ジャズピアニスト・作曲家 佐山雅弘さん 

あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木へようこそ!

 

 

 

信じたくないニュース

11月15日の深夜、ツイッターでフォローをしている
「sanpoudo」さんのつぶやきが目に入りました。

 

「うそやん」という一言の下には、

 

「朝日新聞東京編集局(コブク郎)@asahi_tokyo
11月14日  ピアニスト・作曲家の #佐山雅弘 さん死去
ジャズを主軸に幅広いジャンルで活躍」の文字が……。

 

 

 

 

佐山雅弘さんは、私にとって大学の先輩という
以外には、「袖振り合うも多生(他生)の縁」
というほどの儚い御縁しかなかった方です。

 

佐山さんがお亡くなりになった11月14日以前
と、それ以降で、私の暮らしに特別の変化が
生じることは考えられません。

 

15日の深夜に、ニュースを知った驚きは、時間と
ともに、静かに消えてゆくものと思っていました。

 

 

 

 

ところが、そうではありませんでした。
むしろ時間の経過とともに悲しみが増し
ショックは後悔へと形を変えています。

 

その理由はわかりません。
佐山さんに出会った頃の10代の私も、一緒に消えて
しまうように感じる寂しさからなのか、あるいは現在
私自身も病を得ている心細さによるものなのか……。

 

佐山雅弘さんのオフィシャルサイトには
佐山さんからのメッセージが記されていました。

 

 

佐山雅弘(写真/「Masahiro Sayama」

 

 

「みなさま

佐山雅弘より
このお手紙がお手元に届く時、僕はこの世に
おりませんが、長きに亘ってのお付き合いに
お礼を言いたくて家人に託しました。

 

加山雄三とタイガースが大好きな中学生。
高度成長期大阪の衛星都市尼崎に親父が構えた
小〜さな小売商を継ぐことに何の疑念も持たない
ごく普通(以下)の子供がジャズとの出会いで、
楽しさこの上ない人生を送ってしまいました。

 

まことに人生は出会いであります。

 

『君の身体は君の食べたモノで出来ている』
と言いますが、まったく同様に僕という者は
僕が出会った人々で出来ているのだと
しみじみ実感したことです。

 

その出会いを皆様にあらためて感謝しつつ、
今後益々の良き日日を祈りながらお別れをします。

 

ありがとう、さようなら

        2018年11月14日 佐山雅弘」

 

 

 

 

(以下の内容は、佐山さんのオフィシャル
サイト「Masahiro Sayama」の「日記」を
参照させていただきました。)

 

 

胃からタプタプと音が……

佐山さんが体の異変に気づいたのは
2014年8月下旬、旅先でのことでした。

 

歩いている時に「何やらタプタプ音がする」
胃に水が溜まっているような音がします。

 

お気に入りの店の食事も、妙にご飯がお腹に
入らない感じがし、ライブの差し入れも、
お寿司屋さんでも味がよくわかりません。

 

東京に戻ってからは、吐くばかりの日々。
ジュースと栄養剤で仕事を続けるも
1日1キログラム弱ずつ、体重は減り続けました。

 

 

 

 

9月10日過ぎに、地元の内科へ行くと
「逆流性食道炎でしょう」と渡されたお薬を
10日飲んでも一向に良くならないので、再診。

 

「では、あと10日分のお薬を。
なんなら胃カメラしますか?
今、予約すると11月初旬には……」

 

という医師の申し出を断り、佐山さんは
知り合いの医師に相談することにしました。

 

 

 

 

 

ガンの兆候は全くなし!?

「プライベートな付き合いを大事にしたいので
本業についてのコネクションは使わない主義」の
佐山さんでしたが結局、友人の医師の病院に入院します。

 

10月9日に入院して、「苦しい!話が違う!」
と言いつつ初めて飲んだ胃カメラの結果は、

 

「胃の出口がねじれてふさがっている。
ガン細胞は見当たらない」というもの。

 

この間、1か月の無理がたたり腎臓の数値は悪く
なっていたものの、CTスキャン・MRT、血液検査、
全身の血管に薬品を流して移転箇所をあぶり出す
PETでも、ガンの兆候は全くなしということでした。

 

 

 

 

 

転院後の検査結果「珍しい症状」

そして次に、友人の医師が「日本一」だと推奨する
優秀な後輩医師の病院に転院して検査をすると、

 

「開腹してみないと判じかねる珍しい症状」
だということでした。
佐山さんはすぐに手術を依頼します。

 

しかし体が衰弱していたため、まずは栄養補給
をして、手術は2週間後の11月4日になりました。

 

 

 

 

 

スキルス性胃ガン・第2ステージ

その結果は、スキルス性胃癌・第2ステージで
胃の下部2/3を摘出、発生場所は幽門付近。

 

胃の内面でも外面でもなく、胃自体の「素材」
の内部で進行する厄介な癌でした。

 

胃がふさがって衰弱したために、早期発見できた
ということで、「何が幸いするかわからない」
と佐山さんは記しています。

 

 

 

 

 

退院、仕事も再開

11月18日には退院し、30日には退院後の初仕事。
12月の終わりには、ピアノの弾き心地も戻って
きましたが、抗がん剤治療(錠剤)は続きます。

 

仕事の現場には、ソファと枕、毛布が用意され
ピアノを弾く時間以外は横になり、演奏30分前には
アミノ酸を注入し、1時間のステージを務めました。

 

とはいえ、50分過ぎたあたりからはエネルギー残量
ランプが点滅しだし、ステージ終了後は頭は興奮
しているものの、首から下ぐったりとした状態。

 

面会も断ってもらい15分間横になった後、若手に
荷物を持って貰ってやっと退館という具合で
当然ながら、遠出は無理になりました。

 

 

 

 

 

転移、播種、腸閉塞 → 人工肛門

幸いなことに1年後(2016年)の検診は無事
でしたが、2017年に胃がんから大腸への転移、
小腸への播種が発見されます。

 

この「播種(はしゅ)」という言葉は、タネまき
のことを指し、腫瘍細胞がタネをパラパラとまいた
ような状態になることを意味するそうです。
ガン細胞が小腸に散らばっていたということ。

 

2年半後の定期検診後に、腸閉塞の手術をして
大腸をバイパスして人工肛門にします。

 

医師から人工肛門を告げられた時、佐山さんは
「ちょっと考える時間をもらえますか?」
と聞きますが、医師の答えは非情にも
「緊急事態です。ノーチョイスです」でした。

 

播種は取りきれないために、抗がん剤治療でしたが
抗がん剤との相性問題で、佐山さんは2度ほど
七転八倒をし、ジタバタと入退院を繰り返します。

 

 

 

 

 

2018年 新年

病院や在宅を合わせ1ダースほどという医師の
中のお一人が、佐山さんの余命について
「新年が迎えられるかどうか微妙ですね」
とおっしゃったとそうです。

 

「腹膜播種というのは発見されてしばらくすると
お陀仏になるはずなのだが、まぁラッキー」
と書く佐山さんは「比較的安定状態」で
新年を迎えることができました。

 

この間、佐山さんは、地方を含む演奏会、
複数の大学での講義、ミュージカルの作曲等々、
とても病人とは思えない仕事量をこなしています。

 

 

 

 

 

「あなたは今、危篤状態です」

2月になり、一日置きに高熱が出る状態で
仕事は続けていましたが、白血球が異常に増え、
骨髄への転移が危ぶまれたため、再び入院。

 

意識朦朧の状態で担ぎ込まれ、気づいた時は治療室。
10人ほどの医師や看護婦が針を刺したり、チューブ
を入れたりしているのを見て佐山さんは言います。

 

「おおごとですねぇ」
「血圧が60を下回っていて、あなたは今、危篤状態です」

 

 

 

 

 

黴菌に感染し、血管から全身に回る

そう言われたものの、熱のためか苦しくはなかった
という佐山さん、「こうやってデクレッシェンドで
死んでいくならラクでいいわい」

 

と半ば他人事のような感想でもありますが、このよう
な経験は、この時を含めて5回ほどあったそうです。

 

熱の原因は、栄養剤と水分を常時点滴する
ために設置していた胸のポートからの感染で
黴菌が血管に入り、全身に回ったためであり
幸い骨髄転移ではありませんでした。

 

 

 

 

 

最後の入院

それから数ヶ月後の今年の8月、血液検査
の結果が思わしくないため検査入院。

 

仕上げ間近のミュージカルに心を残しながらも、入院で
生まれた時間を弦楽四重奏、サックス四重奏、3台の
ピアノの作曲等々に手を染めながらこう記しています。

 

「ジャズピアノ6連弾ではアレンジの担当をなくして
もらっていたのだが(前田憲男、佐藤允彦、塩谷哲……
十分でしょ!)(中略)お鉢が回ってきてしまった。
30段ほどあるオーケストラスコアのなかの使いたい部分
をまずマルッと写譜して(相当な手間だが写譜は一番の
学習になる)ジャズにする部分を組み込んでゆく。演者
の顔を浮かべながらニヤニヤと書き進めるので楽しい

 

 

 

 

 

「楽しさ満載」

さぞや面倒だと思われる30段ものオーケストラスコア
(総譜)の写譜を「一番の学習になる」といい、
去年の入院は受信期間、今回は発信期間と捉え、

 

「(ブログで書く予定だったものが)実際の仕事に
関することで楽しさ満載になってしまっていて、これ
が当分続きそうなので」中断します、という佐山さん。

 

壮絶な病との闘いなどという形容がつきそうな病状に
ありながら、学び、作り出し「楽しさ満載」と表現して
いるのは、生への凄まじいまでの執着ではありません。

 

前向きでなければならぬ、という過度な自制でも
なく、自然にこのように振る舞える人がいるとしたら
その人はそれだけで天才、と私には思えます。

 

 

 

 

 

「キツくて楽しいツアー」

最初に御紹介した佐山さんのメッセージにもある
ように、彼はゆくゆくは家業を継ぐつもりでした。

 

「ミュージシャン、それもジャズミュージシャン
なんて食えるわけがないのだから、やがて家業を
つぐまで楽しむだけ楽しもう、くらいに考えていた」

 

ステージで、何度も何度もソロが回ってくるので
後で聞いてみると「いくらでも弾くから面白くて
どこまでやるんだろう、と試していた」
といわれるほどの溢れる才能をもち、

 

 

 

 

全国ツアーでは、ドラムセットからベース・ギター、
アンプ類、シンセサイザーキット一式を、わずか5分、
10分の電車の乗換え時に、メンバー全員でバケツリレー
のごとくホームの階段を上下して運んだりもして。

 

そんな佐山さんに「ある種の目覚めと覚醒」が
訪れたは、2000年に亡くなったベーシストの
川端民生さんの言葉がきっかけでした。

 

「キツくて楽しいツアー」中のある夜、川端さんは
リズムのとりかたについて佐山さんに話始めます。

 

 

 

 

 

「目覚めと覚醒」

「『裏拍の一拍を打つにも音の出る場所・のびてる
長さと質・切るタイミング、と3回リズムを
出しているのだよ。意識しているかい?』

 

『いや、考えたこともなかったです。
けど、あのスピードの中でそんなことまで
意識は出来ないでしょう』

 

『いや、そこをきっちりしないとビートは
出ないし、全体のグルーブも安定しないんだよ。
君のプレイにはその緻密さと言うか、
意識そのものが欠けているので不安定なんだ』

 

『そうですか、でも・・・一拍に三回のリズムの点を
意識する、というのは机上の理想論な気がします。』

 

『では明日は弾くのをサボッて良いから
僕の音符をじっくり聴いていなさい』

 

 

 

 

(中略)

「そして川端さんの一音符一音符を
聴いていると脂汗が出て来た。
一つの音符を弾き始めるときの緊張感と決断。
のばしている時の集中力。
音切りのタイミングを絶妙に
探り当てる周囲への気遣い。
踵を付けて直立する演奏姿勢。
うつむいた額から汗が一筋二筋ツツーと落ちる。
格好良い……けど近寄りがたく巨大に見える。
一小節に三つも四つも出す音符の
一つ一つに三つのタイミング。
そのすべてに集中すること。
出来るのだ、と思うと音楽を
することが恐ろしくなった。」

 

この後、「友が皆 我より偉く 見ゆる」
状態になってしまったという佐山さん、その時28歳。

 

 

 

 

 

「家業は継ぎません」

「こりゃ一生かけての探しものだな」
「一生音楽をしよう。プロになろう」と決意した佐山
さんは、ツアーの終わり近くに父親に電話をします。

 

「『約束を違えるけれど、一生音楽をしないと
* 済まなくなってしまった。家は継ぎません」

 

* 分かったとも好きにしろとも言わず
『やっぱり東京の大学にやるんじゃなかった』。
* 実感だったろう』」

 

 

 

 

 

プレゼント

その東京の大学で、正確には大学に入学前の受験
準備講習会で、私は佐山さんより学年が下でしたが
2週間ほど、同じクラスで学んだことがありました。

 

担任は、作曲科の面白い女性で、そのクラス
だけはクリスマスパーティをしたりして。

 

パーティといっても、ただ歌ったり(お勉強
としての歌ではなく楽しみの)、極々ささやかな
プレゼント交換をしただけですが、その時の私の
プレゼントが渡った相手が佐山さんだったのです。

 

 

 

 

数年前のこと、佐山さんは、彼がピアノを習う
きっかけとなった、小学校の同級生の女の子・
こんにゃく屋のタカ子ちゃんと再会します。

 

その時、タカ子ちゃんが言ったという言葉、
「佐山君、ピアノ上手になったね」
に、私は思わず笑わずにはいられませんでした。

 

すごいです!、佐山さんにピアノが上手になったと
言うことができるのは、幼馴染ならではですね。
私が出会った高校生の「佐山君」は既に凄かったもの。

 

 

 

 

でも「佐山君」はいつ「佐山雅弘」になったのでしょう?
小学校1年の2学期からピアノを始め、中学
入学後、まもなくやめてしまったといいます。

 

その中学生の時に、おじさんに連れられていった
ジャズのコンサートが、佐山さんとジャズとの出会い。
そして18歳の時は、既にああだった(!)わけですから。

 

佐山さんが想像を絶するほどの練習はしていない、とは
思いませんが、やっぱり天才だったんじゃないかなぁ。
エジソンさんには叱られてしまいそうですが。

 

 

 

 

 

「日記」から 音も言葉もきらめいて

佐山さんのオフィシャルサイトのブログには
素敵な言葉がたくさん散りばめられていますが
ジャズについてはこんなことも書いています。

 

「同じフレーズを弾いて同じ情感を出すのは
ものすごく技術とマインドの必用なことで、
それが出来ているポップスの人々や、それが絶対条件
になっているクラシックの人々は偉いなぁとは思う。
片やジャズの素晴らしさはアドリブ。
雷が最短距離を貫くように。
雨水が図ったように高低差をたどるように。
瞬時のフレージングがその場に最も適した
イントロや間奏を生む。
そこに賭けている圧というかなんだか
わからない或るモノがなんだか素晴らしくて
なんだかジャズなんだなぁ。

 

『なんだか』という表現がやたら多くなったが、
この『なんだか』という感想は大事だと思う。

 

詐欺に遭う時、心のどこかで『なんだかなぁ』と
思っているのに、理屈でなるほどと思ってしまう。
『直感は過(あやま)たない。過つのは判断である』
という名言もある。
五味康祐の麻雀に関する言葉だけれど。」
              (2015年1月8日)

 

 

 

 

「村上春樹訳『バットビューティフル』を読んでる途中。
知っているエピソード、知らなかった挿話を織り込んで
短編連作になっている実に面白い本だが、そこにも
バド(バドパウエル)のことがあった。
創造に至るやむにやまれぬ悲惨さは知っていてもいい
けれども、そういった様々があるからこそ結果としての
作品や演奏は明るかったりユーモラスだったりする。
そこの所を素直に受け止めたい。
ジャズがジャズとして確立されている現代に、ジャズに
関わろうとするとそのあたりの立ち位置になるのかな
               (2012年1月1日)

 

 

 

 

「安易な同族意識や素朴さを超えた
ナショナリズムは戒むべき、それ以上に
唾棄すべきものだが、同族間に相似の
『心の奥の共感』が、異民族間で起こる
ならば、差別
・区別意識の無意味さに
気づくよすがになるだろう。

子供ができる可能性があるオスとメスは同じ種である。
人類と名の付く我々はすべて同種生物なんである」
              (2015年1月5日)

 

 

 

 

「War is over.If you want it. War is over now.
          (ジョン・レノン)
過ぎたニュースは今日のニュースにはならない。
けれども、毎日、福島では大量の放射能が漏れ続け、
毎日、辺野古では暴力が行使され、日ごとに、
安保関連の事業が着々と進んでいます。
具体的に運動はせずとも
関心と情報は持っていたいものです。
知る事が身を守る第一歩」
            (2015年11月27日)

 

 

 

 

「どんどんキナ臭くなる今とこれから。
どのような変化が現れるか、現れないか。
実はこっそり注視しているのだ。
『かくされた悪を注意深くこばむこと』
谷川俊太郎『生きる』の中の一行」なども。
         (2015年3月12日)

 

「これが今生の別れなら思い出す
顔は笑顔がいい」(金哲義)
         (2015年4月3日)

 

 

 

『月の砂漠』2017年3月11日up(「 Masahiro Sayama」より)

 

 

 

「影のない男」?

こちらは日記ではなく、佐山さんの動画での言葉。
演奏の合間の曲名紹介なのですが、ベースの藤原清登
さん作曲の「Rain」の演奏後にこんなことを言います。

 

「僕が申し訳ないなと思うのは、そこそこ譜面も強いし、
いろんな音楽の解釈もいいんだけど、明るいんだよね。
根が明るいからピアノもパンッと明るいんだよ。
根が明るく軽いから、こういう重厚な
感じになかなかなれない。
昔ソロでまわった時に撮ってくれたDVDを見て、
なんか変だなと思って(中略)一緒にまわっていた
ルースって女の子がやはり渋い歌歌うんですけど、
ツアーの3日目に
『わかった、佐山さん明るいんだよ』って。
『えっ、影がない、影ない?、死んでる?』って。
そんなことに気づいた30代の時でした。

次は、そんな影のない男が作った曲
『すれ違いのロンド』です」

 

 

 

 

と落語好きということが、そこはかとなく
感じられる口調で話す佐山さん。

 

佐山さん、違いますよ、違います!
影がないのではありません。

 

佐山さんの明るさはモーツアルトと一緒。
喜びも絶望も、光も影も、あらゆるもの全てを
その透明な悲しいまでの明るさの中に秘めている。

 

 

 

 

そして最後に、もう一つだけ。

 

プラトンの『ソクラテスの弁明』発
佐山さん経由、の言葉です。

 

「間もなく訪れる死の後に何をしてほしいか、
という問いに
『私の為の何事かではなく、君自身のことをしてくれ。
それが結局は、わたしのためになることなのだ』」
              (2016年4月25日)

 

 

佐山雅弘(写真/「Masahiro Sayama」)

 

 

佐山さんと私が10代だった頃の講習会の
中村佐和子先生は、国立音楽大学を定年退職されて
現在は、他の大学で教鞭をとっていらっしゃいます。

 

先生はまだ御活躍なのに、佐山さん、早すぎるよ。
そういえば、あの年の入試の課題曲の一つは
中村先生の『光の中に』という曲でしたね。

 

一足先に光の中に旅立ってしまった佐山雅弘さん。
私はもう少しだけ、ここにとどまるつもりです。
あなたにいただいた大きすぎるプレゼントは
まだリボンをほどいたばかりです。

 

 

*     佐山雅弘さんの御冥福をお祈りいたします

 

スポンサードリンク




加賀藩3代藩主・前田利常(3/3)    「父の記憶」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 今回は、前田利常の「1」「2」の続きです。

 

飯炊き女の介添えでひっそり出産

加賀藩3代藩主・前田利常が、金沢城の天守下の
暗い部屋でひっそりと生まれた時、母・千代
(寿福院)の介添えは、飯炊き女ただ一人でした。

 

利常は前田利家の四男であり、十人目の子どもでした
が、この赤ちゃんの出産に関心をはらいう者はなく
将来、藩主になろうとは誰一人思いもしませんでした。

 

生まれた日さえ正確にはわからなかったため
後に利常を加賀藩の後継として、幕府に届ける際
大慌てで介添えをした飯炊き女を探し出して
日にちを確定したといいます。

 

 

まつ(芳春院)

|ーーー利長(長男) 2代藩主
|ーーー利政(二男)
|ーーー幸姫(長女) 前田長種に嫁ぐ
|ーーー蕭姫(二女)
|ーーー摩阿姫(三女)
|ーーー豪姫(四女)
|ーーー与免(五女)
|ーーー千代姫(六女)

—————————————————–
*前 田 利 家(1537〜1599)1538、39年生説も
—————————————————–
 |     |     |     |
 |ー知好  |ー利常  |ー利孝  |ー利貞
 |(三男) |(四男) |(五男) |(六男)
金晴院   寿福院   明運院   逞正院

 

 

誕生した当初、利常は母の千代と暮らして
いましたが、後に前田長種のもとに嫁いでいた
まつの長女・幸姫(こうひめ)のいる
越中守山で育てられることになりました。

 

利常が6歳になった頃、関ヶ原の戦いが起こります。
とはいえ利常の生まれた年は、1693年説と1694年説と
ありますのでそれによって年齢表記が異なりますが。

 

ここでは1993(文禄2)年11月25日誕生説
をとり満年齢の記載にしています。

 

 

前田利常・加賀藩前田家3代藩主

 

 

 

関ヶ原の前哨戦

1600年9月の関ヶ原の戦いの直前の
8月に、関ヶ原の前哨戦ともいわれる
「浅井畷(なわて)の戦い」が起こりました。

 

丹羽長秀の子・長重(1571・元亀2年~1637・寛永14年)
と、前田利家の子・利長との戦いです。

 

利家の妻・まつを江戸に人質に出し東軍についた前田家
を脅威に思う、西軍の参謀役というべき大谷吉継は
あらゆる策をめぐらして前田家を制そうとしました。

 

丹羽長重を含む越前大名の多くは西軍についています。
吉継ら西軍の動きを察した利長は、金沢を出て丹羽
長重のいる小松城(現在は石川県小松市)を包囲。

 

 

小松城の天守台
東西20m、南北18m、高さ6.3m、傾斜は仰角82°

 

 

 

「浅井畷(なわて)の戦い」

兵の数では比較にならなかったほど前田軍の多さ
でしたが、小松城は数十年にわたって自治を
勝ち取った加賀一向一揆の人々が作った堅城
であり、攻め取るのは容易ではありません。

 

そこで利長は、同じ西軍方の大聖寺城(現在の
石川県加賀市)に向かい勝利しますが、吉継が
利長の妹婿を巻き込んで流した巧みな嘘に騙され
金沢に撤退を決めてしまいます。

 

その途中、利長が長重と戦ったのが「浅井畷の戦い」
ですが、小松城付近は沼や田が多く、浅井畷という
細い道で戦ったことからつけられた名前で
「畷」とは「細い道」の意。

 

そうこうするうちに関ヶ原の戦いは、1日で決着
がつき、西軍の勝利が決定していますので、
結局のところ長重も、利長も関ヶ原の戦い
自体には不参加ということになります。

 

 

 

 

 

和議の条件は、利常の人質

西軍の処分の決定前の9月18日、利長と
長重は和議を結び穏便に事を収めます。

 

決められたのは前田家から丹羽家へ
利常を人質に出すことでした。
6歳の利常は長重の居城小松に送られることになります。

 

「利長之を延見して曰く、和議既に成る、宜しく舊怨
(長い
間に積もった恨み)を一洗せざるべからず。
是を以て
我は舍弟猿千代(利常)を
出して質たらしめんとす。」

    (石川県立図書館・石川県史 第二章 )

 

 

 

 

 

父・利家と最初で最後の面会

長重は関ヶ原の処分により改易されましたが
実直な人柄や大坂の役での活躍で許され、

 

1603(慶長8)年に常陸国古渡(ひたちふっと、
現在の茨城県稲敷市)藩の1万石の大名に復帰。

 

その後は江戸崎藩(茨城県稲敷市江戸崎)、棚倉藩
(たなぐらはん、福島県東白川郡棚倉町)そして
白河藩(福島県白河市)の初代藩主となっています。

 

 

丹羽長重(画像/WIKIpedia)

 

 

 

それのみならず、秀忠の御伽衆(おとぎしゅう、相談
相手)という重職に抜擢されることにもなりますが
その前の利常がまだ小松城にいる6歳の時のことです。

 

療養のために草津温泉に行く途中の利家が
小松城にいる利常に会いに来ました。

 

 

 

 

利家を抱き上げた利家は、着衣の脇から手を入れて
背をなで、戦国武士にとって重要な筋肉を備え
もつ我が子の成長ぶりを喜んだといいます。

 

体格が最も自分によく似た息子・利常に、利家は
金箔で飾った刀と脇差の大小二刀を授けます。

 

翌年、利家は亡くなっていますので、これが
利常と利家が会った最初で最後の面会となりました。

 

 

「次郎左衛門雛」 前田家  成巽閣所蔵

 

 

 

珠姫の手紙

その後、3歳の秀忠の娘・珠姫を正室に迎えた7歳の利常
は、3年後の1605(慶長10)年に3代藩主になります。
政略結婚でしたが、二人の仲は睦まじかったといいます。

 

大名は、妻子を江戸に置く決まりですが
加賀藩は免除され、珠姫は金沢で暮らしていました。

 

参勤で江戸にいる利常について、父である秀忠に
「お父様 利常様を早く金沢に返してください」
と書き送った手紙が残されています。

 

 


「わたつらひ見まひとし****
て次八郎遣りし候******
ぎしよく之件(くだん)此者ニ
よくよく申候へく候、****
ゆたんなくやうやう□□***
尤ニ候、かしく*******
又此たき物なくさみ」****

(右からの縦書きを横書きにしてみたもの)
前田利常書状(野々市市
野々市デジタルデジタル資料館)

 

 

 

利常の手紙

また利常の方は、相手が珠姫かははっきりしていません
が、病身の身内の女性にこのような手紙を送っています。

 

そちらへやった家臣・喜八郎に事情を伝えなさい
との趣旨で、たきもの(香木)をもたせたことが
添えられている利常の優しい気遣いが感じられる書状。

 

利常との間に三男五女をもうけた珠姫でしたが
1622(元和8)年、24歳で亡くなってしまいます。

 

「元和八年三月前田利常の夫人逝去す。
*夫人は將軍秀忠の第二女なり」 (石川県史)

 

 

 

 

 

隠居後、再び後見人として藩政に

利常は、1633(寛永10)年に光高に、家光の養女
・阿智姫(水戸家の徳川頼房の娘)を正室に迎え、

 

1635(寛永12)年には、満姫を家光の
養女として浅野光晟に嫁がせます。

 

次男の利次には10万石の富山藩を、
三男・利治には7万石の大聖寺藩を分封。

 

この大聖寺藩で利常の全面的な支援のもと大聖寺藩の
藩窯が築窯され、多くの古九谷の名品が生まれました。
これが九谷焼へと繋がって行きますので、利常は九谷焼
の祖でもあるのですね。  (「古九谷(九谷焼)」

 

 

利常の支援により大聖寺藩藩窯で焼かれた古九谷の名品
「青手桜花散文平鉢(青い桜)」
石川県立美術館所蔵

 

 

 

1639(寛永16)年には光高に家督を譲って隠居
するものの、1645(正保2)年、光高が急死。
次の藩主となる綱紀がまだ3歳でした。

 

後見人になるように家光からの命じられた利常は
5代藩主・綱紀の後見時代に、「改作法」などの
優れた施策を打ち出しています。

 

また、綱紀の正室には、家光の弟でもある
保科正之の娘・麻須姫を迎えています。

 

 

(図/「余湖くんのホームページ」)

 

 

 

隠居城「小松城」

利常は後年、自らの隠居城として小松城を選びました。
「浅井畷の戦い」の時に攻めることのできなかった
堅城である小松城は、その時はすでに破城。

 

1615(元和元)年の「一国一城令」よる破城
でしたが、利常の隠居に伴い、1639
(寛永16)年に幕府に工事を願い出ます。

 

利常は桂離宮の造営等に尽力し、京風文化を
取り入れて金沢文化を開花させた藩主ですので
利常の美意識の結晶ともいえるお城だったのでしょう。

 

 

小松城天守台(写真/「日本の城」)

 

 

 

「小松の浮城」

小松城は、梯川の水を引き入れて何重にも堀を
巡らせた水城「小松の浮城」と呼ばれる城でしたが
現在はほとんど埋め立てられて残っているのは
天守台等ごくわずか。

 

この石垣は、金沢城と同様に隙間のない
「切り込みはぎ」と呼ばれる石の組み方で
作られた美しいものです。

 

この上に建っていた天守は、屋根も桧皮葺きで
一見、茶室のような建物で、隠居城であること
から戦闘的なものではなく、望楼のような
洒脱なものだったということです。

 

 

こちらは毛利家の下屋敷だった現在東京ミッドタウンの石垣。
発掘で出てきたものを再現したそうですが
確かに石の組み方違いますね

 

 

 

ニックネームは「お猿」

利常が隠居城として選んだのは、生涯にたった
一度、父と会うことのできた小松城でした。

 

利家は、利常の幼名・猿千代から
利常を、「御さる」と呼んでいましたが
初めて出会った御さるは、満足のいく息子でした。

 

その記憶は、利家にとっても利常にとっても
忘れられないものだったに違いありません。

 

 

 

 

 

梨をむいてくれた長重

しかし利常には、小松城での出来事で、もう一つ
忘れることのできない思い出があったといいます。

 

それは人質として小松城にいた時に、城主である
丹羽長重が利常に、自ら梨をむいてくれた思い出。
当時、長重にはまだ子どもをもつ前でした。

 

利常は隠居後の小松城に、裏千家の創始者・
仙叟宗室を招いて三の丸に住まわせるほど茶道に
通じた人でしたが、長重もまた茶を嗜む人。

 

 

 

 

関ヶ原の戦いで改易された後に、大名に復帰したのも
長重の誠実な人柄が評価されたためということです。

 

そもそも「浅井畷の戦い」の当事者である
前田利家と丹羽長重の間に私怨はなく
立場上争うことになった相手にすぎません。

 

利常を人質にすることで事を穏便に済ませたことを
長重は気にし、利常に気遣いをしていたともいいます。

 

 

 

 

 

もう一つの「父の記憶」

誕生の日ははっきりわからない利常に死が訪れたのは
1658(万治元)年11月7日、66歳の時でした。

 

梨を食べる時に利常は、いつも小松城で長重が
梨をむいてくれた話を周りの人に語ったといいます。

 

私はこの話を何度読んでも、その度ごとに
幼い利常と梨をむいている長重の姿が
彷彿として涙が溢れそうになります。

 

長重に美味しいかと問われた時に利常は、映画のシーン
のように満面の笑みで応えたのではなく、むしろ心とは
裏腹に無表情に頷いたような気がしたりして……。

 

 

 

 

長重のむいてくれた梨の話は、利常の心を生涯
あたため続けてくれた、もう一つの忘れることの
できない父の記憶だったのかもしれません。

 

 

*   (参考/宮元健次「加賀百万石と江戸芸術
*     前田家の国際交流」人文書院 2002
     磯田道史『殿様の通信簿」新潮社2006
       石川県立図書館・石川県史)

 

スポンサードリンク




加賀藩3代藩主・前田利常(2/3)    「肥後殿のおどけ」  

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

    前回(「加賀藩3代藩主・前田利常」
    の続きです。

 

 

再び謀反の嫌疑

利常の代にも前田家は、家光から
謀反の嫌疑をかけられたことがありました。
幕府の許可なく金沢城の修復をしたり、軍船を
多数買い入れたりした等のことがその理由。

 

家光に弁明を願い出るも拒否された利常は
加賀藩で最も弁の立つ家老・横山康玄(やすはる)
を江戸に送り、全てを認めた上で、
しかし謀反とは無関係であるとの説明をします。

 

すると驚くべきことに、これが受け入れられました。

 

 

 

 

お取り潰しになった他藩より、はるかに疑われても仕方
のない状況にもかかわらず受け入れられたのは、一説
には賄賂ともいわれますが、証拠はなく不明です。

 

そしてこの時も、幕府から一つの条件がつけられました。
それは利常の次の4代藩主・光高に、家光の養女・大姫
(水戸藩・徳川頼房の娘)を迎えるようにとのこと。

 

この後も、光高の子・綱紀には家光の弟・保科正之の
娘を正室にというように、歴代藩主の正室を徳川家
から迎えることが多く重ねられています。

 

 

 

 

 

「空から謡が降ってくる」といわれた金沢

加賀藩のとった文化政策は、幕府の警戒心を
解くためともいわれますが、それはさておき
結果としては素晴らしい工芸作品等を生みました。

 

2代・利長の代に作られた「御細工所(おさいくしょ)」
と呼ばれる武具管理用の藩のお抱え作業所を、利常は
美術工芸品製作所に変え、京都から優れた工芸作家
を招聘します。

 

手がけられたものは、絵細工、漆工、象眼、鍛冶、
各種金具など多岐にわたり、「加賀宝生」とも
いわれるように、宝生流のお能も盛んでした。

 

 

 

 

 

「改作法」

また塩の専売制をしいて塩の生産を高めたり、1651
(慶安4)年から1656(明暦2)年にかけて利常は
「改作法」と呼ばれる藩政改革にも取り組みました。

 

実はこの時期、藩主は5代・綱紀だったのですが
4代・光高が早世したため、利常が幼い綱紀の
後見をしていた当時の施策です。
後に、成人した綱紀が引き継ぐことになりました。

 

「改作法」は、窮乏していた百姓に、藩庫の
米銀を貸し与え、他から借りることを禁じ、
今まで家臣たちが行なっていた年貢米の取り立て
を、藩が直接に行うという画期的なものです。

 

こうした優れた利常の治政から、加賀藩は
「政治は一加賀、二土佐」
といわれるまでになりました。

 

 

 

 

 

「鼻毛大名」「〇〇大名」

「政治一は加賀」といわれた利常ですが、当時
「もっとも奇行の激しい殿様」あるいは
「江戸城内でも常に変人扱いされていた」といいます。

 

家臣が止めるのも聞かずに鼻毛をのばしていることから
「鼻毛大名」と呼ばれたり、長期間下屋敷から出仕
せず、久しぶりに登城した際に、咎められた利常は、

 

殿中であるにもかかわらず突如、袴をめくって
「年をとるとお〇〇の調子が悪くなって仕方ない」
と言い訳をしたことから「〇〇大名」と
あだ名がついたほどでした。

 

 

 

 

 

「馬鹿殿様」を演じて

この他にも頭巾着用禁止の室内で平然とかぶっていたり、
「小用禁止、罰金を科す」と書いてあるところで
堂々と用を足した後に小判を投げて去るといった具合。

 

このような数限りない「馬鹿殿」ぶりは様々な文献
に記録され「肥後殿のおどけ」と呼ばれていました。

 

『微妙公直言』には、利常は常に髪の毛を乱して
目を白黒動かしながら早口で話してみせた、
とも記されています。

 

 

 

 

 

「傾奇者(かぶきもの)」

しかしもちろん、これは利常の演技。
鼻毛の件を注意された時に利常はこう答えています。

 

「利巧面(りこうづら)をしていては、またどんな
無理難題をふっかけられるかもしれぬ。無能な顔をして
人々が安心するからこそ百万石は安泰なのだ」と。

 

金沢城の改築等で謀反の嫌疑をかけられた時に
幕府が得ていた情報の正確さは、加賀にスパイ
を置いていることを物語っています。

 

利常が藩主として有能であればあるほど、幕府に
目をつけられるのは必定、であるならばいっそ逆に
悪目立ちをしてしまおうと考えたのかもしれません。

 

とはいえ、いやいや馬鹿殿を演じた
わけでもないでしょう。

 

これらのことは「傾奇者(かぶきもの)」
としての利常の傾(かぶ)き方だった
のではないかという気もします。

 

 

 

 

 

世が世ならば

「肥後殿のおどけ」といわれた利常は、このような
本音を、側近・藤田安勝に漏らしてもいます。

 

「太閤時代には徳川家と前田家は同格だった。
たまたま家康が長生きして天下をとっただけだ」と。
              (『微妙公卿直言』)

 

 1598(慶長3)年 豊臣秀吉死去
 1599(慶長4)年 前田利家死去
 1600(慶長5)年 関ヶ原の戦い

 

死を間近にした家康の気がかりは、有力外様大名の
ことでしたが、秀吉のそれはまだ幼い秀頼のことでした。

 

「かえすがえす秀頼の事頼み申しそうろう」と書き残した
秀吉が、秀頼の補佐役として選んだ五大老が前田利家、
徳川家康、毛利輝元、上杉景勝、宇喜多秀家の有力大名。

 

 

 

「唐物茄子茶入れ  富士(からものなすちゃいれ  ふじ)」
高5.5cm 口径3.7cm 胴径7.1cm 底径3.0cm
南宋(1101〜1300) 前田育徳会所蔵

 

 

 

五大老の筆頭

中でも信頼していたのは前田利家といわれています。
秀吉は死の前年に、信長から伝えられた「富士茄子」
と呼ばれる茶入れを利家に贈っています。

 

足利将軍・義輝の所持していたと伝えられる大名物で
曲直瀬道三(1507〜1595)、織田信長(1534〜1582)、

 

を経て秀吉(1536〜1598)のもとにあった
この天下人から天下人へ伝えられた「富士茄子」
を渡した相手は利家でした。

 

 

 

 

秀吉が、1598年8月に死去した翌年の元旦、
伏見城には秀吉の後継である秀頼への
新年の挨拶のために、諸大名が集まりました。

 

病をおして出席した利家が、6歳の秀頼を抱いて
現れ、秀頼の後見としてともに着席したさまは、

 

「諸大名はまさに利家に拝謁しているようであった」
と『関ヶ原集』には記されています。

 

 

 

 

たまたま徳川の世になり、たまたま藩主となった利常。
好むと好まざるとにかかわらず、利常が藩主と
なった前田家は、たまたま大大名でした。

 

現世で巡り合わせた、このたまたまの必然を
利常はもって生まれた能力を全力で駆使し
最期の時に向かって駆け抜けたように思えます。

 

時には忍辱の衣を着、
ある時は、濡れ衣を晴らすために誠実に弁明をし、
すぐれた施作を打ち出しては
「政治一は加賀」と言わしめ、
また別の時はおどけた変人の傾奇者(かぶきもの)
として振る舞う。

 

そのどの瞬間のを掬いとったとしても、
そこに見えるのは紛れもない前田利常その人。

 

 また長くなってしまったので次回に続きます。
 ごめんなさい、次回で終わりますので。

 

スポンサードリンク