麻布十番の「十番」って何? 麻布御殿「四の橋」 古川の橋6

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160729sinohasi

 

 

四の橋交差点

前回は「四の橋」のそばにあった「狐鰻」で修行をした
岩次郎さんが作った「野田岩」のうなぎを御覧いただきました。
今日は「四の橋」の北側にあった「白金御殿(麻布御殿)」のお話を。

 

次の地図でいいますと、川の右の方に架かっている橋が「四の橋」。
橋の北側に「土屋釆女正(つちやうねめのかみ)」の屋敷があったこと
から「土屋殿橋」とも、または「御薬園橋」とも呼ばれていた橋です。

 

 

hurukawa        川の右の方に架かっている橋が「四の橋」

 

 

現在「四の橋」を渡った所は、四の橋交差点となって
いますが、「四の橋」から交差点を見た写真がこちらです。

 

 

160729azabugoten       「四の橋」から四の橋交差点を見たところ

 

 

 

「薬園坂」

左のビルが建っている場所は、土屋釆女正のお屋敷があった所。
上の写真から少し進み、四の橋交差点を渡った
あたりから撮った写真がこちらの写真。

 

 

yakuenzaka          四の橋交差点から先は「薬園坂」

 

 

左のビルは「イラン・イスラム共和国大使館領事部」となっていて
国旗が翻っていますが、ここもまだ土屋家の敷地内です。

 

四の橋交差点から続いているこの道は、少々上り坂に
なっていて「薬園坂」という名前がついています。
(「薬園坂」南麻布3丁目13と、3丁目10の間の坂)

 

「薬園坂(やくえんざか)」をなまって「役人坂(やくにんざか)」
あるいは「役員坂(やくいんざか)」ともいったそうです。

 

 

yakuenzakaryokuti             薬園坂緑地付近

 

 

 

御薬園

薬園坂をのぼった左には「薬園坂緑地」(南麻布3丁目11)があります。
薬園坂緑地などというと広々とした緑地を想像しがちですが、面積は
105㎡とこじんまりした、ヤマモモが植えられた道のような感じの場所。

 

ここは江戸時代の前期には、幕府の御薬園があった場所でした。
元々は江戸城にあった「御花畑」をこの地に移した後に、今度は様々な
薬草を栽培する薬草園となっていたのが1673~1681年(延宝年間)頃。

 

現在の住所でいいますと、南麻布3、4丁目にあたるこの場所に
5代将軍・徳川綱吉の別邸である御殿が建てらることになりました。
1684(貞享元)年に麻布御薬園は、小石川の白山御殿跡に移転し
小石川御薬園となり、後に小石川植物園となります。

 

 

koishikawashokubutuen             小石川植物園

 

 

 

麻布御殿

綱吉の別邸である麻布御殿は、幾つもの呼び名があるようです。
「麻布御殿」「白金(しろかね)御殿」「白銀御殿」というのは地名
からきた呼び方、富士山がよく見えるということで「富士見御殿」とも。
ここ名称が、このあたり一帯の地名「富士見町」の由来ということです。

 

麻布御殿は1697(元禄10)年12月1日に竣工し、翌年4月14日に完成と
いわれますがこれですと、わずかに5カ月で完成したことになります。
実際の完成は竣工から3年後の1700(元禄14)年ともいわれています。

 

普請奉行としては酒井彦太夫の名が挙がっていますが
実質的には備後岡崎城主の中川因幡守久通が普請を任されました。
(「Blog – Deep Azabu」)

 

 

130617youseninsimoyasiki370

 

 

 

麻布十番の「十番」の名称誕生

麻布御殿の建設工事にあたって、古川の改修工事も行われました。
綱吉が直接船で古川をさかのぼって麻布御殿まで入ることができる
ようにするため川浚いをし、一間(1.8メートル)ほど川幅を広げました。

 

川幅の拡張だけではなく掘り下げ等、大改修工事となったようです。
1699(元禄12)年には、麻布十番付近にあった岡田将監屋敷の西側が
召し上げられ、新堀堀割となり新たに橋が架けられたりしました。

 

普請のための土運びや資材を運ぶ人足場を、古川の河口から一番、
二番と順に設けていきましたが、その十番目の「十番組」が
現在の麻布十番と呼ばれる付近であったことから「麻布十番」の
地名が生まれたといわれています。(渡部淳『東京風情』)

 

もう一つの説は、1667(寛文7)年に金杉付近の麻布新堀川筋の普請の
ために定められた人足が一番から十番までの幟(のぼり)を立てたこと
から十番というようになった(『江戸町方書上』)ということだそう。
(大石学『続駅名で読む江戸・東京』)

 

1667年の新堀川筋の工事か、あるいは1700年頃の麻布御殿の造営に伴う
改修工事かの違いはありますが、いずれにせよ17世紀後半の古川の工事
の際の、人足の番組から「十番」という言葉はきているようです。

 

300年以上前から親しまれている麻布十番という名称が
住所として使われたのは1963(昭和38)年になってから。
麻布のつく地名では一番有名にも思えますので、ちょっと意外ですね。

 

 

150408shabondama            麻布十番のパティオ

 

 

 

麻布御殿焼失

このような大掛かりな工事をして作られた麻布御殿では
ありましたが、完成してからわずか2年後の1702(元禄15)年、
2月1日に火事で焼失してしまいます。

 

これを2年後ではなく、5年後とする説もありますが、これは完成した
年が1698(元禄11)年とするか、1700(元禄13)年とするかの違いで
火事で焼失したのは、1702(元禄15)年ということは一定です。

 

夜9時頃、新宿・内藤宿から出火した火が青山宿、百人町、麻布、
弐本榎、三田、芝、品川、鈴ヶ森まで及び、鎮火したのは翌日の夕方。
麻布御殿の他、現在有栖川公園となっている南部邸も消失しています。

 

将軍が麻布御殿を訪れたのは、わずか2回だったとか。
1698(元禄11)年3月と、1701(元禄14)年3月30日ですが、2回目の
訪問の少し前に浅野内匠頭と吉良上野介の元禄赤穂事件が起きています。
事件による疲れを癒すために麻布御殿を訪れたといわれているようです。

 

スポンサードリンク




赤坂の「南部坂」の後にできた麻布の「南部坂」 麻布の坂2

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160602arisugawakoen

 

 

「有栖川公園」「南部坂」「ナショナル麻布」

前回は有栖川公園を、その前の回は有栖川公園と道を隔てた反対側に
ある、ナショナル麻布スーパーマーケットを御覧いただきました。

 

今日は、その有栖川公園とナショナル麻布スーパーマーケット
の間にある「南部坂」を御紹介しましょう。

 

次の地図で黄緑色の三角形が有栖川公園で、ナショナル麻布(
との間を通っているピンク色が「南部坂」です。

 

 

arisugawa中央左の三角形の黄緑色が「有栖川公園」(地図/Mapionnに加筆)
が「ナショナル麻布スーパーマーケット」
その中間に通っている道が「南部坂」

 

 

有栖川公園は南麻布5丁目にあり、ナショナル麻布は南麻布4丁目。
また有栖川公園の地形は東側(地図でいうと右側)が高く、
西に向かって低くなっています。

 

ということは地図の上下左右ででいいますと
「南部坂」の右の方が高くて、左は低地、
「南部坂」の上は南麻布5丁目で下は4丁目ということになります。

 

 

 

「南部坂」の下から上を見る

次の写真は、有栖川公園の入口あたりから
「南部坂」を少しのぼり、坂の上の方を撮った写真です。

 

 

160602nanbuzaka         「南部坂」の左側は有栖川公園

 

 

この写真ですと、あまり坂の高低差がわかりにくく
平地のような感じがしてしまいますが、実際は結構
上り坂になっていて、勾配は7パーセントということ。

 

「南部坂」の左に見えるのは、有栖川公園の木々。
写真を撮った時は、びわがたくさんなっていましたよ。

 

 

 

「南部坂」の上から下を見る

それでは次は今の写真とは反対に、坂の上から見てみましょう。
写真ではなく奥村土牛の絵画。
季節も今とは反対のようで、木々の葉が全て落ちています。

 

 

okumuratogyu           奥村土牛『麻布南部坂』

 

 

タイトルは『麻布南部坂』。
「南部坂」は2つあるので、ちゃんと「麻布」が入っていますね。

 

奥村土牛は、1889(明治22)年に生まれ、1990(平成2)年
に101歳で亡くなった画家ですが、『麻布南部坂』は大正期に
描かれた初期の作品ということです。

 

個人の所有であまり展覧会にはでないようですが、今年3月から
5月にかけて開催された、東京・渋谷の「山種美術館」での
「奥村土牛展」に16年ぶりで公開されました。(「サライ」2016.3.17)

 

 

 

標識の断り書

港区が設置した「南部坂」の標識にはこのように書かれています。
(影になって見づらくてごめんなさい)

 

 

160602nanbuzakaazabu          「南部坂」(麻布)の標識

 

 

「有栖川宮記念公園の場所が、赤坂からうつってきた盛岡城主
南部家の屋敷があったため名づけられた。(忠臣蔵の南部坂は赤坂)」

 

「南部坂」といえば、やはり多くの人には「南部坂雪の別れ」の
『忠臣蔵』がすぐに思い起こされるのでしょう。

 

そこであらかじめ「こちらはあの『南部坂』ではありませんのでお間違い
ないように」という感じで書かれているのが、ちょっとおかしいです。

 

 

 

有栖川公園の反対側にはドイツ大使館

先ほどの「南部坂」の下から上を撮った写真ですが
この写真の少し手前の右側には、ドイツ大使館があります。

 

 

160602nanbuzaka     「南部坂」の左側は有栖川公園、右はドイツ大使館

 

 

地図でいいますと三角形の黄緑色が「有栖川公園」で
オレンジ色の()が「ナショナル麻布スーパーマーケット」、
その右側緑色の()が「ドイツ大使館」になります。

 

 

arisugawa        「南部坂」周辺の地図(Mapionに加筆)

 

 

ドイツ大使館()の写真がこちらです。

 

 

160602deutschebotschaft       「南部坂」に面しているドイツ大使館

 

 

右の方が入口になりますが、左は坂になっているのがわかりますね。
坂に面した壁には、かつてドイツが東西に分かれていたことや
ベルリンの壁などについて書かれています。

 

 

160602nanbuzakadoitu   「南部坂」に面した壁面にはドイツに関することを提示

 

 

はからずもということなのでしょうが、壁面展示が「南部坂」
の坂で斜めになっているのが、何かお洒落に見えるような気もします。

 

 

 

赤坂の「南部坂」

ちなみに赤坂の「南部坂」はこんな感じの坂です。
「忠臣蔵の『南部坂雪の別れ』はフィクション 赤坂の坂10」

 

右側の高台はアメリカ大使館宿舎で、正面の高い建物は
アークヒルズにあるANAインターコンチネンタルホテル。

 

 

151212nanbuzakaue          こちらは赤坂の「南部坂」

 

 

ほぼ同じ場所の夜の写真がこちら。

 

 

151209nanbuzaka           赤坂の「南部坂」(夜)

 

 

当然といえば当然ですが、
赤坂と麻布の「南部坂」は全く雰囲気が違いますね。

 

違いといえば、麻布の「南部坂」は名前の由来となった南部家
(有栖川公園)に隣接しているのに対して、赤坂の「南部坂」は南部家
の近くということではありますが、隣接していたわけではありません。

 

赤坂の南部家下屋敷があった場所と、「南部坂」は
100メートル以上離れていたということです。

 

 

nanbuzaka2上の右にある 南部家→浅野家 ピンク色が赤坂「南部坂」
下の左にある 浅野家→南部家 ピンク色麻布が「南部坂」
              (地図/Mapionに加筆)

 

 

地図の右上あたりにある()が、最初は南部家で後に浅野家の下屋敷に
なった場所で、そのそばにあるピンク色の線が赤坂の「南部坂」です。

 

左下の有栖川公園()は、反対に浅野家・下屋敷から南部家・下屋敷に
なった場所で、隣接しているピンク色の線が麻布の「南部坂」。

 

そして現在の赤坂の「南部坂」はアメリカ大使館宿舎に面していて、
麻布の「南部坂」はドイツ大使館に隣接しているというわけですね。

 

スポンサードリンク




「有栖川公園(有栖川宮記念公園)」と「都立中央図書館」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160602arisugawakoenhanashobu

 

 

満開のハナショウブ(花菖蒲)

一月程前のことになりますが、涼しい風が吹き抜ける晴れた日に
有栖川公園にハナショウブ(花菖蒲)を見に行ってきました。
「有栖川宮記念公園
〒106-0047 港区南麻布5丁目7-29 Tel.03-3441-9642)

 

「有栖川公園」は前回、御紹介したのナショナル麻布
スーパーマーケットと道路を隔てて向かい側にあります。

 

この地図の左側の真ん中辺に見える緑色の三角形の場所が
有栖川公園で、左下の()がナショナル麻布スーパーマーケット。

 

 

arisugawa    三角形の黄緑色が「有栖川公園」 がナショナル麻布

 

 

ナショナル麻布に面している所が、有栖川公園の入口と
なっていますが、それを写したのが次の写真です。

 

この写真は人のいない時を狙って写しましたが、実際は
ショボン玉で遊んでいる子や、ザリガニつりをしている子どもたち
などなど、たくさんの人がいて本当に愉しそうでしたよ。

 

 

160602arisugawakouen           「有栖川公園」の入口

 

 

 

一年を通して様々な動植物がお出迎え

67,131.11平方メートルという面積の有栖川公園では四季折々、美しい花
が咲き乱れ、アヒルやカモといった鳥や虫などの生き物がいっぱい。

 

この日はハナショウブが満開で、アジサイも見頃といった感じでした。
有栖川公園は、春はウメやスイセン、サクラは
もちろんのこと、ハナミズキもきれいです。

 

ハナミズキは麻布十番商店街の街路樹としても植えられていますが
ハナミズキは港区の「区の花」だからということもあるのでしょうか。

 

 

160602arisugawakoenhanashobu   ハナショウブの後ろに見えるのは石造りの橋「有栖川公園」

 

 

秋はイチョウやモミジというように、どの季節も美しい木々が迎えて
くれますが、中でもサクラはソメイヨシノにヤマザクラなど
全部で11種類もあるそうですので、探してみるのも愉しいですね。

 

 

 

有栖川宮家→高松宮家→有栖川宮公園

「有栖川宮記念公園(ありすがわのみやきねんこうえん)」の
「有栖川」とは、1896(明治29)年、霞ヶ関にあった有栖川宮威仁
(ありすがわのみや  たけひと)親王の栽仁(たねひと)王の邸宅の
代替地がこの場所だったことによるものです。

 

栽仁(たねひと)親王の生母で、有栖川宮威仁(たけひと)親王の
側室であった森則子の住居等もありましたが、後に、有栖川家は断絶。

 

1913(大正2)年には、大正天皇は第三皇子・光宮宣仁
(てるのみやのぶひと)親王に「有栖川宮」の旧称である
「高松宮」の称号を賜り、ここは高松宮御用地となりました。

 

そして1934(昭和9)年1月5日、高松宮殿下は、有栖川宮
没後20年目に35,325平方メートル(11,000坪)を東京市に賜与。
東京市が整備を行った後の11月、有栖川宮記念公園となったのです。

 

 

160602arisugawakoen        山奥のような気さえする「有栖川公園」

 

 

また、1973(昭和48)年には、隣接する31.235平方メートルが
公園に編入され現在の大きさとなり、1975(昭和50)年には
東京都から港区に移管して区立公園となりました。

 

高台の広場には「有栖川宮騎馬像」、「新聞少年の像」、
「笛吹き少年蔵」の3つの像の他に、子どもたちが遊ぶことの出来る
ブランコや、滑り台、ジャングルジムや砂場などもあります。

 

東側(地図ですと右)が高く、西南側(左と下)は低地という
赤坂、麻布の特徴である高低の差がある地形の有栖川公園。

 

その起伏に富んだ地形を活かして丘や渓谷、滝や池などが
林泉式といわれる日本古来の美しい庭園を作り出しています。

 

 

1607toritutyuotoshokan   有栖川公園に併設されている都立中央図書館(有栖川図書館)

 

 

 

図書館も併設

実際の大きさ以上の広さを感じ、一瞬山奥にいるような気がする
ほどの有栖川公園ですが、実はもう一つ特筆すべきことがあります。

 

それは先ほどのナショナル麻布の向かい側にあたる
公園入口とは反対の東側に、図書館があること。
(「都立中央図書館」Tel.03-3442-8451)

 

 

arisugawa三角形の黄緑色が「有栖川公園」
ナショナル麻布()のある方が「有栖川公園」の入口
が都立中央図書館(有栖川図書館)の入口

 

 

都立中央図書館が正式名称ですが、有栖川図書館と呼ぶ人が多いよう。
蔵書数が国内の公立図書館では最大級の約180万册も所蔵しています。

 

ただし公開している書架は、そのうちの35万冊ということで
これは新しいものを中心に置いてあるのだそうです。
徒歩15分位で行けたら、毎週でも行ってみたい図書館です。

 

 

 

浅野家  →  南部家  →  有栖川宮家

もう一つ、忘れてはいけないことがあります。
それは1896(明治29)年に有栖川宮邸が造られる以前のことです。

 

江戸時代はこの場所は、現在の岩手県中部から青森県東部に
かけての地域を治めていた盛岡藩南部家の江戸の下屋敷でした。
南部家の江戸の主たる江戸藩邸である上屋敷は外桜田にあり
中屋敷は鉄砲洲にありましたが、中屋敷は後に品川大崎村に移転。

 

藩の大小により中屋敷がない藩もありますが、盛岡藩は大きな藩
でしたので、それ以外にも蔵屋敷を柴田町にもっていたようです。

 

 

nanbuzaka2上の右にある 南部家→浅野家 ピンク色が赤坂の「南部坂」
下の左にある 浅野家→南部家 ピンク色が麻布の「南部坂」

 

 

というわけで有栖川公園のあるこの場所は盛岡藩南部家の下屋敷が
あった場所ではありますが、それは1656(明暦2)年にここに南部家が
移って来てからのことであって、それ以前は赤坂に下屋敷がありました。

 

盛岡藩南部家がこの地にくる前はあったのは、赤穂藩浅野家の下屋敷。
以前、赤坂の南部坂をとりあげた時にも書きましたが、麻布にあった
浅野家と、赤坂にあった南部家の場所を交換(相対替)したからです。
(「忠臣蔵の『南部坂雪の別れ』はフィクション『南部坂』赤坂の坂10」)

 

スポンサードリンク