2代目・中村梅山

「あぷりのお茶会赤坂・麻布・六本木へようこそ!

 

 

 

金沢の料亭旅館「浅田屋」

前回、赤坂にある金沢料理の料亭「浅田屋」の御紹介を
した際に、金沢の料亭旅館「浅田屋」について調べていると
1枚の写真が目に入りました。

 

金沢市旅館ホテル協同組合の「金沢 おもてなしの宿」という
サイトに載っていた「浅田屋」で供されるお料理を紹介した写真。

 

手前が「治部煮」で、向こう側が「ゴリ」との説明があります。
治部煮は頂いたことがあるのですが、「ゴリ」は初耳。
調べてみましたら、こちらも治部煮と同様、金沢の郷土料理だとか。

 

 

 

金沢の料亭旅館「浅田屋」のお料理
手前が「治部煮」で、向こう側が「ゴリ」
(写真/「金沢おもてなしの宿」)

 

 

 

「ゴリ」とは魚(鰍、カジカ)のこと

「ゴリ」というのは魚の名前で、「鰍(カジカ)」のことだ
そうで、ゴリで作ったお料理をゴリ料理、ゴリと呼ぶのだそう。

 

金沢を流れる犀川や、先日、御紹介したクリフトン・カーフ
ギャラリーのそばを流れる浅野川の上流の、川底に
へばりつくように生息している魚だということです。

 

ちなみに「ゴリ」という名前は、とる時に川底を削るようにしないと
捕獲できないため、その様子を「ゴリ押し」といい、そこから
「ゴリ押しをする」などと使われるようになったそうですよ。

 

 

こちらは我が家の中村梅山のお皿
乗っているのは「塩瀬」の薯蕷饅頭

 

 

ゴリが載っている金沢の料亭旅館「浅田屋」の写真を見て
驚いたのは、使われていたお皿がうちのものと同じだったからです。
同じ中村梅山のものというだけではなく、お皿の形そのものも一緒。

 

そういえばこのお皿の作家・中村梅山は金沢の陶芸家でした。
うちにある梅山の器も、金沢に行った時に買い求めてきたものです。

 

手前の治部煮が入っているのは、輪島塗だと思われますので
二つとも石川県の器を使用しているのでしょう。
このお椀も、とっても素敵ですね。

 

お皿の作者である2代目・中村梅山は、1907(明治40)年
生まれの昭和を代表する金沢の陶芸家で
1997(平成9)年に90歳で亡くなっています。

 

 

 

 

 

初代・中村梅山

初代・梅山は大正の初期に、道楽が嵩じて陶芸家に
なってしまったというユニークな経歴を持っている方。

 

陶芸一筋にひたすら修行を重ねた人生、というのももちろん
素晴らしいものではありますが、他のお仕事で成功しているにも
かかわらず、止むに止まれぬ作陶への思いを、遂に実現してしまう、

 

そんな一生もまた、勝るとも劣らない魅力的な生き方ですね。
骨董品などを見るにつけ、自分ならばこんな風に表現したい、
などと思っていらしたのでしょうか。

 

彼は京都から京焼きの職方を招き、屋敷の庭に登窯を築きます。
庭にたくさんの梅の木があったことから「梅山窯」と呼ばれる
ようになり、梅山を名乗るようになりました。

 

 

 

 

 

2代目・中村梅山

自らの夢を実現させた初代梅山の子が、2代目、中村梅山です。
彼は、梅山窯があった屋敷の庭の梅の花が咲く情景や、熟れた梅の
実の味と香りについての鮮やかな記憶を、晩年近くに語っています。

 

2代目・梅山は、独創性と技術を思う存分展開した作家で
作風は、仁清風・南蛮手・象嵌と多岐にわたります。
「浅田屋」と我が家のお揃いの長方形のお皿は、象嵌の作品です。

 

「象嵌(ぞうがん)」とは、工芸技法の一つで、
「象」は「象(かたどる)る」、「嵌」は「嵌(は)める」の意味。
ある素材に、別の素材を嵌め込んだものを指します。

 

 

 

 

 

陶器と磁器が奏でるハーモニィ

黒い漆に光る貝殻をはめ込んだものなどは、よく見かけますが
中村梅山の象嵌のように、陶器(茶色い部分)に、
磁器(模様のある部分)を嵌め込んだ器は、初めて見るものでした。

 

既成観念にとらわれることのない、何という自由な作陶なのでしょう。
対照的とも思われる、土ものの荒々しいまでの力強さに
繊細で嫋やかな模様と色使いの磁器を合わせた匠さ。

 

しかも、実験的過ぎる専門家向けの難解な作品ではなく
私のような素人にもわかる、この上ない美しさ。

 

 

中村梅山の器 象嵌の部分をアップしたもの

 

 

梅山自身は、
「火は魔物 土は曲者なり」とおっしゃったようですが
私には、その両者を巧みに操る猛獣の使い手のようにも見えます。

 

また「兎にも角にも土を練り、技を練り、心を練って火心に
挑んだ果てに、たまたまの品が自分の予想の埒をこえて、
しかも情熱との融合を見つけた時の醍醐味は無上です」

 

との言葉には、作陶をしない私でさえ思わず共感し
その感動が伝わってくるような気がするほど。

 

 

2代目・中村梅山「ぐい呑」

 

 

本当は、茶陶の名手といわれた中村梅山のお抹茶茶碗が欲しかった
のですが、それは桁が一つ上なのではなから諦め、お皿とぐい呑を
金沢から連れて帰ったのは、もうかれこれ20年以上前のことでした。

 

2代目・中村梅山には錦平・廉平・卓夫と3人の御子息がおありで
3人とも陶芸家としてそれぞれ大活躍をしていらっしゃいます。

 

スポンサードリンク




「日本を愛し、日本人より日本人らしく生きた青い目の版画家」クリフトン・カーフ

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

 

「赤坂  金龍」とクリフトン・カーフ

諸事情から一度は閉店した赤坂の「料亭金龍」が、日本の伝統文化発信の
「赤坂  金龍」として再出発をするきっかけの一つとなったのは
今日、御紹介するクリフトン・カーフさんの影響だったということです。

 

彼の作品はどのようなものだろうと、検索をしてみて驚きました。
かなり前のことですが、彼の作品をカード(だったか正確には忘れ
ましたが)にした何点かを、友人から頂いたことがあったからです。

 

建物や路地、お茶室の中など、日本の美しい風景を版画にした
作者を、私は当然のように日本人だと思い込んでいました。
その作者が「赤坂  金龍」と御縁のあった版画家だったとは……。

 

 

 

料亭金龍」は2009年、「赤坂  金龍」として再出発

 

 

 

1955年に再来日

フィンランドに生まれ、後にアメリカに移住した祖父母を持つ
クリフトン・カーフ( Clifton  Karhu)は、1927年に
アメリカのミネソタ州ダールズで誕生しました。

 

彼が初めて日本を訪れたのは1946年、18歳の時のこと。
最初は、なんと軍人として長崎県の佐世保にいらしたそうです。
軍人といっても任務は、軍隊付きの画家として。

 

家族の全てが絵を描くという環境で育ったクリフトン・
カーフはその時すでに、日本の文化や町並みに興味をもち
帰国後の1950年〜1952年には、ミネアポリス美術学校に通います。

 

 

 

「桂離宮と月」クリフトン・カーフ

 

 

 

京都から金沢に

卒業後、23歳だった1955年に再来日し
最初は滋賀県に、そののち京都に移ります。
初めての個展が大成功を収めたのは1961年、34歳の時でした。

 

それからは国内はもとより、香港、オーストラリア、
ヨーロッパ、アメリカで個展を次々に開催し、
版画集(「カーフ画集」「京都再見」「京都発見」)を刊行。

 

59歳になった1986年からは、生まれ故郷のアメリカ、ミネソタ州で、
2年後には当時拠点であった京都で、またその2年後には、彼のルーツ
ともいうべきフィンランドで、それぞれ回顧展を開催しています。

 

 

クリフトン・カーフさんと、愛猫・マイト君

 

 

京都のアトリエ兼住居を1995年、68歳の時に金沢に移します。
九谷焼きの仕事で訪れた際に金沢に魅かれ、何度か通ったのちに購入
した家は、内外装とも金沢の茶屋文化の伝統的な様式に整えました。

 

金沢に移ってからも版画集を刊行し、フィンランド、スウェーデン、
アメリカでの個展を開催していたクリフトン・カーフは
今から10年前の2007年3月24日、80歳で永眠。

 

このようにみていきますと、「赤坂  金龍」との
繋がりはどのあたりに位置するのでしょうか?
できることならば、秋葉佳宣さんに伺ってみたいところです。

 

 

秋葉佳宣さん「赤坂  金龍」
(写真/「『WELCOM港区』vol.630」)

 

 

 

うさぎがお出迎え「カーフこれくしょん」

金沢の浅野川沿いの主計町(かづえまち)にあった、彼の自宅兼
アトリエだった茶屋を改装した建物は、現在クリフトン・カーフ
作品の展示、販売をするギャラリーになっています。

 

Yanis   Art  japan   ltd.(株式会社 ヤニスアート・ジャパン)
(代表取締役 香川寿幸
 〒920-0908 石川県金沢市主計町3-19
 Tel.076-255-3928(代)   Fax.076-255-3926
 メールアドレス       info@cw-karhu.jp)

 

金沢に移ってからもカーフは、国内はもとより、香港、
オーストラリア、ヨーロッパ、アメリカで個展を次々に開催し、
版画集(「カーフ画集」「京都再見」「京都発見」)を刊行。

 

会社名についている「ヤニス(Yanis)」とは
フィンランド語で「うさぎ」という意味だそうです。
カーフさんも社長さんも、卯年生まれだからとのこと。

 

 

(写真/「金沢主計町茶屋街『かーふコレクション』 」)

 

 

というわけで、ギャラリーの格子戸には、うさぎさんがいっぱい。
写真はギャラリーの内側から見たものですが外は
ボタン雪が降っていて、カーフさんの版画のようですね。

 

 

 

水に映る風景を版画に

クリフトン・カーフは、雨上がりの茶屋街を好んだといいます。
雨に濡れた道路に映った電線を見ていると
一瞬、版画であるのを忘れてしまうほど。

 

 

クリフトン・カーフが雨上がりの友人宅を書いた版画
(写真/「カーフこれくしょん」

 

 

奥の蛇の目傘が、道に溜まった雨におぼろげに映り
ちょっと強めの風に煽られた暖簾が翻っている雨上がり。
がっしりとした黒の直線に添えられた、嫋やかな曲線が美しい。

 

数十年前にクリフトン・カーフの作品をプレゼント
してくれた友人に、見せてあげたい版画です。
ちなみにこちらはクリフトン・カーフの金沢の友人宅だそう。

 

次の写真は、3年前の赤坂サカスの「ホワイトサカス」の様子ですが
間に水が入ることにより、風景は不思議な美しさに彩られます。

 

 

並べてごめんなさい、こちらは雨の赤坂サカスの写真

 

 

 

洒脱な筆使いの墨絵

クリフトン・カーフといえば、このような京都や金沢の町並みや、
「桂離宮と月」のような版画が最も有名だと思われますが
実は私は、カーフさんの墨絵が大々好きです。

 

 

クリフトン・カーフの版画「桂離宮と月」

 

 

大胆で生き生きとした自由な筆づかいが
生み出す線を見ていると、楽しくて、嬉しくて。
何もこわいものはないぞ!、という気になっちゃいます。

 

こちらは「二兎を追う者は一兎をも得ず」の「二兎無兎」のうさぎさん。
(逃げられてよかったね)

 

 

 

クリフトン・カーフの「二兎無兎」
(写真/「カーフこれくしょん」)

 

 

左に書かれているのは
「RUN  AFTER  TWO  RABBITS  AND  YOU’LL CATCH  NONE」
というアルファベットの英文ですが、なんとも絵になっている字(!)。

 

その左には「佳風」とサインがありますが、この「かーふ」のサインは
初期には「夏風」という文字で書かれていたようです。
夏の風、も「佳風」に劣らず素敵です。

 

小説家のヘンリー・ミラーも、クリフトン・カーフ
のユーモラス墨絵を愛したようですよ。

 

 

 

 

 

鮎を売って生計を立てた頃を思い

クリフトン・カーフさんが、最後の12年間の住まいを
金沢主計町に決めたのは、再来日して岐阜にいらした頃
の郷愁に駆られたことも、理由の一つだったとか。

 

再来日して滋賀に住んでいた頃は、プロ級の腕前をいかして趣味の
釣りで得た鮎を売って、生計を立てていたこともあったのだそう。
金沢主計町にたゆたう浅野川を見て、その頃を思い出されたといいます。

 

常に着物を着て仕事をし、愛した金沢の街を散策する
クリフトン・カーフは、金沢の人々からも愛されていました。

 

「かーふコレクション」の香川寿幸さんは、こんな言葉を記しています。
「日本を愛し、日本人より日本人らしく生きた青い目の版画家」。

 

 

「マイト」はフィンランド語で「ミルク」の意味

 

 

カーフさん御自身も、自画像を描くときは
目の色を青く描かれたそうですが、実際は
ブルーグリーンの目をおもちだったそうです。

 

上の写真でカーフさんと一緒に写っている、彼によく似た
もはもはのネコちゃんの名前は、「マイト」君といいます。
これはフィンランド語で「ミルク」を意味する言葉。

 

今から10年前の2007年3月24日にカーフさんがお亡くなりになってから
3年ほどの月日を経た2010年4月に、マイト君は11歳で死んでいます。
マイト君の目の色は、何色だったのでしょう?

 

スポンサードリンク




ミッフィ(うさこちゃん)の作者 ディック・ブルーナ

「あぷりのお茶会赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

ディック・ブルーナは亡くなってしまったけど

三日前のツイッターのタイムラインを見ている時のこと、
棺に入って眠るミッフィーちゃんの絵が目に飛び込んできました。
嫌な予感がします。

 

発信していたのはオランダ在住の「Janko Bosch」さん。
絵には次の言葉が添えられていました。

 

「Dick Bruna overleden maar nijntje will live forever!
(ディック ・ ブルーナが亡くなってしまいましたが
ミッフィーは永遠に生き続けます!)」

 

やはり不安は的中してしまいました。
ミッフィー(うさこちゃん)の作者であるオランダのグラフィック
デザイナー、絵本作家のディック・ブルーナが、2017年2月16日に
オランダ、ユトレヒトで老衰のために89歳で亡くなったそうです。

 

 

     オランダのユトレヒトの信号は「ミッフィーちゃん」

 

 

 

世界中で愛されたうさぎ

ミッフィーのお父さんであるディック・ブルーナ(Dick  Bruna)は
オランダのユトレヒトで生まれ、89年後に同じ街で亡くなりました。
そんなミッフィーちゃんの街の信号は、こんなに可愛い信号です。

 

上の写真は青(緑)信号のミッフィーちゃんですが、もちろん赤信号も。
こちらの写真もツイッター「ひるひ」さんという方からのものです。
ミッフィーちゃんの信号のある、こんな素敵な街で暮らしたいですね。

 

ユトレヒト市で生まれたディック・ブルーナは、60年にわたる
長い制作活動の間に「ミッフィー」シリーズを
はじめとして、120作を越える絵本を刊行しています。

 

 

 

 

ディック・ブルーナの絵本は、世界50カ国以上で
翻訳され、8500万部以上のロングセラーと
文字通り世界中で愛された絵本作者でした。

 

日本では、1964年『ちいさなうさこちゃん』という題の絵本が
出版されて以来、5000万部以上の絵本が刊行されて
「子どもが初めて出会う絵本作家」として親しまれてきました。

 

我が子だけではなく、全ての子どもを愛し、そして
世界中の子どもたちに愛されたディック・ブルーナ。
その絵の原点には、強い平和への願いがありました。

 

 

 

 

 

冬に湖を泳いで逃げる人

1927年にユトレヒトで生まれたディック・ブルーナは、幼い頃から
画集に触れて、油絵を描いている子どもでしたが、十代の半ばの
多感な時期に、第二次世界大戦を経験することになってしまいます。

 

祖国であるオランダは、ナチス・ドイツに侵攻されました。
戦時下にあったある日のこと、冬の寒さの中
冷たい湖を泳いで逃げるユダヤ人の姿を目撃します。

 

彼は憤りと悲しみを覚えたといいます。
「(この体験が)ぼくの人生を決定づけたのかもしれません」
とディック・ブルーナは後に語っています。

 

 

 

 

 

父の猛反対の中、画家を志す

1945年、第二次世界大戦終結後、高校を退学して
イギリスとフランスの出版社の研修に出かけます。
出版社を経営する父親の跡を継ぐため、との名目のもとで。

 

しかし、実際は美術館や画廊をまわり、パブロ・ピカソや
アンリ・マティスの自由な作風に影響を受けて
自らもスケッチに励む日々だったのです。

 

1947年にはオランダに戻り、アーティストになることを
父親に認めてもらい、アムステルダム国立美術アカデミーに
入学しましたが、自らの求めているものとの違いから退学。

 

1951年、イレーネとの結婚を機に、父親の経営する出版社
「A.W.ブルーナ&ゾーン」に専属デザイナーとして就職した彼は、これ
以降、2000冊を越えるブックカバーのデザインを手がけることなります。

 

 

 

 

 

1955年、ミッフィーちゃん誕生

1953年、彼の最初の作品である絵本
「de appel(りんごぼうや)」を発表。

 

1955年には、ミッフィーシリーズの最初の1冊が誕生しました。
これはイレーネ夫人との間に恵まれた3人の子の、最初の子に
してあげたうさぎのお話がもとになっているそうです。

 

日本では「ミッフィー」や「うさこちゃん」と呼ばれているうさぎの
オランダ名は「ナインチェ(nijntje)」で、これが本の題名。
ミッフィーは、オランダでは「ナインチェ・プラウス」という名前です。

 

その年に、「nijntje(ちいさなうさこちゃん)」と
「nijntje in de dierentuin(うさこちゃんとどうぶつえん)」を発表。
その時の「うさこちゃん(ナインチェ)」はこんな子です。
今とかなり違っていますが、この子も素朴て可愛いですね。。

 

 

          最初の子うさぎ「ナインチェ」

 

 

「ミッフィー(うさこちゃん)」のオランダ名は「ナインチェ」でしたが
実は、ディック・ブルーナという名前も、ブルーナという姓以外は違う
そうで、本名は「ヘンドリック・マフダレヌス・ブルーナ」。

 

「ディック」というのは「太っちょ」という意味の愛称だそうですが
ブルーナさん、ちっとも太っていないのに面白いですね。
それとも子どもの頃は、ちょっと太っていたのかな?

 

 

 

「ブラック・ベア」シリーズ

彼の父の会社であったA.W.ブルーナ&ゾーン社は、老舗の中堅出版社
でしたが、第二次世界大戦後は、電車に乗る時にポケットに入る
サイズの、ペーパーバックの探偵小説の出版で成功します。

 

それまでの書籍の概念を覆す、ディック・ブルーナの描くシンプルで
斬新な装丁は人気を博し、年間150冊もの装丁をこなしました。
英作家イアン・フレミングの「007」シリーズの装丁も彼の作品だそう。

 

同社のキャラクターだった熊に彼が手を加えた「ZWARTE BEERTJES」
(ブラック・ベア)」は、読書週間用のポスターとして登場し、
1955年には、A.W.ブルーナ&ゾーン社のペーパーバック
「ブラック・ベア」シリーズが生まれました。

 

 

      ディック・ブルーナの装丁(写真/「assist on」

 

 

 

小さな四角形の絵本

1959年には、彼の最初の絵本だった「りんごぼうや」(1953年)の
改訂版が出ることになりましたが、この時に私たちにおなじみの
あの小ぶりの正方形の絵本スタイルが生まれます。

 

その理由は、この大きさが「子どもの手に取って楽しく
両手におさまるサイズだから」というものですが
まさに納得です、本当に子どものための絵本ですね。

 

また彼の絵本は、全て12場面の構成になっています。
これも幼児が集中できる時間が10分ということから
その時間内に読み切れるページ数ということだそう。

 

1971年に、グラフィックデザイナーのピーター・ブラッティンガと
ともに、ディック・ブルーナの著作物を管理するメルシス社を設立。
1975年にA.W.ブルーナ&ゾーン社を退職するまでの20年間、
彼は「ブラック・ベア」シリーズの装丁を続けました。

 

 

 

たった一人でミッフィーちゃんを描き続ける

出版社を辞めて独立した後も、ディック・ブルーナはアシスタントを
雇わずに、構想から仕上げまで、たった一人で仕事場で描き続けます。

 

ミッフィーちゃんの絵をよく見ると、黒の輪郭線がちょっと
デコボコしていますが、その理由を彼はこう答えています。

 

 

輪郭がちょっとデコボコしているミッフィーちゃん
(写真/「ディック・ブルーナ みみよりフログ」)

 

 

「私の線は、いつも少し震えています。
まるで心臓の鼓動のようでしょう?
震える線は私の個性なのです」と。

 

 

 

2015年 ミッフィー誕生60周年

それからもディック・ブルーナの活躍は目覚ましく
数々の賞を獲得してゆきました。

 

1983年「オレンジナッソー勲章」
1990年「くまのぽりす」でオランダ書籍宣伝協会から「金の絵筆賞」
1993年 オランダのベオトリクス女王からナイト(騎士)の称号を受ける
1996年「うさこちゃんのてんと」でオランダ書籍宣伝協会から
「銀の絵筆賞」受賞等、書ききれませんのでこのくらいにしましょう。

 

2006年には、ディック・ブルーナの作品を専門に展示する美術館
「ディック・ブルーナ・ハウス」(現在は
「ミッフィー・ミュージアム」)もオープンし、

 

2007年には、次世代に英知をもたらす「Wisdom」 Projectで
「世界の70人」に選ばれています。

 

また2013年には、初めての映画「劇場版ミッフィー どうぶつえんで
宝さがし」が公開され、2015年には、ミッフィー誕生60周年を
記念する展覧会が世界各地で開催されました。

 

 

 

 

 

2011年 涙を流すミッフィーちゃん

そして私たち日本人には決して忘れることのできないことがあります。
2011年の東日本大震災の時に、ディック・ブルーナが
描き起こしてくれたミッフィーちゃんです。

 

当時、唯一このアートの使用を許可されていた会社に所属していた
グラフィックデザイナーのいちかわ照葉さんは、このアートに
添えられていたディック・ブルーナの言葉を記してくれています。

 

「このアートのライセンス料(使用料)は一切いただきません。
これを自由に使って、日本の復興に役立ててください。」
                   (「日々色々」

 

私は当時、そのようなディック・ブルーナの言葉は
全く知りませんでしたが、涙を流しているミッフィーちゃんを
見て、私も涙が溢れたことを思い出します。

 

 

 

 

 

正面を向くミッフィーちゃん

そういえばミッフィーちゃんって、いつも正面を向いていますね。
これは読者といつも対話していたいという思いから、登場人物は全て
正面を向き、読者と目を合わせるように設定されているためだそう。

 

「飢餓、貧困、病気から子どもたちを守ろうと訴える
ポスターも描き、東日本大震災では涙を流す
うさこちゃんのイラストで日本の子どもたちを励ました。
生涯にかいた絵本の、どの主人公も
まっすぐに読み手である子どもたちを見つめている。
子どもたちを怖がらせるストーリーは一昨もない」(森本俊司)

 

 

 

 

また、ミッフィーちゃんの絵に多い余白について
ディック・ブルーナはこう説明しています。
「多くの余白を子どもたちの想像力のために残しておいた」と。

 

ミッフィーちゃんの絵の余白を読み取った後に、自分の心の余白に
描き込む作業は、私たちに残された仕事なのかもしれませんね。
ディック・ブルーナさん、ありがとうございました!   (・×・)

 

スポンサードリンク