ジャガイモの天然毒素を避ける方法

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130618sinjagaimo

 

 

ジャガイモの故郷は南米アンデス山脈

かなり前のことなのですが、植物の
ルーツを訪ねる(or 探る?)という
ようなTV番組を見たことがありました。

 

そこに「ジャガイモ」も登場したのですが
ジャガイモは南米アンデスの高地が原産地
だということでした。

 

ただしそこでとれた「ジャガイモ」の
大きさは、現在で出回っているものに
比べるとかなり小粒だったようです。

 

 

astarte_f_sジャガイモ(アスタルテ)の花
(写真/「ジャガイモ品種解説」

 

 

 

食用にはならなかったジャガイモ

その南米アンデスの「ジャガイモ」が
ヨーロッパに渡ったのは15世紀の終わり頃、
スペイン人が持ち帰ったといわれています。

 

ヨーロッパに渡る途中の船内で
芽が出たジャガイモを食べてその毒に
あたった人もいたそうです。

 

そんなことから「ジャガイモ」は
「悪魔の植物」と呼ばれました。

 

 

そういえば、トマトも
アンデスが原産でしたね
「トマトの歴史」

 

 

ヨーロッパはアンデスより日が長く
暖かかだったので、葉や茎が妙に育ち
お芋自体はあまりできませんでした。

 

18世紀の半ばになり、食べるための
ジャガイモができるようになります。

 

 

 

ジャガイモには微量の天然毒素が含まれる

「ジャガイモ」の毒といわれる部分は、
「ジャガイモ」から出た芽や緑色に
なった皮の部分です。

 

これは芽が出てしまっている「ジャガイモ」
ですが、この部分に天然毒素である
ソラニンやチャコニンが含まれています。

 

 

potato1芽が出ているジャガイモ
(写真/「農林水産省」

 

 

家庭で「ジャガイモ」を栽培した時に
できる、小さな未熟な「ジャガイモ」にも
同様の毒が含まれているといいます。

 

それは小さな未熟な「ジャガイモ」の芽や
緑色の皮の部分ということではなく、
小さな未熟なジャガイモ全体にソラニンや
チャコ人を多く含むこともあるということ。

 

ソラニン・チャコニンといった天然毒素
を多く含む「ジャガイモ」を食べると
吐き気や嘔吐、腹痛、下痢、めまい、
頭痛などが起きることがあります。

 

 

potato2こちらは緑色がかってしまったジャガイモ
(写真/「農林水産省」

 

 

 

ジャガイモの毒素を避けるには

1 日の光や蛍光灯という光に当たると毒素
 が増えるので光に当てないように

 

2 じゃがいもを傷つけてしまいますと
 毒素が増えるので傷をつけない

 

3 芽と緑色の部分は濃度が高く、
 内側より皮の方が濃度が高いので
 皮はできるだけむく

 

4 また濃度が高いジャガイモは苦くなる
 といいますので、苦味がえぐみのある
 ものは食べないようにしましょう

 

5 買ってきたジャガイモは冷暗所に保管
 し(冷蔵庫に入れる必要はありません)
 調理の際、芽と緑色の部分を取ること

 

6 170度以上の温度で揚げると、ソラニン
 やチャコニンが分解するために量が減る
 そうですので、ジャガイモは熱をしっかり
 通して調理すると覚えておきましょう

 

 

外見はジャガイモのようですが
中が黄金色の「安納いも」
「『紫いも』と『安納いも』」

 

 

 

と書いてきて、実は私はちょっと冷や汗。
よく今まで平気だったなぁと。

 

私って結構、何でも食べちゃうんです。
みなさまは気をつけてくださいね!

 

スポンサードリンク