「ハッカ油スプレー」の作り方

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

すぐれものの「ハッカ油」

「ハッカ油」は、日本に自生している和種ハッカ
(ニホンハッカ)の葉っぱからとれる抽出油の
ことです(葉っぱを蒸留し、精製したもの)。

 

色は、無職から淡い黄色をしていて、さらっとし
水にも溶けやすい油で、主な成分はメントール。
歯磨き粉やお薬などにもよく使われています。

 

ハッカ油はペパーミントの精油と同じように使う
ことができますが、ハッカ油の方がお値段が安い
ので、お掃除等の様々な用途で気軽に使うことが
できるものです。

 

かつて北海道の北見のハッカは、世界の70%の
シェアを誇ったこともありましたが、近年は
海外からの輸入のほか、合成ハッカなどもつく
られているため少なくなってしまったよう。
今での当時の工場が「ハッカ記念館」として
残っているそうです。

 

 

和ハッカ(ニホンハッカ)の葉

 

 

 

「ハッカ油」の効能

ハッカ油は、
1 消臭効果、2 抗菌効果、
3 防虫効果、4 冷感効果
があります。

 

ということは家庭内のあらゆる所で使えますね。
1と2を期待して、キッチンの排水溝、まな板
はもちろん、お風呂場、シューズボックス、
私はトイレにも使っています。

 

また腕など体にスプレーすると、1の効果、
ハッカ特有のひんやり感が心地よいので
夏にはオススメです。

 

 

 

 

枕に一吹きもいいみたい(ハッカが目に入る
と刺激が強いので、顔にはしないでね)。

 

3の防ダニや防ゴキブリにも効果があると
いわれていますので、喜ぶ方が多そうですが
こちらはすぐに効果が薄れるようですので
過信は禁物とか。

 

こまめにスプレーしましょう。
残念ながら、一度スプレーしたからもう
安心、というわけにはいかないようです。

 

 

虫除けには、こまめなスプレーを!

 

 

 

家中のカビをなくしたい!

このように、かなり優れもののハッカ油スプレー
の作り方を御紹介しましょう。

 

最近、我が家はやたらとカビが多くて……。
都内の不動産屋にはここ7、8年、物件にカビが
発生して困っているという苦情がかなりあると
いいますので、うちだけではないようですが。

 

実はこのカビ掃除用のスプレー、作り方は超簡単
なのですが、使用する「エタノール」なるものが
わからなくて半年ほどムダにしてしまいました。

 

(私のように「エタノール」ってよくわからない
という人のために、次の記事で詳しく説明します
ので、よろしければご覧くださいね)

 

 

 

 

 

「作り方」の前に 注意点

1 アルコール対応の容器を使用

作り方は超簡単なのですが、簡単ゆえに
「すぐ作り始めてしまって、注意点を見ないまま」
ですと困りますので、まず最初に注意点を2つ。

 

ハッカ油スプレーを作るのに用意するスプレー
容器ですが、ビンでしたら大丈夫なのですが
プラスティック容器の場合は、アルコール耐性
がないものですと、溶けてしまったりという
ことがありますので必ず、アルコール対応の
容器を使ってくださいね。

 

残念ながら、100均のような安価なものですと
ダメなものも多いようです。

 

「PP」「PE」「PET」「HDPE」と書いて
あるものでしたらOKです。

 「PP(ポリエチレン)」
 「 PE(ポリプロピレン)」
 「PET(ポリエチレンテレフタレート)」
 「HDPE(高密度ポリエチレン)」

 


スプレー容器は、アルコール対応
のものを使用してください

 

 

2 エタノールは引火性がある

エタノールはお酒の成分でもありますので
火の気のないところで保存し、使用しましょう。
近くでタバコを吸うなど、もってのほかですよ。

 

 

 

ハッカ油スプレーの作り方

材料
 無水エタノール  10ml
 精製水(水)   90ml
 ハッカ油     20滴以内

    (体に使う場合、肌の弱い人は
    10滴以下の方がいいようです)

 

作り方

1 アルコール対応の容器に無水エタノール
 を10ml入れる。

 

2 ハッカ油をお好みで(20滴以内)で加え
 容器を振って混ぜる。

 

3 精製水を90ml加えて蓋をし、よく混ぜる。

 

 

 

 

お掃除用で体に使用しない場合は、精製水でなく
水でも大丈夫です。

 

また、エタノールを使わずにハッカ油と水だけ
でも作ることはできますが、この場合、使用前に
よく振ることを忘れずに。

 

エタノールには防腐作用がありますので、それを
使わずにスプレーを作った場合は、冷暗所に保管
し、早めに使い切るようにした方がいいようです。

 

 

ハッカ油

 

 

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 エタノールを扱う時の注意点

★ エタノールは引火性がありますので、火の
 そばで使用したり、保存したりしないこと。
 近くでタバコを吸うのもダメです。

 

★ 揮発性の高い液体ですので、密閉容器で
 保存をすること。
 また、使用時は歓喜に注意してください。

 

★ 無色透明の液体ですので、誤って子ども
 が誤飲しないように別の容器に移した場合は
 気をつけてくださいね。

 

★ 革製品、アクリル、スチロールや、ニスや
 ワックスがかけられている床や家具に使うと
 表面が溶けてしまいます(私はやってしまい
 ましたが、透明のニスがエタノールがついた
 部分だけ白濁したように白っぽくなっちゃい
 ましたので、注意してね)。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

スポンサードリンク