「手に取るな やはり野に置け 蓮華草」瀧瓢水

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

「手に取るな  やはり野に置け  蓮華草」

少し前に「レンゲ」を御紹介した時に
この句をのせましたが、これは播磨
(兵庫県)の俳人、瀧瓢水の句です。

 

「滝野瓢水(たきのひょうすい)」と
書かれることが多いようですが、これ
は誤りで「瀧瓢水(たきひょうすい)」
が正しいそうです。

 

「蓮華草は野に咲くから美しく見えるので
あって、それを積んで家の中に飾っても
調和せず美しく見えないことから、播磨
の俳人瀧瓢水が遊女を身請けしようと
した友人を諌めた句。
自然の中で咲く蓮華草が美しいのと同じ
ように遊女は色町にいてこそ美しく見える」

 

との意味だそうですが、知りませんでした。
のんびりした素朴な句だと思っていたの
ですが、遊女の身請けをとめる句だった
のですね。

 

「此の里に  来らざるこそ  粋なるべし」
との花魁の発句に応えたものだとか。

 

教えていただいたのは「レファレンス
共同データベース」で、提供館は
「私立牛久中央図書館」です。

 

 

 

 

 

この【例文】は正しいのでしょうか?

その記載のなかに事典等の書籍ではなくネット
上の「故事ことわざ辞典」が紹介されていた
のですが、少々気になることがありました。

 

「やはり野におけ蓮華草」の
【類義】として「花は山人は里」
とあり、これはふむふむと納得ですが
気になったのは【例文】の方。

 

「やはり野に置け蓮華草で、金になるからと
いって無理をして違う業種に手を出してみて
も、まったく自分の能力が発揮できなかった」

 

と記載されているのですが、これは
例文として適しているでしょうか?
(2020年6月16日現在)

 

 

 

 

勿論、私は国語の専門家ではありま
せんが、この使い方にはすっきりと
しないすわりの悪さを感じます。

 

少々、無理やり例文を考えてみました感
も否めないような気もするのですよね、
この事例、

 

「金になるからといって無理をして
違う業種に手を出してみても、まったく
自分の能力が発揮できなかった」

 

でしたら「餅屋は餅屋」の方が
ふさわしいような気もします。

 

残念んがら私には適した例文
が思い浮かびませんが。

 

 

 

 

 

また、蓮華に戻りまして……

瀧瓢水がこの蓮華の句を詠んだ気持ちは、

 

「蓮華(遊女)は、野に咲いている(自分
のものではない)から美しいので、自分の
ものにしてはその美しさは失われてしまう」

 

はまことにもっともで、どこからも
反対意見は出なそうな正論です。

 

ですがこの出来事、私には森鴎外の
『舞姫』の最後の文を思い出させもします。

 

「ああ、相沢謙吉がごとき良友は
世にまた得がたるべし。
されどわが脳裏に一点の彼を憎む
心今日まで残りけり。」
        森鴎外『舞姫』

 

 

 

 

『舞姫』では別れさせたのが友人の
相沢謙吉であり、「蓮華草」の句では
瓢水が身請けを止めた方という違いは
ありますが。

 

_____________________________________________________________
         (とめた人)
作者・鴎外ーエリス  友人・ 相沢謙吉

(とめた人)
作者・瓢水      友人ー遊女

 

 

蓮華草を手に取ることのなかった
瓢水の御友人は後になって、このことを
どのように回想していたのでしょう。

 

 

 

 

最後に、森鴎外の蓮華(ゲンゲ)
の句を御紹介します。

 

「うらゝかや  げんげ菜の花  笠の人」

 

 

スポンサードリンク




名前も知らない鳥

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

鳥のグルグル舞

昨日、用事があって高速バスに乗り
東京から少し離れた場所に行きました。

 

バスを降りてすぐ、スズメより少し
大きな鳥が、小さな茶色い虫を
追いかけているのが目に入りました。

 

最初はわからなかったものの地上1メートル
程の低さで、鳥がバタバタと飛び回るという
初めてのことに驚き、目を向けたのです。

 

しかも飛び方が、普通に空を飛んでいる
ようなスマートな飛翔ではなく、この家紋の
スズメのように羽をいっぱいに広げ、円形に
近い形になったまま虫を追いかけていたのです。

 

 

 

 

私は初めて見る鳥の姿に、かなり驚きました。
鳥って、あんな風にも飛べるのだなぁと。

 

その鳥は虫を捕まえられたのか、否かは
わかりませんが、私から2メートル位しか離れて
いない場所で起きたことにびっくりするばかり。

 

と長々書きましたが、鳥が虫を追いかけて
数字の「6」の字を書くように飛んでいた
のは、実際にはほんの数秒間のことです。

 

 

 

 

 

同じこの場所で

約2年前、退院して2か月少し過ぎた頃
だったでしょうか、この場所で私は
一人の女性に会いました。

 

彼女の住まいがうちの近くだったこと
にも驚きましたが、二人の境遇が
また驚くほど似ていたことにもびっくり。

 

二人の人間が出会って、きょうだいが2人
などというよくあることではなく、国民の
1%位と思われることが複数重なる確率
って、どのくらいあるのかなぁ?

 

 

 

 

大きく異なるのは、私は25歳で死別するまで、
生んでくれた母親と暮らしましたが、彼女は
生母とは会ったこともなく名前も知らないこと。
それと、彼女は大金持ちで、私は貧しいことも。

 

ある日の電話で、以前から彼女に頼まれて
いたカウンセリングをしてほしいという願い
を、また更に強く頼まれたことがありました。

 

私は退院したばかりということもあって
体調にも自信がなく、今考えますと心遣い
に欠ける言い方で断ってしまったのです。

 

 

 

 

 

それ以降、途絶えた電話

彼女はかなり頻繁に電話をくれていたので
すがそれ以降、全く電話がなくなりました。

 

数ヶ月後、心配になった私が電話をかけると
「現在使われていません」とのアナウンス。
電話番号を変えたのかな?、と思いました。

 

あるいは、あんなに頼まれたのに私が
カウンセリングを受けなかったことを
怒っているのかもしれません。

 

でも、彼女が連絡をしたいと思えば
彼女は私の番号は知っていますので
彼女の意思に任せることにしました。

 

 

 

 

しかし、数ヶ月経っても半年
経っても、電話はありません。

 

こんなにも長い間、彼女が連絡を
とらないことは考えられないことです。
私は、少々不安な気持ちが
横切るようにもなっていました。

 

そして年も越して、今年の半ばのことです。
彼女が1年半位前に、既に
亡くなったことを知らされました。

 

ということは、私に電話をくれた直後
に、亡くなっていたことになります。

 

 

 

 

 

お店の人が知っているかも

教えてくれた方は、彼女とはあまり親しくは
なく、彼女と私が出会った場所にあるお店の人
ならば、もう少し知っているかもしれない
ということでした。

 

私は教えられたお店を訪ね、買うことができる
ものを選んでからレジに行き、お客さんが他に
いなかったので彼女のことを切り出しました。

 

そのお店の女性は、少々複雑な表情を見せ
ながらも、いくつかのことを話してくれました。

 

その言葉の端々には、彼女と父親に対して
決して好意とはいえないニュアンスが含まれて
いたことには気づかないふりをして反応をしな
かったのが、私が彼女にできた唯一のこと。

 

社会的に好ましくないことへの批判と、一方で
お金持ちであることへの嫉妬、トゲが含まれている
ような雰囲気の中で彼女は生きていたのでしょう。

 

 

 

 

 

「〇〇ちゃんなの?」

私はお店を後にして目的地に向かいました。
その途中、彼女が大好きだった、そして一月
に何度も訪れていた建物の前に来ました。

 

すると、高い声で鳥が鳴いています。
通り過ぎた彼女の好きだった場所の庭木に
いたようで、私は後ろを振り返りました。

 

先ほどのグルグル舞をしていた鳥でした。
といっても同一の鳥、という意味では
なくて、何の種類かわかりませんが
同じ種の鳥という意味ですが。

 

晴れやかに、楽しげにさえずっています。
私は思わず、「〇〇ちゃんなの?」と
ふざけて聞いてみました。

 

彼女は、この場所が大好きでしたから
彼女の魂というか思いが、この場所にいる
ことはごく当たり前のことに思われたのです。

 

 

 

 

 

道先案内

しばらくして私は、また
正面を向いて歩き出しました。

 

するとその鳥は止まっていた木から飛び立ち
私が歩いている右側から私を追いこすよう
に道を横切って飛び、今度は少し先にある
左側の建物の庭木に止まったのです。

 

私は、道先案内のように私の前を
飛んでいく鳥の行動に、少々驚きました。

 

私が歩みを進めるにつれて鳥は、今度は道の
左側の庭木から、先ほどとは反対に、少し先に
ある右側の建物の庭木に飛んで行ったのです。

 

ですが、鳥の道先案内はそこまででした。
私は、その鳥が本当に彼女自身か、あるいは
彼女の思いのような気がしてきました。

 

 

 

 

 

メッセージを鳥に託して

彼女の死にショックを受けている私に
「心配しないでね、今、私は幸せだから!」
と伝えてくれいるような気がしてなりません。

 

幸せであってほしい、という願望からの
ものではなく、あのように生きた彼女は
今、幸せに違いありませんでした。

 

この世の外に飛び出した彼女には
先ほどのようなトゲを含んだ空気の中を
飛び続ける必要はないのです。

 

私には、一人で暮らしの友人が何人かいます。
一人で暮らしていても家族がいれば、また違い
ますが、家族がいない場合は、友達にもしもの
ことがあっても、私に連絡はきませんし、
私が死んでも友達に連絡はいきません。

 

〇〇ちゃんは、大好きだった場所に飛んできて
これ以上ないほど、幸せで安らいだ気持ちで
いることを伝えてくれたような気がしました。

 

 

 

 

〇〇ちゃん、カウンセリング受けて
あげなくて、本当にごめんね。
でも今は、もうそんな必要がない
ほど幸せだってわかって嬉しい。

 

これからは一生懸命、カウンセリングするよ、
〇〇ちゃんにしてあげたかったように……。

 

スポンサードリンク




プーチン大統領、影武者計画があったことを認める

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

影武者計画を認めるプーチン大統領

2月27日の「AFP BB NWES」でプーチン氏の
影武者ニュースがありましたのでシェアします。

 

ロシアのウラジミール・プーチン(Vladimir
Putin)大統領が、公の場に出る際に影武者を
使うという秘密の計画が過去にあったとこを
27日に明かしました。

 

以前から、プーチン大統領には何人かの
影武者がいると噂されていましたので
このニュース、とっても興味深く見ました。

 

ただしプーチン大統領が話したのは、影武者
計画があったことは事実だが、自分はその
計画を拒否したと言っていますが。

 

 

 

 

影武者が計画されたのは、テロとの戦いが
最も激しかった時期だったといいます。

 

インタビュアーが、「影武者がいれば、危な
そうなところへ行かされたのでしょうね?」
と聞くとプーチン大統領は、

 

「まあ、そうでしょう、行ったでしょう。
(自分と)同じような服装で」と答えました。

 

 

 

 

 

「ゴシップがなければ退屈だろう」

プーチン大統領については、67歳になるのに
加齢による変化が目立たない、とか目の下の
たるみが消えたなどという噂が絶えないそう。

 

私自身は、そんな噂があることは全く知りま
せんでしたが、彼は体を積極的に鍛えている
ようですので、顔を含めて全体がぶよぶよと
いう感じがしないのは事実ですね。

 

また、2015年には10日間、公の場に出なかっ
たことがあり、その際には新たな子どもの誕生、
クーデターによる失脚、病気、美容整形、ひい
では死亡説まで憶測が飛び交いました。

 

うう〜、こちらは書いていて思い出しました、
そうでした、そうでした!

 

そして再び姿を見せた時に、プーチン大統領は、
「ゴシップがなければ退屈だろう」なんて
おちゃめなことを言ったのでしたね。

 

 

 

 

 

プーチンに限らず影武者はいるような気も

今回のプーチン大統領の影武者計画が本当に
実行されたか否かはわかりませんが、古今
東西、影武者というものは大活躍してきたの
ではないだろうか、と私自身は思っています。

 

ただ、あくまでも「影」武者ですから、その
活躍ぶりが表に出ることはありませんので
多くの人が知ることはないのでしょうが。

 

次の写真は、2000年と2018年のプーチン
大統領の写真ですが、下の全体のイメージ
として見ても何やら別の人という気がし
ないでもありませんね。

 

 

 

 

 

目歯比率

写真上のブルーの四角形は「目歯比率」
といわれるもので、両目の黒目と歯の位置
を線で結んだものです。

 

黒目の幅を「1」として、上の歯の位置を
測るもので同一人物の検証に使われますが
これを見る限り「1.04」と「1.18」ですから
かなり数値が違いますね。

 

なお、この目歯比率はほぼ10歳で完成し
それ以降は変化がないのだとか。

 

脳頭蓋は10歳でほぼ完成し、以後大きさは
変化せず、顔面頭蓋も10歳でほぼ完成。
その後の成長余地は極わずかで、その成長
率は全方向において同等だということです。

 

つまり10歳の時の目歯比率は、その後の
一生において変化がないというわけです。

 

 

 

 

そういえば2014年に離婚した前夫人は
「プーチンは殺された」と言っていまし
たっけ。

 

それとこれはどこで読んだのか忘れてしま
いましたが、前の(本物の)プーチンより
今のプーチンのがいい人のように見えると
書いてあり、思わず笑っちゃいました。

 

年齢を重ねるにつれ人間ができたり、性格が
丸く温和になるということはあるかもしれま
せんが、そういうことではなくて、やっぱり
別の人じゃない?、なんてね。

 

 

 

 

冒頭のインタビューで、「あなたは本物ですか」
と問われたプーチン大統領は、
「はい、自分は本物」と答えたそうです。

 

スポンサードリンク