じでこちらも面白いです。

 

 

 

若冲の墨絵が素敵

私が初めて若冲の絵を知ったのは、色鮮やかな鶏の絵。
う〜ん、凄い絵なんでしょうけど、ちょっと恐い
と鶏が苦手な私は正直ちょっと引き気味だったことを思い出します。

 

若冲といえば極彩色、というイメージがありましたが
今回の「若冲と蕪村」で見たインゲン豆とトウモロコシの墨絵は驚き!

 

いや〜、素敵でした。
若冲って上手、って怒られるよ!

 

伊藤若冲は、1716年に京都錦小路の青物問屋「桝屋(ますや)」
の長子として生まれ、1800年に85歳で亡くなっています。

 

 

 

dlineimgl1_7象と鯨図屏風 伊藤若冲筆六曲一双 寛政9年(1797)
MIHO MUSEUM蔵(写真/「サントリー美術館」

 

 

 

若冲も、40歳で隠居をし画業に専念

長男だったため、23歳の時には家業の青物問屋を継ぎますが
40歳で次弟に家督を譲り自身は隠居をして、絵を描くことに専念。

 

今回の展覧会には、若冲の弟(これが家業を譲った弟かは定かでは
ありませんが)の描いた絵も出品されていました。

 

カメを描いたちょっとおどけた可愛らしい絵でしたが
雅号が面白いです、その名も「白歳」。

 

青物問屋ですので「白菜(はくさい)」の音を持つ「白歳」
などとつけて、兄弟で戯れていた様子が目に浮かびますね。

 

 

150428busonansenbei

 

 

そうそう、蕪村庵のおせんべいがあったショップに
「蕪村さんも大好き六角せんべい」と、サントリー美術館
らしからぬ、お茶目な言葉が添えられていました。

 

私もめちゃくちゃな関西弁で
「ほんまかいな!」と心の中で返しておきましたよ。

 




スポンサードリンク



コメントを残す