甘草(リコリス、licorice)

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

 

 

三大治療によらない栄養療法

現代の国民病ともいわれるガンですが
日本では「手術」「抗がん剤」「放射能」
という三大治療が一般的なようです。

 

ところが1990年、アメリカの国立がん研究所(National
Cancer Institute)は、三大治療によらずにがん発症を
抑える成分をもつ植物性食品「デザイナーズフーズ」
を摂る栄養療法を発表しました。

 

約40種類の食品をピラミッドの形でまとめたもの
ですが、ピラミッドの上の方に記載されている食品
ほどがん予防の効果が高いとされているものです。

 

 

「デザイナーズフーズ」」

 

 

ピラミットの一番上、第一段階には8つの食品
「キャベツ」「大豆」「甘草」「ニンニク」
「ニンジン」「ショウガ」「セロリ」
「パースニップ」が記載されています。

 

ほとんどはお馴染みの食品ですが、最後の
「パースニップ」は耳慣れない野菜でしたので
こちら(「パースニップは英語圏で人気の野菜」
「パースニップとルートパセリ」」は
ブログで取り上げてみました。

 

 

バーズニップ

 

 

「パースニップ」以外では「甘草」が
ちょっと微妙でしょうか?

 

「甘草(カンゾウ)」という名前自体は知って
いても、お薬、生薬としてで、食品としては
あまり馴染みがないというのが正直なところです。

 

私にとって「甘草」はなんといっても漢方薬ですが
風邪薬や咳止めの薬としても使われていて、その際は
「甘草」という名前ではなく、「グリチルリチン酸」
や「リコリス」などと表示されています。

 

 

 

お菓子のリコリス

「リコリス」と聞いて思い当たった方も
いらっしゃるかもしれませんね。
そう、お菓子のリコリスです。

 

 

ハリボー社の「リコリス キャンディ」

 

 

この写真は一見、何かのコードの写真に
見えますがこれがリコリスです。

 

見かけ同様(?)味も、ちょっとヘンテコリン
なもので、日本人にはあまり好まれませんが、
欧米では子どもから大人までかなりの人気者。

 

そうそう、日本では仁丹(ジンタン)
が甘草を使っています。

 

仁丹はお薬ではありませんが、まあちょっと
それ系という感じで捉えられていますが、
外国ではあの味のお菓子が好まれているのですね。

 

写真のリコリスキャンディを作っている「ハリボー社」
はドイツの会社で、世界最大のグミ製造会社です。
リコリスキャンディといっても
キャンディよりは「グミ」に近い食感。

 

 

 

ハリボー社のクマの形の「グミ」

 

 

 

ギリシャ語から

英語の「リコリス(licorice)」は
ギリシャ語の「グリキス(Glykys=甘い)」
と、「リザ(rhiza=根)」の合成語である
「グリキルリザ」に由来したものといわれています。

 

日本でもそのまま「リコリス」あるいは
「リコリッシュ」といい、スウェーデン語
「lakrits」や、デンマーク語の「lakrids」
などから「ラクリッツ」と呼ばれます。

 

和名の「甘草(カンゾウ)」はそのままで
甘みを持っている草の意味。
甘草の甘み成分である「グリチルリチン酸」は
お砂糖の数十倍もの甘さがあるといわれています。

 

 

マメ科の「甘草(カンゾウ)」の花

 

 

 

「甘草」は世界最古の生薬

古代ギリシャの医学の父といわれるヒポクラテス
(紀元前5〜4世紀)の『ヒポクラテス全集』や、
生薬学の父・テオフラステスの植物誌にも喘息、咳止め
などの効果があるとして甘草が記載されています。

 

アレキサンダー大王やカエサルの遠征軍に従軍した
兵士たちも、甘草を携行していったということ。

 

古代エジプトのツタンカーメン王(紀元前1367〜
1349年)の墳墓の副葬品の中にも大量の甘草が
あったといいますので、ツタンカーメンも
甘草を使っていたのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

「あらゆる薬の中心として……」

それまでは呪いや占いの域にあった医療から
陰陽五行の思想を人体に当てはめて、薬物に
よる医療が、中国で行われるようになったのは
春秋時代(紀元前770〜403年)でした。

 

中国医学の基本となる知識を
  『神農本草経』(薬物書)、
  『黄帝内経』(中国最古の医学書)、
  『傷寒雑病論』(処方集)
と3冊にまとめたのは『漢』の時代です。

 

現在の私たちも「漢方」という言葉をよく使い
ますが、それはここから来ているのだとか。

 

この『神農本草経』の中で「甘草」は
「あらゆる薬の中心として『国老(帝王の師との意味)』
という名を与えられている」と記されているそうです。

 

 

山梨県甲府にある「甘草屋敷(高野家)」
(写真/「富士山大好き」)

 

 

 

正倉院にも収蔵

日本では奈良時代(8世紀)の宝物が収蔵されている
正倉院にも、朝鮮人参などとともに甘草が香草類に保存
され、平安時代の律令制度の実務の便宜を図る為に編纂
された『延喜式』にも貢物として甘草が記されています。

 

また、山梨県塩山市には「甘草屋敷」
なるものがあるそうです。

 

これは江戸時代に薬用としての甘草を栽培し
幕府に収めていた高野家のお屋敷のこと。

 

(「旧高野家住宅 甘草屋敷」
*y〒404-0042 山梨県甲州市塩山上於曽1651
  0553-33-5910)

 

八代将軍・徳川吉宗の時代の1720(享保5)年から、
1872(明治5)年にいたるまでの間、幕府薬用として
甘草の栽培と管理を申し渡されていた高野家が
甘草を栽培していた場所です。

 

 

カンゾウの根(写真/「10 ceaiuri ce pot inlocui cafeaua」)

 

 

甘草の原産地は、地中海地方、ロシア南部、
中国北部、北アメリカなど。

 

マメ科の多年草で、高さは40〜70センチほどですが生薬
として使う地下茎は長さ1〜2メートルほどにもなります。

 

日本では300年以上前から、上記の甘草屋敷や江戸の
小石川御薬園で栽培されていましたが現在、日本で使用
されている甘草は、中国やアフガニスタン、オースト
ラリアなどから年間約8千トンも輸入されているもの。

 

しかし品質が一定ではないこと以外に、中国では甘草
の採掘が問題視され、難しくなりつつあることも鑑み
日本での栽培、生産が試みられているようです。

 

 

ハリボー社の「リコリスキャンディ」
味は好みが分かれそうですが、形はかわいいですね

 

 

 

甘草の薬効

読んで字のごとく甘い草「甘草」に含まれる
グリチルリチン酸やブドウ糖、ショ糖はお砂糖の
50倍とも100倍ともいわれる甘さを持っています
ので甘味料としても使われています。

 

甘草は緊張を緩和させ、活性酸素を除去する働きがあり
免疫力を高める効果も期待できる上、グリチルリチン酸
には肝機能障害やアレルギーに有効といわれています。

 

またグリチルリチン酸とそのほかの成分が
消炎作用や美白効果を持つことから、薬として
だけではなく、化粧品としても使われます。

 

 

 

 

ただし、どんなものもそうですが
甘草には副作用もあります。

 

血圧の上昇、手足の脱力感、頭痛、むくみ等々、
広範囲にわたる症状がありますので
取りすぎには注意が必要です。

 

副作用の出やすい人の特徴としては、
 1 服用期間が長い
 2 高齢になるにつれ
 3 男性より女性
 4 小柄な人
ということで、子どもや妊娠中の人は特に注意が
必要なようですので気をつけてくださいね。

 

スポンサードリンク




「大豆」 デザイナーズフーズにも入っている大豆の国内自給率は6%

「あぷりのお茶会赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

30パーセント以上がたんぱく質

大豆といえば「畑の肉」といわれますが
この言葉が生まれたのはドイツだということです。
一方、大豆を「大地の黄金」というのはアメリカ。

 

様々な所でこのようにいわれるのは
大豆がアミノ酸バランスのよい良質な
タンパク質を多く含んだ食品だからです。

 

乾燥した大豆の状態の30パーセント以上
がタンパク質ということ。

 

牛肉のサーロイン(約68パーセントは水分)の
タンパク質の含有量は、約21パーセントですが、同じ位
の水分(約64パーセント)を含んでいる、茹でた大豆
の場合のタンパク質含有量は約16パーセントです。

 

 

乾燥「大豆」

 

 

大豆やイネ、トウモロコシ、ゴマ、ピーナッツに
タンパク質、炭水化物、脂質、水分がどの程度の
割合で含まれているかを比べてみたのが次のものです。

 

     タンパク質 炭水化物 脂質  水分
________________________
ダイス(ゆで)
       16,0    9,7      9,0    63,5(%)
イネ(生)
        6,1    77,1      0,9    15,5
トウモロコシ(生)
        3,6   16,8    1,7     77,1
ゴマ(むき)
       19,3   18,8     54,9    4,1
ピーナッツ(乾燥)
       25,4     18,8     47,5     6,0

    (田中修「クイズ 植物入門」講談社2005)

 

 

上の乾燥大豆を水に戻したもの

 

 

 

吸収率もバツグン

人間の筋肉や内臓などの組織を作る成分である
タンパク質は、生命の維持に欠かせない不可欠な
ものであり、三大栄養素の一つでもあります。
(三大栄養素=タンパク質、脂質、炭水化物)

 

たんぱく質の英語「プロテイン(Protein)」は
ギリシャ語の「 Proteus)最も大事なものの意」
からきています。

 

必須アミノ酸をバランスよく含んでいる良質な
タンパク質の代表的なものは肉や卵ですが
大豆は植物性食品でありながら、肉や卵にも
負けないほどの良質なタンパク質を含んでいます。

 

 

 

 

また、摂取したタンパク質の消化吸収
においても大豆はスグレモノ。

 

大豆のタンパク質の消化吸収率は、納豆で91パーセント、
お豆腐で95パーセントという高吸収率。

 

つまり大豆は、良質のタンパゥ室をたくさん含み
なおかつ高吸収率というわけです。

 

 

ショウガ

 

 

これらの大豆の良質なタンパク質は、
・心臓病のリスクを低減させ、
・骨を丈夫にしたり、骨粗しょう症の予防、
・更年期障害を軽減させ、
・肥満予防効果があり、ダイエット効果を高める
というような働きをします。

 

 

アメリカ合衆国政府が発表した、ガンの予防に
効果があると考えられる食品「デザイナーズフーズ」
の中にも大豆は含まれています。

 

アメリカ国立ガン研究所による「デザイナーズフーズ」
とはニンニク、キャベツ、ショウガ、ニンジン、セロリ、
甘草、パースニップ、そして大豆の全部で8つです。
(「パースニップ」については次回)

 

 

ニンジン

 

 

 

原産地は……

パースニップに思わぬ道草をしてしまいましたが
パースニップとともに、ガン予防に効果がある食品
ベスト8に選ばれた大豆ですが、原産地については
はっきりしたことはわかっていないようです。

 

昔は満州、シベリア説が有力だったといいますが
次第に中国河南説も多く出てきているとか。

 

一般的には紀元前2000年以前から、中国のかなり
広い範囲で栽培されていてその後、朝鮮半島や
東南アジアに広まっていったといわれています。

 

 

大豆の新芽

 

 

 

日本へは弥生時代に

日本へは、弥生時代に水稲とともに入ってきたとも
あるいはそれより少し遅れて入ったともいわれていてます。

 

縄文遺跡には、ツルマメ、リョクトウ
などの小さな豆は出土していますが
大豆のような大きな豆の出土はないそうです。

 

奈良時代に中国との交流が盛んになってからは
仏教とともに味噌、醤油などの大豆の加工品が
その加工方法とともに伝わってきました。

 

「古事記」にも「豆」という文字が記されて
いるそうですが、当時は大豆は貴重なもので
一般庶民には普及していませんでした。

 

 

大豆の「実」、左下にあるのは小さなピンク色の花

 

 

 

鎌倉時代から栽培が広がる

日本で大豆を栽培するようになったのは鎌倉時代以降
で、大豆の栽培が広まるに従い加工秘術もまた発達し
味噌、醤油、納豆、豆腐、きな粉、おから、湯葉等、
大豆の加工品が作られるようになってゆきました。

 

大豆はまた、侍や農民たちの戦(いくさ)時の
保存食としても大切なものでもありました。

 

大豆を少々早めに収穫して、エダマメとして食べる
ようになったのも、いつの頃からかわからないそう
ですが、江戸時代には夏になると、エダマメ売り
の姿を町で見ることができたということです。

 

陰暦の9月13日を「豆名月」と呼んで
エダマメを供える習慣もありましたしね。

 

 

「黒豆」も大豆の仲間

 

 

 

「大いなる豆」

大豆には粒の大きさ以外に
色の違うたくさんの種類があります。
黄色、白色、緑色などで、おせち料理に
黒豆も大豆の仲間「黒大豆」。

 

大粒種は、煮豆などのようにそのまま調理するものに
使われ、中粒種は、豆腐、味噌、醤油などの加工品に
多く使われ、小粒種は、主に納豆になるようです。

 

また「大豆(だいず)」という名前の由来は「大いなる」
豆、立派な豆というところからきているそうです。

 

 

 

 

 

下がり続ける食料自給率

こんなにも古くから日本人の生活に深く
浸透して、なくてはならない存在の大豆
ですが、自給率はかなり低いのが現状です。

 

農林水産省によりますと2013(平成25)年
の大豆自給率は6パーセント。

 

サラダ油などの原理ょとなる油糧用を除いて
食用品に限ると21パーセントということですが
これでもかなり低いですよね。

 

また大豆に限ったことではなく、日本の食料自給率を
見てみますと、こちらも絶望的ともいいたい低さです。

 

ちょっと古いのですが、農林水産省の
1997(平成9)年の白書から。
1960年以降の穀物自給率は、1961年が76パーセント
でしたが、1992年では、29パーセントと
急激に下落しています。

 

 

グラフ(「エダマメの豆知識」

 

 

1996年に発表した「fao(国連食糧農業機関)」
の資料で、1988〜1990年の穀物自給率は、

 

先進国平均で108パーセント、
開発途上国平均が92パーセントであるのに対して
日本は26パーセントとなっています。

 

fao加盟国、126カ国の中で113番目という低さ。
日本より低い国は、砂漠、赤道直下の
熱帯雨林や北極圏などの国々。

 

 

 

 

ヨーロッパは特に、近年国内生産力の向上に
国内生産力の向上に努めて実績を上げている
そうですが、それと対照的なのが日本です。
ちょっと想像を絶する低さに驚きました。

 

2013年の大豆生産量は国内では
1位 北海道、2位 佐賀県、3位 滋賀県、

 

世界では
1位 アメリカ、
2位 ブラジル、
3位 アルゼンチン
ということです。

 

スポンサードリンク




シナモン 「シナモンロール(成城石井)」と「八つ橋(匠、宇治彩菓)」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

151115sinamonroru

 

 

世界3大スパイスの一つ

「コショウ」「クローブ」とともに世界の3大スパイス
として有名な「シナモン」は「世界最古のスパイス」
ともいわれています。

 

紀元前4000年頃にはミイラ作り
にも使われてたそうですよ。

 

シナモンは、高さが10メートルにもなるクスノキ科
の常緑高木で、淡い褐色の厚い樹皮が
お互いに内側に巻いた形態をしています。

 

樹皮の裏側がシナモンの香りがする部分で
木自体は匂いがしません。

 

この樹皮を剥いで乾燥させてたものがシナモン
スティック、フランス語では「カネール(cannelle)」。
こんなによい香りなのに、アリや虫は嫌いなんですって。

 

 

セイロンシナモン 後ろがスティック、前がパウダー

 

 

熱帯地方が原産地と推測されているシナモンは
一年中花を咲かせる木で、葉脈の形が面白いことも
あって観葉植物として楽しむ人もいます。
日本名は「桂皮」「肉桂」。

 

 

 

セイロンシナモン

「シナモン」の英語表記は「Cinnamon」で
学名は「Cinnamomum zeylanicum 」。
「zeylanicum」とは「スリランカの」を意味する言葉。

 

英語の「cinnamon」は、ギリシャ語の「kinnamon」
が語源といわれ、このギリシャ語はヘブル語の
「qinnamon」からきているといわれています。

 

インドネシア原産の「Cinnamomum zeylanicum 」を
オランダ人が18世紀にスリランカで栽培したため
「セイロンシナモン」とも呼ばれます。

 

 

シナモンの木

 

 

 

カシア

普通、シナモンといえば「セイロンシナモン」
を指しますが、中国南部やベトナム、アフリカ
でとれる「カシア」もあります。

 

「セイロンシナモン」は上品で甘い繊細な香り、
一方「カシア」は、濃厚で辛味が強いのが特徴。

 

両者は共に、はがした樹皮を丸めて乾燥させた
ものですが、「セイロンシナモン」より
「カシア」の方が少々肉厚です。

 

「セイロンシナモン」や「カシア」以外では
インドでとれる「シナモン・タマラ」、
中国の「「シナニッケイ」や「ニッキ」があります。

 

 

シナモンスティック 少し肉厚の「カシア」

 

 

 

偽装「セイロンシナモン」?

「セイロンシナモン」には「オイゲノール」という
成分が含まれていて、「セイロンシナモン」独特の
マイルドな香りを生み出しています。

 

ところが最近の日本では、「シナニッケイ」が
「セイロンシナモン」として売られている
こともあるのだとか。

 

安さや供給の安定ばかりを望むことで
ホンモノがすり替わってしまうのですね。

 

少し前の記事の杏仁豆腐の元となる
「杏仁霜(あんにんそう)」
もそうでしたが
消費者の姿勢が問われているようです。

 

 

アラボンヌー「ゼリー杏仁」

 

 

 

シルクロードやスパイスロードを渡って

中国やタイ、インドネシア、セイロンと、東洋の
シナモンは陸路のシルクロードや、「香料の道
(スパイスロード)」、またインド洋やアラビア海、
紅海を経る海上ルート等で、地中海沿岸地方
へと運ばれました。

 

シナモンの産地を明かさなかったり、あるいは
神秘的な付加価値をつけたりすることにより、
価格を上げていたともいわれるほどシナモンは
遠い異国の神秘的なスパイスだったよう。

 

こうして長い旅を経たシナモンは、紀元前6世紀頃
書かれた旧約聖書の『エセキエル書』や、
古代ギリシアの詩人だった、サッポーの
書いた詩にも登場することになります。

 

 

スターアニス

 

 

 

フェニックスもミイラも、権力者も

エジプト神話のなかで不死鳥として知られる
フェニックスは、死期が近づくと、シナモンの小枝を
集めて火をともし自らの身を焼き、その灰の中から
復活するという、永遠の時を生きるとされる火の鳥。

 

そして永遠の時を生きるミイラもまた
シナモンによって作られます。

 

クミンやアニス、マジョラムなどで作られていた
ミイラは、紀元前4000年頃からは、シナモンや
クローブで作ることが主流になりました。

 

 

 

 

ミイラ作りにおいては、殺菌作用や防腐作用を期待
されていたシナモンですが、その芳香は当時の
エジプトの権力者たちの日々の生活や、聖なる儀式に
欠かせないものとなり、重要な位置を占めてゆきます。

 

またシナモンは愛情を表すための
プレゼントでもありました。

 

ローマ帝国第2代皇帝のネロは、妻が亡くなった
際に、1年分もの大量のシナモンを焚くことで
愛情を表したともいわれています。

 

 

 

 

 

日本に伝わったのは奈良時代

一方、中国でシナモンが初めて登場
するのは、後漢時代(25〜220年)。

 

薬学書である『神農本草経』にシナモンは
「牡桂」や「菌桂」という名前で記載されおり
漢方薬として扱われていたことがわかります。

 

日本にも聖武天皇の時代(724〜749年)には、中国
から伝わっていたようで、コショウやクローブ、香木
などと一緒に中国産のシナモンが正倉院に「桂心」
という名の生薬として現在でも保存されています。

 

 

香木「伽羅」

 

 

奈良時代に日本に入ってきてはいましたが、当時
「桂心」と呼ばれていたシナモンは天皇や貴族たち
のもので、一般庶民に親しまれるようになった
のは江戸時代になってからのこと。

 

 

「シナニッケイ」という品種の樹木が、江戸時代
の享保年間に日本に伝り栽培が始まったため
一般庶民にも浸透するようになりました。

 

 

 

 

 

八つ橋やお屠蘇にも

日本で栽培されていくうちに
シナモンは「日本肉桂」や「ニッキ」
と呼ばれるようになっていきます。

 

シナモンは普通、樹皮を利用するものですが
ニッキは根の部分を乾燥させて作るため
シナモンより一層スパイシー。

 

これを利用したものが、京都の
有名なお菓子「八つ橋」です。

 

 

 

 

ニッキの油を生地に加えて、おせんべいのように
焼いたもので、江戸時代から作られていました。
焼かないものの方は「生八ツ橋」と呼ばれています。

 

またお正月に頂くお屠蘇にも、シナモンは入っています。
三国時代の中国で医師により作られたという
お屠蘇は、病を防ぐ飲み物とされていました。

 

 


ニッキ油を使った「生八ツ橋」(匠、宇治彩菓)

 

 

 

煮込み料理やお菓子に

シナモンの香りの主成分は「桂皮アルデヒド」です。
「桂皮アルデヒド」とは、「シンナムアルデヒド
(cinnamaldehyde)示性式 C6H5CH=CH?CHO 」
という芳香族アルデヒドの一種。

 

この桂皮アルデヒドは、40度前後で香りが最もよく
発散するといわれ、さまざまなお料理に使われています。
もちろん、カレーにもシナモンは欠かせない香辛料ですね。

 

煮込み料理に、ローレル(月桂樹)の葉っぱを入れる
ことがありますが、インドでは、シナモンの葉を
同様に煮込み料理に使うことから、シナモンの葉を
「インディアンベイリーフ」とも呼ぶそう。

 

シナモンはお砂糖との相性も抜群なため、パンや
クッキーにジャム、特にアップルパイや
シナモンロールなどはシナモンの独擅場。

 

グラニュー糖とあわせるシナモンシュガーも、
トーストやヨーグルト、アイスクリーム
などで大活躍すること間違いなしです。

 

 

 

 

 

薬効

漢方の「桂皮(ケイヒ)」は、体を温める作用、
発汗作用、健胃作用をもつとされ、多くの方剤に
処方されていますので、シナモンもその働きに
近い効果があるといわれます。

 

血行促進
冷え性の改善も期待でき、むくみの予防にもなります。

 

風邪の症状の緩和
粘液の排出を促進してくれるので、風邪の症状が
和らぐだけではなく、悪寒や暑熱にも良いそう。

 

消化促進作用
食後に飲むと胃腸を守ってくれます。

 

血糖値を下げる
毛細血管の修復を促し、心筋梗塞の予防にも。

 

神経の痛みを除去
手が痺れるなどの軽い神経の痛み、筋肉痛
などに効果があり、精神面での不安を
取り除きリラックスされてくれます。

 

 

「シナモン」のスティックとパウダー

 

 

 

手軽に作れるシナモンレシピ

シナモンをお料理に使うだけではなく、もっと手軽に
いつもシナモンを摂りたいという方へのお手軽レシピを。

 

さっと焼いた食パンに、ココナッツオイルとシナモン
シュガー(お砂糖にシナモンパウダーを混ぜたもの)
+塩を乗せて焼くだけのシナモントースト。

 

シナモンをもっとも簡単に摂ることが
できるのは飲み物でしょうか。

 

 

 

 

カプチーノコーヒーに添えるものはいうまでも
ありませんが、ココアなどにシナモンを入れたり、

 

クエン酸にハチミツを加えてレモネードのようにした
ものに、シナモンを加えるなどなど、色々なドリンク
にシナモンを試してみるのも楽しそうです。

 

 

シナモンロール「成城石井」麻布十番店

 

 

 

使用に際しての注意点

ただし注意も必要で、シナモンはクマリンを含むため
過剰摂取をすると肝障害を起こすこともあります。
1日に3グラムまでを目安にするとよいよう。

 

シナモンパウダー1振りは0,1グラム、と聞くと
全然、平気と思いますが、シナモンロール1つは
2,5グラムですので、やっぱり注意が必要かも。

 

「チャイナシナモン」より「セイロンシナモン」の方が
肝臓にかかる負担が少ないといいますので、いつも摂り
たい方は「セイロンシナモン」を選ぶ方がよいようです。

 

もう一点、シナモンには子宮収縮作用があり、子宮出血
や流産の危険性もあり、ドイツ連邦リスクアセスメント
研究所ではシナモンに含まれる、シンナムアルデヒドが
胎児に悪影響を及ぼすと注意を促しています。
妊娠中の方は避けてくださいね。

 

スポンサードリンク