ネコやイヌまでをも供出させる戦争

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

「氏家法雄 ‏@ujikenorio」2015年6月7日のツイート

2年ほど前の6月7日に、氏家さんという方が
このようなツイートをしていらっしゃいました。

 

「昭和17年の夏、役場から突然『猫を供出せよ』とのお達し…
『アッツ島を守っとる兵隊さんのコートの裏毛になるんじゃ』
『女の気持ち:私の猫』毎日新聞2012年8月3日付。
タバコ吸いにリビング横切ったらタマが起きた。
俺は絶対いややで。」

 

毎日新聞に掲載されていた「私の猫」と題する、戦時中に
ネコを供出させらるという経験をなさった方の投稿を
お読みになった氏家さんが呟いた言葉です。

 

「おれは絶対いややで」。
兵隊さんのコートの裏毛にするためにタマを供出するなんて
絶対に、絶対に「いややで」と思われたのでしょう。

 

このツイートに添えられていたのが、このネコの写真。
そう思ってみるせいなのかもしれませんが、タマちゃん、
単に可愛いというだけではなく、いかにも何かを
言いたげなちょっと戸惑ったような表情にも見えます。

 

 

タマちゃん(写真/氏家法雄さんのツイッターから)

 

 

 

「毎日新聞」2012年8月3日の記事

氏家さんのツイートにタマちゃんの写真とともに
添えられていた毎日新聞の記事「私の猫」はこちらです。

 

 私の猫

「昭和17(1942)年の夏、岡山に住んでいた。
役場から突然『猫を供出せよ』とのお達しがあった。
うちの飼い猫は、私が物心ついた頃から我が家にいた。
名前はタマという。

 

学校から帰り、『タマ』と呼ぶと、『ニヤッ』と
答えるだけで、いつもかまどのそばで丸くなり
寝ている老いた猫だった。

 

「猫をどねーするん?」。
役場の人に尋ねると、
『アッツ島を守っとる兵隊さんのコートの裏毛になるんじゃ。
アッツ島は寒うてのう。零下40度にもなるんじゃ。
お国の役に立つんじゃ、めでたい』と言った。
そして次の日の昼までに役場に連れてくるように
指示して、帰った。

 

私は母に言った。
『山に隠そうや。お墓の裏なら、誰にも見つからんで……』。
しかし、母は首を横に振った。
『そねーなことをして見つかったら大事じゃ。
憲兵に連れて行かれる。軍のお達しじゃ、聞かないけん』
と言い返してきた。

 

私は泣きながら、近所の神社へ走った。
神社には大きな杉が6、7本あり、南側は川だった。
そこはどこからも見えないので、大声で泣いた。

 

『タマは殺されるんじゃ。
毛皮にされるんじゃ。可哀そうじゃ』。
升で量りたいほど涙が出た。
顔が腫れていた。

 

夕方、家に帰ると、タマはもういなくなっていた。
私のいない間に父が連れて行ったようだった。

 

アッツ島で日本軍は玉砕している。
私の猫はどうなったのだろう。
夏休みの時期になると思い出す。

         大阪府八尾市 主婦 79歳」

 

 

 

 

 

私の主治医の体験

何度見ても悲しすぎる毎日新聞の記事を読んで
私は同じような話を思い出しました。
かなり前に歯医者さんで聞いた話です。

 

こちらはネコではなくシェパードの「ミラー」というイヌ。
この話をしてくれた歯医者さんの父親も歯科医でした。
ミラーという名前は診察の際、口の中に入れて
歯をみる鏡「ミラー」からつけたそう。

 

当時、5歳になったかならないかという年頃の私の主治医は
毎日新聞に投稿していた女性より、少し年下と思われますが
今でもミラーのことが心に大きな傷として残っているようです。

 

私自身はイヌやネコの供出の話はその時に初めて知って憤り
や悲しみは感じましたが、それ以前に不思議な気もしました。
お寺の鐘などの金属類を供出させた話は聞いたことがあります。

 

でもコートの裏毛のために、ペットのネコやイヌの
毛が必要なんて一瞬、信じられなかったのです。
まさか、そんなこと……、と。

 

 

 

写真は本文とは関係ありません
草むらで保護されたイヌの
シーズー犬は子猫を守ってました

 

 

 

「 NHK 北海道  NEWS  WEB」2017年8月11日

ですが残念ながらこの信じがたい酷いことは事実です。
昨日の「NHK  NEWS  WEB」にこのような記事がありました。
「戦地に姿を変え送られた犬やネコ」(北海道 NEWS WEB)

 

この記事によりますと、イヌやネコの毛をコートの裏毛に
使用する取り組みは、北海道が全国に先駆けておこなった
ものでその後、全国に広がっていったということです。

 

北海道内では、1944(昭和19)年から人々に供出を呼びかけ
終戦までにおよそ7万匹のイヌやネコが処分されました。
この数は、あくまでも北海道内のみでの数字です。

 

 

 

 

そうして供出されたイヌやネコが、次にどのように
なるかを目撃した人の動画もつけられていました。
加藤光則さん、83歳の体験です。

 

当時10歳だった加藤さんは、後志の共和町に住んで
いましたが、学校からの帰り道で、皮を剥ぎ取られた
イヌやネコが積み上げられているのを目撃します。

 

「イヌやネコが雪の中に毛皮になって、丸裸になった
やつは片側にずっと分けて積み上げてある」という
加藤さんの次の言葉が最初、私には理解できませんでした。

 

「生きたまま血だらけで逃げたのは今でも目に焼き付いている」
という言葉なのですが、何度かその部分を再生し、また文章
を読み返すことでやっと私は理解することができたのです。
このむごすぎる文章の意味が。

 

「毎日の生活の家庭の中に直接戦争が入り込んでくるんだと。
鉄砲の弾が飛んでくるとか爆弾が落ちるという形で入って
くるんじゃないんです」と語る加藤さん。

 

 

 

こちらは、目の見えない友達(左)を助けるイヌ

 

 

この動画には、供出の経緯について調べている
地域史研究者の西田秀子さんも出ています。

 

「撲殺されて毛皮にされて兵隊さんの防寒着になったり、
帽子になったりして戦場に姿を変えていくわけなん
ですけど、それが実際のリアルな戦争の姿ですよね。
その状況っていうのは想像してみなきゃならない。
そのために、体験者の話を実際に聞き取ってみなさんに
伝えていくことが私の仕事じゃないかと思っています」

 

と西田さんは話していました。
日常生活に戦争が入り込んでくることの恐ろしさ、
実際のリアルな戦争のむごたらしさ……。

 

それを私たちが実際に体験しないようにするには
何をしたらよいかを考える段階も過ぎて、今は
もう実際に行動する時期が来ているのかもしれません。

 

スポンサードリンク




マイセンが白磁作りに成功するまで

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

 

マルコポーロが紹介した磁器

ヨーロッパに初めて磁器をもたらしたのは
イタリアの商人であり冒険家だった
マルコポーロだといわれています。

 

中国磁器の製作の様子が13世紀末に編纂
された『東方見聞録』に記載されています。

 

「磁器」を「ポーセリン(porcelain)」と呼ぶように
なったのもこの頃だそうで、タカラガイという意味の
「ポルチェラ(porcella)」からきているのだそう。

 

 

デルフト焼きの陶器のお皿
「ロイヤルデルフト」オランダ
(写真/「Holland + Flanders」)

 

 

 

白磁作りに挑戦

景徳鎮の磁器が中国の内乱により輸出禁止になった
1644年以降、それに代わるものとして日本の伊万里焼
(有田焼)がヨーロッパに輸出されるようになりました。

 

分厚い陶器しかなかったその頃のヨーロッパでは
白磁は「白い金」といわれるほどの人気を博し
王侯貴族は競うようにして求めたといいます。

 

しかし彼らとて「白い金」を愛で収集し
ただ眺めていただけではありません。
自ら作ってみようと思っていたのです。

 

 

柿右衛門様式「色絵花鳥文皿」

 

 

 

芸術好きの怪力王

磁器の有名な収集家に、ドイツのザクセン選帝侯
アウグスト強王(1670〜1733年)がいます。

 

「強王」という面白い名前は、彼が驚異的な怪力の持ち主
であったことからつけられ、この他に「強健王(Mocny)」
「ザクセンのヘラクレス」「鉄腕王」ともよばれました。

 

これらの異称を説明するために素手で蹄鉄をへし折るのを
好んだといいますから、並の力でないのは事実のようですが
彼はまた芸術と建築のパトロンとしても名を残しています。

 

東洋磁器の収集に熱心だったアウグスト強王は、
アウグスト軍に属する兵士600人と、プロイセン王所有の
中国の壺 151 個と交換したという逸話が残っているほどです。

 

 

「色絵花鳥文八角共蓋壺 」沈香壺(じんこうつぼ)
柿右衛門  江戸時代前期  総高61.5cm
出光コレクション – 出光美術館

 

 

 

傾いた財政を立て直すための磁器工場

当時、ザクセンは財政難で喘いでいました。
アウグスト強王は、財政を立て直すために磁器工場を作る
ことを計画し、ヨハン・フリードリッヒ・ベトガー
(1682〜1719年)に磁器製作の研究を命じました。

 

ベトガーは、プロシア王のフリードリッヒから金を作るよう
命じられてできずに逃亡、1701年にはザクセンのアウグスト
強王からも同じ命令を受けますが成功せずに投獄されます。
1703年にボヘミアまで逃亡するも再逮捕されザクセンに送還。

 

その後、以前から磁器開発に取り組んでいたエーレンフリート
・ヴァルター・フォン・チルンハウス(Ehrenfried Walther
von Tschirnhaus 1651〜1708年)と共に1605年、磁器製造
の研究を始めることになりました。

 

(チルンハウスは1675年からパリで白土を使用しての
磁器焼成に成功していたという説もあります)

 

 

「ベトガー拓器(せっき)」
キャンディー入れ マイセン
(写真/「ユーロクライシス」)

 

 

 

ベトガー拓器(せっき)

白い磁器はなかなか完成しませんでした。
1707年に作られたのは写真のような赤茶色をしたストーン
ウェア「ベトガー拓器(せっき)」とよばれるもの。

 

(もっともこのような赤色拓器は、すでに1677年に
デルフトのA・デ・ミルデが完成させています)

 

高さが 9.5 センチのキャンディー入れですが
これはベトガー時代のものを再現した製品です。
オリジナルは1711年に作られた茶入れだったそう。

 

これ以外にも、犬やウサギや馬などの動物の像、
メダル、お茶碗と茶托のような製品が
現在もマイセンで作られているようです。

 

 

マイセンのベトガーせっ器(拓器)「野うさぎ」
オリジナルは1933年、PAUL WALTHER

 

 

 

白磁の完成

鉱山資源に恵まれていたザクセン公国のベトガーの実験室
にはあらゆる鉱物が運び込まれ、実験が繰り返されました。
そして1709年、ついに白磁の焼成に成功。

 

マイセンの近くの良質な磁土、カオリン粘土7〜9に対し
雪花石膏 1 で調合したものを1400度の高温を焼成する
という白磁の製法を見つけ出したのです。

 

(本当の東洋の白磁が完成したのは、雪花石膏媒溶剤
から長石と石英に至った1724年といわれています)

 

しかし念願の白磁完成のちょうどその頃、ベトガーと共に製作
に携わっていた、というよりベトガーの30年も前から磁器製造
の研究をしていたチルンハウスが病で亡くなってしまいます。

 

 

マイセン(Meiβen)にある
アルブレヒト城(Albrechtsburg )

 

 

 

要塞のようなお城に工場を作る

白磁の完成という知らせを聞いたアウグスト強王
は喜びと同時に大きな不安に襲われました。
製造方法の秘密が外に漏れることを恐れたのです。

 

アウグスト強王は城のあるドレスデンから20キロほど
離れたマイセンの小高い丘に建つ、現在は主のいない
アルブレヒト城に磁器工場を作ることにしました。

 

15世紀末に建造された後期ゴシック様式の重厚な
アルブレヒト城は自然の要塞ともいえる堅牢なお城でした。
以後、150年間ここは工場として使用されることになります。

 

 

アルブレヒト城のベトガーの部屋

 

 

 

秘密の漏洩を防ぐための幽閉生活

ベトガーは1717年には染付磁器の焼成にも成功。
しかしその技術が他に知られることを恐れたアウグスト強王
は1719年にベトガーをアルブレヒト城に軟禁してしまいます。

 

金属から金が作り出せなかったということで牢獄に入れられ、
磁器作りに成功したといっては秘密が漏れることを恐れて
軟禁されてしまうとは、あまりといえばあまり。

 

お城の中ではあっても軟禁状態とは、いわば座敷牢ですよね。
監視つきの実験室で、外部との接触を禁じられた日々をおくる
ベトガーの心身は次第にアルコール依存症に蝕まれていきます。

 

ヨーロッパで初めて美しい白磁を作り出した人、
ヨハン・フリードリッヒ・ベトガーは
わずか37歳という若さでこの世を去りました。

 

      (参照/「MEISSEN」「キリンビール大学」
          「ユーロクライシス」)

 

スポンサードリンク




15代・酒井田柿右衛門

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

 

 

15代・酒井田柿右衛門

かなり前のことになりますが私は佐賀県の
柿右衛門窯を訪れたことがあります。
その時はまだ先代の14代の柿右衛門さんの時でした。

 

14代は、2013年6月にお亡くなりになり
1968年生まれの酒井田浩さんが45歳という
若さで2014年2月4日に、15代を襲名。

 

生まれた日には職人さんたちから「15代」と
呼ばれていたという浩さんは、代々そうであるように
襲名とともに本名も柿右衛門に変更しています。

 

 

 

酒井田柿右衛門窯(写真/「プレミスト」)

 

 

 

家族揃って食事をするのはお正月くらい

生まれた日から「15代」と呼ばれていた浩さん、さぞや父・
14代の厳しい教育の中で子ども時代を過ごされたのかと思い
きや、何と父親と話をすることさえあまりなかったのだとか。

 

御両親は浩さんに、家を継ぐようにと言わないばかりか
父親はほとんど家にいなかったので顔をあわせることもなく
家族が揃って食事をするのはお正月くらいだったそうです。

 

好きな時に家に帰って食事をし、またどこかへ
行ってしまうという小説に出てくるような不思議な方。

 

ですがもっと不思議だと思うことは、それが
「普通」だと浩さんが思っていらしたことです。
考えてみればあたりまえではありますが。

 

 

「色絵花鳥文皿」柿右衛門様式

 

 

 

椎の実を拾い、魚を捕る陸上少年

浩さんは、放課後は山で椎の実を拾ったり、
川で魚を捕ったりというように都会育ちのものから
みると理想的な子ども時代を過ごされたようです。

 

また中学、高校時代は陸上で国体に出場
するなど、恵まれた環境のなかで自由な
日々を謳歌していらしたことが伺えます。

 

そんな陸上少年だった浩さんに、将来のことを考える
時がやってきたのは高校2年生の進路相談でした、
父・14代が初めてこんなことを言ったのです。

 

 

15代・柿右衛門のぐい呑
椎の実ではありませんが、どんぐりの模様です

 

 

 

父との初めてのちゃんとした会話

「多摩美術大学で日本画を学んだことが
仕事に役立ったから、お前もどうだ?」と。

 

父・14代のすすめにしたがって
浩さんは多摩美術大学に入学し、初めて
日本画の勉強に取り組むことになります。

 

ちなみにこれが14代・柿右衛門である父との
初めてのちゃんとした会話」だったといいます。
スケールが違うといいますか……絶句。

 

 

 

「濁手 松文 水指」15代・柿右衛門
径25.4cm×高18.7cm(写真/「柿右衛門」)

 

 

 

有田での修行

大学で初めて日本画を学んだ浩さんは
絵を描く面白さにのめり込んでいきますが
画家になろうとは思わなかったといいます。

 

その後、大学を中退して25歳も過ぎた頃、
「そろそろ」という空気の中で、浩さんは東京を
から有田へ戻り職人の仕事の修行に入りました。

 

ろくろを4年間回して、絵付けを1年間しつつ
スケッチの練習、窯の仕事と覚えていきます。
そして、いよいよデザインの勉強を始める時がきました。

 

 

 

 

 

14代の名で世に出る作品

描いたデザインを見せると父・14代から出る言葉は
「絵が小さい」「情けない」という文句ばかり。
しかし浩さんは決して言い争うことはありませんでした。

 

なぜなら、これは14代の名前で世の中に
出ていくやきもののデザインだったからです。
それについて浩さんはこのようにおっしゃっています。

 

「自己表現を志して画家や陶芸家作家
になる人とは違うでしょう。
彼らは『つくるのが好き』『人に見せたい』
という気持ちから始まっていますが、
私は家の仕事を継ぐために始めたのですから」
 (「PREMIST SALON  ブレミストサロン」

 

 

 

 

 

大きな幹の一枝

初代の柿右衛門は天才的な陶工
だったと思うという14代と15代。
14代が柿右衛門を襲名した時に人から
「先代に負けないように」と言われてこう答えました。

 

「各代の当主は、柿右衛門という
大きな幹から伸びている枝です。
枝が伸び、葉が茂ることで、幹が太る。
幹が残れば無駄にはならない。
当主が頑張った結果として、
幹が大きくなればそれでいいんです」

 

15代は、この話を聞いて少し気が楽になったといいます。
大きな幹の一枝になることが「継ぐ人」であること。

 

 

「どんぐり(オーク)」と「ティーポット(ローゼンタール〈魔笛〉)

 

 

 

初めての個展は赤を使わない作品

2014年の襲名後に、15代は初めての個展を開きます。
個展で披露したのは、全て赤を使わない作品でした。

 

柿右衛門の「赤」をあえて使わなかったなどと
メディアに書かれたりもしたそうですが、実際の
ところは意図したものではなかったといいます。

 

御自身では、なるべく赤を使おうと思って
いらしたそうですが、結果的に今回の作品は
赤を使っていなかったということでした。

 

 

15代・柿右衛門(写真/「ななつ星」

 

 

 

団栗(どんぐり)文

実は私が今まで以上に柿右衛門に注目するようになった
のは、15代の襲名時に発表された「どんぐり文」から。
柿右衛門のどんぐり!

 

「団栗文は陶芸家として公募展に初めて出品した時の
モチーフで、自分の原点といえる文様なんです。
幼い頃から庭先で慣れ親しんだどんぐりを自分流に表現
したい、という思いがあり、柿右衛門の基調色である
赤の世界観は保ちつつ、デザイン化してみました」
                 (「ななつ星」)

 

と15代は語っています。
次の写真はJR九州を走る「ななつ星」という
クルーズトレインで使用されている、15代作の
「濁手団栗文   チョコレートカップ」(2015年)。

 

 

「団栗文  チョコレートカップ」15代・柿右衛門
(写真/「ななつ星」

 

 

 

このどんぐりの色は赤みを帯びた茶色で
今までの柿右衛門の赤にはなかった新しい赤。

 

1982年に襲名、2001年には「重要無形文化財
『色絵磁器』の保持者」(人間国宝)に認定された14代は
歴代の中で最も鮮やかな赤を生み出したといわれています。

 

「赤」にもそれぞれ個性があるようですが、どんぐり
フリークの私としては、やはり15代の「赤」に魅かれます。
というよりはその赤と組み合わされている色調でしょうか。

 

 

 

「錦梅鳥文香爐」13代・柿右衛門

 

 

 

「柿右衛門様式以上にやりたいものは
見つからないと思います」

御自分の性格を、歴代の中では13代に
近いものを感じるとおっしゃる15代。

 

13代は、おおらかな性格で新しいものを取り入れる気質
にあふれ、大胆な絵付けでも知られた方だそうです。

 

確かに今までの私の柿右衛門のイメージの中
には、どんぐりはありませんでした。

 

 


「杜鵑草文(ほととぎすもん)皿」15代・柿右衛
径40.6cm×高8.7cm(写真/「柿右衛門」
どんぐりの次に欲しいのがこのお皿!

 

 

「幅を広げるといっても、柿右衛門様式とは
全く違うことをやってみたいとは思いません。
私は柿右衛門様式が大好きなんです」 (「ななつ星」)

 

15代・柿右衛門は、試行錯誤を楽しんだ後に、自分の
作風として一つにまとめていきたいとおっしゃいます。

 

上の写真「杜鵑草文(ほととぎすもん)皿」に
描かれた「ホトトギス」の写真がこちら。

 

ホトトギス
(写真/「Maybe… someday somewhere」)

 

 

ホトトギスも何種類かあり花の色も様々なよう
ですので15代・柿右衛門さんが御覧になったのは
このホトトギスかはわかりませんが。

 

この一見、地味な小さな野草が繊細に上品に、そして
華麗に生まれ変わっていることに改めて驚かされます。

 

しかしそうでありながら、そこに描き出されて
いるのは、まごうことなきホトトギスそのもの。
色と形とバランスで奏でられる美しいハーモニィ。

 

素材としてどんぐりを取り上げる新しさに、色の美しさ
色合わせの巧みさは、まさに現代に生きる15代・柿右衛門。
これからの作品も本当に楽しみですね。

 

スポンサードリンク