ルリジューズ「ピエール・ガニョール」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

151220religieuse

 

 

×「ピンク色の雪だるま!」

前回の南部坂を下りて来て首都高を渡って、少しだけ溜池の方に
歩くとANAインターコンチネンタルホテル東京があります。

 

その2階の「ピエール・ガニョール パン・エ・ガトー」で
今日のケーキを見た時に、最初に思ったのは雪だるま。

 

雪だるまでピンク色はちょっと変ですが、まあこの色は
ピエール・ガニョールのシンボルカラー(?)ですしね。

 

ピエール・ガニョール パン・エ・ガトー
107-0052 港区赤坂1-12-33
ANAインターコンチネンタルホテル東京 :03-3505-1111)

 

 

141212tokyomidtownyugidaruma    2.3年前の冬に東京ミッドタウンにいた雪だるま

 

 

 

東京ミッドタウンの雪だるま(2.3年前の)

この雪だるまは、といっても本物ではありませんが、2,3年前に
東京ミッドタウンの外苑東通りに面した場所にいたのですが
写真は撮ったものの今までお蔵入りしていました。

 

それが今回思いもかけずに、アークヒルズのピエール・ガニョールの
ケーキの回に登場することになって、きっと喜んでいるでしょう。

 

外国の雪だるまって、日本と違って◯が3つなのですね。
となりますと、ピエール・ガニョールのケーキは
やっぱり雪だるまではないということになります。

 

 

pieruganyorupanegato300ANAインターコンチネンタルの
ピエール・ガニョール パン・エ・ガトー

 

 

 

フランス語のケーキの名前は覚えられない

私はピエール・ガニョールにたまにしか来ないという理由もあるのかも
しれませんが、来るたびに初めて見るケーキに出会うことが多いです。

 

ショーケースに並んでいるケーキのうち、サイトに出ているのは
ほんの一部ですので、お店の人に雪だるまの名前を教えてもらいました。

 

でも家に着く頃には忘れていました!
だってフランス語なんだもの。
写真を撮って、おいしく頂いた後にようやく調べてみますと……。

 

 

151210religieuse       ルリジューズ「ピエール・ガニョール」

 

 

 

× 「修道女のいる建物の形」

この「RELIGIEUSE(ルリジューズ、orレリジューズ)」
というケーキは雪だるまではありませんでした。

 

「RELIGIEUSE(ルリジューズ)」とは
フランス語で「修道女」を意味する言葉だとか。

 

そうか、この形は修道女たちがいる丸々とした屋根の教会の建物を
あらわしているのね、と思ったのですが、これも × でした。

 

 

151220religieuse     ピエール・ガニョールの「ルリジューズ(修道女)」

 

 

 

「修道女の姿」

二つのコロッと丸いものはシュークリーム。
二つのシュークリームの間を、白い生クリームが
しずくのような形でぐるっと一周しています。

 

生クリームは、修道女の着る服の襟やひだをあらわしているとか。
上のシュークリームが修道女の頭部を、下が体をそれぞれ模し
全体でヴェールをかぶった修道女の姿なのだそうな。

 

パリでは結構見かけるお菓子ということで
色はさまざまあり、モカの色、チョコレート色、
今日のピエール・ガニョールのピンク色の他、緑色もあるそうです。

 

スポンサードリンク




アフタヌーンティー「ANAインターコンチネンタルホテル東京」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

150104anaintervontinentalafternoontea

 

 

アフタヌーンティー

ちょっと前ですが、お友達と一緒に
ANAインターコンチネンタルホテル東京でお茶を頂きました。
(港区赤坂1−12−33 03-3505-1111)

 

ピエール・ガニョールのお菓子がついている
アフタヌーンティー。

 

ANAインターコンチネンタル東京では36階に
ピエール・ガニョールのレストランがあり、

 

2階にはピエール・ガニョール パン・エ・ガトーという
ケーキやパン、デリカテッセンを扱っているお店があります。

 

2階のピエール・ガニョール パン・エ・ガトーは
販売だけのお店ですので、アフタヌーンティーは
アトリウムラウンジ(ATRIUM Lounge)でのサービスになります。

 

 

 

pieruganyorupanegato300     2階のピエール・ガニョール パン・エ・ガトー

 

 

 

一番上はイチゴのチョコレートがけ

今回のアフタヌーンティーの一番上に乗っているのは
イチゴのチョコレートフォンデュー(っていうのかな?)。

 

茶色っぽく見えるいれものには
ほどよく温め続けられているチョコレートが入っています。

 

 

150104anaintervontinentalafternoontea

 

 

 

瓶の中身は?

次の真ん中の段にはガラス瓶が3つ見えますが
これにはサンドイッチに挟む中身のようなものが入っています。

 

写真では見えませんが、向こう側には
それをつけて頂くフランスパンがあります。

 

アフタヌーンティーには、サンドイッチのようなものも
つきものですが、時間をかけてゆっくりアフタヌーンティーを
頂いていると、パンがぱさぱさになったりもしますね。

 

それを防ぐために、自分の食べたい時に作ってすぐ頂くという
いわばできたてのおいしさを味わうための瓶入りということ。

 

 

150125supun

 

 

そこでこの個性的なスプーンが登場

瓶から出してパンにつけるために、このスプーンが活躍。
パンにつける3種類の瓶入りの具のためのスプーン。

 

最初はわからなかったのですが、よく見ると形がヘンです!
横から見るとこんなふう。
ええ〜っ、何これ?

 

 

150125anasupun

 

 

ですがこのヘンテコな形、瓶に入れてすくいだす時に
とっても便利で驚きました。

 

 

ピエール・ガニョールの小さなお菓子

そして一番下の段がピエール・ガニョールの
お菓子が入っている小箱。
小箱の色が、ちゃんとピエール・ガニョールカラーですね。

 

 

150104pieruganyoru

 

 

飲物はカフェオーレをお願いしました。
写真の左側はお友達のコーヒで、右手前が私のカフェオーレ。

 

赤坂のドイツ文化会館にある「ノイエス」と同様
ビレロイ&ボッホのカップを使用しています。

 

ビレロイ&ボッホのカフェオーレのカップを初めて見たのですが
めちゃめちゃ大きくて1杯でお腹いっぱいになりました。
(といいつつ、3杯飲んじゃったけど)

 

 

150104anaintervontinentalafternoontea

 

 

あらためてこうして写真を見ますと
照明の暗さと写真のまずさを差し引いてもアフタヌーンティーとしては
見た目の華やぎに少々欠けるような気がしないでもありません。

 

ですがそれは、見かけよりも実際のおいしさを重視した
ちょっとシックな大人の(?)アフタヌーンティーだったのです。
とっても楽しかったです、御馳走さまでした。

 

う〜ん、でもやっぱり36階のレストランに行きたい〜!

 

スポンサードリンク




バターを使うか否かによって形が違う「クロワッサン」 クロワッサン「ピエール・ガニェール」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

121119kurowa

 

 

「クロワッサン」

今日のクロワッサンはANAインターコンチネンタルホテル東京の
2階にある「ピエール・ガニョールパン・エ・ガトー」のもの。

 

パンというのは一緒のオーブンで焼いても
焼き色が個々に微妙に異なるものですね。

 

ですからこのクロワッサン一つを見て
云々は出来ないと思うのですが、

 

「ピエール・ガニョール パン・エ・ガトー」の
クロワッサンの色はちょっと色が独特のような気がします。
材料や、原料の加減なのでしょうか。

 

 

 

クロワッサンは20世紀になってできたもの

クロワッサンについては
「17世紀のウィーンで、トルコ軍の侵入を知らせたパン職人の働きを
愛でてトルコの象徴である三日月型のパンが作られるようになった」

 

 

torukokokki

 

 

というお話があるようですが
これは「お話」であって事実とは異なるよう。

 

現在のクロワッサンのレシピである
バターを生地に折り込んであるものが広まったのは
意外にも20世紀なってからだということです。

 

 

 

「バター」か「その他の油脂」かで形が違う

そして現在でもフランスでは、クロワッサンに
「バター」を折り込んであるのか、あるいは「他の油脂」なのか
によって両者の形が異なっているそうです。

 

バターの方を
クロワッサン・オ・ブール(croissant au beurre)といい

 

その他の油脂の方を
クロワッサン・オルディネール(croissant ordinare)と呼んでいます。

 

バターで作った「クロワッサン・オ・ブール」は
両端がまっすぐの、いわば菱形です。

 

 

12 10 5 kurowasan「クロワッサン・オ・ブール」まっすぐ(菱形)のクロワッサン
「ドミニク・サブロン麻布十番店」

 

 

それ以外の油脂で作った「クロワッサン・オルディネール
(croissant au beurre)」は両端が曲がっている、
いわゆる三日月形をしています。

 

 

160329kurowassan「「クロワッサン・オルディネール」三日月形のクロワッサン
「成城石井アークヒルズ店」

 

 

オルディネールとは、日常の、普通のというような意味だそうです。

 

 

 

今日の「クロワッサン」

ピエール・ガニェールの「クロワッサン」は
クロワッサン・オ・ブール(croissant au beurre)ですね。

 

原料にもこだわっているのでしょう。
バターの味が深い(?)です。

 

さすがにおいしいですね。
「ピエール・ガニョールパン・エ・ガトー」。

 

スポンサードリンク