睡眠に「脳内のお掃除機能」があることが最近の研究で判明

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

人間はなぜ眠るのか?

生活の3分の1を占めている睡眠の
睡眠の本当の意味はわかっていない
などといわれたりもします。

睡眠は、認知機能や脳機能のメンテナンスに
不可欠なもので、不安感、不快感、イライラ感
など、脳細胞の過熱状態にあるニューロンを
休息させリフレッシュさせてくれるものです。

 

また最近、深い眠りの状態にある時に
脳脊髄液の流入が増えて、脳内の老廃物を
洗い流しているということもわかりました。
う〜っ、すごい、脳内のお掃除ですね。

 

 

 

 

これらを突き止めたのは、Nina E. Fultz、
Giorgio Bonmassar、Kawin Setsompop等
のアメリカ・ボストン大学の研究チーム。

 

 

研究結果は、学術雑誌「サイエンス」
で2019年10月31日に公開されました。

 

 

 

お掃除をしているのはノンレム睡眠時

脳内の老廃物が洗い流されているのは
前回、御紹介した「ノンレム睡眠
(Non- rapid eye movement sleep)」時。
「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」

 

ノンレム睡眠は、眼球が動かずぐっすり
寝ている状態を指し、浅い眠りから
深い眠りに至る4つの段階があります。

 

 

 

 

______________________

覚醒期

段階 W   α波と低振幅速波
______________________

ノンレム睡眠

段階1 入眠期    4〜8Hz α波〜β波
     低振幅、種々の周波数の波が混在
     遅い眼球運動、筋緊張やや低下
   __________________

段階2 軽睡眠期    8〜15Hz
     θ波、瘤波、紡錘波、 k-complexes
   __________________

段階3 中等度睡眠期  2〜4Hz θ波〜δ波

     (徐波睡眠)
   __________________

段階4 深睡眠期    0.5〜2Hz θ波〜δ波
     (徐波睡眠)

______________________

レム睡眠

段階5        12Hz   β波
     高周波・低振幅の脳波
     急速眼球運動と明らかな筋緊張低下
______________________

 

 

 

 

この段階3と4には、振幅の大きな緩やかな波
(周波数の低い2〜4 Hzの脳波・デルタ波)の
出現が増えることから「徐波睡眠」ともいいます。

 

睡眠の最初の3分の1に多く見られる
深い眠りの徐波睡眠によって、人は
熟睡感を得ることができます。

 

しかしその量は、加齢とともに
減少するといわれています。

 

 

 

 

 

初めてとらえられた脳脊髄液の動き

ボストン大学の研究チームは、高速撮影
技術を用いて、ノンレム睡眠時における
脳脊髄液の律動を初めてとらえました。

 

それにより、脳脊髄液の動きと脳波の活動、
血流が密接に結びついていることが判明。

 

2013年に行った、マウスを対象とした研究
では、脳脊髄液の流れと徐波睡眠が、脳内
の老廃物を除去することに重要な役割を
果たしていることが明らかにされました。

 

しかし、脳脊髄液の動きについて
はとらえられていなかったのです。

 

 

 

 

 

周波数の低い波→血流低下→脳脊髄液が流れ込む

今回の研究では、23歳から33歳までの13名
の成人を対象として、脳波(EEG)ヘッド
セットで脳波を測定するとともに、MRI
(儀軌共鳴断層撮影装置)を用いて、ノンレム
睡眠時の脳脊髄液の様子をモニタリングしました。

 

すると、脳波において周波数の低い波が
多くなると、脳の血流が低下し、脳脊髄液
が脳内に流れ込むことがわかりました。

 

ニューロン(神経細胞)が遮断されると
さほど酸素を必要としないため血液が減り
血液が流出すると、脳内の圧力が低下する
ので、脳圧を安全なレベルに保つべく脳脊髄液
が急速に流れ込むもの考えられています。

 

 

 

 

 

期待される今回の研究結果

今回の研究成果は、自閉症やアルツハイマー病
などの、睡眠パターンの乱れと関連する
神経障害や心理障害のさらなる解明に向けた
いとぐちの一つとして期待されています。

 

このような脳波と血流、脳脊髄液との関係が
正常な範囲内での加齢による障害にも影響を
もたらしている可能性もあります。

 

加齢により睡眠時に、脳波で周波数の
低い波が少なくなる結果
    ↓
脳内の血流が減らない
    ↓
脳脊髄液の流入を妨げ、老廃物が充分流されない
    ↓
有害なタンパク質の蓄積が進む

 

 

 

 

アルツハイマー病の発症は、特定のタンパク質
の排泄不全の問題であり、その他の脳の疾患も
タンパク質の蓄積に関連しているともいいます。

 

今後、研究チームは、脳波と血流脳脊髄液が
どのように同期をとっているのかについて
解明を進めていく方針だということです。

 

スポンサードリンク




「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の
2つがあることは有名ですね。

 

このレム睡眠は、1953年にシカゴ大学の
ナサニエル・クライトマンNathaniel Kleitman
1895ー1999)とユージン・アセリンスキー
(Eugene Aserinsky1921ー1998)により
発見されました。

 

「レム睡眠
(Rapid eye movement sleep,REM sleep)」
とは、眠っている間にも眼球の早い動きを
伴う浅い眠りで、

 

「ノンレム睡眠
(Non- rapid eye movement sleep)」は、
眼球が動かずぐっすり寝ている状態をいいます。

 

 

 

 

眠った直後は、深い眠りの「ノンレム睡眠」
その後は浅い眠りの「レム睡眠」を成人では
90〜120分ごとに繰り返しています。

 

6時間睡眠ですと、3〜4周期で
もう少し長い場合は5周期ほど。

 

子どもの場合は、成人より周期が
短くておよそ50〜60分位です。

 

 

 

 

 

「体の眠り」と「脳の眠り」

体の眠りであるレム睡眠

魚類、両生類、爬虫類にも共通する
もので、意識水準を落とすだけではなく
骨格筋の緊張を解いて体を弛緩させます。
活動減少により体温が下がり、エネルギーの節約に。

 

脳の眠りであるノンレム睡眠

鳥類や哺乳類のような恒温動物になり
大脳が大きく発達すると、レム睡眠
だけでは充分ではなくなります。

 

レム睡眠がエネルギーを使わないための
原始的な睡眠であるのに対し、ノンレム睡眠
はそれに加えて、発達した大脳を休めるため
の進化した睡眠だといえます。

 

生まれたばかりで大脳皮質が完成していない
ラットの子はレム睡眠だけですが、大脳皮質の
成熟とともにノンレム睡眠が増えてきます。

 

 

 

 

 

レム睡眠

6〜8時間の睡眠のうち、1時間半〜2時間
がレム睡眠で、朝方にかけて増加し、早朝
の1時間では、20%以上がレム睡眠。

 

レム睡眠中に覚醒した場合は、夢の内容を
覚えていることが多いのは、脳活動が
覚醒時と似ており、エネルギー消費量も
覚醒時とほぼ同等だからです。

 

レム睡眠時に、急速眼球運動だけが起こる
理由は、眼筋以外を制御する運動ニューロン
の働きが制御されているためです。

 

 

 

 

 

4段階に分かれているノンレム睡眠

ノンレム睡眠

段階1  浅い眠り    脳活動の休息
段階2     ↓          交感神経活動の休息
段階3     ↓  (心拍、呼吸数、血圧の低下)
段階4  深い眠り

 ______________________

          筋肉活動の低下
          記憶回路の成長、活性化
レム睡眠      交感神経はむしろ亢進
          前夜のレム睡眠が抑制され
          ると反跳して出現量が増える

 

 

 

 

 

それぞれのステージの特徴

______________________

覚醒期

段階 W   α波と高周波・低振幅
______________________

ノンレム睡眠

段階1 入眠期    4〜8Hz α波〜β波
     低振幅、種々の周波数の波が混在
     遅い眼球運動、筋緊張やや低下
   _________________

段階2 軽睡眠期    8〜15Hz
     θ波、瘤波、紡錘波、 k-complexes
   _________________

段階3 中等度睡眠期  2〜4Hz θ波〜δ波

     (徐波睡眠)
   _______________________________________

段階4 深睡眠期    0.5〜2Hz θ波〜δ波

     (徐波睡眠)
______________________

レム睡眠

段階5        12Hz   β波
     高周波・低振幅の脳波
     急速眼球運動と明らかな筋緊張低下
______________________

 

睡眠は段階1から4に進んだ後、
一旦2に戻ってからレム睡眠が出現。
ステージ 1→2→3→4→2→レム睡眠
となります。

 

 

 

 

 

徐波睡眠(段階3、4)

この3、4段階は、深い眠りの中で、周波数
の低い2〜4Hzの脳波(デルタ波)の出現が増
えることから、「徐波睡眠」とも呼ばれます。

 

徐波睡眠は、深い睡眠であるため
健常者では熟睡感と関連し、
成長ホルモンの分泌がみられます。

 

健常若年成人においては、睡眠の最初の3分
の1に多く見られますが、その量は加齢と
ともに減少していくことがわかっています。

 

 


 

 

夢、金縛り レム睡眠時

レム睡眠というのは、非常に浅い眠りで
脳波所見では覚醒している時に近い状態。
眼球が動くとともに、頭がよく働き
この時に夢を見ます。

 

抗重力筋の働きが全く停止し、頭は比較的
起きているのに体が動かずに、何かに
覆われたような感じになる「金縛り」と
いわれる現象が起きるのもレム睡眠時。

 

金縛りは、人口の4〜6割、特に
若い人が経験するといわれています。

 

レム睡眠時に見る夢は、昔の記憶が再生
されてくることから、記憶回路の成長、
活性化、知的発達に役立つという説も。

 

レム睡眠期での自律神経活動は、覚醒時と同じ、
あるいはそれ以上に交感神経活動が上昇して
いるため、夢から覚醒した時に、自律神経活動
の特徴である、胸のドキドキ感があります。

 

 

 

 

 

ノンレム睡眠 熟睡感は段階2以上の持続が必要

緩やかな眼球の動きを伴うこともある、段階1
では、睡眠としての意義は少なく、自覚的な
睡眠感につながらないことも多いようです。

 

うたた寝などの段階1の時、自分では寝ていない
ように感じていても、寝息を立てていたりと
はたからは寝ているように見えたりもします。

 

睡眠がだんだん深くなるにつれ、脳活動が休息し
ノンレム睡眠時には、自律神経活動(交感神経)
が休息して、心拍数と呼吸数の減少、血圧の低下
がみられます。

 

睡眠によるリフレッシュ感は、段階2以上の深い
睡眠がある程度持続することによって得られます。

 

 

 

 

 

ステージが睡眠全体に占める割合(成人)

レム + 段階1   10〜20%

段階2        40〜50%

段階3 + 段階4  15%

 

これは成人の場合です。

 

 

 

 

 

レム睡眠 新生児  50%  →  3歳  20%

新生児の場合は、レム睡眠とノンレム睡眠
は、ほぼ50%ずつですが、2〜3歳までには
レム睡眠の割合は25%まで減少。

 

3歳ごろになると成人と同じように
レム睡眠20%、ノンレム睡眠80%となります。

 

このように50%から20%へ、レム睡眠が
減少しますが、幼児期などはレム睡眠の量
自体は減ってもレム睡眠の構造がノンレム
睡眠に出やすいため、睡眠→覚醒の移行が
大人ほどスムーズにいきません。

 

 

 

 

 

子どもの覚醒障害

これが、子どもの夜泣き(夜驚)や寝ぼけ
という覚醒障害の原因と考えられていて
思春期までには自然治癒するものです。

 

ただ段階2の際に、頭を後ろに反らせて壁
などに打ち付ける「頭叩き」と呼ばれる症状
は律動性運動障害といわれ、情緒的な問題
を抱えている子が多いので、治療が必要です。

 

また、レム睡眠時に見た悪夢の恐怖から大声
を出すなども、通常は思春期頃に消失する
ものですが、重症の場合は治療を要します。

 

 

 

 

 

深い睡眠が減っていく高齢者

加齢に伴い、ノンレム睡眠量は
20代〜30代位からなだらかに減少し
特に深い睡眠が少なくなってしまいます。

 

50歳以降では、段階4はほとんど
なくなり、段階3ですら若い人に比べ
ると3分の1以下になるようです。

 

このように年齢を重ねるとともに
深い眠りが少なくなり
中途覚醒の頻度は増えます。

 

 

 

 

ただ中途覚醒は健常者でもあり、一晩に
10回以上目覚めているのですが、すぐに入眠
するためほとんど覚えていないのが普通。

 

再び寝入る時に時間がかかった場合などは
覚えていて「昨夜は、何度も目が覚めた」
と自覚するようです。

 

眠るために横になっていた時間の中で
実際に寝ていた時間の割合をはかる
睡眠効率は、加齢とともに低下します。

 

10代〜20代では睡眠効率は90%から100%近く
といわれますが、高齢になるに従い低下し
90代では70%近くまで減ってしまいます。

 

 

 

 

 

以外に多い高齢者の夢遊病

子どもの夢中遊行は、ノンレム睡眠
で生じるもので、ほっておいても
自然に治癒することが多いもの。

 

一方、あまり知られていませんが
高齢者の夢遊病はかなり多いといいます。

 

子どもと異なり通常、筋活動が抑止される
レム睡眠時に筋活動が保たれるため、悪い夢
にうなされ異常な行動が起きるもので、レム
睡眠時行動障害という呼称がつけられています。

 

しかし薬物治療などで、ほとんどが
治癒、または軽快するそうです。

 

スポンサードリンク




だんだん下げられた「高血圧の基準値」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

アメリカで突然、高血圧患者が3000万人増加

2017年の11月、アメリカでは高血圧の患者が
突然、3000万人も増え1億人になりました。
これはアメリカの成人の半数近くにあたります。

 

急激に増えた理由は、治療を要する
高血圧の基準が、140から130に
引き下げられたためでした。

 

日本はといいますと、アメリカより
約10年ほど前から「要治療」とされる
高血圧の基準は130に下げられています。

 

 

 

 

 

日本ではそれ以前から130が基準

高血圧患者とされた人数の推移は
以下のようになります。

 

 

 

 

 

1987年から2011年までの24年間で
20倍以上にも増えたことになります。

 

このグラフは2011年までですが、その後も
増え、男性が約431万人、女性が約564万人
の、合計995万人の患者たちに降圧剤が処方
ているということです。

 

 

 

 

 

30年前は「年齢+90」でしたよね?

そもそも昔は、高血圧の基準にはよく
「年齢  プラス  90」という数字が
使われていたように記憶しています。

 

40代でしたら 130で
60代だったら 150
というような感じで。

 

この数値の変化は、加齢とともに
人間の体が変化していくため
と捉えられていたわけです。

 

それが1980年頃から、全世代共通の
血圧基準が設けられるようになり、

1987年 160
2004年 140
2008年 130

となってしまいました。

 

 

 

 

 

基準値の変化に伴い薬の売り上げが上昇

血圧基準値が下げられると、上がる
のが血圧降下剤の売り上げです。

 

 

    血圧降下剤の売上高

 

 

 

血圧降下剤の副作用

血圧降下剤は、血圧を下げて血流を減らす
ものですから、血のめぐりが悪くなります。

 

副作用として
「脳梗塞、めまい、立ちくらみ、
しびれ、貧血、不整脈、心房細動」
が明記されています。

 

脳で血のめぐりが悪くなると
「脳梗塞」と「認知症」が起こります。

 

 

 

 

 

脳梗塞、心臓病は2倍

東海大学医学部の大櫛名誉教授によりますと、
血圧降下剤で脳梗塞を起こす人は、飲んで
いない人の2倍との研究結果を発表しています。

 

2007年にまとめられた調査では
血圧が高い人ほど、血圧降下剤の
悪影響が大きいということです。

 

また、医薬ビジランスセンター理事長の浜六郎
医師は、著書『高血圧は薬で下げるな!』の
なかでフィンランドでの調査結果を紹介。

 

15年間の追跡調査により、血圧降下剤を飲んで
いたグループの死亡数は、飲んでいないグループ
に比べ心臓死が2倍以上多かったということです。

 

これは血圧降下剤を飲むと、血圧が下がるので
心臓の筋肉に血液を十分を送ることができず、
心筋梗塞を起こしやすいことによります。

 

 

 

 

 

事故死や自殺も

事故死や自殺などの不慮の死に関しては、なんと
血圧降下剤を飲んでいた人は、飲んでいなかった
人の16倍との数字が出ています。

 

脳梗塞や心筋梗塞などの病気ならばわかり
ますが事故や自殺?、と私は最初、ピンと
こなかったのですが、

 

血圧降下剤で脳に血液が行かなくなった結果、
運転中に脳虚血で意識を失ったり、反射神経
が鈍って事故を起こす、あるいはうつ病に
なって自殺ということなのだそうです。

 

 

 

 

 

隠れ脳梗塞  →  本当の脳梗塞に

これらのことは日本でもすでに起きている
ことが、真田祥一医師の『隠れ脳梗塞』に
記載されています。

 

隠れ脳梗塞とは、やる気が起きなかったり
物忘れがひどいということで脳の CT検査
をすると見つかる、軽度の脳梗塞のこと。

 

年齢とともに本当の脳梗塞になるということ
ですが、急増した原因の一つには血圧降下剤
の乱用があるともいわれます。

 

 

 

 

 

高齢になってからの自立度の低下も懸念

認知症の始まりは、「脳への血流低下による
短期記憶能力の低下」ですが、血圧を下げる
と、当然のことながら脳に血液が届きにくく
なり、認知症のリスクも増えます。

 

一般的な「正常血圧」では、65歳以上の人に
とっては低すぎで、脳に血が届かず、医療者
のいう「高血圧」こそが、高齢者の脳に血を
送るためには必要な血圧だということのよう。

 

血圧降下剤で血圧を下げると、頭がボケたり、
ふらついて転んで骨折をするなど、介護の
リスクが高まり、高齢になってから自立度が
低下するという調査結果もあります。

 

 

 

 

 

ガンを含め多くの病気の可能性が

そのほか、血圧を下げると腎臓が悪くなる、
緑内障になりやすい、EDになる確率が増える、
ガンになりやすいということ。

 

ガンは御存知の通り、毎日何万個もできますが
免疫細胞が、ガン細胞を攻撃して壊しています。
この免疫の活力の元はといえば血のめぐり。

 

血圧を下げることは免疫機能を
弱らせることにもなるのです。

 

 

 

 

 

ツイッターから

「botch no subject 2019年10月31日

私はふだん血圧は150~160位である。
薬は飲んでいるのかと聞かれる。

私:飲んでいない
人:なんで?
私:なんで飲むの?
人:130以上は高血圧だから
私:誰が決めた?
 昔は180以上が高血圧だったのに

降圧剤の服用で様々な病気が生まれる。
ガン、痴呆症…。
容易く降圧剤を出す医者は罪作りである」

 

 

 

 

「明日の世界  Q-Anon応援 <非左非右>
           2019年10月24日

詐欺医療

〝高血圧症〟などという病気は存在しない。
高血圧は低血圧と同じく、単なる『体質』
に過ぎない。
医療機関に騙されてはならない。

『2017年厚生省調査によると、
日本の高血圧症患者は約995万人。
男性が約431万人、女性は約564万人。
患者達に処方されている降圧剤は相当な
数量になる』」
.

 

 

スポンサードリンク