ハンドドリップコーヒーとアップルパイ「カフェ ラ・ボエム 麻布十番」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160608applepie

 

 

「ラ・ボエーム」ではなく「ラ・ボエム」

お友達と久しぶりに「カフェ  ラ・ボエム」に行きました。
私は今までずっと「ラ・ボエーム(LA  BOHEME)」だと
思っていたのですがカタカナ表記ですと「ラ・ボエム」なのですね。

 

「カフェ  ラ・ボエム」
 港区麻布十番2丁目-3-7 グリーンコート麻布十番1Fと2F
 03-6400-3060  営業時間:11:30〜5:00  年中無休)

 

営業時間が凄くて、なんと11時30分~5時00分まで。
午前の11時30分は、そろそろランチが始まる時間と
わかりますが、終わる時間が5時というのは驚き。

 

もちろん、夕方の5時ではありませんよ。
夕方の5時を通り越して、翌朝の5時ということ。
終電を乗り過ごしてしまっても大丈夫というお店です。

 

 

160927laboheme     麻布十番パティオから見た「カフェ  ラ・ボエム」

 

 

 

年中無休で中休みもなし

それだけではなく、ランチが終了してからディナーまでの
休憩時間がないことにも今回、初めて気づきました。

 

そういえばいつ行っても開いていて、歩いていてぶらっと入った
ことも度々ありましたし、考えてみますと閉まっていた記憶は皆無。

 

となれば「カフェ  ラ・ボエム」が年中無休ということは
とうに気づいていて良いはずなのに、今までわからなかったとは
本当に何も考えずに生きているのだなぁと、我ながら驚いた次第。

 

 

agemotiyapatio             「あげもち屋」

 

 

 

近くに「ドミニク・サブロン」があったことも

そんな健気な「カフェ  ラ・ボエム」が、いつ麻布十番のパティオ前
にできたのかといいますと、今から13年前の2003年の5月のこと。

 

すぐそばにある、現在は「伊太利屋」になっているお店が、ほぼ2年毎に
変わっていることは御紹介しましたがそれと比べるとかなり長いですね。

 

「ドミニク・サブロン」→「あげもち屋」→「伊太利屋」と
お店が変遷してきた場所は、次の地図でいうと(A)の場所。
今日、御紹介の「カフェ  ラ・ボエム」は少し右の(I)になります。

 

 

azabu
A
が「ドミニク・サブロン」→「あげもち屋」→「伊太利屋」
 I が「カフェ  ラ・ボエム(CAFE  LA  BOHEME)」

 

 

お隣同士というわけではありませんが、かなり近い場所ですので
「ドミニク・サブロン マルシェ・エ・カフェ」と
「カフェ  ラ・ボエム」は少々かぶってしまったのでしょうか?

 

店内のインテリアも赤と黒を基調としているのも同じでした。
とはいえ「ドミニク・サブロン」の方は、パンで有名なお店
でもあり、それに併設されているフランスのカフェということ。

 

一方、「カフェ  ラ・ボエム」は早朝5時まで開いている
イタリア料理のお店ですから、個性は違っていますよね。

 

 

dominiquesaabron           「ドミニク・サブロン」

 

 

 

グローバルダイニング

「ドミニク・サブロン」はフランスの会社ですが
「カフェ  ラ・ボエム」はイタリア料理のお店ですが日本の会社。

 

1973年10月に設立された有限会社、長谷川実業が後に
現在の 株式会社グローバルダイニング (GLOBAL-DINING, INC.)
となり、港区の南青山に本社を置いている会社です。

 

イタリアンに限らず、創作和食、エスニック、チョコレートのお店と
食に関する幅広いお店を展開し、イタリアンの「カフェ  ラ・ボエム」
15店舗をはじめ、海外店舗3店を含めて55店舗を有しています。
                     (2016年10月現在)

 

 

160608applepie  ハンドドリップコーヒーとアップルパイ「カフェ  ラ・ボエム」

 

 

 

モンスーンカフェも姉妹店

麻布十番パティオから2、3分といった場所にエスニック
レストランの「モンスーンカフェ」というお店があるのですが
そちらも同じグローバルダイニングの経営のお店だそう。

 

「モンスーンカフェ 麻布十番」
 港区麻布十番1丁目7-5 フェスタ麻布 6F  03-5775-6900)

 

「モンスーンカフェ 麻布十番」は2001年12月にできていますので
「カフェ  ラ・ボエム」より少し先に麻布十番にデビューしたのですね。

 

 

coffee         (写真/「カフェ  ラ・ボエム」)

 

 

 

いつのまにか、ハンドドリップコーヒーに

少し前は「カフェ  ラ・ボエム」にはかなり行っていたのですが
最近はめっきり御無沙汰をしていて、今回はしばらくぶりでした。

 

「カフェ  ラ・ボエム」に行く直前に東京ミッドタウンでランチをした
ので、私はコーヒーにアップルパイ、お友達はなんだったかなぁ……
(ヒドイッ! でもアップルパイは彼女と半分こしたよ)

 

すぐコーヒーが運ばれてきたのですが、なんと空のコーヒーカップ。
ウエイトレスがカップの上に挽いたコーヒーの入っている
ドリッパーを置いてから、おもむろにお湯を注ぎ始めました。

 

 

130213ebi         テナガエビではありませんが……

 

 

「えっ!、前からそうでしたっけ?」
久しぶりに来て忘れてしまったのかと思って
聞いてみると最近、変わったとのことでした。

 

お客さんである私たちは面白くて楽しいですけど、スタッフの方は
大変ですね、と私が言うと彼女はコーヒーを注ぎながら笑っていました。

 

最近のトレンドである「サードウェーブ・コーヒー」の流れを汲み
上質な豆の中でも生産地や処理方法が明確、かつブレンドされて
いない「シングルオリジン」のコーヒー豆を使用し、

 

一杯ずつ真心を込めたハンドドリップの「スペシャルコーヒー」
の提供を始めたということのようです。

 

今日のアップルパイともどもとても美味しいコーヒーでした。
一時期メニューになかった私のお気に入りの、テナガエビの
パスタが復活しているようですので今度、試してみなければ。

 

 

160927laboheme          昼間の「カフェ  ラ・ボエム」

 

 

 

「株式会社グローバルダイニング」

この会社ですが、ここで働くのはちょっと面白そうですよ。
「民主主義」を企業経営に取り入れて、徹底した情報公開により
知りたいと思ったことは、何でも知ることができるそうです。

 

決定事項への参加は、社長の1票も20代の店長の1票も等価であり、
昇級や昇格、異動も全て自己申告制で、人が人を評価をすることが
ない、つまり人事部が存在しない会社なのだとか。

 

私は会社というものについては、そもそも知識自体がないのですが
それでもサイトに書かれている事柄にはちょっと驚きました。

 

 

cafelaboheme           夜の「カフェ  ラ・ボエム

 

 

 

80歳まで応募が出来ます!

応募要項を見てみますと、生年月日を記入するのに
選ぶ数字は「2001年〜1936年」まで出てきます。
1936年生まれの人ですと、現在80歳。

 

確かに個人差がありますので、年齢だけで仕事を制限
するのは、本来はおかしいことなのかもしれません。

 

グローバルダイニングの応募要項の年齢に関することだけでも
ひと味違った会社という感じがして、私が今、学生だったら
アルバイトをしてみたいです(80歳までだったら今でも可!?)。

 

 

imgres

 

 

多くの会社がそうなるといいですね

代表取締役、CEOは1950年生まれの 長谷川  耕造さん。
2012年には「カフェ  ラ・ボエム」の進化形「LB6」を
六本木にオープンしたということです。

 

確かに「カフェ  ラ・ボエム」はリーズナブルで嬉しいのですが
その進化形ということは、「LB6」は超高級なのかな?、と
見てみましたらそうでもなさそうなので行ってみたいです。

 

たまたま昨日、「65歳以上の非正規労働者1万3千人、一斉解雇を
認める控訴審判決(採用時になかった65歳定年制が突如導入された
ために、雇い主である日本郵便に雇用の継続等を求めていた裁判)」

 

などというツイッターを見ていたもので、グローバル
ダイニングのこの姿勢にはいたく感服した次第です。
これからも贔屓にしちゃうぞい!

 

スポンサードリンク




「こがし黒蜜かりんとまん」麻布十番かりんと 美味しいお菓子屋さんの密集地

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160928kogasikuromitukarintoman

 

 

昔懐かしいかりんとうを今風に

しょっぱなからボケボケ写真で申しわけありませんが、これは
麻布にあるかりんとうの専門店「麻布かりんと」で一番人気を誇る
「こがし黒蜜かりんとまん」を2つに切ったところの写真です。

 

懐かしさを感じさせるお菓子、かりんとうを現代風にアレンジしたら
おもしろいのではという発想から、2009年にオープンしたお店だそう。

 

「麻布かりんと」
*106-0045 港区麻布十番1丁目-7-9  03-5785-5388
*営業時間:10:30~20:00      定休日:毎月第2火曜日)

 

 

 

「麻布十番   あげもち屋」と姉妹店

この写真の右のお店が「麻布かりんと」のお店です。
左にあるお店は前回、御紹介した「麻布十番あげもち屋」

 

 

160927azabukanrinto     「麻布  かりんと」左は「麻布十番  あげもち屋」

 

 

何となく雰囲気が似ていておわかりかと思いますが、姉妹店です。
「あげもち屋」が照明も含めて黄色をメインとして明るいのに対して
「かりんと」の方は照明を少し落としちょっと黒っぽい雰囲気ですね。

 

東京メトロ南北線、都営地下鉄大江戸線の「麻布十番」から歩いてすぐ。
麻布のこちらが本店ですが「あげもち屋」同様、東京をはじめとし
北海道、大阪、神戸、名古屋、福岡にもお店があるようです。

 

 

 

CDショップ?

「あげもち屋」のパッケージはこんな感じでしたが
「麻布かりんと」の方は、薄い正方形に近い包装になっています。

 

 

160712agemotiya      彩りベジタブルあげ「麻布十番   あげもち屋」

 

 

「あげもち屋」同様、和風の模様がプリントされている包装紙に包まれ
ていますが、一度に食べられる量という感じで少量ずつの薄いパック。

 

お店で並んでいる写真がこちらですが、これ何かに似ていませんか?
実はこれ、CDショップをイメージしたものだそうです。

 

 

azabukarinto         かりんとうがお行儀よく並ぶ店内

 

 

 

50種類以上ものかりんと

そしてこのかりんとも「あげもち屋」と同じく、種類が豊富。
50種類以上もあるといいますので、選ぶのが大変かもですね。

 

オーソドックスなものから、竹炭かりんと、カレーかりんと、
レーズンかりんと、唐辛子かりんと、ねぎ味噌かりんと。

 

男性に人気でお酒のおつまみにもあうというきんぴらごぼうかりんと。
カプチーノかりんともそうですが、アップルパイかりんと
にいたっては、味の想像もできないほどです。

 

かりんとうは当て字で「花林糖」とも書かれることがあるようですが
要は「かりん糖」と「糖(とう)」ですが、「麻布十番   かりんと」
では、親しみを持ってもらうためにあえて「かりんと」としたそう。

 

 

160928karintomanju       こがし黒蜜かりんとまん「麻布   かりんと」

 

 

 

一番人気

「麻布十番   かりんと」で一番人気を誇るのが、かりんと饅頭。
こちらでは「こがし黒蜜 かりんとまん」という名前です。

 

実は昨日買った時に「今日中にお召し上がりください」といわれた
のですが今日、写真を撮ったため、ちょっと表面がボコボコとして
出来立てのほやほや、ツルツル感がなくなってしまいました。

 

そのため一見、かたそうでしたが、以外やしっとりと柔らか。
このしっとりさん、出来立ては何とパリッとしているのだそう。
お店で買う時に食べちゃいたかった、というのが正直な感想です。

 

 

kuriiga

 

 

 

「栗入り」もあります

焦がした黒密の香ばしさは、ちょっと他にあまりないという
感じもして、中のこしあんの甘さを上手に引き立てています。

 

「こがし黒蜜かりんとまん」はオンラインショップにはなく
店頭販売のみで、午前90個、午後90個の限定販売だそう。

 

 

160928kogasikuromitukarintoman      こがし黒蜜かりんとまん「麻布   かりんと」

 

 

写真の「こがし黒蜜かりんとまん」は普通のタイプのもの
ですが、季節限定なのでしょうか、小さく切った栗がポツポツ
と入っている「こがし黒蜜かりんとまん  栗」もありました。

 

買っておきながらなんですが、実は私は黒砂糖系のお菓子
はさほど好きではなく、まして油で揚げてあるとなれば
普段でしたらちょっと遠慮しておくのが常です。

 

ところが「こがし黒蜜かりんとまん」は「黒蜜+油」であるにも
かかわらず、油と甘みがくどくなく想像以上に美味しいものでした。

 

 

azabu
B「麻布十番あげもち屋」 C「麻布かりんと」 D「浪花家総本店」
E「チョコレートハウス  モンロワール」 F「豆源」

 

 

 

麻布の美味しいお菓子屋さんの密集地

今、改めて地図を見て驚いたのですが「麻布十番   あげもち屋」や
「麻布   かりんと」のある一角はお菓子屋さんが多いですね。

 

上の地図ではちょっとわかりづらいと思いますので、一塊のように
なっている「B〜F」までを書いてみると、こんな感じになります。

 

 

           |  |
           |  | D 浪花家総本店
     B かりんと  |  | E モンロワール
    A あげもち屋  |  | F 豆源
___________   __________

 *            交差点      麻布十番駅   →  
___________   __________
           |  |
           |  |

 

 

道路の縦線が上手に書けずに点線になっていますが、そこは御容赦を。
交差点の左上の角に「あげもち屋」と「麻布十番かりんと」が並んでいて
道の向かい側には、たいやきで有名な「浪花家総本店」があります。

 

 

130421naniwayataiyakimateki          たいやき「浪花家総本店」

 

 

そのお隣には「チョコレートハウス   モンロワール」

 

 

rihukyubu  リーフキューブ(葉っぱ形のチョコレート)「モンロワール」

 

 

そしてそのお隣は「豆源」ということになっているのですね。
美味しいお菓子屋さんが交差点のまわりに5つもかたまって
いるとは、本当にびっくりしました。

 

130215hina            ひなあられ「豆源」

 

スポンサードリンク




彩りベジタブルあげ「麻布十番 あげもち屋」 パティオのお店の変遷

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160712irodoribejitaburu

 

 

今日も野菜菓子ですが

今日も麻布十番の野菜のお菓子を御覧いただきましょう。
前回は「麻布十番野菜菓子」という名前の通りに
野菜をお菓子に使う可能性を存分に見せてくれるお店でした。

 

今日のお菓子は、たまたま野菜のチップの御紹介ではありますが
こちらは野菜メインのお菓子ではなく、いろいろ選べる、
あげおかきの専門店「麻布十番 あげもち屋」です。

 

「麻布十番 あげもち屋」
 〒106-0045 港区麻布十番1丁目7-9 B TEL.03-6804-3082
 定休日:第3火曜日       営業時間:11:00~19:00)

 

 

160712agemotiya     彩りベジタブルあげ「麻布十番 あげもち屋」

 

 

 

40種類以上もの品揃え

「麻布十番 あげもち屋」の商品は種類がとっても多いのが特徴の一つ。
ごく普通のあげ餅ももちろんありますが、「きんぴらごぼう  あげ餅」
「紫蘇おかき餅」「ねぎ味噌あげ餅」「しば漬けあげ餅」と和風のもの。

 

一方、「トマトバジルあげ餅」「カマンベールチーズあげ餅」
「ペペロンチーノあげ餅」「ピリ辛マヨネーズ」などの洋風もあります。

 

また「トリュフ塩あげ餅」「あげもちホワイトショコラ」「あげもち
イチゴショコラ」というお菓子風もあるという具合。
まあ、あげ餅自体がお菓子ですが、あげ餅+洋風お菓子、という意味で。

 

そして今日、御紹介の「彩りベジタブルあげ」と「彩りフルーツあげ」
があって、なんと合計40種類以上もある上、季節限定の品もあるとか。

 

 

160712irodoribejitaburu     6種類の野菜が入っている「彩りベジタブルあげ」

 

 

 

日保ちは1〜2カ月

それらが、様々な色の矢絣模様の袋に入っています。
色とりどりの袋がお店に並んでいる様子は、まるでお花畑のよう。

 

あげもち屋さんなのに「彩りベジタブルあげ」という野菜モノを選んで
しまったのは、私がこの藤色系の矢絣模様の袋の色にひかれたからかも。

 

藤色の矢絣模様の袋の中に入っていたものは、レンコン、
インゲン、ニンジン、カボチャ、お芋と紫芋の6種類でした。
60グラム入りで、1カ月から2カ月の日保ちということです。

 

 

agemotiya            「麻布十番   あげもち屋」

 

 

 

1年前から現在の場所に

「麻布十番   あげもち屋」は本店で、支店は関東には大丸東京店、
西武池袋店、松坂屋上野店、そごう横浜店、羽田空港第2旅客
ターミナル南ピア店があり、関東以外では松坂屋名古屋、
大丸神戸店、と大丸福岡天神店があります。

 

この「麻布十番   あげもち屋」の本店はちょうど1年前の
2015年9月に現在の場所に移ってきたものです。

 

といっても麻布十番1丁目から2丁目への引っ越しですので
歩いてもほんの1,2分ほどの離れていない距離ですが。

 

 

blog_import_51535fef6677a        麻布十番パティオの「きみちゃん」の像

 

 

 

現在は婦人服の「伊太利屋」

今まで「麻布十番 あげもち屋」があったのは麻布十番のパティオ
に面している場所で、赤い靴の「きみちゃん」の像の前あたり
住所でいいますと、麻布十番2丁目3-8にありました。

 

1年ほど前、この場所をたまたま初対面の不動産屋さんと一緒に
歩いていたのですが、「麻布十番   あげもち屋」のあった場所が
工事中だったもので、私は思わず言ってしまったのです。

 

「ここ、またお店がかわるんですね!」と。
「あげもち屋ですか? すぐそばに移転しましたよ」と彼。

 

 


azabu      ( A )から( B )に移転した「麻布十番   あげもち屋」

 

 

「少し前にかわったばかりではありませんか……」と私が言うと
「ここは賃料が高いんじゃないですか?」
と、いかにも不動産屋という感じの返事が返ってきました。

 

その時は、次のお店が何かわからなかったのですが、しばらくすると
そこは「伊太利屋」という婦人服のお店になっていました。

 

「伊太利屋」は渋谷が本店のようですが。赤坂や六本木にも
直営店があるということで結構、店舗数のあるお店のようです。

 

 

12 10 5 kurowasan       「ドミニク・サブロン」のクロワッサン

 

 

 

パティオ「あげもち屋」の顔

「伊太利屋」の前は「麻布十番   あげもち屋」ではありましたが
「あげもち屋」のこの場所での営業は、2,3年ほどの短いものでした。

 

「麻布十番   あげもち屋」の前にあったお店は「あぷりのお茶会」でも
登場した「ドミニク・サブロン・マルシェ・エ・カフェ麻布十番店」。

 

「麻布十番 あげもち屋」がパティオにあった時はこんな感じでした。
パティオの「きみちゃん」の方から撮ったもの。

 

 

agemotiyapatio       パティオにあった「麻布十番   あげもち屋」

 

 

 

パティオ「ドミニク・サブロン」の顔

この同じ場所が「麻布十番   あげもち屋  」の前の「ドミニク・サブロン・
マルシェ・エ・カフェ麻布十番店」だったときは、こんな感じでした。

 

 

dominiquesaabron    「ドミニク・サブロン・マルシェ・エ・カフェ麻布十番店」

 

 

昼間と夜、という決定的な違いもありますが
醸し出しているものの差は、何となくおわかりかと。

 

次の写真は「ドミニク・サブロン」の店内の写真ですが
上の写真で、お店の左端にあたる部分を店内から撮ったものです。
赤と黒が効果的に使われた「ドミニク・サブロン」の素敵なお店。

 

 

dominique         「ドミニク・サブロン」の店内

 

 

 

適した場所

別のお店なのだから雰囲気が違うのは当然のことですが、お店の雰囲気
と立地場所は、切っても切れない関係にあるように思えます。

 

麻布十番パティオという場所に、自然に溶け込んでいるお店、
ガラスを多用したこの建物を効果的に活かしきれるお店、といったら
やはり「ドミニク・サブロン」に軍配が上がるのではないでしょうか。

 

勿論「ドミニク・サブロン」がいいお店で「あげもち屋」はそうでもない
という意味ではなく、相応しい場所は魅力を一層引き立てるということ。

 

 

agemotiya          現在の「麻布十番   あげもち屋」

 

 

「麻布十番あげもち屋」がどのような理由で移転したかはわかりません
が、現在の場所での「あげもち屋」の方が、いきいきと「あげもち屋」
らしく輝き、個性的な顔を見せているようも思えるのです。

 

 

 

約2年サイクル?

「ドミニク・サブロン」 2010.12〜 2012.10
      ↓
「あげもち屋」     2013?〜2015.9
      ↓
「伊太利屋」      現在

 

この場所のお店は、こんな風に変化してきました。
「ドミニク・サブロン」の前は忘れてしまったのですが。
先ほどの「麻布十番   あげもち屋」をもう一度、御覧いただきましょう。

 

 

agemotiyapatio      2015年まであったパティオにあった「あげもち屋」

 

 

上の「あげもち屋」の写真の右の部分だけになりますが
同じ方向から撮った「ドミニク・サブロン」の写真がこちら。

 

 

dominikusaburon     2012年までパティオにあった「ドミニク・サブロン」

 

 

今さら言っても詮無いこととはわかっていますが、やはりここには
「ドミニク・サブロン」にいて欲しかったと思わずにはいられません。

 

「ドミニク・サブロン・マルシェ・エ・カフェ麻布十番店」は
パティオの雰囲気に溶け込んでいた、本当に美しいお店でした。

 

スポンサードリンク