ラベンダーの種類と成分 1「真正ラベンダー」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

有名だけどちょっとわからないラベンダー

エッセンシャルオイル(精油)といえば
まずラベンダーが思い浮かぶ方も多い
ほど、ラベンダーの精油は用途が広く
オールマイティーに使える香りです。

 

それほど有名なラベンダーですが
いざ精油の購入となると「真正」だの
「ファイン」「アルパイン」等の言葉が
ついていて迷ってしまうこともあります。

 

「真正」ということは
真正じゃないものはニセモノなの?
「真正ラベンダー40/42」はどういう意味?

 

ということで、今回はラベンダーの
効能以前に、ラベンダーについて少々。

 

 

 

 

 

地中海原産、現在は世界中で栽培

ラベンダーは、学名「Lavandula
angustifolia」の地中海沿岸原産
のシソ科の常緑低木です。

 

地中海沿岸が原産地ですので、高温多湿
を嫌いますが、現在では世界中で栽培
されている人気ハーブです。

 

40種ほどの原種が知られていますが
現在では、100種以上の品種があり
花の色や形も様々。

 

強い芳香が愛されヨーロッパでは古く
から栽培され、利用されてきました。

 

古代ローマ人は、お湯が見えなくなる
ほど、たくさんのラベンダーを浮か
べて入浴をしていたそうです。

 

また中世では伝染病予防のために教会
に敷かれていたともいわれています。

 

 

 

 

ラベンダーの語源は、「Lavare(ラワレ)」
や「Lavo(ラウオ)」というラテン語に
由来しており、「 lavare」「洗う」の意味。

 

また、ラベンダーの花の色「青みがかった
鉛色」という意味の「Lividus」に由来する
という説もあるそうです。

 

日本へは、意外なことにすでに江戸時代には
入っていたようですが、その時はあまり普及
せず、栽培が始まったのは1937(昭和12)年。

 

曽田香料が、ラベンダーオイルの国産化を
目指し、フランスのプロヴァンス地方から
タネを入手しました。

 

富良野地方には1948(昭和23)年に
導入され品種の選定作業が続けられ
1963(昭和38)年に、早咲き「ようてい」
と遅咲き「おかむらさき」が選定。

 

ラベンダーは交雑種を生みやすい
ため、たくさんの種類があります。
今日は「真正ラベンダー」のご紹介です。

 

 

 

 

 

真正ラベンダー・トゥルーラベンダー

イングリッシュラベンダー

_____________________

学名

「Lavandula angustifolia
(ラヴェンデュラ・アングスティフォリア)」、
「Lavandula officinalis
(ラベンデュラ・オフィシナリス)」


「officinalis」とは「薬用の」、
「angustifolia」とは
「細い葉・小さい葉」の意味

_________________________________________

「イングリッシュ・ラベンダー」の呼び名
ですが、これはイギリス原産という意味
ではなく、冷涼なイギリスのような気候
の土地に自生していることから
______________________

成分

酢酸リナリル、リナロール、オシメン、
テルピネン、酢酸ラバンジル等

 

・酢酸リナリル
 (鎮静作用)

・リナロール
 (鎮静作用、鎮痛作用、肌の抗炎症作用)
_______________________

 

 

 

 

真正ラベンダーには
以下のような区分けもあります。

   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・ラベンダーエクストラ(Lavender extra)
  プロバンス地方の野生に育ったもの

 

・ラベンダーファイン(Lavender fine)
  栽培種

 

・ラベンダーアルパイン(Lavender Alpine)
  高山種 標高が高いものがよいとされる

 

・ラベンダーメイレット
  真正ラベンダーのクローン栽培種で
  大規模生産が可能なもの


   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

 

ラベンダー  =  真正ラベンダー

一般的にラベンダーというのは
真正ラベンダーを指します。
高品質のオイルが採取できるラベンダー。

 

海抜800mから1800mの高地の
フランスアルプスなどが原産地。

 

最高品質のラベンダーは海抜1200m
以上のところで生息していて
「モンブラン」や「青い黄金」
と呼ばれます。

 

 

 

 

標高と生息するラベンダーの関係

*

海抜       ラベンダーの種類

____________________________

1800m
    ★  高品質ラベンダー
    ★「青い黄金」「モンブラン」

1200m     _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
    
    ☆
    ☆  真正ラベンダー

    
    
800m  ____________________________________

                
                
                
                
500m         ラバンジン *
    ★              
       ★                   
       ★スパイクラベンダー        
                     
200m   ★               *
    _______________________

      フレンチラベベンダー

0m  _________________________

 

 

標高の高いところで育つラベンダー
ほど酢酸リナリルの含有率が高く
なり精神面に作用します。

 

成分の「リナロール」はフローラルな
印象を、「酢酸リナリル」はフローラル
にフルーティーをプラスした感じ。

 

一般的な真正ラベンダーのリナロール
成分の含有量は、30〜40%ほどです。

 

最初に書きました「真正ラベンダー
40/42」の意味ですが、これはリナロール
成分を40〜42%に保っているという意味。

 

「酢酸リナリル」は、セロトニン分泌を
高め、体内時計を整える働きをするとも
いわれている成分ですので寝付きの悪い方
は試してみるのもよいかもしれません。

 

反対に、標高が低くなるほど
ケトン類の成分が高くなります。

 

面白いのは、ラベンダー色の薄紫
以外に、白、ピンク、青などの花が
同じ一株の中で咲くことがあること。

 

マイナス15度まで耐えるので
寒冷地向きの品種で、北海道の
富良野のラベンダーもこの種類。

 

5月上旬から6月上旬が開花期で
暑さには弱く耐暑性はありません。

 

 

 

 

 

「ケトン類は殆ど含まず」「原液使用可能」

神経毒性を持っているケトン類
はほどんど含まれていません

 

鎮静作用のあるエステル類と
リナロールを多く含みます。

 

エステル類は、肌の炎症を抑える
作用もありますので、皮膚疾患
などにも使用できる精油です。

 

ほとんどの精油は、原液を使用
することは危険ですが、真正
ラベンダーは原液使用が可能です。

 

とはいえアレルギーが起こることも
あるそうですので、パッチテストを
してからの方が安全なようです。

 

 

 

 

 

最高のラベンダー

プロヴァンス地方で生まれる最高級
ラベンダーは、ツンとした香りが少なく
残り香も時間に連れて一層華やかになる
といいます。

 

最高級ラベンダー精油は、市場に出回
っている製品の中のわずか2%未満。

 

ラベンダーという植物は、世界で唯一
南仏プロヴァンス地方でのみ政府に
よる品質保証が行われています。

 

 

 

 

特に品質の高いものを、
「A.O.P. 原産地保護呼称」
と認定する制度です。

 

このA.P.O.は、以前チーズの御紹介
の時に出てきましたが、精油にも
あるのですね。

 

元は偽造防止のための制度でしたが
現在は、ラベンダーの品質を保証する
唯一の公的制度として知られています。

 

 

 

注意事項

妊娠中、授乳中の方、てんかん患者、
ペットのいる人は使用は避けたほうが
よいといわれています。

 

スポンサードリンク