加賀藩3代藩主・前田利常(3/3)    「父の記憶」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 今回は、前田利常の「1」「2」の続きです。

 

飯炊き女の介添えでひっそり出産

加賀藩3代藩主・前田利常が、金沢城の天守下の
暗い部屋でひっそりと生まれた時、母・千代
(寿福院)の介添えは、飯炊き女ただ一人でした。

 

利常は前田利家の四男であり、十人目の子どもでしたが
この赤ちゃんの出産に関心をはらいう者はなく、将来
藩主になろうとは誰一人思いもしませんでした。

 

生まれた日さえ正確にはわからなかったため、後に利常を
加賀藩の後継として幕府に届ける際、大慌てで介添えを
した飯炊き女を探し出して日にちを確定したといいます。

 

 

まつ(芳春院)

|ーーー利長(長男) 2代藩主
|ーーー利政(二男)
|ーーー幸姫(長女) 前田長種に嫁ぐ
|ーーー蕭姫(二女)
|ーーー摩阿姫(三女)
|ーーー豪姫(四女)
|ーーー与免(五女)
|ーーー千代姫(六女)

—————————————————–
*前 田 利 家(1537〜1599)1538、39年生説も
—————————————————–
 |     |     |     |
 |ー知好  |ー利常  |ー利孝  |ー利貞
 |(三男) |(四男) |(五男) |(六男)
金晴院   寿福院   明運院   逞正院

 

 

誕生した当初、利常は母の千代と暮らしていましたが、後に
前田長種のもとに嫁いでいたまつの長女・幸姫(こうひめ)
のいる越中守山で育てられることになりました。

 

利常が6歳になった頃、関ヶ原の戦いが起こります。
とはいえ利常の生まれた年は、1693年説と1694年説と
ありますのでそれによって年齢表記が異なりますが。

 

ここでは1993(文禄2)年11月25日誕生説
をとり満年齢の記載にしています。

 

 

前田利常・加賀藩前田家3代藩主

 

 

 

関ヶ原の前哨戦

1600年9月の関ヶ原の戦いの直前の8月に、関ヶ原の前哨戦
ともいわれる「浅井畷(なわて)の戦い」が起こりました。
丹羽長秀の子・長重((1571 [元亀2]年~1637[寛永14]年))
と、前田利家の子・利長との戦いです。

 

利家の妻・まつを江戸に人質に出し東軍についた前田家を
脅威に思う西軍の参謀役というべき大谷吉継は
あらゆる策をめぐらして前田家を制そうとしました。

 

丹羽長重を含む越前大名の多くは西軍についています。
吉継ら西軍の動きを察した利長は、金沢を出て丹羽長重
のいる小松城(現在は石川県小松市)を包囲。

 

 

小松城の天守台
東西20m、南北18m、高さ6.3m、傾斜は仰角82°

 

 

 

「浅井畷(なわて)の戦い」

兵の数では比較にならなかったほど前田軍の多さでしたが
小松城は数十年にわたって自治を勝ち取った加賀一向一揆の
人々が作った堅城であり、攻め取るのは容易ではありません。

 

そこで利長は、同じ西軍方の大聖寺城(現在の石川県加賀市)
に向かい勝利しますが、吉継が利長の妹婿を巻き込んで
流した巧みな嘘に騙され、金沢に撤退を決めてしまいます。

 

その途中、利長が長重と戦ったのが「浅井畷の戦い」です。
小松城付近は沼や田が多く、浅井畷という細い道で戦った
ことからつけられた名前で、「畷」とは「細い道」の意。

 

そうこうするうちに関ヶ原の戦いは1日で決着がつき
西軍の勝利が決定していますので、結局のところ長重も
利長も関ヶ原の戦い自体には不参加ということになります。

 

 

 

 

 

和議の条件は、利常の人質

西軍の処分の決定前の9月18日、利長と
長重は和議を結び穏便に事を収めます。

 

決められたのは前田家から丹羽家へ利常を人質に出すこと。
6歳の利常は長重の居城小松に送られることになりました。

 

「利長之を延見して曰く、和議既に成る、宜しく舊怨(長い
*間に積もった恨み)を一洗せざるべからず。是を以て
*我は舍弟猿千代(利常)を出して質たらしめんとす。」
       (石川県立図書館・石川県史 第二章 )

 

 

 

 

 

父・利家と最初で最後の面会

長重は関ヶ原の処分により改易されましたが
実直な人柄や大坂の役での活躍で許され、

 

1603(慶長8)年に常陸国古渡(ひたちふっと、
現在の茨城県稲敷市)藩の1万石の大名に復帰。

 

その後は江戸崎藩(茨城県稲敷市江戸崎)、棚倉藩
(たなぐらはん、福島県東白川郡棚倉町)そして
白河藩(福島県白河市)の初代藩主となっています。

 

 

丹羽長重(画像/WIKIpedia)

 

 

 

それのみならず、秀忠の御伽衆(おとぎしゅう、相談相手)
という重職に抜擢されることにもなりますが、その前の
利常がまだ小松城にいる6歳の時のことです。

 

療養のために草津温泉に行く途中の利家が
小松城にいる利常に会いに来ました。

 

 

 

 

利家を抱き上げた利家は、着衣の脇から手を入れて
背をなで、戦国武士にとって重要な筋肉を備え
もつ我が子の成長ぶりを喜んだといいます。

 

体格が最も自分によく似た息子・利常に、利家は
金箔で飾った刀と脇差の大小二刀を授けます。

 

翌年、利家は亡くなっていますので、これが
利常と利家が会った最初で最後の面会となりました。

 

 

「次郎左衛門雛」 前田家  成巽閣所蔵

 

 

 

珠姫の手紙

その後、3歳の秀忠の娘・珠姫を正室に迎えた7歳の利常
は、3年後の1605(慶長10)年に3代藩主になります。
政略結婚でしたが、二人の仲は睦まじかったといいます。

 

大名は、妻子を江戸に置く決まりですが
加賀藩は免除され、珠姫は金沢で暮らしていました。

 

参勤で江戸にいる利常について、父である秀忠に
「お父様 利常様を早く金沢に返してください」
と書き送った手紙が残されています。

 

 


「わたつらひ見まひとし****
て次八郎遣りし候******
ぎしよく之件(くだん)此者ニ
よくよく申候へく候、****
ゆたんなくやうやう□□***
尤ニ候、かしく*******
又此たき物なくさみ」****

(右からの縦書きを横書きにしてみたもの)
前田利常書状(野々市市
野々市デジタルデジタル資料館)

 

 

 

利常の手紙

また利常の方は、相手が珠姫かははっきりしていませんが
病身の身内の女性にこのような手紙を送っています。

 

そちらへやった家臣・喜八郎に事情を伝えなさい
との趣旨で、たきもの(香木)をもたせたことが
添えられている利常の優しい気遣いが感じられる書状。

 

利常との間に三男五女をもうけた珠姫でしたが
1622(元和8)年、24歳で亡くなってしまいます。

 

「元和八年三月前田利常の夫人逝去す。
*夫人は將軍秀忠の第二女なり」 (石川県史)

 

 

 

 

 

隠居後、再び後見人として藩政に

利常は、1633(寛永10)年に光高に、家光の養女
・阿智姫(水戸家の徳川頼房の娘)を正室に迎え、

 

1635(寛永12)年には、満姫を家光の
養女として浅野光晟に嫁がせます。

 

次男の利次には10万石の富山藩を、
三男・利治には7万石の大聖寺藩を分封。

 

この大聖寺藩で利常の全面的な支援のもと大聖寺藩の
藩窯が築窯され、多くの古九谷の名品が生まれました。
これが九谷焼へと繋がって行きますので、利常は九谷焼
の祖でもあるのですね。  (「古九谷(九谷焼)」

 

 

利常の支援により大聖寺藩藩窯で焼かれた古九谷の名品
「青手桜花散文平鉢(青い桜)」
石川県立美術館所蔵

 

 

 

1639(寛永16)年には光高に家督を譲って隠居
するものの、1645(正保2)年、光高が急死。
次の藩主となる綱紀がまだ3歳でした。

 

後見人になるように家光からの命じられた利常は
5代藩主・綱紀の後見時代に、「改作法」などの
優れた施策を打ち出しています。

 

また、綱紀の正室には、家光の弟でもある
保科正之の娘・麻須姫を迎えています。

 

 

(図/「余湖くんのホームページ」)

 

 

 

隠居城「小松城」

利常は後年、自らの隠居城として小松城を選びました。
「浅井畷の戦い」の時に攻めることのできなかった
堅城である小松城は、その時はすでに破城。

 

1615(元和元)年の「一国一城令」よる破城
でしたが、利常の隠居に伴い、1639
(寛永16)年に幕府に工事を願い出ます。

 

利常は桂離宮の造営等に尽力し、京風文化を
取り入れて金沢文化を開花させた藩主ですので
利常の美意識の結晶ともいえるお城だったのでしょう。

 

 

小松城天守台(写真/「日本の城」)

 

 

 

「小松の浮城」

小松城は、梯川の水を引き入れて何重にも堀を巡らせた
水城「小松の浮城」と呼ばれる城でしたが、現在は
ほとんど埋め立てられて残っているのは天守台等ごくわずか。

 

この石垣は、金沢城と同様に隙間のない「切り込みはぎ」
と呼ばれる石の組み方で作られた美しいものです。

 

この上に建っていた天守は、屋根も桧皮葺きで、一見
茶室のような建物で、隠居城であることから戦闘的なもの
ではなく、望楼のような洒脱なものだったということです。

 

 

こちらは毛利家の下屋敷だった現在東京ミッドタウンの石垣。
発掘で出てきたものを再現したそうですが
確かに石の組み方違いますね

 

 

 

ニックネームは「お猿」

利常が隠居城として選んだのは、生涯にたった
一度、父と会うことのできた小松城でした。

 

利家は、利常の幼名・猿千代から
利常を、「御さる」と呼んでいましたが
初めて出会った御さるは、満足のいく息子でした。

 

その記憶は、利家にとっても利常にとっても
忘れられないものだったに違いありません。

 

 

 

 

 

梨をむいてくれた長重

しかし利常には、小松城での出来事で、もう一つ
忘れることのできない思い出があったといいます。

 

それは人質として小松城にいた時に、城主である
丹羽長重が利常に、自ら梨をむいてくれた思い出。
当時、長重にはまだ子どもをもつ前でした。

 

利常は隠居後の小松城に、裏千家の創始者・
仙叟宗室を招いて三の丸に住まわせるほど茶道に
通じた人でしたが、長重もまた茶を嗜む人。

 

 

 

 

関ヶ原の戦いで改易された後に、大名に復帰したのも
長重の誠実な人柄が評価されたためということです。

 

そもそも「浅井畷の戦い」の当事者である
前田利家と丹羽長重の間に私怨はなく
立場上争うことになった相手にすぎません。

 

利常を人質にすることで事を穏便に済ませたことを
長重は気にし、利常に気遣いをしていたともいいます。

 

 

 

 

 

もう一つの「父の記憶」

誕生の日ははっきりわからない利常に死が訪れたのは
1658(万治元)年11月7日、66歳の時でした。

 

梨を食べる時に利常は、いつも小松城で長重が
梨をむいてくれた話を周りの人に語ったといいます。

 

私はこの話を何度読んでも、その度ごとに
幼い利常と梨をむいている長重の姿が
彷彿として涙が溢れそうになります。

 

長重に美味しいかと問われた時に利常は、映画のシーン
のように満面の笑みで応えたのではなく、むしろ心とは
裏腹に無表情に頷いたような気がしたりして……。

 

 

 

 

長重のむいてくれた梨の話は、利常の心を生涯
あたため続けてくれた、もう一つの忘れることの
できない父の記憶だったのかもしれません。

 

 

*     (参考/宮元健次「加賀百万石と江戸芸術
*       前田家の国際交流」人文書院 2002
       磯田道史『殿様の通信簿」新潮社2006
         石川県立図書館・石川県史)

 

スポンサードリンク




クコ(枸杞) 「クコ茶」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

「ゴジベリー」?

先日、お友達が来てくれたときにいくつかのドライフルーツを
お皿に並べると、彼女がクコの実を手にして
「これゴジベリーでしょ?」と聞くのです。

 

「ゴジベリー」なる言葉を知らなかった私はその時、
「日本ではクコだけど……」と何とも間が抜けた返事をしたのですが。

 

彼女はこのゴジベリー(クコ)と一緒にナッツ等をグラインダー
で小さくしてお料理に使っているということでした。
うん、それはいかにも体によさそう。

 

 

      クコ(枸杞)・ゴジベリー( GOJI  BERRIES)

 

 

 

こう見えて「ナス科」

「ゴジベリー(GOJI  BERRIES)」という名の「クコ」は
今やスーパーフードとして人気の食品なのだとか。
私は「クコ」がそんな有名人だとはつゆ知らず
たまたまついでに購入しただけなのですが。

 

ちっちゃいけど大きな効果を誇るクコは、漢字で書くと「枸杞」、
ちょっと意外なことにナス科の植物です。
学名は「Lycium chinense」。

 

学名の「Lycium(リシウム)」というのは、中央アジアのLyciaという
土地に生えていた棘の多い木、「lycion」の名前に由来しています。
夏から秋にかけて美しい紫色の花が咲いた後に、赤い実がなります。

 

 

          クコの実(左)とクコの花(右)

 

 

 

根も葉も、実も

中国では果実を「枸杞子(くこし)」と読んで
枸杞酒や薬膳料理の材料として使われていますが
クコという植物の活躍はそれだけではありません。

 

葉は「枸杞葉(くこよう)」と呼ばれる漢方薬になり、
根皮は「地骨皮(じこっぴ)」という解熱や強壮薬に使われます。
私とクコの出会いは小学生の頃、母がクコの葉を煎じていたことが最初。

 

クコは中国と日本では「沼美久須利(ぬみくすり)」と
呼ばれて古くから栽培されていた植物です。
枝にトゲがあることから、生垣にも利用されていました。

 

 

    元は薬膳料理だった「杏仁豆腐」に使われている「クコ」

 

 

 

クコの「副作用」と「避けた方がいい人」

子どもの頃は腎臓病の改善のために母の煎じるクコの葉の何とも言い難い
香りがキッチンに充満していた経験から「おばあちゃんの漢方薬」の
イメージのあったクコが、現在はなんとヨーロッパのセレブ御用達とは。

 

地味な高校生と思っていた隣のお姉さんが、いつの間にやらパリコレで
ランウェイを颯爽と歩むスーパーモデルになっていた位の驚きですが
クコの薬効を御紹介する前に、副作用と摂取しない方がいい人のことを。

 

副作用としては、生理が早くなってしまう生理作用の促進があります。
また人工中絶薬の作用として知られる「ベタイン」を含んでいますので
妊娠している方や、授乳中の方は控えた方がよささそうです。

 

 

     アラボンヌーの「ゼリー杏仁」の真ん中にもクコが

 

 

 

クレオパトラと楊貴妃も毎日摂取

産地によって含まれる成分は多少異なるようですが、基本的に
クコの実には100種類以上のビタミンやミネラルが含まれています。

 

様々な薬効の中でも多くの女性に支持される美容面の効果
といえば、肌の美白効果、保湿効果、コラーゲンの生成等の
アンチエイジング効果があげられるでしょう。

 

世界三大美女(出た!)のうちの、クレオパトラと楊貴妃が
(今回は小野小町はお休み)毎日クコの実を食べていたといいます。

 

と御常連の三大美女のお話ですが、巷でいわれる三代美女も食べていた
という食品を集めてみたら、彼女らは美容のために毎日、どれほどの
食品を摂取していたのやらと他人事ながら心配になるほど。

 

 

 

 

 

美肌効果(美白、保湿、コラーゲン生成)

そんな昔にクコが肌によいということを知っていたのもすごいことですが
現在では、クコの実エキスが紫外線ダメージによる色素沈着の程度を
軽くするという実験結果を資生堂リサーチセンターが発表しています。

 

クコの実エキスは、ビタミンCの2倍の美白効果があり、シミの予防や
あるいはすでにできてしまったシミの回復にと効果を発揮するそうです。
またクコには、オレンジの約500倍ものビタミンCも含まれているとか。

 

先ほど、妊娠中、授乳中は避けた方がよいという「ベタイン」ですが
プラス面としては、保湿効果、血液浄化作用、肝機能活性作用も
ありますので、肝臓の働きを助け糖尿病にもよい作用が期待できます。

 

クコにはヒドロキシプロリンというコラーゲンの生成を促す成分も
含まれ、同時にコラゲナーゼ活性を阻害する働きも持っています。
ということは、コラーゼン生成だけではなく、コラーゲンを壊すことを
防いでくれる働きもしますので、これは願ったり叶ったりといえますね。

 

その上、クコに多く含まれている、βカロテンは抗酸化作用があり、
コラゲナーゼが活性酸素を阻害し、シワやたるみなどの進行を遅らせ、
ゼアキサンチンは、体内で発生した過酸化物を無害な物質にします。

 

 

          クコの実は紅茶にも合いますよ

 

 

 

「不死の実」

美容効果に比べてちょっとテンションは落ち気味ですが
目にもよく、クコの実は「飲む目薬」とも言われています。
中医学で「枸杞子(くこし)」は、滋養強壮、目の疲れを取る漢方です。

 

ゼアキサンチンという、目の網膜中心部に含まれる成分を有効に摂取でき
網膜を守ってくれるため、眼精疲労、白内障、緑内障の予防によいよう。
これ実は、私はかなり期待したいです。

 

ビタミン Pは冷え性やむくみ、血行不良による肩こりに効き、
ルチンが毛細血管を丈夫にし、ベタインが血行をよくして高血圧も予防。
疲れた神経を興奮させるアルカロイドには疲労回復作用も期待できます。

 

その他には、乾燥性の「カラ咳」にも効果があり、
うずくような腰やひざの痛みにも効果を発揮するといわれています。
また精子を増加させる効果もあり、少ない男性の治療にも使われるとか。

 

というようにクコの実の効果は満載ですが、それ故に
クコの実は「不死の実」ともいわれているそうです。
すごいですね、「不死」ですって!

 

 

          クコ入り茶1 紅茶に入れる

 

 

 

1日の摂取量は3〜5グラム

でも効果がすごいからといって、とり過ぎはやはり禁物。
1日に大さじ1杯、20粒前後がよいようです。

 

摂り方は私の友人のように他のものと混ぜてグラインダーで細かくする
のも消化によさそうですが、うちにはグラインダーがありませんので
そのままサラダやスープにと入れています。

 

クコのみをそのままいただくとレーズンに似ているともいわれます。
現在、私はレーズンが苦手なのですがクコの実は全然平気でした。
というより美味しかったので、そのままというのも充分ありですよ。

 

 

          クコ入り茶2 緑茶に入れる

 

 

 

クコ茶(クコの葉を煎じるお茶)

それ以外ではお茶にするという方法もありますね。
私の母がしていたように葉っぱを煎じて、クコに薬効を期待するお茶と、
もっと気軽にハーブティー感覚で様々なお茶にクコを入れるものと。

 

クコの葉を煎じるクコ茶の作り方
1リットルの水に大さじ2〜3杯ほどの乾燥したクコの葉を入れて
火にかけ、沸騰後は10分程度とろ火にすれば出来上がります。

 

また煎じずに、急須に入れ熱湯を注いで出すこともできます。
この場合も、クコの葉の量は大さじ1〜2杯でお好みで。

 

 

    クコ入り茶3 お湯に入れる(あるいは水から煮出す)

 

 

 

クコ茶(クコの実を入れたお茶)

今回、写真に撮ってみたクコ入り茶は、
1  紅茶、2  お湯、3  緑茶、の3種類ですが、コーヒーのような強いもの
以外でしたら、中国茶やハーブティーに加えてみてもいいですね。

 

クコをあまり多くは入れないようにして、今回はそれぞれ10粒ずつに。
私は、ほとんどお湯という感じはつまらないので
クコの実をお水から煮出してみました。

 

カップに直接、クコの実を入れてお湯を注ぐ方法もあるようですが
実は柔らかくはなりますが、お茶としては薄く味気ない気もします。
煮出しても、結構薄めでしたから。

 

もっとも産地や購入したお店によって違うと思います
ので、色々試してみると楽しいかもしれません。

 

スポンサードリンク




ヘーゼルナッツのロースト方法 ヘーゼルナッツ(ロースト)「フルーティヤフーズ」

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

 

初の「ロースト」ヘーゼルナッツ

今回、初めて「ロースト」をしたヘーゼルナッツを買いました。
以前は同じ「フルーティヤフーズ」でヘーゼルナッツの
生タイプを買ったことがありましたが、今回はローストを。

 

本当は,生を買って使うたびに自分で「ロースト」した方が酸化が
少なくて健康にはいいと思うのですが、どうも自分で上手に
「ロースト」する自信がないので、手っ取り早く買ってしまいました。

 

「ロースト」と聞きますと,まずはローストビーフや
ローストチキンなどという言葉が浮かびますが
そもそも「ロースト」ってどのような意味なのでしょうか?

 

 

ヘーゼルナッツの総生産量の75パーセントはトルコ産
日本に輸入されるヘーゼルナッツの95パーセントもトルコ産

 

 

 

「ロースト」とは?

『語源由来辞典』によりますと、「肉などをあぶり焼きにしたり、
蒸し焼きにしたりすること。また、その料理」のことで、
「ロースト」の語源・由来としては、英語の「roast,」からの外来語。

 

「あぶり焼き」を意味するゲルマン祖語の「raustjan」が
12世紀にゲルマン系のフランク語「rostir(ロスティール)」となり、
13世紀に英語に入り「roast」になりました。

 

一般的に「ローストチキン」や「ローストビーフ」など肉料理に使い。
「あぶり焼き」や「蒸し焼き」を意味するが「ローストナッツ」のように
「豆類を炒る」意味でも用いられるとのことでした。

 

 

          木になっているヘーゼルナッツ

 

 

 

生のヘーゼルナッツはちょっとクセがある

やっと最後になって,豆類のローストが登場しましたが
結局は豆(ヘーゼルナッツ)を炒ったものということですね。

 

一般的にナッツ類は、加熱によって栄養成分が失われてしまい
ますので、健康のためや美容上の効果を期待してヘーゼルナッツ
を摂る場合は、生のままの方が良いようです。

 

とはいえ、ヘーゼルナッツは生ですと少々、クセがあって
食べにくいという方もいらっしゃることでしょう。
そんな方には、自宅でのローストを是非、お勧めします。

 

 

ヘーゼルナッツの形には、1丸型( ROUNDED)、
2尖形(POINTED)、3長形(LONG)の3種類がある
これは1の丸型

 

 

 

ヘーゼルナッツのローストの方法

1 フライパン
まずは一番簡単なフライパンでローストする方法です。
弱火で、薄いキツネ色になるまでローストするだけ。

 

2 オーブン
160℃〜180℃のオーブンで10分ほどローストします。
香ばしい風味が立ち上ってくるロースト法です。
フライパンでのローストは焦げつきに注意が必要です。

 

3 ホームベーカリー
この方法は今回初めて知りましたが、ホームベーカリー
でもナッツのローストが出来るということです。

 

 

英語で「ヘーゼルナッツ(Hazelnut)」
フランス語で「ノワゼット(Noisette)」
日本語では「ハシバミ(榛)」

 

 

 

ロースト後にハチミツ漬けで保存

本当は、ヘーゼルナッツを使用するたびにローストする
というのが理想なのかもしれませんが、そうはいっても
毎回は面倒ですよね。

 

ある程度の量を一度にローストして、それを保存
しながら少しずつ使う、というのが普通のようです。

 

ただそれでも、出来るだけ酸化をおさえたいということも
あって、ローストをしたヘーゼルナッツの保存には
ハチミツ漬けをしている人がかなりいらっしゃるよう。

 

ローストしたヘーゼルナッツに限らず、ナッツ類のハチミツ漬けは
単に酸化を防ぐという意味だけではなく,おいしいということも魅力。

 

作り方は,というほど説明の必要もないほど簡単で、ローストした
ヘーゼルナッツがかぶる程度の蜂蜜を入れるだけです。

 

 

 

 

 

ヘーゼルナッツの効果

ヘーゼルナッツは、栄養価が高いといわれるナッツ類の中でも特に
生活習慣病の予防や老化防止などに効果があるナッツとして有名です。

 

老化防止に効果を発揮する抗酸化作用を持つ脂肪酸である
オレイン酸はアーモンドの1.6倍も多く含まれています。

 

そのほかには美肌効果や、腸内環境を整える効果もあり、
また骨粗しょう症の予防にも期待できるといわれています。

 

 

 

 

 

ヘーゼルナッツの栄養価
(可食部100グラムあたり)

エネルギー        684キロカロリー

タンパク質         13.6グラム

脂質           69.3グラム

炭水化物          13.9グラム

ビタミンE         28.3ミリグラム

ビタミンB2          0.28ミリグラム

カルシウム         130ミリグラム

食物繊維           7.4グラム

 

 

 

 

 

ヘーゼルナッツを効果的に食べるには

先ほどヘーゼルナッツの効果として、抗酸化作用を持つオレイン酸が
アーモンドの1.6倍も多く含むとお伝えしましたが、これを最大限に
活かすには、ヘーゼルナッツを食べるタイミングが重要なようです。

 

最もオレイン酸がよく働くといわれて炒るのは、食事の30分から
1時間半前までに食べるのがよいのだそうです。

 

なにやらお薬の服用のような感じもしますが、これが
抗酸化作用を最大限に活かせる時間帯なのだとか。
また1日の摂取目安は、約20粒ともいわれています。

 

ですが、まあこれは本当にお薬ではないのですから
これより少なくても多くてもよいのではないかと。

 

栄養効果を期待して摂るのもよいでしょうが、
私はそれ以上に味を楽しみ美味しくいただく方が
結果的には健康にもよいような気が私自身はしています。
美味しい方がいいよね。

 

スポンサードリンク