「ママン(MAMAN)」ルイーズ・ブルジョワ 六本木ヒルズの「蜘蛛」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140416kumoroppongihills

 

 

今日は六本木ヒルズの「蜘蛛」 

昨日は、六本木「クローバー」の閉店という
悲しいお知らせとともに六本木ヒルズの
「雲」を御覧に入れました。

 

今日も六本木ヒルズの「くも」ですが
今日の「くも」は、「雲」ではなくて「蜘蛛」。

 

とっても大きいでしょう?
高さは9メートルもあるそうです。
一緒に写っている人間と比べると
その大きさがおわかりになるかと。

 

 

140416roppongikillskumoルイーズ・ブルジョワ「蜘蛛」 六本木ヒルズ
建物と重なってちょっと見づらいのですが、ほぼ中央にあります

 

 

 

生き延びるために作品を作る

これはルイーズ・ブルジョワという
バリで生まれてアメリカへ渡った彫刻家の作品です。

 

「なぜ彫刻家になったのですか?」
との質問に、彼女はこう答えています。

 

「そうしないと切り抜けられなかった。
家族が求めるあらゆる感情的な生活から
抜け出したいと思ってね。
生き延びるためにはそれしかなかった」

 

(ドキュメンタリー映画
『CHERE LOUSE〜親愛なるルイーズ』
監督:ブリジット・コルナン、1995年製作より)

 

六本木ヒルズにあるこの巨大な蜘蛛は2002年に
作られた作品で「ママン(MAMAN)」という
タイトルがついています。
この蜘蛛は母への愛情を意識したものだそうです。

 

次の写真はサンフランシスコ近代美術館にある
ルイーズ・ブルジョワの作品で
タイトルは「The Nest(巣)」。

 

 

 

LouiseBourgeois_TheNest_SFMOMA-300x200(写真/「Kenjiyokoo.com.blog」)

 

 

 

こちらは 蜘蛛が何重にも重なっていていますね。
これも子を守っている母蜘蛛。

 

「家族が求めるあらゆる感情から抜け出したい」
「生き延びるために」彫刻家になったという
ルイーズ・ブルジョワ。

 

大好きな蜘蛛を素材として、母を表現した彼女の背景
には一体、どのような家族があったのでしょうか?

 

 

 

guggennhaimuグッゲンハイムの『ママン』(写真/ほぼワインの日々」

 

 

 

「この世はいかに男尊女卑か……」

ルイーズ・ブルジョワは1911年12月25日、パリ生まれ。
翌年の1912年はタイタニック号が沈没した年でもあります。

 

ルイーズが3歳のとき第一次大戦が勃発し、父は従軍。
父が帰ってきて10年間ほど、父の愛人が彼女の家に同居し
彼女を含めた3人のきょうだいの家庭教師をしていました。

 

一見、平和な家庭に見えながら完全に崩壊していた家族。
感情を爆発させる暴君であった父と、耐え続ける母。

 

「この世がいかに男尊女卑であるか」
(前出ドキュメンタリー映画より)
とつぶやく彼女の嘆き。

 

 

 

jinntai写真

 

 

 

蚊が嫌いだったルイーズ・ブルジョワは
その蚊を捕まえる蜘蛛を好んだようです。

 

「蜘蛛はとても忍耐強い生き物。
蚊を捕まえるために何時間でも待っている」(同上)

 

忍耐強く待っている蜘蛛に、ルイーズ・ブルジョワは
耐え続ける母を重ねて見ていたのでしょう。

 

その母親は、彼女が21歳の時に亡くなっています。
耐えることだけで終わってしまった母親の
少々早過ぎる死は、彼女の母への様々思いを
一層強くしたのではないかとも思えます。

 

 

 

300px-NGC_Mamanカナダ国立美術館の『ママン』(写真/「Wikipedia」)

 

 

 

70歳を過ぎての再評価

最初はソルボンヌ大学で数学を専攻して
いたルイーズ・ブルジョワですが
卒業後は美術学校へ通うようになりました。

 

そして1938年にはアメリカの美術史家
ロバート・ゴールドウォーター
と結婚してニューヨークに移ります。

 

最初の個展は1945年、ルイーズ・ブルジョワ
が34歳の時。
その頃、ル・コルビジュ、ジョアン・ミロ、
マルセル・デュシャンらと出会っています。

 

 

louisebourge2s ルイーズ・ブルジョワ

 

 

彼女は、養子、実子と3人の子を育てましたが
1973年、62歳の時に夫、ルイが死去。

 

彼女が再評価されたのは、1982年、
ニューヨーク近代美術館で大規模な個展が開催
された、70歳を過ぎてのことだったといいます。

 

90歳を過ぎても彼女は精力的に作品を作り続け
あと一年半で100歳を迎えるという
2010年の5月31日に98歳で亡くなりました。

 

 

140416kumoroppongi

 

 

この巨大な蜘蛛『ママン』ですが
こうして真下から見ますと、お腹のあたりが
ネットのようになっています。

 

そのネット状の中には
大理石で出来た卵がいくつも入っているよう。

 

ルイーズ・ブルジョワの作品は、この『ママン』に限らず
不安や悲しみを感じさせるものでもありますが、とともに
幸せな家族への憧れや、愛情と希望を託してもいるのです。

 

スポンサードリンク




六本木クローバー閉店(涙)

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

yotubanokuroba130914

 

 

六本木「クローバー」が見つからない……

灯台下暗しではありませんが「あぷりのお茶会」
は赤坂・麻布・六本木といいながら、六本木の
「クローバー」をまだ紹介していませんでした。

 

昨年の終わりに、来年こそは六本木の
「アマンド」や「クローバー」を
紹介しましょう、と書いたのですが。

 

 

blog_import_5153615a9903f

 

 

などと思っているうちに、時は既に
桜の季節になっていた4月初めのこと。

 

麻布に行く途中に六本木の「クローバー」によって
お菓子を買おうと思い出かけました。

 

 

 

六本木「クローバー」を通り過ぎちゃった?

ところが気がつくと既に六本木ヒルズに
来てしまっていたのです。
あれ〜、気づかないうちに通り過ぎちゃったのかな、と。

 

それから1週間後、また同じ道を歩いて麻布に
行く用事がありましたので、今日こそ六本木の
「クローバー」に行こうと決めて歩いて行きました。

 

いつものように、あちらこちらを、ふらふらと見ないで
六本木「クローバー」がある通りをしっかりと見ながら
お店のある場所の少し前で「あそこだよね」と。

 

ところが、そう思っていた場所に近づいてみると
そこにはコンビニがあるだけでした。
でも、確かここだったと思うのですが……。

 

ビルの名前を確かめますと「クローバーピル」です。
嫌な予感がしました。
まさか、まさかそんなことはことはないよね?

 

少々の胸騒ぎを感じながらも訝しげに歩いて行くと
六本木ヒルズについてしまったのです。
「クローバー」はありませんでした。

 

 

blog_import_515368829edae

 

 

 

不安が的中

家に帰って調べてみますと、ガ〜ァァァン!
やっぱり、そのまさかでした。

 

六本木「クローバー」のサイトには
閉店のお知らせが……。

 

そういえば、六本木「クローバー」によるつもりで
いつの間にか通り過ぎていたと感じたことは
桜の季節以前にも、2.3度あったのです。

 

その時は、うっかり通り過ぎたとだけで
あまり深く考えなかったのが悔やまれます。

 

 

 

1936年に六本木に誕生

「クローバー」洋菓子店が六本木に喫茶室を
つくったのは昭和11年のことだったそうです。
この写真は昭和30年代の六本木「クローバー」。

 

 

clover

昭和30年代の六本木「クローバー」
(写真/「Patisserie  CLOVER」)

 

 

その後、昭和48年に「クローバービル」が完成し
「六本木クローバー」として親しまれてきました。

 

 

 

 六本木「クローバー」からの悲しいお知らせ

「この度、店舗設備の老朽化や周辺環境の変化を鑑み、
一旦閉店させて頂くことといたしました。
長い間のご愛顧に心より厚く御礼申し上げますと共に、
またこの六本木で皆様とお会いできる日を楽しみにしております。
株式会社クローバー 」(「Patisserie  CLOVER 六本木本店」)

 

 

roppongiclover

 

 

 

「クローバー」六本木本店閉店

先日は、麻布十番のリタティーノの「閉店お知らせ」
写真を「あぷりのお茶会」に載せたばかりだというのに
今日は六本木「クローバー」の閉店のお知らせを
しなくてはならないとは……。

 

しかも、今回は数年前に新たにできたお店ではなく
老舗も老舗、六本木といったら「クローバー」でしょう!
というようなお店ですよね。

 

唯一の救いといえば「一旦、閉店させて頂きます」
という言葉ではあります。

 

ですが、一旦閉店した後、どこどこで何時できますという
具体的な表現が一切ないことが不安をかきたてます。

 

「またこの六本木で皆様とお会いできる日」と
書いてありますので、この場所ではない、六本木の
どこかに移転オープンするということなのでしょうか?

 

いずれにせよ、本決まりではないニュアンスが
漂っているようにも感じられてしまいます。

 

 

141015ringoshuyou

 

 

 

すでに2009年から「ヨックモック」に統合

また、昨年末からオンラインショップが
「ヨックモック」と統合されたとも書いてあります。
よく読んでみましたら、

 

「創業78年の歴史と伝統を継承しつつ2009年8月に
ヨックモックグループの一翼を担って新たに
生まれ変わりました」とありました。

 

すでに2009年に!
そうだったんですね、それで閉店のお知らせに具体的な
場所等が書かれていなかったことも理解できます。

 

私は「ヨックモック」も大好きですので
そちらと統合というのがせめてもといえば
そうではあるのですが、やっぱり寂しいですね。

 

 

IMG_clover_cakeチーズケーキ(写真/「Patisserie  CLOVER」)

 

 

 

チーズケーキを日本で最初に販売

今回、六本木「クローバー」のサイトを見て初めて
知ったことなのですが、チーズケーキを日本で最初に
作ったのは六本木「クローバー」だったそうです。

 

1950年代の後半、当時の社長がヨーロッパやアメリカの
市場視察に行った時に、朝食で出たチーズを見てこれを
スイーツの素材として取り入れたいと思ったのだとか。

 

帰国後、パティシエ達が3年の月日をかけてつくりあげた
のが、1963年発売の「カッテージチーズケーキ」でした。

 

その後、1960年代後半に入ると、他の洋菓子店でも
チーズケーキを作るようになりましたが
六本木「クローバー」が先駆けだったのですね。

 

 

 

130514yotubaomote

 

 

 

ブルーチーズケーキ事件

また現在は休止中ですが、私も大好きな
ブルーチーズ使った「ブルーチーズスフレ」
なるものも人気商品だったようです。

 

チーズといってもブルーチーズをお料理ではなくケーキ
に使うとは、やはり六本木「クローバー」は魁ですね。

 

とはいってもこの「ブルーチーズスフレ」を発売
する前の試食会では、まだブルーチーズが一般的
ではなかったための、ハプニングもあったとか。

 

試食会では説明をする前に、すでに皆さんが
ブルーチーズ入りのスフレを食べ始めてしまいました。

 

おいしいと言いながらブルーチーズスフレを口に
していたものの、中にカビが入っているのを見て
怒号が飛んだといいます。

 

たしかにケーキの中の「カビ」は、驚いて当然ですよね。
しかしみなさんによく説明をし、1か月後にようやく
販売にこぎつけた、というブルーチーズ事件
なるものもあったということでした。

 

 

img_first_03

ブルーチーズスフレ
(写真/「Patisserie  CLOVER」

 

 

 

「待ってるよ〜!」

私は、正直にいいますと六本木という土地は
赤坂や麻布ほど大好きというわけではありません。

 

ですが「クローバー」は、やはり何といっても
六本木にあってほしいと勝手ながら思ってしまいます。

 

六本木「クローバー」様、
出来るだけ早く、六本木の地に
新しい「クローバー」を作ってくださいな!

 

どうか、この願いが一日も早く叶いますように……。

 

 

140416roppongihiruzukumo

六本木「クローバー」を探している時に見た一直線の雲
右下に写っているのは「六本木ヒルズ」

 

スポンサードリンク




小さなメロンパン「平和堂」リンコス六本木ヒルズ店

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

121225tiisa

 

 

平和なメロンパン

平和堂の「小さいメロンパン」。
ちっちゃな可愛いメロンパンです。
一袋110グラム入りで、414キロカロリー。

 

「小さなメロンパン」、小さいけれど天然酵母だそう。
濃縮メロン果汁が入っています。

 

ザラメを生地に加えてあるので、袋には
「サクサクとした食感」と書いてありました。

 

ですがサクサクよりザクザク、あるいはザラザラ
という感じがしました(悪い意味ではありませんが)。

 

 

 

メロンパンというより、メロンクッキーかな?

ただ、これを「小さなメロンパン」と呼ぶのがふさわしいか
といえばちょっと違うかな?、という感じもします。

 

メロンパンというよりは「メロンパン風クッキー」
という方が近いような気も。

 

メロンパンと呼ぶには何が決定的に
違っているかといえば全体が少々固いことです。

 

固いメロンパン、というのは
ちょっと考えにくいですよね。

 

「小さなメロンパン」を口に入れた感触はどう考えても
パンというよりやはりクッキーに近いのではないかと。

 

等々、あれこれ言いましたが
ちっちゃくて可愛いお菓子でした。

 

 

 

滋賀県で ドミナント戦略をとる「平和堂」

「平和堂」という名前,今回初めて知ったのですが
お菓子に限らず様々なものを扱っている会社なのですね。

 

創業は1957年で、なんとその時は「靴とカバンの店・平和堂」
という名前だったといいます。

 

数年後には年商一億を超える成長ぶりで
滋賀県を中心にかなりの数の店舗があるようです。

 

日本全国という広い地域ではなく
一定の地域に多店舗を出店することを
「ドミナント戦略」とよぶそうです。

 

「平和堂」はこのドミナント戦略をとっています。

 

滋賀県内に点ではなく面で
小型の生活の為に必要なものを揃える便利店と
大型ショッピングセンターをあわせて出店。

 

ですから滋賀県の方でしたら「平和堂」の
名前はご存知かもしれませんね。

 

またグループ会社である「株式会社 シー・オー・エム」は
滋賀、福井、京都、大阪、兵庫での「ケンタッキーフライドチキン」
のお店、23店舗を展開しているそうです。

 

「靴とDVDとフライドチキン」ってすごいですね。

 

 

130617gekkabijin

 

 

 

平和じゃない弁護士事務所からの書留

10月17日は、一度もお目にかかったことがない方ではありますが
私の一生に大きな影響を与えた方の祥月命日でした。

 

私は一人でお寺に行きお塔婆をお願いしてきました。

 

夕方、家に帰ってみると、ポストの中に
郵便の不在配達票が入っています。

 

差出人は法律事務所。
全く知らない法律事務所から書留が届くとは一体、何なのでしょう。
すぐパソコンで再配達を依頼しました。

 

書留がうちに届くまでの数時間、いくら考えても
私には内容が推測出来ません。

 

 

 

思いもかけぬ巡り合わせ

夜になって、やっと届いたのもを開いてみると
国選弁護人という全く知らない弁護士さんから。

 

驚くべきことはそれだけではなく
その弁護士事務所の代表であろうと思われる方が
15年ほど前に、4ヵ月だけ一諸に仕事をした方でした。

 

心から敬愛する女性弁護士さんでしたが
何かの誤解があったようで
その後はお目にかかることもありませんでした。

 

ですが、彼女が事務局長で私が事務局という仕事をした
主たる人のパーティーが今月末にあり
15年ぶりにお目にかかる予定になっています。

 

今年の後半は、一生のうちで一番きつい時になってしまったと
13日にこのブログで書いたばかりですのに
また、大きなことが起きてしまったようです。

 

うちにはTVがないのですが、是非見たいと思う番組が
一年前に放映されていたことを、最近知りました。
今晩はその番組を見るつもりでいたのです。

 

その番組には、以前一緒にお仕事をした
その弁護士さんも出演しているはずでした。

 

 

 

珠玉の作品(これを書いた数週間後に受賞が決定)

1時間半のNHKのETV特集を今、見終わりました。
今日の書留とも関係のある内容です。
素晴らしい作品で、あっというまの一時間半。

 

ちなみにNHKで放映されたこの番組は
うちの部屋の真上にあるビデオ編集会社が
編集作業をした作品でもあります。

 

何か、全てがつながっているようにも
感じるのですが、縁なのでしょうか?

 

こんなことを書いていいのかなぁ、と思いながら
今日、私はこれ書いています。
初めてのことです。

 

きっと私には今、シェアが必要なのでしょう。
それが必要ではなくなった時に削除するつもりです。

 

スポンサードリンク