「ラタトゥイユ」と「カポナータ」の違い ラタトゥイユ「ピエール・ガニョール パン・エ・ガトー」 

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

151220ratatouille

 

 

パンなのにラタトゥイユ?

ちょっと前のことなのですが、ANAインターコンチネンタルホテル東京の
2階にある「ピエールガニョール パン・ヱ・ガトー」で冒頭の写真の
パンを買おうとした時に、表示されていた文字に驚きました。

 

そこには「ラタトゥイユ」と書かれていたからです。
パンなのに「ラタトゥイユなの?」と。

 

そういえば以前ここで「穀物バン」と書いてあったのを
「動物パン」と読んでしまった私は、「何の動物ですか?」と聞いて
「穀物バンです」と少々冷たく言われたことがありましたっけ……。

 

 

「ピエールガニョール パン・ヱ・ガトー」の
「動物パン」ではなくて「穀物パン」

 

 

こちらがその「ピエールガニョール  パン・ヱ・ガトー」の穀物パン。
「動物パン」だと思っていた時は、カタツムリにも似ているし
下を向いているハトのようにも見えるし……、なんて思ったりして。

 

そんな悲しい過去(?)がありましたので、もう一度
よく見てみたのですが、やっぱり「ラタトゥイユ」です。
四角いパンの中にラタトゥイユが入っているとのことでした。

 

半分に切ったところがこの写真です。
コロコロの四角いふわふわパンの中に
ラタトゥイユが結構みっしりと詰まっています。

 

 

151219ratatouille「ピエールガニョール パン・ヱ・ガトー」の
パン「ラタトゥイユ」を半分に切ったところ

 

 

ラタトゥイユとはちょっと関係ありませんが、バターがたくさん含まれた
美味しそうな「ピエールガニョール  パン・ヱ・ガトー」のパン生地
という感じが、この写真でもおわかりいただけるかもしれませんね。

 

 

 

お料理の「ラタトゥイユ」

今日の「ピエールガニョール  パン・エ・ガトー」の「ラタトゥイユ」
ではなく、お料理の「ラタトゥイユ」あるいは「ラタトゥユ」というのは
フランス南部プロヴァンス地方のお料理「ratatouille」を指しています。

 

ニースの郷土料理で、夏野菜を煮込んだものですので、私の中では
「ラタトゥイユ」は夏のお料理というイメージがあったのですが
「ピエールガニョール  パン・エ・ガトー」で見たのは年末の真冬。

 

「ラタトゥイユ」の語源は、「Rata(軍隊のスラングでごった煮)」
「かき混ぜる」という意味の「Touille」という言葉だそうで
書籍に最初に登場したのは1778年といわれています。

 

 

フランスのプロヴァンス地方
ニース名物のお料理「ラタトゥイユ」

 

 

軍隊のスラングでごった煮を意味する「Rata」がついていることからも
察せられるように、元は軍隊や刑務所で出されるお料理だったそう。

 

日本語でも刑務所で出される食事を指して「臭い飯」
などという言葉もありますが、「ラタトゥイユ」もそのような
あまり褒め言葉とはいえない感じで使われることもあるとか。

 

ですから決して高級料理を意味する言葉というわけではないようですが
新鮮な材料と腕自慢のシェフの手にかかった「ラタトゥイユ」がニース
の名物ともいわれる美味しいお料理に変身すること間違いありません。

 

 

              ズッキーニ

 

 

 

しっかり炒めるのが、美味しさの秘密?

「ラタトゥイユ」の作り方を簡単にいってしまいますと
夏野菜(ナス、スッキーニ、ピーマン、パプリカ、タマネギ、ニンジン)
をニンニクとオリーブオイルで炒めて、白ワイン、ローリエ、ドライ
オレガノなどを加えてトマトで煮込んだもの。

 

ベーコンなどを加えることもありますが
味付けの基本は塩とコショウです。
「ラタトゥイユ」について料理研究家の脇雅世さんは、

 

「ラタトゥイユは『野菜のトマト煮込み』ではないんです!
野菜をていねいにしっかり炒めてから煮ることで
どの野菜も「主役」の味に仕上がりますよ」とおっしゃっています。

 

確かに私も以前作った時は、この「野菜をていねいにしっかり炒め」て
が充分ではなく、ちょっとぼやけた味に仕上がってた経験があります。
「ラタトゥイユ」はしっかり炒めることがポイントのようですね。

 

 

イタリアのシチリア島および
ナポリの伝統料理「カポナータ」

 

 

ところで上の写真ですが、ちょっと「ラタトゥイユ」に似ていますね?
夏野菜をトマトで煮込んだもので「カポナータ」という
イタリアのシチリア島、およびナポリの伝統的なお料理です。

 

「カプナータ(Capunata)」あるいは「カプナティーナ(Capunatina)」
と呼ばれるシチリアおよびナポリの伝統料理ですが、イタリア全土でも
有名なもので、スペインのカタルーニャ地方からきたということです。

 

「カポナータ」という言葉は、すぐにお料理を提供することが
できる「居酒屋」を意味するラテン語の「カウボーナ」
から来ているといいます。

 

 

「カポナータ」に使うシチリア名産のナス
(写真/クサマヒサコの野菜ノート」)

 

 

 

「ラタトゥイユ」と「カポナータ」の違い

 
        ラタトゥイユ         カポナータ
  * _________________________________________________

 国       フランス          イタリア
      プロバンス地方、ニース   シチリア島、およびナポリ

 

メイン野菜  (どちらかといえば)     (シチリア名産の)
         ズッキーニ           ナス

 

調理法    炒めてから煮込む     ナスを揚げてから煮込む

 

味付け   基本的には塩コショウ     甘酢煮(酢と砂糖)

 

 

なお南イタリアでは「チャンボッタ(Ciambotta)」という、やはり
夏野菜の炒め煮があるそうですが、こちらは野菜の種類が異なる他、
最も違う点は甘酸っぱい味付けにしない、甘酢煮でないことだそうです。

 

スポンサードリンク




シャンパン・バー「ANAインターコンチネンタルホテル東京3F」アークヒルズ 

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

champagnebar

 

 

初めての「シャンパン・バー」

以前から一度行ってみたかったANAホテルの
「シャンパン・バー」に行ってきました。

 

シャンパン・バー 東京都港区赤坂1丁目12番33号
ANAインターコンチネンタルホテル東京 3F
予約・お問い合わせ 03-3505-1185)

 

場所は、東京メトロ南北線の六本木一丁目駅を降りてすぐの
ANAインターコンチネンタルホテル東京の3階にあります。

 

 

img_14シャンパン・バー(写真/
「ANAインターコンチネンタルホテル東京」)

 

 

ANAホテルは、以前「カスケイドカフェ」や
「アトリウムラウンジ(ATRIUM Lounge)」での
アフタヌーンティーなどは御紹介したことがありますね。

 

「シャンパン・バー」に行きたいと思いつつも、一緒に行く
お友達がアルコールが飲めなかったり、お酒がOKな人とは
他のお店に行ったりということで、今まで機会がありませんでした。

 

今回は「ルイ・ロデレールを含むシャンパン3種飲み放題」
というディナーを選んでみたのですが、ちょっとだけ
予想とは違ってしまった部分もありました。

 

 

150104anaintervontinentalafternoontea同じく3段ですが、こちらはアフタヌーンティー
「アトリウムラウンジ」ANAコンチネンタルホテル東京

 

 

 

お食事は軽め

実は今回は、少々お礼の意味合いを兼ねた食事だったのですが
当然のことながら、このお店は「シャンパン・バー」、
お食事は本当に軽めでした。

 

予約の段階で、ディナーは3タイプのメニューの中から
前菜、メイン、デザートを選べると書いてありましたので何となく
お皿の数は少なくても普通のディナーを想像してしまったのです。

 

ところが実際にお店で運ばれてきたものは、この写真のような
アフタヌーンティーの時にお菓子を3段のお皿に並べるが如くに
前菜、メイン、デザートが乗せられているものでした。

 

 

champagnebar「シャンパン・バー」の3段重ねディナー
ANAコンチネンタルホテル東京

 

 

見た瞬間、私は思わず「えっ!」と言ってしまったのですが
しばらくして、そういうことだったのね、と納得しましたが。

 

 

 

当然ですが、メインはシャンパン

これに対して、写真は撮り忘れてしまいましたが肝心のシャンパンの方は
最初から3つのシャンパングラスがテーブルにセットされているという
具合で、今更ながらここは「シャンパン・バー」なのだと思った次第。

 

はじめは驚いたものの、お値段を考えてみましたら当然でした。
ただ、御一緒した方に、お礼のお食事をとお誘いしながらきちんと
したディナーとはいいがたかったのが申し訳ないかぎりです。

 

「シャンパン・バー」は、昼食との兼ね合いで
夕食は軽くしたいなどという方には、おあつらえ向きですね。
中にはアルコールを飲む時は食事はどちらでもいいという方もいますし。

 

 

160103ritzcarltontowersシャンパン「タワーズ」
ザ・リッツカールトン東京

 

 

 

男性だけでは入店できません

先ほども書きましたように私は「シャンパン・バー」、および
他のホテルのバーもほとんど経験がないのでわからないのですが
ここのお店は、男性のみの入店は不可なのだそうです。

 

男性も女性と一緒ならばもちろんOKで、女性の場合は
一人でも入店できるのですが、他のお店もそうなのでしょうか?

 

私には「シャンパン・バー」に一人で来るという選択肢は
存在していなかったのですが、私たちが訪れた日に
いらっしゃいましたよ、お一人で来ている女性が。

 

 

140130shanpanシャンパン「アジュールフォーティーファイブ」
ザ・リッツカールトン東京

 

 

 

一人でゆっくりシャンパンを楽しむ女性

私たちは一番早い5時の予約で「シャンパン・バー」を
訪れましたが、その女性はもう少し遅くお見えになったようです。

 

60代か70代位の和服をお召しになった女性で、お一人で静かに
おそらく私たちと同じディナーを召し上がっていらしたよう。

 

ふ〜ん、そうなのかぁ、一人もありなのだ、というか
大人の女の人という感じがしましたね。
シャンパンがお好きなのかもしれません。

 

私もシャンパンは大好きですが、できるかなぁ?
ちょっと貫禄不足、修行が足りないという気も。
一人で優雅にシャンパングラスを傾ける日が私にもくるでしょうか?

 

 

champagne140703シャンパン「デリ&カフェ」
(ザ・リッツカールトン東京)

 

 

 

ルロ・ロデレール(LOUIS ROEDERER)

そして、何よりメインのシャンパンですが
「ルイ・ロデレール含むシャンパン3種飲み放題」の
ルイ・ロデレールは1776年につくられた老舗シャンパーニュメゾン。

 

1876年に、ロシア皇帝・アレクサンドル2世の要望により
ルイ・ロデレール2世の手によって作られたシャンパーニュは。
現在のルイ・ロデレール「クリスタル」のもとになったものです。

 

シャンパンを飲まない人でもドンペリなどはよく耳にすると思いますが
ルイ・ロデレールは派手なコマーシャルを好まず、ひたすら品質を保つ
ことに専念しているためか、誰でもが知るシャンパンではありませんね。

 

 

effervescence_3

 

 

 

シャンパーニュメゾン・トップ50の第1位

いわば本物を愛する真のワイン好きに選ばれるメソンともいわれ
2013年のフランスのワイン雑誌『La Revue du Vin de France』では
シャンパーニュメゾン・トップ50のうちで第1位に輝きました。

 

これは68メゾン、700アイテムの中から50のシャンパーニュ・メゾンを
選んだもので、ルイ・ロデレールの後にボランジェ、ドン・ペリニヨン、
クリュッグ、サロンというという名だたるメゾンが続いています。

 

第1位に選ばれた理由としては、
「ブドウの特徴をよく表現している」
「工業製品のような造りでない」
「ブドウ栽培を最重要とし、全体の15パーセントの畑で
オーガニックの農法、ビオディナミ農法を実践している」等々。

 

 

budoubatake              ブドウ畑

 

 

また、昨年2015年の『ワインエンスージアスト』誌の
「ワイン・スター・アワード2015」には、ルイ・ロデレールの
製造責任者のジャン・パティスト・レ・カイヨン氏が受賞しています。

 

今回「シャンパン・バー」に一緒に行った方は気を遣わなくてはいけない
方ではありませんでしたが、やはりお友達とは違って、シャンパンの
味わいにはあまり集中してなかったというのが正直なところです。

 

ということで是非もう一度、ルイ・ロデレールを味わいに
「シャンパン・バー」に出かけられたらと思うのですが……。
でも、一人ではまだ無理かな?

 

スポンサードリンク




ミラーボーラーのイルミネーション 「サントリーホール」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

151209arkjills

 

 

アークヒルズ2015年冬

ピエール・ガニョールのあるANAインターコンチネンタルホテル
を出ると、あたりはもう真っ暗でした。

 

2015年冬のアークヒルズのイルミネーションがきれいです。
毎年、この季節になると六本木ヒルズや東京ミッドタウンの
イルミネーションを御覧いただいてきました。

 

 

121220ki        六本木ヒルズのイルミネーション

 

 

六本木ヒルズのイルミネーション並木道も
東京ミッドタウンの広大なお庭のイルミネーションも
とっても素敵です。

 

 

blog_import_515367c7c2979        東京ミッドタウンのイルミネーション

 

 

あっ、赤坂サカスを忘れてしまいました、ごめん。
赤坂サカスのイルミネーションはこちら。

 

 

akasakasakasu2014kiiro         赤坂サカスのイルミネーション

 

 

でも、今年のアークヒルズのイルミネーションもなかなかですよ。
4者がそれぞれ個性的なイルミネーションを
展開してくれるのは嬉しいかぎりです。

 

 

 

アート集団「ミラーボーラー」

さて、今年のサントリーホール脇のイルミネーションですが
ミラーボーラー(MIRRORBOWLER)というアート集団の作品です。

 

ミラーボーラーとは、数百個ものミラーボールを使用して
「宇宙と和式美」を表現するアート集団。

 

2000年から始まった活動は、2003年の夏の世界的ロックフェス
「FUJI ROOK FESTIVAL」の会場装飾で大きな反響を呼びます。

 

 

 

mirrorbowlerフジロックフェスティバルのミラーボーラーの作品 2003年
(写真/「鉄になれやわらかな時間よ」

 

 

 

森の中に数百ものミラーボールが生み出した壮大な光の幻想空間。
見てみたかったというよりは、体験してみたいという感じの作品。

 

ミラーボーラーのメンバーは、グラフィックデザイナー、写真家、
照明家、美術講師など様々なジャンルのメンバーからなるそうです。

 

 

151209arkhills   アークヒルズのクリスマスツリー(制作/ミラーボーラー)

 

 

 

ミラーボーラーのクリスマスツリー

ポラリゼーションフィルムという偏光フィルターを使った
クリスマスツリーは本邦初公開だそう。
見る角度によって色が様々に変化します。

 

クリスマスツリーの点灯は、11月20日に始まり、12月25日で終了。
点灯時間は夕方の5時から11時までです。

 

なお、サントリーホール脇の滝のオブジェの方は
来年、1月3日まで点灯しているそうですので、お近くの方はどうぞ。

 

 

141209suntoryhall  サントリーホール脇の滝のオブジェ(制作/ミラーボーラー)

 

 

 

夢色

先ほどのライトをアップしてみると、こんな感じですが
この色は何色というのでしょう?

 

パステルカラー?
レインボーカラー?

 

いえ、夢色ですね、きっと。
新しく迎える年が素敵な色になりますように!

 

スポンサードリンク