電磁波過敏症をめぐって 2 世界の動き(〜2010年)

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

2000年 イギリス・ドイツ・ロシア

イギリス保健省は、16歳未満の子どもは
緊急時以外の携帯電話使用を禁止する
よう各学校に勧告しました。

 

ドイツ小児学会やロシア国立非電離放射線
防御委員会(RNCNIPR)も、子どもや妊婦、
神経疾患患者等に対する携帯電話の使用
制限、および規制を勧告しています。

 

欧米では、既に90年代から電磁波過敏症
の専門病院が設立しているということです。

 

 

 

2001年 イギリス

イギリスNRPB・国立放射線防御委員会が
高圧線の発がん性を認める報告を行いました。

 

 

 

 

 

2002年10月 アメリカ・イギリス

カリフォルニア州保健局・電磁場プロジェクト
の最終報告書では、9年あまりの研究の成果と
して、病気と電磁波の関係を分類しました。

 

白血病を「2B〜1」
(「2B」=発がん性の可能性あり
「1」=発がん性あり)

 

大人の脳腫瘍、ALS病(筋萎縮性側索硬化症)
流産を「2B」(発がん性の可能性あり)

 

イギリス放射線防御局は、小児白血病
に加えて、ALS病もランク「2B」
(発がん性の可能性あり)に指定しました。

 

 

 

 

 

2003年 イギリス

携帯電話の強力電磁波の人体への影響が
指摘されるイギリスで、住民による
携帯電話の基地局破壊が続発。

 

イングランド中部では、再建阻止のため
24時間体制の監視が続けられています。

 

2003年に入り、イングランド中部や南部、
北アイルランドなどは、基地局を倒したり
火をつけるなどの事件が続発しました。

 

また、妊娠した女性が、携帯電話基地局鉄塔
が、自分と家族の健康を脅かすのではないか
と懸念して起こした訴訟では、最高裁判所が
原告勝訴の判断を下しています。

 

 

イギリス首相官邸のネコ「ハンフリー」

 

 

 

2005年 イギリス

イギリスの保健省の管轄下にある独立
研究機関である方左遷防御局(NRPB)
が、脳への悪影響を恐れ、

 

「8歳未満は携帯電話を使わない」
よう警告を出しました。

 

 

 

2005年 イタリア

イタリアの裁判所は、5月9日、バチカン放送
のラジオ放送機から、強力な電磁波を放出した
として、バチカン・カトリックの枢機卿など
2人に有罪判決を下しました。

 

 

麻布のドイツ大使館 左は南部坂

 

 

 

 

2005年 ドイツ

自ら調査をした医師たちが、携帯電波塔
からの電磁波の健康影響に対して、

 

「0.001μW/cm2以上の電磁場にさら
されるような場所にある携帯電話
基地局は止められなくではならない」

 

との公開書簡を7月27日にドイツ首相の
エドムンド・ストイバー博士に送付。

 

この「0.001μW/cm2」は、日本の規制値の
上限である「1000μW/cm2(1mW/cm2)」に
比べますと100万倍も厳しい数値ということ。

 

 

オランダ産のトマト「トミーズ」

 

 

 

2006年 オランダ

アムステルダムのクレイヌ・レーウス小学校
で、左隣の変電所からの電磁波を測定したと
ころ、2階の教室で0.4μT、玄関先の遊具付近
では1.6μTが計測されました。

 

保護者側は、学校や市、電力会社と協議を
重ね、学校を一時閉鎖して、変電所施設に
遮蔽設備を設置することを決定。

 

工事費の7万ユーロ(約990万円)は
市が全額負担しました。

 

 

 

 

 

 

2006年 北京

北京市環境保護局次長は、市街地の電磁波汚染
を抑えるため、今後5年以内にラジオとテレビ
放送塔4基を新しい場所に移動させると発表。

 

 

 

 

2007年 インド

インド南部カルナカタ州政府は、10代前半で
携帯電話を使用するのは、学習能力や健康に
有害だとして、同州内で16歳未満の使用と
販売を禁止すると決定しました。

 

インド政府によりますと、国内には少なくとも
1億5000万台の携帯電話が使用され、中国に次ぐ
アジアで2番目の市場規模。

 

政府当局は、いくつかの研究結果をもとに
記憶や聴覚に悪影響を及ぼす恐れがあると
していますが、医療関係者からは「医学的
な裏づけはない」との声もあるようです。

 

 

 

 

 

 

2008年 中国

上海から杭州間のリニアモーターカーの
建設計画が、電磁波や騒音を懸念する住民
の大規模な抗議デモで着工計画が振り出し
に戻りました。

 

 

 

2008年 イスラエル

イスラエル保健省は、遮蔽された場所で
携帯電話を使用をしないように勧告。

 

遮蔽された場所での携帯電話使用は、
携帯電話からの電磁波が室内位で反射し
電磁波強度が強くなることが東北大学の
本堂助教の研究で明らかになっていました。

 

 

 

 

 

 

2008年 フランス・ドイツ・アメリカ・イギリス

フランス政府が、特に児童の携帯
電話の使用について警告しました。

 

ドイツでも、できるだけ受話器を使って
通話しないよう呼びかけています。

 

アメリカ科学アカデミーは、 PCや携帯電話
が発信する電磁波が及ぼす影響を、研究する
必要性を訴える報告書をまとめました。

 

イギリスでは『インディペンデント』誌が
オーストラリアの神経外科医、ヴィニ・
クラナ博士の「携帯は喫煙よりも危険だ」
とする記事を掲載。

 

 

 

南麻布のフランス大使館

 

 

 

 

2008年 欧州議会

9月にイギリスで開催された欧州議会が
電磁波規制の強化を示唆する議案を可決。

 

スウェーデンの新しい研究による、携帯
電話の使用は子どもの脳腫瘍の危険性を
5倍に高めるとの報告がなされました。

 

16歳以下の子どもは、脳と神経系が未発達な
ため、緊急時以外は携帯を使用しないよう警告。

 

また、今までの公衆への電磁場の曝露
制限は時代遅れとなっており、さらに
厳しくすることを示唆しました。

 

 

元麻布の「ヨーロッパハウス  アパートメント」

 

 

 

2009年 フランス

携帯電話基地局をめぐる裁判
2月、基地局の取り壊しをめぐる裁判で
2件の原告勝訴判決が出ました。

 

控訴審でも勝訴し、判決では住民の健康
不安が認められ、基地局の取り壊しと健康
リスクへの損害賠償が命じられています。

 

 

保育園と小学校を閉鎖
ル・シェノー町議会は、子どもを危険性
から守るための予防原則に基づいて
保育園と小学校を閉鎖しました。

 

携帯電話通信会社のオレンジ社に対して
学校が始まる5月4日までに電波の停止を
命令したにも関わらず、オレンジ社から
電波を停止しない通知があったためです。

 

オレンジ社の設備は、学校から87m以内
に位置し、携帯電話の電波送受信に利用
されています。

 

 

 

 

基地局設置に関する行政命令
4月8日、フランスのウーラン市長が
学校や託児所近隣の携帯電話基地局の
設置に関する行政命令を施行しました。

 

携帯電話とその中継アンテナによって照射
される電磁放射線の、潜在的な危険性に
対する疑念が強く残ること、および科学的
知見の現状を考慮した結果ということです。

 

電磁波の規制値は、0.6V/m(0.095μW/m)を
超えないこととしていますが、この数値は
日本の規制値の1万分の1以下に相当します。

 

 

 

 

 

2009年 アメリカ

アラスカ州の国際消防士連合は、消防
施設内に携帯電話の電波等を設置する
ことに反対する決議を採択しました。

 

この決議は、ワシントンの国際消防士
連合本部の2004年8月決議に基づくもの。

 

携帯タワーが取り付けられた消防署施設で
働いている消防士たちに、電磁放射線による
脳障害があることが調査でわかりました。

 

脳は、電磁放射線の影響を最初に受ける器官で
偏頭痛、極度の疲労、失見当、反応時間の遅れ、
めまい、重要な記憶喪失や注意欠陥等が発症。

 

EMF暴露と、成人白血病、脳腫瘍やその他
の神経変性疾患、乳がん、メラトニンの減少
(がんの抑制)、DNA損傷や他の問題との
関連性の証拠は、予防的措置を講じるに
十分強固であるとしています。

 

 

 

 

 

2009年 フランス

10月8日、小中学校での携帯電話の使用を
禁止する法案が、フランスの上院で賛成
多数で可決し、近く下院で成立する見通し。

 

既に、校内での携帯電話使用を制限して
いる学校が大半ですが、授業中に携帯
メールやゲームにふける子どもが多い
ことから法制化に踏み切りました。

 

14歳以下を対象にした携帯電話の宣伝や、
6歳以下の幼児でも使えるように操作手順を
簡略化した製品の開発も禁じるとのことです。

 

スポンサードリンク




つくられた「スマホ依存症」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

映画上映中にスマホを見る人

yahooニュース(11月24日・日)で、最近
映画館で上映中にスマートフォン使用禁止の
アナウンスが行われているにもかかわらず
操作をしている人がいるとの記事を見ました。

 

その事実だけでも驚きなのですが
なぜスマホをいじってしまうのかという
理由には、もっと驚いてしまいました。

 

「なんとなくスマホが気になるから」と
答えている人もいましたが、私が驚いた
のは次のものです。

 

 

 

 

 

自然ではないと思うぞ、私は

「スマホを見つつ、映画の内容を理解
することもできます。
家ではスマホでTwitterを見ながら
テレビをつけて、iPadで雑誌を読んだり
しています。
その使い分けている感じが、ちょうどいい。
あと、やっぱり大きいのは『不安』です。
2時間以上スマホをチェックしないと、
自分が見ていない間に何か起きている
んじゃないかと不安になっちゃうん
ですよね。
その間に大事な連絡が来ていたら、
すぐに返事ができなかったりする
可能性もあるので、損したくない。
映画って時間が長いので、その間に
別のことをしたいと思うのは自然
ではないでしょうか」

 

 

 

 

 

「必ず何かしながら映画を見ている」

またこれとは別の記事(10月25日)ですが
「マネーポストWEB」にも、映画が苦手
という20代の女子大生がこう語っています。

 

「家で映画を観るときもスマホ片手に
Wikipediaでストーリーや登場人物を
確認しながら観る習慣がついている。
そうでなくてもSNSに返信したり、
別番組を観たりなど、必ず何かしながら
映画を観ているので、そういったことが
できない映画館は、まあまあ苦痛です」と。

 

 

 

 

 

スマホの世帯普及率6割越え、依存傾向の高い人11.8%

2013年では50%を切っていたスマホ利用率
ですが、2019年2月には85.1%という高い
普及率になり、通常の携帯電話(ガラケー)
は11.3%に下がりました。

 

一方、2013年にはスマホ・ガラケー
全体の50%以上の普及率だったガラケー
ですが、両者が逆転したのは2014年。

 

スマホ使用者が増えるなかで、ネット依存
の傾向が高い人は11.8%だといいます。
これは、スマホを持たない人に比べて
2倍以上、依存傾向が強いそうです。

 

職場で隠れてスマホを触って仕事の生産性
が低くなったり、課金ゲームで数百万円も
使ったり、昼夜逆転や引きこもり、はたまた
自分の子どもの育児放棄(ネグレクト)に
至るケースまであるといいます。

 

 

 

 

 

動画『スマホ依存の真実 ドーパミンの恐怖』

数日前に、たまたまこの動画を観て
ここ1.2年で一番衝撃的を受けました。

 

「モチベーション博士」さんという方が
あげて下さった動画で、アメリカの識者たちが
スマホ依存に警鐘を鳴らす動画、5本をまとめて
4分少々のコンパクトなものにしたもの。

 

その元になった動画5本のリンクが貼って
ありましたので、クリックをしてみたので
すがなんと、全て削除されていました。

 

 

 

 

特に私が確かめてみたいと思ったのは
「2」のザッカーバーグの「大きな過ち……」
発言です。

 

彼がこれを、どのようなシチュエー
ションで述べたのかが非常に気になった
ので元動画を見たかったのですが……。

 

ここに動画の書き起こしを全て乗せると
長くなってしまいますので要約します。

 

 

 

 

4分少々の動画の中に11の発言(同じ人が
重複しています)が紹介されていますが
全てを簡単に言ってしまいますと
以下のようになります。

 

(ただ、とても興味深いものですので
他のブログに全文載せましたので
よろしければ御覧くださいませ。

 

『スマホ依存の真実ドーパミンの恐怖』
書き起こし全文
)

 

 

 

 

内容のまとめ

「SNS企業は特殊なエンジニアを雇って
彼らはカジノを参考にして、SNS中毒
症状を生み出すように設計をしている。
人々を中毒状態にするのが目的、
それが彼らの利益になるので。

全米のスロットマシンの利益が、野球、
映画、テーマパークの合計よりも多いのは
スロットがどのギャンブルよりも中毒に
させるため。
そして今や、スマホが我々のスロットに。

これはドーパミンの分泌による。
スマホにきた通知を見た時に、ドーパミン
は400%まで跳ね上がるが、これはコカイン
使用時と同じレベルの量。
機械にコントロールされている中毒状態の
人々。
これからさらにひどくなっていく」

 

 

 

 

以上は、幾人かの発言をまとめたもの
ですが、次は一人の発言を全て載せます。

 

「近年の研究でわかってきたのは
注意散乱された時間が増えると、
またことあるごと携帯を気にしていると
永久的に集中力を下げることが判明した。
社会で生きるために本当に必要な能力が
失われるんだ」

 

これは、今日のブログの最初に書いた
事柄と重なりますね。
永久的に集中力を下げることが判明」、
まさに集中力がないのです。

 

 

 

 

しかもそれが悪いことという認識さえなく、
「映画って時間が長いので、その間に
別のことをしたいと思うのは自然では
ないでしょうか」
などと言ったり、

 

「そうでなくてもSNSに返信したり、
別番組を観たりなど、必ず何かしながら
映画を観ているので、そういったことが
できない映画館は、まあまあ苦痛です」

 

など、意識が集中できずに散乱して、複数
のことを同時していることの方がよいこと
のように感じている節さえ伺える言葉です。

 

動画の中の科学者の言葉が正しければ
この集中力の欠如は、永久的だとのこと。
信じられません……。

 

 

 

 

これらはスマホの危険性、中毒性を指摘
したものですが、これは単に危惧や非難、
陰謀論などではないのです。

 

動画では、Facebookの初代CEOである
ショーン・パーカーと、現在のCEO、
マーク・ザッカーバーグ自身の驚くべき
言葉が語られます。

 

「大きな過ち、私の大きな過ちだった、
申し訳ない」
*  Facebook  現CEO
     マーク・ザッカーバーグ

 

そして、初代CEOのショーン・パーカー
は、中毒にさせるために力を注いだ様子
を赤裸々に説明しています。

 

 

 

 

「 FacebookをはじめとしたSNS開発
の意図は、いかに時間と注意をSNS上
で消費させるかだ。
だからドーパミンを出させる仕掛けを
作った。
誰かにいいねやコメントされると、
ドーパミンの効果でさらに投稿したく
なる。

そしてさらにいいねやコメントが増え
という社会評価のツールに落とし
込むんだ。

開発者、投資者、俺、マーク・ザッカー
バーグ、インスタの創業者、全員こう
なる
ことはわかっていた。
それでも、あえて作ったんだ」
  Facebook  初代CEO
       ショーン・パーカー

 

自分たちの利益のために、多くの人々を
あえて中毒症状にすることを必死に考え、
そして、それは大成功した。

 

なんという恐ろしいことでしょうか……。

 

スポンサードリンク




テレビを多く観ることによる影響

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

当たり前にテレビをつける!?

10年以上前のことですが、知人の車に乗って
用事を済ませた後に「うちに来ない?」と
誘われ、彼女の家を訪れたことがありました。

 

昼間でしたので彼女の夫と子どもはいません。
家の様子、キッチンや食器棚の中などを
見せてくれた後にリビングに行きました。

 

椅子に腰掛ける際に、彼女はあたかも
暑い日に冷房のスイッチを入れるような
当たり前の様子でテレビをつけたのです。

 

 

 

 

 

これは、普通なのでしょうか?

私は驚きました。
その時間に、彼女が楽しみにしている番組が
あるというわけでもなかったようでしたし。

 

2.3時間ほどいた間、テレビはずっとついたまま。
ちらっと視線を送ることはあっても、彼女が
テレビを観たい様子は全く感じませんでした。

 

さほど大きな音量ではなかったものの
正直なところ、テレビの音は話をする
のに少々、邪魔だったのですが。

 

 

 

 

 

「夫が見もしないのに、テレビをつけて」

それから数ヶ月ほど経った後、彼女の夫が
休日に一人で早めに起きて、テレビをつけて
うるさくてと彼女が愚痴っていました。

 

「すぐテレビをつけるんだよね、
見もしないのに……」と.
まあ、それは彼女も同様ではあるのですが
自分のことは気づかないのかもしれません。

 

とにかく彼女の家族は暗ければ電気をつけ、
適温でないと思えば冷暖房を入れるように
テレビをつけているようでした。

 

 

 

 

 

彼女の家族だけではなく

そしてその後、そのような人が決して
少なくないことを知りました。

 

「仕事がら、老人宅に行くことが多いが、
ほぼ100%テレビがついている。
そして半数以上が、会話が
始まってもテレビを消さない」

 

と書いている人がいて、テレビのない私には
驚くべき行動に映った彼女の行動も、特別に
驚くほどのものでもないのとわかったのです。

 

 

 

 

 

高齢になるほど多い視聴時間

年齢が進むにつれて、つまり高齢者に
なるほどテレビの視聴時間が伸びる
との調査結果もあるようです。

 

1日あたり何時間程度テレビを見ているか

 

20代 男性 1時間44分
  女性 2時間23分

50代 男性 3時間39分
   女性 4時間16分

60代 男性 4時間55分
   女性 4時間47分

70代 男性 6時間
   女性 5時間

 

80代、90代はどうなんでしょうね。

 

 

(グラフ/「全国視聴率調査」2017年)

 

 

 

高齢者はテレビに何を求めているか

「世の中の動き、出来事などを伝えてくれる」 29%

「世間の動きに遅れない」           12%
「感動を与えてくれる」              〃
「知らなかったことを知ることができる」     〃

「楽しい気分になれる」            10%

 

☆ 今回の話とは関係ありませんが、4番目の
「知らなかったことを知ることができる」は
もとは「知らなかったことを知れる」でした。
文章を書く専門家が「知れる」を
使うとはちょっと残念です。

 

 

 

 

 

受動的になった脳は認知症の原因にも

テレビは、次々と画面が勝手に切り替わって
くれますので、脳は受け身になってしまいます。
これは認知能力の低下にもつながりかねません。

 

受動的になった脳は、積極的に考えることを
しなくなり、認知症などの原因になる恐れも
あり、実際そのようなレポートも存在します。

 

また、テレビを多く見ていることで運動不足
にもなりやすく、脳の血流が悪化し認知症を
進行させる可能性も指摘されています。

 

 

 

 

 

若い頃にテレビを3時間以上見ていた人

一方、高齢者だけではなく若い人もテレビ
の影響から免れることはできないようです。

 

1日3時間以上テレビを見ていた人は、見て
いなかった人に比べて40、50代になると記憶力
が低下する確率が最大で約2倍も高いとか。

 

研究チームは「老いる」ことと関連づけて考え
られてきた認知症を食止める方策について、
「若い頃から考えるべきだ」と指摘。
視聴時間を減らすことを促しています。

 

 

 

 

 

25年間にわたる研究

この研究をまとめたのは、
サンフランシスコの医療センター
のティナ・ホワンさんと、
カリフォルニア大学サンフランシスコ校
のクリティン・ヤッフェさんの2人。

 

米医師会(AMA)の精神医学専門誌
『JAMAサイキアトリー』に発表されました。

 

調査は、シカゴやミネアポリス、オーク
ランドなど、全米各地の18〜30歳の男女、
計3247人を対象にしています。

 

驚くのはその長さ、1985年3月から2011年
8月31日までの25年間にわたって追跡しました。
実験開始時の参加者の平均年齢は25.1歳。

 

 

 

 

 

25年経過後に

調査開始から25年目に行ったテスト。

1 同じ図形を1分間にいくつ見つけ
 られるかをチェックする
 認知症テスト「DSST試験」

 

2 文字の意味と色との違いを判別させる
 「ストループテスト」

3 言語の記憶などに関する検査「RAVLT」

 

 

 

 

 

結果は……

1日にテレビを2時間以上視聴していた353人
(これは全体の約11%)は、それ以外の人よりも
記憶力が大きく劣っているという結果が出ました。

 

さらに3時間以上視聴している上、殆ど運動も
しないという107人は、3種類全てのテストでそれ
以外の人に比べ記憶力が半分程度だったのです。

 

ホアンさんは今回の研究結果を受け学会誌で、
「20代半ばに運動をせず長時間テレビを視聴する
ことが、中年に突入してからの記憶力の悪化に
関係していることが判明した」と結論づけました。

 

 

 

 

ただし、今回の調査は、テレビの視聴時間が
自己申告だった上に、参加者の約3割が途中で
離脱していることから、結果に疑問を抱く
研究者もいるということですが、

 

私自身は、25年にもわたる実験では
3割の人が離脱するということも、充分
考えられることのような気もします。

 

また記憶力が半分程度か、3分2だったか
という数字よりも、有意差があることが
判明したことに意味があると捉えました。

 

スポンサードリンク