双方の信頼で成り立つネットショップ 「本物」「ニセモノ」14

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140416azabuhanamizuki

 

 

 「デコポン」さんから来たメール

前回は、柑橘類の「デコポン」のお話をしましたが
以前、ローゼンタール〈魔笛〉のショップに、「デコポン」と
いう名前でお問い合わせのメールをいただいたことがありました。

 

「デコポン」さんは東京にお住まいのようでしたが
自分はアナログ人間なのでネットショップでの
注文は苦手だと書いていらっしゃいました。

 

ローゼンタール〈魔笛〉のネットショップ「アプリ」に
注文をするのではなく、実際に品物を見みてみたいとのこと。

 

指定の場所にティーカップを持ってきてもらうことは
可能でしょうか、という御依頼でした。

 

その方のお知り合いの方が、ネットショップで
購入した食器がニセモノだったという経験をされたとか。

 

そんなこともあり、実際に見て本物とわかったら
購入したいということでした。

 

そのような御依頼は初めてのことでしたので、私は少々戸惑いました。
ショップ作りを共に学んだ同期生に相談してみますと
答えてくれた全員が、断るようにとの回答。

 

そのようなお客様の御依頼があった時に
丁寧に説明してお断りをした、という人もいました。

 

 

140415siranui

 

 

 

「ウソ」を書いて売っているショップも…

確かにネットショップの中には、

 

「ローゼンタール〈魔笛〉は現在作られていないので
この食器を手に入れることは難しいです」とか

 

「現在、ローゼンタール〈魔笛〉は
作られていないので、この食器は幻の逸品です」

 

「激レア商品」「入手困難」等々の、ウソを平気で書いて
中古品をヤフオク等で売っているオンラインショップも多々あります。

 

(上記のお店は、ネットショップだけではなく
実店舗を都内で50年近く営業しているお店でもあります)

 

「デコポン」さんのお友達のように、送られてきたものが
ニセモノだったり、箱のないリジェクト品という
可能性もゼロとはいえないでしょう。

 

(リジェクト品というのは、作った工場で
「1級品」と認められずに、はねられた「2級品」のこと)

 

 

140416hanamizukiazabu

 

 

 

お客さんの側の「ウソ」も……

また、これは実際の知り合いの話ではないのですが
ネットショップをしている方がこんな経験を書いていました。
有名ブランドのバッグを扱っているショップの方です。

 

そのネットショップで購入した人から
「届いたバッグがニセモノだった」というクレームがきたそうです。

 

ショップのオーナーは、バッグは本物だと自信がありますので
「そうお思いでしたら、

 

『◯◯』という真贋を鑑定するお店がありますので
そのお店で見てもらってはいかがですか」という返事をしました。

 

しばらくしますと、そのお客さんから連絡が来ました。
「『◯◯』でみてもらいましたが、やはりニセモノでした」

 

ショップのオーナーは、その品物を返品するよう
依頼して、バッグの代金を返金しました。

 

返品されてきたバッグを見て、驚いたそうです。
そのバッグは、ショップから送られたものではなく
ニセモノのバッグだったからです。

 

本物(!)のニセモノのバッグだった、
と、わけのわからない文章になってしまいましたが。

 

つまりそのショップのオーナーは、本物のバッグをお客さんに
送ったのですが、お客さんはすでに持っていた
そのバッグのニセモノを鑑定に出したというわけ。

 

その後ショップに、鑑定に出した方のニセモノのバッグを
返品して、支払った代金も返金してもらったのです。

 

この場合は、完全にお客さんの側の詐欺行為です。
ネットショップの側の詐欺行為もあれば
お客さんの側の詐欺行為もあるというわけですね。

 

 

12.5.26.ark

 

 

 

お互いの「信じる心」 

ネットショップは、といいますか他のことでもそうなのだと
思いますが、何事も双方の信頼があって初めて成立するもの。
逆に言えば、信頼関係がないと成り立ちません。

 

ほとんどの人は、詐欺行為などはせず誠実に対応しています。
ですがほんの一握りの悪いことをするオンラインショップや
お客さんもいることは残念ながら事実です。

 

そうそう、先ほどの「デコポン」さんというお客様の
御依頼のことですが、私は今回だけはお受けすることにして
今後はそのような御依頼はお断りをすることにしました。

 

とは決めましたが「デコポン」さんと、何度ものメールのやり取りを
しているうちに、結局、お断りすることになってしまいました。
140416roppongikoukou

 

 

 

信じてくださるお客様に感謝を! 

私は「デコポン」さんと、待ち合わせの日時を決めました。
「デコポン」さんは、指定した新宿のカフェに、
「目印としてグッチのバッグを持って行く」と書いてありました。

 

私は名前と連絡先を教えて頂きたい、とお願いしたのですが
「会ったこともない人には、教えられない」
とのお返事でしたので、申し訳ありませんがお断りしました。

 

確かに、一度も会ったこともない人に住所氏名を教えることに
ためらう気持ちはわからないでもありません。

 

ただ、万が一、指定された新宿のカフェに行く直前や、途中で
事故等があり、時間に行けない状態になるかもしれません。

 

また悪く考えれば、グッチのバックを持った人、
というだけの情報で指定された新宿のカフェに行って
「デコポン」さんが現れないということもあり得ること。

 

たとえ「デコポン」さんが住所等を教えてくれたとしても
それが本当のものか否かはわかりません。
ではあっても私は、それを信じて出かけるつもりでいました。
140416dogokazabu               麻布十番にある「ドッグカフェ」

 

 

結局「デコポン」さんは、ネットショップでの
お買い物には向かない方だったのだと思います。

 

そう考えますと、初めてのネットショップを信頼して
くださるお客様の存在を、本当に心から有り難く思います。

 

その信頼におこたえすることのできるショップで
ありたいと改めて思わずにいられません。

 

スポンサードリンク




ティグレス「ガトーフェスタハラダ」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

rhiguresugatofasutaharada

 

 

焼き菓子の「ティグレス」

今日のお菓子、「ティグレス」は
「ガトーフェスタハラダ」の製品です。

 

「ガトーフェスタハラダ」は以前も、
「グーテ・デ・ロワ(GOUTER de ROI)」
「グーテ・デ・プリンセス(GOUTER de PRINCESSE)
紹介しましたね。

 

「ガトーフェスタハラダ」のサイトを見ますと、この3種類の
お菓子は違う分類(?)のものとして扱われているようです。

 

 

「グーテ・デ・ロワ(GOUTER de ROI)」は〈ラスク〉で

 

 

gutederawa370

 

 

「グーテ・デ・プリンセス(GOUTER de PRINCESSE)」は
〈クッキー・サブレ〉の括り。

 

 

gutedepurinsesu370

 

 

そして今日の「ティグレス(TIGRESSE)」ですが、
こちらは〈焼き菓子〉ということです。

 

 

 

チョコチップを練り込んだ生地にチョコレートを入れて

「アーモンドプードルと良質なバターをたっぷり使った生地に、
チョコチップスを練り込んで焼き、チョコレートを流し込みました」
と書いてあります。(「ガトーフェスタハラダ」)

 

 

thiguresu370

 

 

確かにこのようなお菓子にしては流し込んであるチョコレートが
とても美味しく感じられました。

 

私は、この3つのお菓子の中では、
今日の「ティグレス」が一番好きです。

 

 

 

 新製品「グーテ・デ・ロワ・ソレイユ」

さてさて、お次ぎは「ガトーフェスタハラダ」で
新しく出来た素敵なお菓子を御紹介しましょう。

 

 

gutederowasoreiyugatofesutaharadaグーテ・デ・ロワ・ソレイユ
(写真/「ガトーフェスタハラダ」

 

 

名前は「グーテ・デ・ロワ・ソレイユ」。

 

「Rol  Soleil(ロワ ソレイユ)」とは、
「太陽王」すなわち、フランスの王様である
ルイ14世を讃える呼び名ですね。

 

「グーテ・デ・ロワ・ソレイユ」は「太陽王」にふさわしい
ブロンド色のクーベルチュールチョコレートを、

 

フランスのチョコレートメーカーと共同開発して
ガトーラスクにコーティングしてあるということです。

 

 

 

ルイ13世の妃も、ルイ14世の妃もチョコレートが大好き

「あぷりのお茶会」では、少し前にチョコレートのお話
をした時に、ルイ14世が出てきましたね。

 

フランスの王様、ルイ13世、14世、
ともにスペインの王女をお妃に迎えました。

 

スペイン王女、アンヌ・ドートリッシュが
ルイ13世に嫁いだのは1615年。

 

スペインの一部の階級の贅沢品であったチョコレートは
オランダ、ベルギーに広まり、ルイ13世とアンヌ・ドートリッシュが
結婚する少し前の1609年に、フランスへも伝わっていました。

 

彼らの子どもであるルイ14世も、1660年にフランス王女の
マリー・テレーズ・ドートリッシュと結婚をします。

 

(マリー・テレーズ・ドートリッシュはルイ13世の妃であった
アンヌ・ドートリッシュの姪にあたります)

 

ルイ13世の妃、アンヌ・ドートリッシュはチョコレートコックを連れて
フランスにと嫁いだほどチョコレートが好きだったということです。

 

ルイ14世に嫁いだマリー・テレーズ・ドートリッシュも
チョコレートが大好きだったようです。

 

 

gutederowasoreiyuグーテ・デ・ロワ・ソレイユ
(写真/「ガトーフェスタハラダ オンラインショップ」

 

 

そんなチョコレートが大好き妃たちと、
チョコレートがフランスへ渡った直後という時期的なものもあって、

 

「ガトーフェスタハラダ」の新製品に、ルイ14世を讃える名である
「グーテ・デ・ロワ・ソレイユ」という名前が与えられたのでしょうか。

 

 

 

お皿が、「ローゼンタール魔笛」です!

ところで、「ガトーフェスタハラダ」の新製品を紹介する
この「グーテ・デ・ロワ・ソレイユ」の
写真を御覧になって何かお気づきではありませんか?

 

そうです、この「グーテ・デ・ロワ・ソレイユ」に
使われているお皿はローゼンタール〈魔笛〉のお皿で
「アプリ」がお届けしたものなのです。

 

今日の冒頭の写真で、私が紅茶とともに「ティグレス」を
のせているお皿は、ローゼンタール〈魔笛〉の22センチお皿。

 

「ガトーフェスタハラダ」のサイトの新製品紹介で
「グーテ・デ・ロワ・ソレイユ」をのせているお皿は
ローゼンタール〈魔笛〉の25センチのディナー皿です。

 

これまでの「ガトーフェスタハラダ」では、
ホワイトのお皿を主にお使いになっていて
ゴールドのお皿はなかったように思えます。

 

「太陽王」の象徴ともいえるブロンド色、
その色のクーベルチュールチョコレートを使ったお菓子に
ローゼンタール〈魔笛〉ゴールドのお皿。

 

このように使っていただけたとは本当に有り難い限りです。
ゴールドのお皿といいましても本当にたくさんありますからね。

 

それらの中から、ローゼンタール〈魔笛〉を
選んでいただけたことを心から嬉しく思います。
ありがとうございました!

 

 

thigurasu131011

 

スポンサードリンク




紅白饅頭 「ローゼンタール魔笛」と「漆・椿皿」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

12.9.24.mattya

 

 

ローゼンタール〈魔笛〉におまんじゅう

お祝い事で、紅白のおまんじゅうを
いただきました。

 

かなり大振りです。
ふっくらみっちり、餡もおいしかったです。

 

 

blog_import_5153680b802b6

 

 

 

黒漆の椿皿に勝るとも劣らない?

同じおまんじゅうを、今度は和菓子用によく使われる、
黒漆の椿皿にのせてみました。

 

1枚目の写真は、ローゼンタール 〈魔笛〉 の
ティーカップソーサーにのせています。

 

お抹茶茶碗にしたものも同様
ローゼンタール 〈魔笛〉 の一番小さいボウルです。

 

〈魔笛〉 は、和のものにもとても合うように私には
思えるのですが……。

 

デザインをされたビョルン・ビンブラッドさんが御覧になったら、
どんなお顔をされるでしょうか?

 

スポンサードリンク