「ハッカ油」と「ハッカ脳(メントールクリスタル)」の使い方

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

ハッカはスグレモノ

ハッカ油には、消臭効果、抗菌効果、防虫効果、
冷感効果などがあり、以前ハッカ油で作る
「ハッカ油スプレーの作り方」を御紹介しました。

 

その時は主に、カビ対策の説明でしたが
スグレモノのハッカ族にはそれ以外にも
いろいろなことに効果を発揮してくれます。

 

「ハッカ族」というのは今、私が勝手に
思いついた言葉ですが、要はハッカから
できる「ハッカ油」や「ハッカの精油」
「ハッカ脳(メントールクリスタル)」のこと。

 

 

ハッカ脳(メントールクリスタル)

 

 

ハッカの精油よりもハッカ油の方が
お値段が安いので用途によっては
ハッカ油で充分ですよ。

 

 

 

いろいろなシーンで活躍するハッカ族

      「ハッカ油スプレー」の作り方
       は、以前お伝えしたものです

        ハッカ油  10滴
        エタノール 10ml*
        水(精製水)90ml

 

 

ハッカ油スプレー

 

 

1 紅茶、リキュールなどの飲み物に入れ
 たり、クッキー、チョコレート作りの際
 風味に加える時は

    ーーハッカ油
    ーーメンソールクリスタル

  どちでもOKですが、量は少しね

 

 

2 外出先での虫除けにはもちろん
 キッチン等の虫対策には、

    ーーハッカ油スプレー

 

 

飲み物にハッカ油を入れる時は1〜2適

 

 

3 キッチン、バスルーム、トイレ等の
 お掃除や消臭、防カビには

    ーーハッカ油スプレー

 

 

4 胃の調子が良くない時

    ーーハッカ油

  4のハッカ水を少量飲むと胃薬に

 

    ーーメントールクリスタル

  大さじ1のお湯に、ほんの少しいれて
  冷めたら飲む(←重要、温かいうち
  に飲むとノドが大変なことに……)

 

 

メントールクリスタルを
お湯に入れて冷ましたもの

 

 

5 外出先の食後、お口クチュクチュ用に

    ーーハッカ油

  コップ1杯のお水にハッカ油1,2適
  お家では、重曹小さじ1弱を入れても

 

 

6 風邪や花粉症の時のマスクに

    ーーハッカ油
    ーーハッカ油スプレー

 

7 風邪で喉が痛む時などに

    ーーメンソールクリスタル

 (作り方は「咳や喉が痛い時に」)

 

 

メントールクリスタルにオイルを
垂らしたものは咳やノドに

 

 

8 窓ガラスや、鏡のお掃除に

    ーーハッカ油炭酸水スプレー

 (水の代わりに炭酸水を使うだけ
       炭酸水  100ml*
       ハッカ油 2〜3滴)

 

 

9 洗濯の頻度が高くないコート等に

    ーーハッカ油スプレー

 

 

10 アイロン掛けに

    ーーハッカ油

  水100mlにハッカ油3〜5滴を入れてリネン
  ウェーターとして
  スチームアイロンなら直接入れても

 

 

メントールクリスタルを
ティッシュなどに包んで袋に入れる

 

 

11 クローゼット等の虫除け、カビ除け

    ーーメントールクリスタル

  上の写真のように袋に入れても
  下のようにそのままでもOK

 

 

メントールクリスタルを
虫や株よけにこのまま
和ダンスに入れています

 

 

12 シューズボックスの消臭+香り、カビ除けに

    ーーハッカ油(コットンなどにつけて)
    ーーハッカ油スプレー
    ーーメントールクリスタル

 

 

13 お風呂に直接入れる

    ーーハッカ油(3〜5滴)
    ーーハッカ油スプレー(2.3プッシュ)
    ーーメントールクリスタル(少し)

  バスソルトの作り方
  (精製塩でない塩、大さじ1〜2
  に、ハッカ油1〜2滴を入れる)

 

 

14 夏のお風呂上がりに

    ーーハッカ油スプレー

 

 

重曹にハッカ油を2〜3滴

 

 

15 枕やマットに(ハッカ成分のメントール
 にはハダニの増殖抑制効果がある)

    ーーハッカ油スプレー

 

 

16 お部屋やクローゼットの湿気取り

  ーー重曹+ハッカ油 (2,3滴)

  重曹が湿気を吸って固く
  なったら、お風呂に入れても
  掃除に使ってもOK

 

 

 

保冷剤を使った消臭剤はちょっと??

クローゼット等の消臭に、保冷剤の中に
ハッカ油を入れたものの作り方が
ネット上にみうけられます。

 

 

保冷剤(高分子ポリマー)

 

 

ケーキやアイスクリームについてくるもので
「高吸水性ポリマー」が入っているのですが
これに匂いを吸収する作用があるそうです。

 

中身は、こんなジェル状のもの。

 

 

保冷剤を袋から出したもの

 

 

これにハッカ油を少し入れてかき混ぜた後
置いておくといい、ということなのですが
実際に試してみて、ちょっとどうかなぁと。

 

というのは、数日後にはジェルが
干からびて(?)しまったからです。

 

 

上の写真から数日後

 

 

写真ではよくわからないのですが、まあ
よく見えないほど、なくなっちゃったわけです。
数日に1度、水を加えてかき混ぜれば
いいのかもしれませんが。

 

 

 

ハッカを使う時に注意すること

注意事項としては、目や粘膜、薄い皮膚の
部分への使用は刺激が強すぎますので、
使わないでください。

 

妊娠している方や赤ちゃんへの使用
も控えたほうがいいでしょう。

 

また、虫除けになるというくらいですから
人間は心地よくても、ペットにはそうで
ない場合もありますので様子を見ながら。
少しでも嫌がっているようでしたら
すぐ、やめてあげるほうがいいですね。

 

 

メントールクリスタル

 

 

 

ハッカ族の活躍はもう、無限!?

ハッカ油やメントールクリスタルの
使い方は、これ以外にも色々あります。

 

ハッカ油スプレーにミョウバンと溶かして
入れたり、髪の毛用のリンスとして使用
する際にハチミツを加えたりというように。

 

今回は、本当に簡単に作れるものだけに
しましたが、興味がある方はいろいろ
試してみるのも楽しいかもしれませんね。

 

スポンサードリンク




咳でむせたり、喉が痛い時に「メントールクリスタル」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

咳が出る時に

今日はここ数ヶ月、私が試してみた
メントールクリスタルに「オイル」と「水」を
加えたものの作り方をシェアしたいと思います。

 

「メント(ソ)ールクリスタル(Menthol)」
は「ハッカ脳」「薄荷脳」といわれるもの
で、詳しいことは後日、記事にする予定。

 

今回、御紹介するオイルを加えた「ハッカ油」
と、水を加えた「ハッカ水」ですが、一般的に
使われている「ハッカ油」と「ハッカ水」と
いう言葉が指しているものとは別のものです。

 

 

こちらが、一般的に「ハッカ油」と呼ばれるもの
今回、御紹介するものはこれではありません

 

 

 

誤解がないように今回、作り方を書く前に
確認しておきましょう。

 

オイルを加えたものは、「ハッカ油」ではなく
「オイルを加えたメントールクリスタル」、

 

水を加えたものは、「ハッカ水」ではなく
「お湯でとかしたメントールクリスタル」

 

という言い方に統一します。

 

 

お茶にメントールクリスタルを
入れれば「ミントティー」

 

 

 

「食品グレード」を使用

「メント(ソ)ールクリスタル((Menthol))」とは
いわゆるハッカの葉から水蒸気蒸留法で作られた
精油から得られる、透明の水晶のような結晶の
ことで「ハッカ脳」「薄荷脳」ともいいます。

 

これから作られた「ハッカ油」も市販されて
いますが今回、御紹介する「オイルを加えた
メントールクリスタル」の方がリーズナブル、
という以前に、そもそも両者は違うもの。

 

なお、メントールクリスタルには「食品グレード」
や「化粧品グレード」などがあるようですが
必ず「食品グレード」でお願いします。

 

 

↑ この辺りに白く見えるもの

 

 

 

A「オイルを加えたメントールクリスタル」

こちらは文字通り、メントールクリスタルに
オイルを加えるのですが、上の写真のように
最初はごく少量をガラスの容器に入れてください。

 

次にオイルを入れますが、これは「入れる」
というよりは「垂らす」という表現の方が
正確かもというほど、少しの量にします。

 

オイルが多くてもよいのですが、この
「オイルを加えたメントールクリスタル」の
ビンを、口と鼻に当てて使用するのでオイル
がこぼれないよう敢えて少なめにしています。

 

 

オイルを加える(たらす)

 

 

特に私は夜、就寝時に横になって使用するので
オイルを「ヒタヒタ」ではなく「パラパラ」と
かける程度(オイルが多すぎてお布団に
こぼしたことが何度もありますので)。

 

使用するオイルは、この写真では「ひまし油」
を使いましたが、おうちにある調理用の油
でしたら、何でも大丈夫だと思います。

 

あえていえば、酸化しにくい方がいいのかも
しれませんが、少しずつ作って使用します
ので、そこまで気にしなくてもいいかなと。

 

上から見ると、こんな感じです。

 

 

メントールクリスタルに
オイルを垂らしたもの

 

 

あまりオイルに溶けた、という感じがしないかも
しれませんが、大丈夫、香りを嗅ぐと十分、ハッカ
の香りが漂っていますし、ビンを傾けてもメン
トールクリスタルが落ちてくることはありません。

 

その上、メントールクリスタルはビンを持つ手
の温度で徐々に溶けてきますので、嗅いでいる
時間にもよりますが、液体状になってきます。

 

これを、好きな時に好きな時間だけ鼻や口から
吸うと、咳が出る時などとても楽になります。
私は気管支喘息を患っていますので毎晩、この
香りを嗅ぎながら眠りについています。

 

 

メンソールクリスタルは
このままでもハッカの香りがします

 

 

 

B「お湯で溶かしたメントールクリスタル」

次はお湯版の作り方ですが、実はメントール
クリスタルは、油には溶けますが水には溶けない
というよう説明されていて、それは事実です。

 

ですが、お湯を加えると、いわゆる溶ける
というのではありませんが一瞬、溶けたよう
に見えた後、時間が経つと再び固まります。

 

ただしその時に、元のクリスタル状になるの
ではなく、細かくなったお砂糖が再結晶する
様な感じです。

 

 

メントールクリスタル

 

 

お湯を加える → 液体を飲む
  → 再びお湯を加える → 液体を飲む

 

を繰り返していくと、そのうちにメントール
クリスタルの結晶はなくなります。

 

作り方というほどのものではありませんが、
1 このように少しだけメントールクリス
 タルをガラス等の容器に入れます。

 

 

1 ガラスの容器にメントールクリスタルを入れる

 

 

2 次にお湯を適当に入れます。
 入れた直後は、まだ結晶が見えます。

 

 

2 お湯を注ぐ

 

 

3 メントールクリスタルが溶けたように見えます。
(下に何色のものを置いたら見えやすく
 なるかを試しましたが、あまり変わりませんね、
 というか、かえってこちらの方がみづらい
 ですね……ごめんなさい)

 

 この時に飲むのは刺激が強すぎてNG!

 

 

3 最初は、結晶が消えてお湯だけになる

 

 

4 もう少し時間がたつと、こんなふうになります。
 ビーカーの目盛りの20くらいから下が水で、
 上に白っぽく見えているのが、メントール
 クリスタルの再結晶化したもの。

 

 

4 下に水、上に蓋をしたように
メントールクリスタルが再結晶化する

 

 

その時の分量にもよりますが、水の上
に蓋をしたようになったりもします。

 

この蓋は、牛乳を温めた時のタンパク質の
ようにプニョプニョしたものではなく、
お砂糖の結晶のような、ちょっとかたいもの。

 

 

 

調子の悪い時に少しだけ飲む

これの利用方法は、咳が出てむせた時や、
喉の調子がよくない時にほんの少しだけ飲みます。
風邪、喘息、タバコ等で喉の調子が悪い時など。

 

このビーカーは50ミリリットルの小さいもので
お湯は、20ミリリットルも入れていないのが
おわかりだと思います。
これを4〜5回に分けて飲みます。

 

お薬ではありませんので決まりはありませんし
食品添加物ですので多めに飲んでも問題はない
と思います。

 

水の部分を飲んでしまった後は、またお湯を
加えるというのを何回か繰り返しているうちに
メントールクリスタルはなくなってきます。

 

 

 

 

 

清涼感は感じても体は冷やしていない

冬はちょっと向きませんが、夏にメントール
クリスタルを浴槽に入れると(ほんの少しだけ、
多いと大変なことに)スースーして面白いですよ。

 

でもハッカのスースー感は、そう感じるだけで
実際は体を冷やしていませんので、今日の「オイル
を加えたメントールクリスタル」も御心配なく。

 

ハッカ油の使用方法については、たくさんの情報が
ネットにあふれていますが、このような使い方が
見当たりませんでしたので書いてみました。

 

咳で苦しい時などに試してくださいね。
少しでも楽になりますように!

 

スポンサードリンク