イタリア大使館と、ローマで行われている日本人への式典を知っていますか?

「あぷりのお茶会赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

       イタリア大使館庭園(写真/「イタリア大使館」)

 

 

 

「綱坂」の向こうはイタリア大使館

広大な8千坪もの敷地の中に英国人建築家、ジョサイア・コンドルの
最高傑作といわれる美しい建物がある「綱町三井倶楽部」。
その位置しているのがイタリア大使館です。

 

水色の矢印がある「二の橋」から A、B、C、D、Eと
数でいいますとほんの数軒しかなく、わずか数区画に過ぎませんが
一つ一つの建物と敷地が大きいために、広大な面積を有しています。

 

今日、御紹介のイタリア大使館も同様です。
「イタリア大使館」 〒108-8302 港区三田2丁目5-4
 Tel.0081334535291 / 0081334535292)

 

 

水色の矢印)「二の橋」 (ピンク色の線)「日向坂
紺色の線)「綱の手引き坂」 (緑色の線)「綱坂」 
B )「オーストラリア大使館」 ( C )「綱町三井倶楽部
E )「イタリア大使館

 

 

 

松山藩中屋敷  →  松方正義  →  イタリア大使館

「オーストラリア大使館」と「綱町三井倶楽部」、「イタリア大使館」
の3つは全て、江戸時代は大名家の江戸藩邸だったところです。

 

(B)の「オーストラリア大使館」は、日向佐土原藩の島津家のお屋敷。
(C)の「綱町三井倶楽部」は、やはり同じ日向佐土原藩、島津家の
屋敷の一部と、会津藩松平(保科)肥後守のお屋敷の一部と思われます。

 

そして今日の(E)「イタリア大使館」ですが、こちらは
伊予国松山藩、15万石、松平隠岐守の中屋敷があった場所。

 

明治維新後には、国立西洋美術館の「松方コレクション」と
して有名な松方幸次郎の父・松方正義の手に渡っていた
この土地を、イタリア政府が1934(昭和9)に取得しました。

 

 

          このあたりは大名屋敷の多い一角です

 

 

 

伊予松山藩 松平隠岐守

上の地図でも「松平姓」がたくさんありますが
以前このブログでそれを取りあげたことがあります。
「江戸切絵図に『松平家』が多いのはなぜ?」

 

松平を名乗っている家は、大きく分けて3つあります。
① 徳川を名乗らない家康の子孫の松平姓
② 家康が将軍になる前からの親類の松平姓(十八松平、十四松平とも)
③ 報賞、名誉として与えられた松平姓

 

現在、イタリア大使館ある場所に江戸時代、お屋敷を構えて
いたのは、①の徳川家康の子孫の松平家ということで
家康の異父弟・定勝の子孫の「久松松平家」です。

 

 

     伊予松山藩・松平隠岐守の中屋敷だったイタリア大使館

 

 

 

4代藩主・定直は俳句好き

伊予松山藩は、現在の愛媛県松山市を中心とした地域をおさめていた藩。
残念ながら私は松山には行ったことはありませんが
松山といって思い浮かぶのは、なんといっても俳句ですね。

 

正岡子規や高浜虚子が、現代俳句で名を残したのも、久松松平家と
全く無関係というわけでもないようですが、その理由は
第4代・定直(1660〜1720年)は徘徊を好んだ藩主だったから。

 

定直の死後の安永年間(1772〜1781年)に、俳句は一般の
庶民にまで普及してゆき、領内では徘徊が盛んになったといいます。
また正岡子規も高浜虚子も、藩士の子弟です。

 

 

   イタリア大使館 緑の向こう側に池があるのでしょうか?

 

 

 

赤穂義士を預かった4人の藩主

イタリア大使館といって一番有名なのは、もしかしたら忠臣蔵・
元禄赤穂事件が起こった際に、義士のうちの10人を屋敷に預かり
後に切腹をさせた場所の一つであるということかもしれませんね。

 

1703(元禄15)年12月15日に吉良邸討ち入りを果たした赤穂義士は
4つのお屋敷に分けて預けられることになりましたが
そのうちの一つがこの松山藩・松平家です。

 

その他は以前、御紹介した現在は六本木ヒルズになっている
長府藩・毛利家と熊本藩・細川家、もう一つはやはり
同じ三田にある岡崎藩・水野家です。

 

 

    ( E  )の文字の下に見えるのが、イタリア大使館の池

 

 

 

伊予松山藩 第4代藩主・松平定直

伊予松山藩の中屋敷に預けられた赤穂義士の面々とは
大石内蔵助の長男である大石主税良金、堀部安兵衛武庸、中村勘助正辰、
菅谷半之丞政利、木村岡右衛門貞行、千馬三郎兵衛光忠、岡野金右衛門
包秀、貝賀弥左衛門友信、大高源吾忠雄、不破数右衛門正種の十名。

 

最も当時、第4代藩主の定直は病に伏していて登城できなかったため
赤穂義士預かりの命令は家臣を通じて聞いたといい、定直が赤穂義士
たちと面会をしたのは元禄16年の1月5日になってからのことでした。

 

定直は会見が遅くなったことを詫び、仇討への
賞賛をした後に、このように語ったといいます。

 

「もっと大歓迎をしたいところだが、
幕府からのお預かり人であるためできない。
しかし諸事不自由はさせない。
用事があれば遠慮なく家臣に申しつけてくれて構わない」と。

 

 

         イタリア大使館の庭園にある池

 

 

 

毎年、赤穂義士の供養を行うイタリア大使館

イタリア大使館には、大きない池を有した美しい庭園が
あることでも有名ですが、先ほどの地図で( E  )の文字の
下に、水色で描かれていたのが庭園の池です。

 

この池は、赤穂義士の切腹の場の一部を掘り起こしたものともいわれ
池の裏手にある築山は、池を掘り起こした時の土でできているそうです。
そばには当時のイタリア大使により1939(昭和14)年、記念碑も建立。

 

記念碑はイタリア語と日本語の両方が刻まれているようで
日本語は徳富蘇峰が揮毫したと伝えられています。

 

そして一般には公開されていませんし、日本人もあまり知らないこと
だと思うのですが、イタリア大使館では赤穂義士の命日に
歴代のイタリア大使の手により義士たちへの供養が行われています。

 

 

 

毎年、8月6日にパンテオン前で行われる原爆の日の式典
(写真/「藤村シシン1/7映画ミューズアカデミー」」)

 

 

 

ローマで毎年、広島・長崎への式典も

そしてこちらは、もっと知られていないように思えるますが
実はイタリアでは毎年、8月6日の朝からローマのパンテオン前で
誰でも参加できる原爆記念日の式典を行なっているそうです。

 

横断幕に書かれているのは
「Mai più HIROSHIMA」(広島を二度と繰り返すな)という言葉。
この時期、ローマに沢山の日本人環境客が来ているにもかかわらず式典は
知られていないようで、参加してくれないことを残念がっているとか。

 

そうだったのですね……、日本人として、心から感謝を!
私もその時期にイタリアに行ってみたいなぁ。
「藤村シシン1/7映画ミューズアカデミー」さんのツイート, 写真も)

 

 

   チェルノブイリにある福島への祈りを込めた「折り鶴の像」

 

 

 

チェルノブイリにある「折り鶴の像」

そういえば今年の初めに、チェルノブイリにある
「折り鶴の像」を御紹介したのを思い出しました。
「フクシマへの祈り「折り鶴の像」」

 

1986年4月26日に起きたチェルノブイリ原発事故から
ちょうど25周年目にあたる、2011年に起きた福島原発事故。
同じ苦しみを受けた福島の人たちへの思いを込めて建てられた像です。

 

ウクライナ政府の資金提供により、ウクライナ人デザイナーの設計
で作られたものですが、このような像はフクシマに対してだけではなく
ヒロシマへの同様の折り鶴の像が建てられているということです。

 

 

チェルノブイリの「折り鶴の像」のそばには
「Fukusima」の文字が

 

 

 

知らないところで……、ありがとう!

2016年の初めと終わりにはからずも私たち、といってはいけないのかも
しれませんが、少なくとも私は知らなかった外国から日本に対しての
あたたかい思いを記すことができたことをとても嬉しく思います。

 

血の繋がりや国境を越え、人々が心を砕いてくださっていることを
決して忘れることなく、今度は私たちができることをしたいですね。

 

2016年、ありがとう!
そして、ブログを訪れてくださった皆様へ、ありがとうございます!

 

 

 

スポンサードリンク




「綱の手引き坂」「綱坂」「綱町三井倶楽部」 

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

綱町三井倶楽部

「二の橋」を渡り「日向坂(振袖坂)」の先にあるオーストラリア大使館
(B)を御紹介しましたが、そのお隣の8千坪の広大な敷地に建っている
のは「綱町三井倶楽部(つなまちみついくらぶ)( C)」です。

 

「綱町三井倶楽部」
 108−0073 港区三田2丁目2−3−7 03−3453−3011)

 

 

     ( B)オーストラリア大使館  ( C)は綱町三井倶楽部

 

 

三井グループの関係者専用のクラブで、一般には公開されていません。
1913(大正2)年にイギリスの建築家、ジョサイア・コンドル
(Josiah Conder 1852-1920)の設計により建てられました。

 

1877(明治10)年、日本の洋式建築の指導のために来日したコンドルは
1890(明治23)年に教職を退官後も日本に留まり、多くの建造物を設計。
日本で1920(大正3)年に死去するまでの約40年間で
80ほどの作品を残しています。

 

現存するのはニコライ聖堂と清泉女子大学(旧島津邸)等数作品のみで
この綱町三井倶楽部の建物は中でも最高傑作といわれています。

 

 

 ジョサイア・コンドル作「綱町三井倶楽部」(写真・綱町三井倶楽部)

 

 

 

ジョサイア・コンドルの最高傑作

建物の外観の意匠は、左右対称の英国の伝統的な
ヴィクトリアンスタイルを基調とした宮殿づくり。
内部は談話室前のベランダ・バルコニーのアーチはルネサンス様式。

 

吹き抜け丸天井はステンドグラスをはめ込んだビザンチン様式で、
1、2階ホールの吹き抜け部分、庭園側のベランダ、バルコニーの
曲線部はバロック様式というように、さまざまな様式を混用。

 

ですが西洋一辺倒ではなく、西洋建築ではおそらく大理石を使うで
あろうと思われるホールの主な柱には、あえて檜の芯のみを使用した大柱
を使用するなど、和と洋がバランスよく取り入れられているそうです。

 

コンドルの晩年の傑作のみならず、明治、大正時代を通して
最も優れた建築作品の一つといわれる綱町三井倶楽部の建物も
2013(平成25)年12月に、本館ができて100周年を迎えました。

 

戦後の一時期は、米軍の接収ということもあったそうですが
1953(昭和28)年からは三井各グループの共同利用施設となり、会員各社
の賓客接待や結婚式にと、三井グループの迎賓館として活躍しています。

 

 

140814kanposeimeihoken       かんぽ生命保険 サービスセンター本館

 

 

 

かんぽ生命保険 東京サービスセンター本館

綱町三井倶楽部の斜め前にも、これまた大きな建物があります。
こちらは「かんぽ生命保険 東京サービスセンター本館」で
以前は「簡易保険局庁舎」といっていた建物。

 

(「かんぽ生命保険 東京サービスセンター本館
 108-0073 港区三田1丁目4-60 )

 

かんぽ生命保険などというと、ちょっと庶民的な響きでもありますが
この建物はかなり巨大に聳え立っているという表現がふさわしいほど。
写真ですと実際の大きさがあまり感じられないのが残念ですが。

 

簡易保険は、1917(大正6)年に逓信省により創設されました。
2007(平成19)年の郵政民営化により民間生命保険に
なりましたが、それ以前は国営の生命保険事業でした。

 

1920(大正9)年に貯金局とともに、逓信省内に設置され
最初の建物が関東大震災で焼失してからは、木造の仮庁舎の時代が
続きましたが、1929(昭和4)年に現在の建物が竣工。

 

貯金局庁舎も同時期に建てられて、そちらは麻布台の方で
現在は麻布郵便局として活躍中です。

 

 

「かんぽ生命保険 東京サービスセンター( D)」
の前が「綱の手引き坂(紺色の線)」

 

 

 

「綱の手引き坂」

この「かんぽ生命保険 東京サービスセンター本館( D)」の前から
左(東)に向かっては「綱の手引き坂」という坂が始まっています。

 

「二の橋」から始まるピンク色の上り坂が「日向坂(振袖坂)」で
しばらく平地が続き、「かんぽ生命保険 東京サービスセンター」の
前で、下り坂の「綱の手引き坂」へと続いているのです。

 

「綱の手引き坂」の「綱」というのは渡辺綱のこと。
この辺りは平安時代の勇士、源頼光四天王の一人である
渡辺綱が生まれた場所といわれています。

 

 

 

 

渡辺綱が幼い頃に姥に手を引かれてこの坂を行き来をした
であろうということで「綱の手引き坂」という
坂の名としてはちょっと面白い名前がついています。

 

「綱の手引き坂」以外にも「三田綱坂」「渡辺坂」
「馬場坂」とも呼ばれている坂です。
(港区三田1丁目〜2丁目)

 

「綱町三井倶楽部」の「綱町」も渡辺綱からきている地名で
この近辺では、「三田綱◯◯」というマンション名やビルを
見かけることもしばしば。

 

 

watanabenotuna           勝川春山 渡辺綱 戻橋

 

 

平安時代中期に頼光四天王の筆頭として活躍した渡辺綱は
953(天歴7)年にこの地で生まれ、1025(万寿2)年2月15日に
亡くなったといわれ、渡辺源次、渡辺源二という別名を持ちます。

 

渡辺綱以外の頼光四天王は、卜部季武(うらべの すえたけ)と
碓井貞光(うすいの さだみつ)、坂田公(金)時(さかたの きんとき)。
坂田金時って、あの「♫ ま〜さかり担いだ金太郎〜」の金時ですね。

 

渡辺綱の武勇伝は数々あれども、最も有名なのは鬼の腕をとったお話。
京都の一条戻橋で渡辺綱に腕を奪われた鬼が後日、取り返しに来る
などという凄まじいお話を子どもの頃に読んだ記憶があります。

 

ということから私は、どこで誤変換を起こしてしまうのか
「渡辺綱」と聞くと、条件反射的にすぐ「鬼」が思い浮かび
挙げ句の果てが、「渡辺綱=鬼」となってしまうのです

 

ですから「綱の手引き坂」などと聞くとついうっかり、鬼でもやっぱり
幼い頃はあって、そんな可愛い子ども時代には、姥に手をつないで
もらって歩いていたのだなぁ、などと思ってしまったりして……。

 

違う、違う! 渡辺綱は鬼ではなくて退治した方、と思わず自分に
つっこみを入れたりしますが、渡辺綱は鬼どころかかなりイケメン
だったそうですので、ホント申し訳ないです、鬼なんて言っちって。

 

鬼の腕を奪ったお話は、謡曲の「羅生門」となって現在まで残ります。
また渡辺綱は、主君の頼光が正四位下・摂津守に叙された後、
正五位下・丹後守に叙されたということです。

 

 

「かんぽ保険生命 東京サービスセンター( D)」の前から
「綱町三井倶楽部(C)」の横を通って行くと「綱坂(緑の線)」

 

 

 

「綱坂」

「かんぽ生命保険 東京サービスセンター本館( D)」の前から
「綱町三井倶楽部( C)」の横を進んでいきますと
緑色の線で描いた「綱坂」が現れます。

 

こちらも渡辺綱に因んだ坂名ですね。
「綱坂」に接している「綱町三井倶楽部」の敷地の中には
綱が産湯を使ったという「渡辺綱の産湯の井戸」があります。

 

敷地内の大きなイチョウの木のそばにあるそうですが
この井戸は大きな自然石をくりぬいて井戸枠が作られているそう。

 

私は石の枠の井戸というのは見たことがありませんが
右側の写真は、そばにある石碑だそうです。
1メートルほどの高さがあり風化していて、歴史を感じるものだとか。

 

 

     自然石をくりぬいて作られた井戸枠と「石碑」(右)

 

 

有名な加賀千代女の「朝顔につるべ取られてもらい水」という句が
作られたという井戸がこの近くにあることは以前、御紹介しましたが
有名な句を作った井戸どころか、加賀千代女は江戸にも来ていなかった、

 

という、なんちゃって千代女の井戸でした。(「加賀千代女は江戸に
来ていなかった! 赤羽橋の朝顔の謎」

渡辺綱の産湯の井戸はどうなのでしょう。

 

実は、渡辺綱はこの辺りではなく埼玉で生まれたともいわれていますが
一つならずも二つもの坂名に名が残り、地名等にも三田綱が多く使われて
いることから、渡辺綱とこの地には何やら強い繋がりと縁も感じますね。

 

スポンサードリンク




「徳島藩蜂須賀家」と「蜂須賀侯爵家」オーストラリア大使館の敷地

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

現在の建物は1990年に完成

さあオーストラリアの石鹸の花の香りに堪能したあとは、また
二の橋を渡った通り沿いにあるオーストラリア大使館に戻りましょう。

 

オーストラリア大使館
〒108-8361 東京都港区三田2-1-14 電話: 03-5232-4111 )

 

大使館が多いこの近辺でも群の抜くモダンなオーストラリア大使館の
建物ですが、この建物自体が出来たのは1990(平成2)年
といいますので、そんなに前のことではありません。

 

 

         1927年に作られた蜂須賀家の邸宅

 

 

 

1927年 蜂須賀家の屋敷が完成

オーストラリア大使館になる前は、この場所は蜂須賀家の屋敷でした。
蜂須賀正韶(まさあき)侯爵と、その子息・正氏
(まさうじ)により1927年に建てられた屋敷が上の写真。

 

蜂須賀正韶、正氏親子は共に、イギリスのケンブリッジ大学で学んだ
ことから、イギリスでの生活を想起される西洋風の邸宅を作りました。

 

1940(昭和15)年、オーストラリア政府はこのカントリーハウスを
借用し、その後の1,952(昭和27)年、この13,000平方メートルの
敷地と屋敷を購入して、初代のオーストラリア大使館としました。

 

それから30年以上の年月が経過した1988年、
新しい大使館事務棟、大使公邸、館員官舎の建設に着手。

 

オーストラリアの建設設計会社、デントン・コーカー・マーシャル社
の設計により、伝統に則りながらも建物の外壁をPVF2コーティングの
アルミ仕上げで装うモダンな建物が1990(平成2)年に完成したのです。

 

 

         990年に完成したオーストラリア大使館

 

 

 

世田谷区に残る蜂須賀家江戸屋敷の表門

蜂須賀家江戸屋敷の表門といわれるものが
現在、東京都世田谷区下馬に残っています。

 

西澄寺というお寺の山門となっているものですがその由来書によりますと
「三田にあった藩邸の門で幕末に作られたものを大正時代に移築した」
と記載されています。

 

切妻造り両出番所両潜戸附きの武家屋敷門の耕造をもち、
五万石から十万石の大名の格式を見せているこの門は、武家屋敷表門の
特徴を伝える数少ない建物として、都の有形文化財に指定されています。
                 (「江戸の武家屋敷を巡る」)

 

 

    世田谷に移築した蜂須賀家江戸藩邸表門(「歴史のバカ」

 

 

 

蜂須賀家の所有になったのはいつ?

江戸末期     蜂須賀家三田藩邸の表門造営
大正時代     世田谷に移築
1927(昭和2)    蜂須賀家欧風邸宅完成
1940(昭和15) オーストラリア政府、蜂須賀邸を借用
1952(昭和27)  敷地と屋敷を購入し、オーストラリア大使館に
1990(平成2)    現在のオーストラリア大使館及び付属施設が完成

 

ここまでの流れをまとめてみますとこのようになり
三田藩邸の表門が作られたのが幕末期ということなのですが、

 

この蜂須賀家の表門は、正確にはいつ作られたものなのか
という以前に、そもそもこの地がどの時点で蜂須賀家の所有
になったのかがよくわかりません。

 

といいますのは、以前この辺りを御紹介した時に、この場所は
蜂須賀家の屋敷はなく、他の藩の屋敷があったからです。

 

 

 

現在のオーストラリア大使館付近

現在のこの近辺の地図を見てみましょう。
次の地図の左上が麻布十番駅です。

 

麻布十番から南(下)に向かって中ほどまで行ったところの
水色の矢印で示した場所が「二の橋」になります。

 

そこから東(右)方向のピンク色の道「日向坂(振袖坂)」を行くと、
まず最初にあるのが「三田共用会議所(A)」。
そのお隣が「オーストラリア大使館(B)」となります。

 

 

水色の矢印が「二の橋」 ピンク色の道が「日向坂(振袖坂)」
A が「三田共用会議所   B が「オーストラリア大使館」

 

 

 

江戸時代の地図には蜂須賀家はない

厳密には同じ場所ではありませんが、大体この辺りを
表した江戸時代の切絵図が次のものです。
水色の矢印が指している部分は先ほどと同様「二の橋」です。

 

 

水色の矢印の位置が「二の橋」で、そこから2つめの
「島津淡路守忠寛」が、現在オーストラリア大使館の場所

 

 

現代の地図で「三田共用会議所(A)」にあたる部分は
「丹波柏原藩(兵庫)二万石 織田出雲守信民」と書かれています。

 

お隣の現在、オーストラリア大使館が建っていると思われる場所は
「日向国佐土原藩(宮崎)二万七千七十石余 島津淡路守忠寛」と、

 

ちなみにその下にある広大な敷地は
「陸奥会津藩(福島)二十三万石
松平肥後守容保(まつだいら  ひごのかみ  かたもり)」とあります。

 

この地図は、江戸の末期の藩主名を書いてありますので
幕末期、現在のオーストラリア大使館になっている場所には
日向佐渡原藩(ひゅうがさどわら)の藩邸があったと思われます。

 

島津忠寛(しまづ ただひろ)は、日向国佐土原藩の第11代、最後の藩主で
1828(文政11)年に、第10代・島津忠徹の三男として三田藩邸で生まれ
1839(天保10)年の父の死により藩主となり、1896(明治29)年に没。

 

次の江戸時代の切絵図も同様で
「三田共用会議所」にあたる部分は「織田出雲守」と、
オーストラリア大使館の場所は「島津淡路守」と記載されています。

 

 

こちらも同様、左のほぼ中央にある「二の橋」の右には
「織田出雲守」と「島津淡路守」が並んでいます

 

 

 

オーストラリア大使館HPの記載

蜂須賀家の江戸屋敷は、上屋敷が東京駅のそば、千代田区丸の内鍛冶町に
三田四国町(現在の港区芝2〜5丁目)と南八丁堀に中屋敷、
目黒に下屋敷があったそうです。

 

オーストラリア大使館のHPの「大使館の敷地の歴史」
には次のような記載が見えます。

 

「在京オーストラリア大使館は、東京都三田にあります。
13,000平方メートルの敷地は、徳川時代、将軍が定めた
参勤交代の制度に従い、蜂須賀家が所有していたものです」

 

「将軍が定めた参勤交代の制度に従い、蜂須賀家が所有していた」
という部分を見ますと、徳島藩蜂須賀家の江戸屋敷が
オーストラリア大使館ののある場所にあったように読めます。

 

ですがそうではなく、幕末以降に蜂須賀侯爵家となってからの
蜂須賀家がこの地を使用したのではないでしょうか?
(1884(明治17)年に爵位を授けられ、1945(昭和20)年、爵位返上)

 

 

 

1896(明治29)年には蜂須賀邸が

下の地図はちょっと見づらくて申しわけありませんが
オーストラリア大使館があった場所の
1896〜1909年(明治42年測図 大正4年製版)の地図です。

 

 

 

 

水色の縦線を引いた右側に「蜂須賀邸」と書かれています。
これは私の推測に過ぎず確かなことではありませんが、

 

ひょっとしたら、世田谷に移築した蜂須賀家の表門があったのは
ここではなく、三田四国町にあった中屋敷のもので、それを
「三田藩邸から移した」と表記したのかもしれないという気もします。

 

 

この表門のあったのは「三田四国町の蜂須賀家中屋敷」?
あるいは「現在、オーストラリア大使館のある場所」?

 

 

 

徳島藩蜂須賀家

蜂須賀氏は織田氏の配下から、正勝が秀吉の与力として活躍し
正勝の子・家政とともに秀吉の直臣となり阿波の大名となりました。

 

秀吉の死後は、家政の子・至鎮が東軍となり徳島藩の外様大名として
将軍から松平の姓を与えられ、明治維新まで続いた家です。

 

とはいっても8代・蜂須賀宗鎮は水戸徳川家の御連枝からの養子であり、
13代・蜂須賀斉裕の実父は11代将軍・徳川家斉ということもあり
いわゆる蜂須賀家の血筋としては絶えているということができます。

 

 

 

 

 

蜂須賀侯爵家

また侯爵になった後の蜂須賀家は、屈指の富豪華族ともいわれ
北海道の大規模農場経営に手を染めましたが、失敗しています。

 

最初のオーストラリア大使館となった邸宅を作った18代当主・蜂須賀正氏
は世界的な鳥類学者として有名な一方、犯罪にも度々関係し「華族の品位
を落とす」ということから、1946(昭和20)年7月には爵位を返上。

 

その上、正氏の死後は暴力団絡みの相続争いも起こり
財産の多くを失って没落、というように蜂須賀家は
ドラマチックな経緯をたどっているということです。

 

スポンサードリンク