「キットカット」の名前の変遷 日本は「キットカット」世界2位の消費国 

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140919kittokatto

 

 

九州の方言から?

「キットカット」は日本では受験の時にも人気のお菓子ですね。
これについては「ネスレ」のサイトでは、

 

九州の方言で「きっと勝つどぉ(きっと勝つよ)」が「キットカット」
という言葉に似ていることから、九州を中心に受験生の間で生まれ
2002年頃から受験生の間に口コミで広まった、

 

というような説明があります。
私自身はもっと前から、すでに大昔の私の受験時代から、そのように
囁かれていたような気もするのですがいかがでしょうか?

 

 

 

 

イギリス生まれの「キットカット」

この「キットカット」の本家といえば、もちろんイギリス
ですが、現在はイギリス以外の多くの国でも作られているよう。

 

次の写真は以前、シアトル在住のみぎぃさんに
送っていただいた「キットカット」たちです。

 

左の赤い四角形の大きいものがアメリカの「キットカット」。
その右にあるの細長い2つのものはイギリス、
下の緑色の細長いものはブルガリアの「キットカット」なんですって。

 

 

blog_import_515364c4f19a211赤い四角形(アメリカ)       細長い赤(イギリス)
細長いオレンジの模様付き(イギリス)
緑りの細長(ブルガリア)

 

 

送ってくれたみぎぃさんの美味しさの順位というと
一番美味しいのは日本、次がイギリスだとのことでした。

 

それを聞いた時に私は、同じキットカットなのに味が違うの?
と不思議に思っていたものでしたが、今回それらをいただいて
ようやく納得、謎が解けました。

 

 

 

「キットカット」はミートパイの名前だった?

今やイギリスのみならず、多くの国で作られている「キットカット」。
一体、いつ誕生したのかといいますと、「キットカット(Kit Kat)」と
いう名前そのものはすでに18世紀にはイギリスに存在してしていました。

 

とはいっても当時の「キットカット」は現在のような
チョコレート菓子ではなく「ミートパイ」の名前だったようです。

 

ロンドンのクリストファー・カット(Christopher Catt)が
経営していたレストランで出していた羊肉のパイの名前が
彼の名からきた「キットカット」というものでした。

 

 

当然のことながら、当時の写真ではありませんが

 

 

なお、英語がわからない日本人の私にはよくわかりませんが
「クリストファー」という人名の当時の愛称は「キット」だったとの
ことですから「キットカット」といったら、まんま彼の名ですよね。

 

有名な羊肉のパイ「キットカット」がでるレストランで
社会をよりよくするための政治的、文学的な会合が開かれましたが
そのクラブの名前も「キットカットクラブ(Kit  Kat  Club」でした。

 

1911年には、ヨークにあったお菓子製造のロントリー社(Rowntree’s)が
「キットカット」を登録商標し、1920年代に「キットカット」の名前の
ついたお菓子を発売しましたが、1930年代初頭には生産中止になりました。

 

 

blog_import_515363452f412-11こちらは日本で購入した「ラズベリーキットカット」
私個人の感想としては、香りがちょっと強すぎるかな

 

 

 

社員の提案から生まれた「キットカット」

というように「キットカット」は、実態よりも先に名前が誕生していた
お菓子なのですが、その名にふさわしい私達にお馴染みの
「キットカット」というお菓子が生まれたのは、1935年のことでした。

 

登録商標を持っていたロントリー社の提案箱に寄せられた
社員の提案がもとになってできたのだそうです。

 

その提案というのはこのようなものでした。
「男性がランチバックに入れて職場に持っていくことが
できるようなチョコレートーバーを作ってみては?」

 

 

140919rosenthalbourukitkatこちらはミニタイプの「キットカット」
色々な種類がありすぎて、全部を試すことはできないほど

 

 

 

「ロントリーズ」から「キットカット」へ

かくして1935年8月29日にお馴染みの「キットカット」の前身が生まれました。
ですが、誕生した時は「キットカット」という名前ではなく「ロントリーズ・
チョコレート・クリスプ((Rowntree’s Chocolate Crisp))」という名でした。

 

まあ何とも現在の「キットカット」になるまでに、名前と実態がなかなか
一致しない「キットカット」ですが、この「ロントリーズ・チョコレート・
クリスプ」はロンドンとイングランドの南部一帯で発売されました。

 

「ロントリーズ・チョコレート・クリスプ」は大ヒットします。
その2年後の1937年5月、大ヒットを受けお菓子の名前を、より覚えやすいよう
「キットカット・チョコレート・クリスプ(Kit Kat Chocolate Crisp)」に改名。

 

と同時に「キットカット」という名前に、「ブレイク(Break、休憩)」
を組み合わせた大々的な宣言が始まりました。
「ブレイク(休憩)してバーを割って食べよう」という
現在にも続いているこのコンセプトが生まれたのです。

 

 

 

 

 

 戦時中、赤  →  青に変わった「キットカット」

ところが1942年、原材料の一つである牛乳が手に入らないため
ロントリー社は「キットカット・チョコレート・クリスプ」の
レシピの大幅な変更を余儀なくされます。

 

1942年といえば第二次大戦真っ最中、原料の調達ができなかったのです。
今までの製品とは異なったお菓子となってしまった「キットカット・
チョコレート・クリスプ」の名から「チョコレート・クリスプ」の文字をとり、

 

「キットカット」だけを残した上に、パッケージも赤から青い色に変更。
味も「ダーク」と呼ばれるものになりました。
ロントリー社は、次のような説明書をつけたといいます。

 

 

senjityukitkat香港海防博物館に展示されている戦時中に発売された
青い「キットカット」(写真/Wikipedia)

 

 

 

青ざめた悲しげな「キットカット」

「平和な時代に楽しんでいただいていたチョコレートクリスプは
牛乳不足のため作ることができなくなりました。
この『キットカット』は、現在我々が提供できる、
最大限
味を近づけたレシピで作られた製品です」

 

ブルーは大好きな色ではありますが、そうと知ってみるからでしょうか
何とも青ざめて寂しげな「キットカット」ではあります。

 

そして1949年、戦後になり「ダーク」味から「ミルク」味の
赤いパッケージが再び戻ってきましたが、「キットカット」
という名称はそのまま使われることになったのです。

 

 

 

抹茶味の「キットカット」

 

 

 

日本上陸は1973年

 

赤い「キットカット」が戻ってきてから約10年後、
「Have a break, have a Kit Kat.」という今に続く今に続くコピーが
1958年に誕生に、イギリスのTVでで大キャンペーンが打たれました。

 

そして1973年「キットカット」は日本にも上陸したのです。
イギリスのロントリー・マッキントッシュ社と
提携した不二家から発売されることになりました。

 

その後、ロントリー・マッキントッシュがネスレに吸収され、
1989年にネスレと不二家の合弁企業「ネスレマッキントッシュ」設立、
後に「ネスレコンフェクショナリー」に社名を変更後、
2010年にネスレ日本に吸収されています。

 

 

kitkatiroiro1左/イギリス「Pop Choc」
中/アメリカの普通サイズ
右/アメリカ「Big kat」

 

 

 

 現在、日本は世界第二位の消費国に

「キットカット」が日本に入ったのはそれほど早くはなかったものの
現在では、「キットカット」の本国であるイギリスの次、
世界第二位の「キットカット」消費国だそうです。

 

日本では、ホワイトチョコ、宇治抹茶、ほうじ茶、さくら風味、ラムネ、
わさび、アップルビネガー、ずんだ、夕張メロン、マンゴー,巨峰、
ヨールグ等々、100種類以上ものキットカットが発売されているとか。

 

2010年の8月30日には、37年ぶりにウエハースが今まで以上に
サクサクするように食感を改良させたそうです。

 

スポンサードリンク




「杏仁霜」の英語表記は「アーモンドパウダー」??  ゼリー杏仁「アラボンヌー」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

150924arabonnu

 

 

上は果物、下は杏仁

「アラボンヌー」の「ゼリー杏仁」。
実はこの写真、かなり前に買ったもので「アラボンヌー」は季節毎に
違うケーキが出てきますので、現在これはないかもしれません。

 

季節的にはちょうど今と反対の夏付近に買ったように記憶しています。
次の写真のように、雨で正面のプルデンシャルタワーが霞む日が続き
何ともぼやけた写真しか撮ることができなかった頃でした。

 

「ゼリー杏仁」の上部は、果物の涼しげなゼリー、下は杏仁ゼリー。
一番上にのっている赤いものは、何だったか忘れてしまった
のですが、クコ(枸杞)の実でしょうね、杏仁ですので。

 

 

150923zerianninアラボンヌー「ゼリー杏仁」
靄でぼやけた日に、ぼやけた写真でごめんなさい

 

 

 

漢方薬で使用する時は「きょうにん」

ところでこのケーキの名前は「ゼリー杏仁」ですが
これは「杏仁豆腐(あんにんどうふ)」の「杏仁」ですね。

 

お菓子として「杏仁」を使う場合は「あんにん」と呼びますが
漢方薬で薬として使用する時は「きょうにん」といい、苦味が強い
「苦杏仁(くきょうにん、Prunus maximowiczii)」が使われます。

 

それに対して杏仁豆腐等に使われるものを
「甜杏仁(てんきょうにん)」ともいいます。

 

今ではデザートの定番の杏仁豆腐も、本来は薬膳料理の一種でした。
苦味が強い「苦杏仁(くきょうにん)」に甘みを加えなめらかにして
食べやすくと考えられたのが、現在の杏仁豆腐だったのです。

 

 

               杏仁豆腐

 

 

 

すでに3世紀からお薬だった「杏仁」

漢方薬としての杏仁は、すでに3世紀、三国時代に編集された
最も古い漢方薬書である『傷寒論』にも登場しているお薬。

 

肺と腸を潤す働きがあるといわれ、喘息や咳止めに、
またタネに含まれる油分が整腸作用をもつことから
便秘を解消する働きもあるといわれています。

 

「毒のある薬味」ともいわれる杏仁は、使う分量を慎重に決める
ようにともいわれる薬ですが、その理由はアーモンドやビワの葉
にも含まれる、アミダグリンという成分を含むから。

 

 

         アミダグリンを含んでいるアンズ

 

 

 

アミダグリンを含みますが……

アミダグリンそのものには毒性はありませんが、エルムシンという酵素に
より加水分解されると、ベンズアルデヒドとシアン化水素を発生します。
(青酸、猛毒ですが、長期に保存すると分解されて無害になります)

 

エルムシンは、アミダグリンを含む未熟な果物に含まれていることがあり
ますが、果物が熟するにしたがいエルムシンの作用によりアミダグリン
が分解されるために濃度が下がり、青酸もなくなっていきます。

 

ですからアミダグリンを含む、アンズやウメなどを
食べも、青酸中毒になる心配はほとんどないとのこと。

 

 

 

 

確かにエルムシンは動物の体内のある酵素ですので
高濃度のアミダグリンを含む果物を食べると加水分解され
青酸を発生し、中毒を起こすことも考えられます。

 

ですが致死量は未熟な梅を、100〜300個ほど食べた場合
ということですので、あまり心配する必要はないようです。

 

 

 

「杏仁(あんにん)」

「杏仁」とは「杏(アンズ・アプリコット)」という字がついて
いる通り、アンズの種の中にある仁(さね)を取り出したもの。

 

 

anzu                アンズ

 

 

写真の右側の半分に割ったアンズの実の中に、タネが見えますね?
このタネの殻を取り除いたものが「杏仁」。

 

下の写真でいいますと、右下の小さい四角の写真に写っている
カボチャのタネのように平たいものが「杏仁」で
硬い皮の中に白い実が入っています。

 

 

anninsou         左が「杏仁霜」  右下が「杏仁」

 

 

 

「杏仁霜(杏仁粉)」

その杏仁をすり潰したものが
左の写真のお皿の上に乗っているもの。

 

「杏仁霜」あるいは「杏仁粉」というそうです。
「杏仁霜」と書いて「あんにんそう」と読みます。

 

つまり「杏仁霜」とは、アンズのタネ(仁)を粉末にしたもののことで
これに甘みと牛乳を加え、ゼラチンや寒天などで固めたものが杏仁豆腐。

 

 

150924arabounu          アラボンヌー「ゼリー杏仁」

 

 

 

意外に高価な「杏仁霜」

この「杏仁霜」というのは高価なものだそうで、香りが似ている安価な
アーモンドパウダー(エッセンス)で代用されることもあるようです。

 

また、ブドウ糖やコーンスターチなどの粉と混ぜて
販売されていることも多い製品なのだとか。

 

つまり「杏仁霜」といっていても、本物の「杏・アプリコット」
のタネの中から取り出したものは少ないということです。

 

 

      ほぼ中央の「a」が「アラボンヌー」の位置です

 

 

 

ちょっと信じられない「?」なお話

とここまでは比較的、わかりやすい話だったと思うのですが(だよね?)
ここからは、私にはちょっと理解がしがたい話なのですが……。

 

 

「杏仁霜」といっても多くのものがアーモンドパウダーの代用品で
本物はなかなかないのだよ、といわれると、それならば本物を
手に入れてみたいと思った私はネットで検索をしてみました。

 

すると私がみたものは全てかなり安価なもので、これが本当に
アンズの仁からとったものなのだろうか?、と不安が頭をもたげます。

 

原材料を見るとコーンスターチなどは加えてあるものの「甜杏仁」とも
書いてあるのですが、表記は「杏仁霜 アーモンドパウダー」です。

 

やっぱり本物ではなくアーモンドパウダーなのだ、と思った
その後のことでした、めくるめく混乱が私を襲ったのは!

 

 

  「アラボンヌー」〒107-0052 港区赤坂4-3-13 Tel.03-3583-7665

 

 

 

「杏仁霜」は英語で
「アーモンドパウダー」?!

「杏仁霜」は英語で「ALMOND   POWDER(アーモンドパウダー)」
というと書いてあるのです。
だから「杏仁豆腐」を英語でいうと「almond jelly」となるのだそう。

 

本物の「杏仁霜」の代わり、つまりニセモノとしてアーモンドパウダー
が使われているというのに、本物の「杏仁霜」の英訳が
「アーモンドパウダー」では、わけがわからないではありませんか!

 

と思ったら、やはりその辺りを疑問に思った方
がいて、ブログで書いていらっしゃいました。

 

 

          アラボンヌー「ゼリー杏仁」

 

 

その方の説明はこのようなものです。
「ようこのニュージーランド日記 〜女将の本音ブログ〜」

 

「本家本元の中国で、あんにんとアーモンド
の区別がされていないらしいのです。
ではなぜそんなことになってしまったのかというと、
杏の種の核と、アーモンドが見た目似ていることと、
匂いが似ているからなのだそうです。」

 

そして、どちらかわからない「杏仁霜(アーモンドパウダー)」を
買ってきた後に作ってみて、初めてそれが本物の「杏仁豆腐」かあるいは
「アーモンド風味の牛乳寒天」なのか、やっとわかるということでした。

 

「杏仁霜」は高価なので、ブドウ糖やコーンスターチ、香りが似ている
アーモンドパウダー(エッセンス)で代用するニセモノが多い

 

といいながら、

 

「杏仁霜」の英語表記が「アーモンドパウダー」である
ということは、ホンモノの英語表記が、ニセモノの名前というわけなの?

 

 

          赤坂「うまや」の「杏仁豆腐」

 

 

 

「アーモンド風味の牛乳寒天」!

今が調べた限りでは、ネットで売られている「杏仁霜
(アーモンドパウダー)」は「杏仁霜」とともに「コーンスターチ」
を初めとした粉類と、「エッセンス(香料)」を含んでいます。

 

そしてかなりお値段が安いのも、共通していて気になるところ。
現在はないようですが一昨年、ネットでおそらく本物の「杏仁霜」
が販売されていましたが、それなりのお値段だった記憶があります。

 

ということは安価な流通品は「杏仁霜」を含んではいても
ごく少量で、香料と記してあるものは「アーモンドエッセンス」
なのではなかろうかと思った次第。

 

 

150924zeriannin          アラボンヌー「ゼリー杏仁」

 

 

購入して作ってから「杏仁豆腐」か「アーモンド風味の牛乳寒天か」
わかるとはいっても「杏仁霜」と書いてあるから本物と思い込んで
いる人には、比較することさえ考えつかない気もしますし。

 

まあ、美味しい杏仁豆腐だなぁ、と思うならばそれでいいのかな。
今日は、ホンモノも食べてみたいと思うしのぶっちの
小さな親切、大きなお世話のお話でした。

 

スポンサードリンク




カカオ85%、99%のチョコレート「リンツ(Lindt)」 成城石井麻布十番店

「あぷりのお茶会赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

161017lindt99

 

 

「成城石井」麻布十番店

前回の「イートモアグリーンズ」の斜め後といった
あたりの場所にあるのが成城石井麻布十番店です。
麻布十番駅の4番出口から徒歩2分ほど。

 

「成城石井麻布十番店」
 106-0045 港区麻布十番2丁目2-10 麻布十番スクエア1F
 03-5439-6401  24時間営業)

 

麻布十番に「成城石井」がいつ出来たかは覚えていないのですが
そんなに前ではなく、少なくとも前回、御紹介した
「カフェ  ラ・ボエム」よりは後だったような気がします。

 

 

azabu (K)が「成城石井  麻布十番店」(Aの左がピーコックのあった場所)

 

 

 

「ピーコック麻布十番店」は一時休業?

このそばにあった「ピーコック麻布十番店」が9月11日でなくなった
ので、「成城石井麻布十番店」の需要がたかまるかもしれませんね。

 

まさについ最近まで営業していたので、上記の地図では(A)の少し
左側に「大丸ピーコック麻布十番店」との記載がまだ残っています。

 

ピーコックのサイトでは「一時休業させていただいております」
と記載されているのですが、また営業を再開するのでしょうか?
今日見ましたら、お店の前はもう塀のような囲いが出来ていましたが。

 

 

160712lindt        エクセレンス・85%カカオ「リンツ」

 

 

 

最初はカカオ86パーセント

今日は2つのチョコレートを御覧いただきたいのですが
まず最初はリンツ社のカカオ85パーセントチョコレート。
南麻布の「ナショナル麻布スーパーマーケット」で購入しました。

 

その時に同じリンツのエクセレンス・カカオ99パーセントも
あったのですが、これはちょっと無理かな?、と思って
無難なところで85パーセントにしたのです。

 

ちなみにこれ以外には、もう少しカカオの分量の少ない
70パーセントというチョコレートもありました。

 

リンツのサイトを見てみますとそれ以外にも
カカオ90パーセントというものもあるようですね。
私はお店で見た記憶はありませんが。

 

 

blog_import_515361ab92b4e          こちらはカカオ86パーセント

 

 

86パーセントを食べてみましたら全然、平気。
普通のチョコレートをさほど変わらないような感じでした。

 

以前、他のメーカーのチョコレートでしたがカカオ86パーセント
というのを試したことがあり、そんなに食べづらいものでない
ことは経験済みでしたので、まあこんなでしょう、という感じ。

 

 

160712chocolate        エクセレンス・カカオ85%「リンツ」

 

 

 

どこにも売っていない?

そこでこの度、99パーセントに挑戦をしてみることにしたのです。
ところがいざ手に入れようとすると、どこにもないのです。

 

今はお店を閉めているピーコック麻布十番店、成城石井麻布十番店、
日進ワールドデリカテッセン  インターナショナルスーパーマーケット
と、全てのお店で85パーセントまでしかありません。

 

一時的にカカオ99パーセントが品切れだったのでしょうか?
少し時間がたって忘れかけていた頃に成城石井で見つけたので則購入。

 

リンツの「エクセレンス・カカオ85%」と「エクセレンス・カカオ99%」
の記念撮影をしたのですが、どうも99パーセントの写りが悪いです。

 

何度試してみてもゴールドで書かれた「99」の文字が写らないので
ここはどうか一つ、想像という御協力をお願いいたします。

 

 

161017lindt99    左「カカオ・99%」 右「カカオ・85%」(共にリンツ)

 

 

 

一口目は……

買わなければよかったかも、という思いが一瞬よぎる味
というのが正直な感想でした。
ですが一方、思っていた通りの味でもありました。

 

だってカカオ分が99パーセントなのだから当然、甘くもないのだし。
そもそもチョコレートは、最初はお薬として扱われていたという
くらいですから、その流れの味がして納得。

 

ただ、それを強く感じたのは初めだけで、二口目からは
苦いお薬風の固まりの中にもカカオの個性、おいしさがほんの
少しだけ味わえるような気もしてきました(気のせいかも)。

 

 

161017lindt85    左が「カカオ・85%」、右が「カカオ・99パーセント」

 

 

 

カカオの効能

カカオに含まれるカカオポリフェノールには
欠陥を広げ血圧を下げる血圧低下の効果や、
血中のストレスホルモンの分泌を抑える働き、
抗酸化作用があるといわれています。

 

カカオの苦味成分はテオブロミンといわれる成分で
これは血行をよくしたり、自律神経を整え疲労回復に繋がります。

 

これらの効果が期待できるのは、カカオが60〜70パーセント以上
含まれている高カカオチョコレートということです。

 

 

130715tyokosakuranbo

 

 

 

「カカオ・85%」VS「カカオ・99%」

ちなみに両者は同じ大きさの箱に入っているのですが
「カカオ・85%」は100グラム入りで、カロリーは530キロカロリー。

 

「カカオ・99%」は50グラム入り、カロリーは
100グラム当たり295キロカロリーということです。

 

かなり昔に話題になったチョコレートダイエットでは
カカオ80パーセント以上のチョコレートを食事の前に50グラム食べる、
ということだったように記憶していますが、85はともかく99はきつそう。

 

いえ、85パーセントでも毎日、続けるとなると大変かも知れません。
痩せるためにという義務感で毎日食べなければならないとなると
苦行のように感じたりして、やはり楽しては痩せられないのですね。

 

 

121022hosi3

 

 

「リンツエクセレンス カカオ・85%」
原材料 カカオマス、ココアパウダー、ココアバター、砂糖、香料

 

「リンツエクセレンス カカオ・99%」
原材料 カカオマス、ココアパウダー、ココアバター、砂糖

 

というように当然のことながら、成分はほとんど同じ。
ただ85パーセントのほうには「香料」が入っているようです。
70、85、90の全てに香料が入っていて、含まれないのは99だけのよう。

 

また70、85、99は「原産国フランス」となっていますが
90だけは「原産国ドイツ」となっているのはリンツ社の都合かな。

 

 

160712lindt      エクセレンス カカオ・85パーセント「リンツ」

 

 

 

カカオはかなり高カロリー

私自身、もう一つ意外に思ったことは、カカオ・99パーセントの
100グラムあたりのカロリーが295キロカロリーもあるということ。

 

普通のチョコレートはお砂糖がバシバシ入っていますので、当然
カロリーが高いのは当然のことですが、カカオは何となく果物や
野菜というような感覚でしたので、かなり熱量が低いのではないかと。

 

お砂糖は色々な種類がありますが、大体のところ100グラム当たり
380キロカロリーほどといわれていますので、お砂糖と比較すると
カカオはあんなに苦いのに295キロカロリーもあるのですね(って、
計算の仕方が間違っている気もしますが)。

 

そうそう、どこで読んだものか忘れてしまったのですが
カカオ99パーセントとドライのナツメを一緒に食べるといい、
ということを読んだ記憶がありますので今度、試してみましょう。

 

スポンサードリンク