「Amazon」を騙るニセメール 「本物」「ニセモノ」24

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

今度は「Amazon」からの詐欺メール

「Appleサポート」を騙るニセメールに続き
今度は「Amazon」からもニセメールが
届くようになってしまいました。

 

これはAmazonのニセサイトへ誘導して
ログイン情報などを取得するのが目的の
フィッシングメールです。

 

2019年6月に発表された「フィッシング対策
協議会」の集計結果によりますと、同協議会に
寄せられたフィッシング報告件数は、

 

前月の2388件から、3327件
に増加したということです。
今年になってから増加傾向が続いているよう。

 

 

 

 

 

本物か否かをチェックする方法

そこでまずは、Amazonのサイトを参考に
詐欺メールチェック方法をまとめてみました。

 

1 商品代金や、有料コンテンツの料金が未納
 とのメッセージが届いた場合、まず注文履歴
 を確認し、注文履歴にない請求に応じない

 

2 カードの有効期限が切れた、請求先住所が
 変更されたという内容で偽サイトに誘導
 するメールの場合
 まず「お支払いオプション管理」にアクセス
 して、支払い方法の更新指示が出ていない
 場合は、Amazonからのものではない

 

3 Amazon.co.jpサイトのURLは、
 「https://××.amazon.co.jp」
 で始まる

 

4 Amazonが送信したものは、Amazonアカウント
 サービスの中にある「メッセージセンター」に
 記載されているので、そちらに送られてきた
 メールがないようなら、ニセメール確定

 

5 Amazon.co.jp からの送信の場合に
 使われているアドレスは以下のもの

 

・ amazon.co.jp
・ amazon.jp
・ amazon.com
・ amazonbusiness.jp
・ email.amazon.com
・ marketplace.amazon.co.jp
・ m.marketplace.amazon.co.jp
・ gc.email.amazon.co.jp
・ gc.amazon.co.jp
・ payments.amazon.co.jp

 

う〜ん、結構な数ですね。
チェックするのは、ちょっと大変かも。

 

なお、詐欺メールを受け取ったと思ったら
「stop-spoofing@amazon.com」(受信専用)
にメールをしてくださいとのことです。

 

 

 

 

 

オススメは4!

ということなのですが、私のオススメは4です。

 

まず、Amazonのアカウントにログイン(勿論、
メールからではなく)して「メッセージセンター」
をチェックするのが一番ではないかと思います。

 

まあ、変な日本語や送信元のメールアドレス
がいかにもおかしくて調べるまでもないニセ
メールは別として、ちょっと「?」と思ったら
迷わず、Amazonアカウントにログイン。

 

「注文履歴」「お支払いオプション管理」、
そして「メッセージセンター」ですね。
Amazonからのメールアドレスは結構、沢山
あるので照らし合わせるのも大変ですしね。

 

 

 

 

 

Amazonからを騙るニセ詐欺メール

その1

件名
______________________

〇〇様、プライム会員特典がご利用いただけなくなります。
______________________

送信元アドレス
______________________

amazon@a5.amzenccp27.cn
______________________

 

 

これはAmazonのロゴもなく、
文字の多い地味なニセメールですね。

 

件名の「〇〇様」は、メール
アドレスが書いてありました。

 

一番最後の、
「Amazonプライムを継続する」
の後のURLが「www.amazenoosjp.com」!!

 

「amazon」ではなく「amazen」!
パッと見た感じは、アマゾン認識?

 

でも私は、このメールは最初から
詐欺とわかっていました。
だってAmazonの「プライム会員」に
なったことがありませんから。

 

 

 

 

 

その2

件名
______________________

Amazon ID アカウントを利用制限しています
______________________

送信元アドレス
______________________

postmaster@element3ds.com
______________________

 

 

最後の方の「お知らせ」の内容が
いちいち笑わずに入られませんね。

 

その「お知らせ」のすぐ上には、
「パスワードを変更した覚えがない場合は、
至急(03)-5757-5252までお電話ください。」

 

とあり、電話番号が載っています。
これを頼りに逮捕できないのでしょうか?
そんな単純なものではないのかもしれませんが。

 

 

 

 

ちょっと、電話したい……、ダメ、ダメ!
ニセメールだなと思ったら、すぐ削除が
正しい対処法です。

 

例えばニセメール「その2」の場合ですと
「Amazon ログイン」となっている部分を
クリックしたとしても、個人情報を記入
しなければ被害はないということですが。

 

それでも、クリックはやめておきましょう。
とにかく、すぐ削除ですよ、すぐ削除!

 

スポンサードリンク




Google AdSenseからの「ads.txt ファイルの問題を修正してください」に対処できない……

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

検索で解決しない問題が発生

数日前に、ワードプレスは多くの人が使っている
ので、困ったことがあってもネットで検索をする
と、すぐ解決方法が出てくると書きました。

 

とはいえ、なかには出てこないことがあるのも
事実で、前回のログインができていたにも関わらず
拒否されたことに関しても理由はわかりません。

 

まあ、こちらはパスワードを変えて解決する
ことができましたので問題はないのですが
今日書きます問題は全くお手上げという状態です。

 

 

 

 

 

グーグルからの警告

数週間前から、Google AdSense  のページに
「要注意・収益に重大な影響が出ないよう、
ads.txt ファイルの問題を修正してください。」
という警告が出るようになってしまいました。

 

直さなくてはいけない雰囲気オーラがメラメラと
出ているようなのですが、いかんせんネットに
からきし弱い私のこと、添えられている「ヘルプ」
などというものをクリックしても理解不能です。

 

(といいますか、自慢ではありませんがグーグル
の説明で何かわかったためしはありません。
ってグーグルを批判しているのではなく、
それほど私がおバカだということなの)

 

 

 

 

 

解決方法が見つかったかも……?

となったらあれしかありません。
警告が表示されてそろそろ数週間という頃に
いくらなんでもと思い、検索をしてみました。

 

なんでも「ads.txt」というのは、偽造や不正を
防止するツールなのだそうで、そのテキスト
ファイルを作成し、ファイル内にそれを書き加える
(含める)といいのだよ、ということでした。

 

テキストファイルは、グーグルの指示通りに
すぐ作成できましたが、問題はこれを
ファイル内に書き加える方法です。

 

 

 

 

ルートドメイン がどうのこうのと書いてあって
いまいち、いえ、いまじゅうよくわかりません。

 

書いてあることが理解できないのは、サーバー
の違いの問題なのではないかと思い、私の
使っているサーバー限定で検索してみると、

 

『Torayoshiブログ』の「ads.txtをロリポップ
のルートドメインでホストする方法!」
という記事が出てきてくれました。
ふっ〜、よかった。

 

 

 

 

 

テキストファイルをルートドメイン に書き込む方法

テキストファイル(.txt)を作成したら、
ロリポップの「ユーザー専用ページ」に
ログインをし、
       ↓

「サーバー管理・設定」の
「ロリポップ!FTP」をクリック

       ↓

するとこのような画面が出てきますので、
ピンク色の矢印の部分「新規ファイル作成」
をクリック

 

 

 

 

すると下の画面が出ます出ますので、
の「ファイル名」には「 ads.txt」と入れ、

のURLが
「main.jp/ファイル作成」になっていることを確認。
(これが「ルートドメイン に書き込む」という
ことなのだそうです)

に作成したテキストをコピペする

が終了したら「保存」をクリックで終了

 

 

 

 

 

ということでしたので、その通りに実行。
『Torayoshiブログ』のおかげでなんとか
できたような気がして、ちょっと嬉しい。

 

 

 

新たな警告

変更が反映するのに、数日かかることもあるとの
ことでしたので、何日か待ってみましたが、警告は
表示されたまま。
ですが、内容がちょっと変化しているよう。

 

「次の各サイトのルートドメインに
アップロードしてください」
という文章に続き2つのドメインが
表示されていました。

 

一つは現在の「あぷりのお茶会  赤坂・麻布・六本木」
のドメインでしたが、もう一つはこのブログの
以前の日本語ドメインが表記されていたのです。

 

 

 

 

以前のドメインに、テキストファイルをアップロード
するというのは、どういうことなのでしょうか?
ここまでくると、もやは私にはお手上げでした。

 

一応、フィードバックに送信してみましたが、
これは質問ではなく「御意見」ということです
ので残念ながら、回答がくるとも思えません。

 

がっくし……
あ〜っ、パソコンはやっぱり難しいですね、
なんて紋切り型の文を書きたくな〜いっ!
(絶望の淵でさまよいつつ)

 

解決方法がわかり次第、こちらに追記を
していくつもりです。

 

スポンサードリンク




ワードプレス ログインができなかったが、実はできていた(!)という不思議なケース

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

変な体験をシェアします

今回は、ワードプレスのログインに関して
ちょっと不思議な体験をしましたので
皆様にシェアしたいと思います。

 

一言で言ってしまいますと、自分のサイトに
ログインしようとしてできなかったが、実は
できていた、というわけのわからない変な体験。

 

これを書いている現在も、なぜそのような
ことが起こったのか、理由はわかっていません。

 

ただ、そんなことがあるのだろうか?、と不思議に
思ったことと、それに関する記述がネット上に
見当たらないために記しておこうと思いました。

 

 

 

 

 

世界で一番使われているサイト制作ソフト

ワードプレス(Wordpress)は、ブログや
サイトを作成する無料ソフトで、世界中の
サイトの4分の1、あるいは3分の1が
ワードプレスでできているとも言われるほど。

 

それほど多くのユーザーがいるので、何か困った
ことが生じた時に検索すると、それについて書か
れたブログがいくつも出てきてとても助かります。

 

ですから今回、自分のブログにログインでき
なかった時にもすぐ検索をしてみました。

 

 

 

 

 

ログイン画面をブックマークで保存

「ログインできない」という言葉で検索した場合、
「パスワードを忘れた」というのが一般的かもしれ
ませんが、今回の私はそうではありませんでした。

 

ダッシュボードに入れているセキュリティー
関係のプラグインを更新したことが原因
なのだと思いますが、ログイン画面自体が
見つからなくなってしまったのです。

 

ログインしようとしたのは、この
「あぷりのお茶会」のブログではなく、
別の「カウンセリング赤坂」の方でした。

 

 

 

 

「あぷりのお茶会」は、ナビーゲーション
メニューに「ログイン」項目を置いています
ので、そこをクリックすれば画面が出ます。

 

「カウンセリング赤坂」の方にはそれがない
ため、ログイン画面を別にブックマークして
保存してありました。

 

 

 

ログイン画面がなくなってしまった!

数日前、「カウンセリング赤坂」のダッシュ
ボードに入ろうとしてブックマークをクリックする
と、「このページは見あたりません」との表示。

 

少し焦りながら「ワードプレス ログイン画面ない」
で検索してみると以下のようなものが見つかりました。

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

WordPressのログイン画面が出ない場合

ログイン画面を出す方法が
わからなくなってしまった場合は、
下記のいずれかのURLを入れれば管理画面を
表示させることができます。

・https://サイトURL/wp-admin/
・https://サイトURL/wp-login.php
・https://サイトURL/wp/wp-login.php

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

おかげさまでこの中の1つで
ログイン画面が表示できたのです。

 

 

 

ユーザー名、パスワードが違う?

ここまでくれば解決したと私は思ったのですが
なんと、ログインをすることができません。

 

ワードプレスは、というよりは他のソフト
でも同様だと思いますが、ログイン時には
「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

 

私はこの2つを入力したのですが、違います
との表示が出て、再び正しい入力をして
ください、と告げられてしまいました。

 

 

 

 

私は最初、あれ、間違っちゃったかな?、と思い
今度は慎重にユーザー名とパスワードを入力。

 

 

 

パスワードリセットで解決を図る

ところがまた、「違います」との表示。
また入れ直す →「違います」→ また入力
→ 「違います」……

 

3回ほど繰り返した時に、ちょっと青ざめました。
だって、ユーザー名もパスワードも自信があり
ますし、絶対に間違っていないのですから。

 

 

 

 

仕方なく、パスワードを忘れたということに
して、パスワードを設定し直しました。
といっても今までと同じパスワードですが。
すると、やっとログインができたのです。

 

 

 

実はログインできていた!!

ところが、その1,2時間後にメールを
チェックしようとして驚きました。

 

メールの受信箱には、ログインしたという
メールが、何通も着信していたからです。
それをスクリーンショットしたのが次のもの。

 

 

 

 

下の方が時間的に早いメールですので
ログインを6回試しているのがわかります。

 

そして、次はパスワードをリセット
した旨を知らせるメール。

 

ちなみに、「カウンセリング赤坂にログイン
がありました」というのは、誰かがログイン
を試みましたよ、という意味ではなく、
ログインが完了したことを知らせるものです。

 

 

 

 

 

ログインしていたのになぜ、間違っていると表示されたのか?

先ほど、間違っているという理由で拒否された
ログインは、実は全てログインできていた
ということなのです。

 

こんなことってあるのでしょうか?
何が理由でこのようなことが起こるのでしょうか?

 

答えは全くわかりませんが、これらの例が見つから
ないようですので、記録のために書いておくことに
しました。

 

スポンサードリンク