黄色いきゅうり

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

20130419202226f21

 

 

黄色いきゅうり?!

ANAインターコンチネンタル東京の2階にある
「ピエール・ガニェール・パン・エ・ガトー」
のマカロニサラダです。

 

こんなふうな四角い透明の入れ物に入っていました。
正面の上の方にある緑色の帯のようなものは
言わずと知れた「きゅうり」ですね。

 

入れ物の後ろの方の右側に、赤いプチトマトが
見えるでしょ?、そのトマトがソファー
がわり(?)にしているのが黄色のきゅうり。

 

 

「マカロニサラダ」ピエール・ガニョール

 

 

 

黄色のきゅうりってあるの?

私は初めて見たので、念のために調べて
みましたら、なんと驚きの事実に遭遇。

 

一般的に売られている緑色のきゅうりは未熟
なうちに採ってしまっているもので、熟すと
黄色になるんですって、きゅうりって!

 

私はまた、ピエール・ガニェールのマカロニ
サラダですので、きゅうりも普通のものと
違って、おしゃれな新種なのかも?
と思ったりもしていたのですが。

 

「フルーツトマト」があるように
「フルーツキュウリ」なんてね。

 

 

 

 

 

「胡瓜」「黄瓜」

きゅうりを漢字で書きますと「胡瓜」ですね。
こちらの「胡瓜」の方が一般的だと思いますが
「黄瓜」、黄色いウリとも書くのだそうです。

 

黄色く完熟したきゅうりは通常の緑色のもの
と違って「青臭さ」は抜けていていいのです
が、苦みや渋みは増しているといいます。

 

苦み等を避けるには、実の中心部を切り
取って食べれば大丈夫だとか。
ただ食べることができるのは、あくまでも
黄色に完熟した後に採ったきゅうりです。

 

きゅうりは結構、腐りやすい野菜でもあり
ますので、緑色のものを保存していて、黄色
に変色した場合は、きゅうりが痛んだため
の変化かもしれませんので、注意が必要。

 

 

こちらは「ゼブラ」という名前のイタリアントマト

 

 

 

昔はフルーツのように食べていた?

今でこそ緑色のきゅうりが普通ですが
昔は、熟した黄色いきゅうりを、果物に
近い感覚で食べていたということです。

 

その後に、甘いマクワウリのようなもの
も出まわるようになって、きゅうりは
「果物」の領域(?)からは撤退します。

 

そういえば、ピエール・ガニェールのこの
マカロニサラダの黄色いきゅうりは、ちょっと
柔らかくてフルーティな感じもしましたよ。

 

 

オレンジ、赤、黄色のパプリカ

 

 

 

パプリカもそうだね

黄色のきゅうりなど初めてだったので
やたらと驚いてしまいましたが
そういえばパプリカもそうですよね?

 

緑色の状態でも採取して売って
いますが、そのまま枝につけて
いると色が変化してきます。

 

そして緑色から変化したパプリカは
味がちょっとフルーティーになると
いうのもきゅうりと同じですし……。

 

 

 

 

そう気づき始めたら、ピーマンもゴーヤも!
みんな緑色から黄色に変化していますね。
ただ上の写真のパプリカは、緑の次はまさか、

 

 → 黄色 → オレンジ → 

 

と変化するなんてことはありませんよね?
例えば、

 

    → 黄色
    → オレンジ
    → 

 

というように、それぞれ別のパプリカ
のような気もするのですが……。
う〜ん、どうなんでしょう?(誰か教えて!)

 

 

ピーマンのなり始め

 

 

 

ピーマンとゴーヤは知ってる!(エラソー)

ピーマンとゴーヤに関しては、実際に
うちで作りましたので実験済みです。

 

上の写真は、ピーマンがなり始めの頃のもの
で、ピーマンの左上の方にある白いものが花。

 

そして下の写真が、収穫直前の赤いピーマンで
先ほどのパプリカの色の変化について疑問は
このピーマンの生育を見ていたからです。

 

 

徐々に赤くなったピーマン

 

 

この赤いピーマンは、緑色の次に黄色や
オレンジというように変化していった
わけではなく、すぐ赤になりました。

 

 

 

ビタミンカラー尽くしのゴーヤ

また、ゴーヤもそうでした。
緑色から黄色、というかオレンジ色に
近い黄色に変化して、その後、赤くなった
ということはありませんでした。

 

ゴーヤは、
   → 黄色 になって終わりで、

ピーマンは、
   →  になって終わりです。

 

 

初めてゴーヤがなりました、ふふふっ

 

 

ゴーヤが緑色から黄色に変わる
のって、すっごく早いんですよ。
あっという間でした。

 

 

あっという間に色づいたゴーヤさん

 

ピーマンが、緑色から赤になるのには
少々、時間がかかったように記憶しています。

 

オレンジ黄色(?)になったゴーヤの中
には、こんなに綺麗な赤いタネが入って
いたことにも驚いたものでした。

 

 

熟したゴーヤの中に入っていた
赤い色のタネ

 

 

ちなみに、次の写真はオレンジ黄色になった
ゴーヤの皮の部分を、塩もみにしたものです。

 

 

 

 

ゴーヤって、なんといいましょうか
全てがビタミンカラーで綺麗ですね。
おっと、お花の色を紹介していませんでした。

 

これがゴーヤの花。
ピーマンは白い花でしたが
ゴーヤは鮮やかな黄色です。

 

 

 

スポンサードリンク




「紫タマネギ(赤タマネギ)」の色はアントシアニン 

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

140205murasakitamabegi

 

 

「赤タマネギ」or「紫タマネギ」?

冒頭の写真は、北海道産の「アーリーレッド」
という赤紫色のきれいな色の「タマネギ」です。

 

私はずっと「紫タマネギ」と呼んでいた
のですが、調べてみますと「赤たまねぎ」
という呼び方の方が一般的なようですね。

 

スーパーなどでも「紫タマネギ」と
表示したものしか記憶にないので
ちょっと驚きましたが。

 

 

murasakitamanegi370

 

 

以前「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」
では、色々な色のニンジンを御紹介しましたね。

 

一般的なオレンジ色のニンジン以外にも
黄色や紫色のニンジンがありました。

 

 

 

 

次は、ブログで度々登場している
濃い紫色のツタンカーメンのエンドウです。

 

 

130617endoumame470ツタンカーメンのエンドウ

 

 

 

基本は緑色 

といろいろな実を並べてみますと
何か一つの法則(?)のようなものが
野菜の色にはあるような気もします。

 

まず、みどり色、これはオーソドックスな
もので、たいていの葉っぱや茎もみどり色。

 

そして当然のことながら、実も最初は
みどり色というものが多いです。

 

種類によっては、そのみどり色の時点の実を
食べるものもあれば、あるいは熟して黄色、
オレンジ、赤になって収穫するものもあります。

 

 

 

 

 

濃い紫や黒もアントシアニン

それとは別に、黒っぽい色の植物の実もあり
例えばお正月のおせち料理の定番の黒豆、
丹波の
黒豆は有名です。

 

「黒豆」とはいいますが、色は黒という
よりは、紫色の濃い色ですよね。

 

黒米もやはり紫色の濃い色です。

 

 

黒米

 

 

あるいは紫いも、プルーン、ナス、
ブルーベリーもみんなアントシアニン
の色で、紫から黒といった感じ。

 

 

ムラサキイモ

プルーン

 

ナスブルーベリー

 

 

 

赤もアントシアニンの色

これらのものがアントシアニンの色
と聞けば、そうだよねと思いますが
実は、リンゴやイチゴの赤い色も
アントシアニンの色なのだそうです。

 

アントシアニン(anthocyanin)とは
ポリファノールの一種で
赤・青・紫色の水溶性の天然色素です。

 

 

リンゴ(左は「秋映え」、右は「フジ」

 

 

色素本体は「アントシアニジン」、それが
糖と結合した配糖体が「アントシアニン」
であり、両者の総称が「アントシアン」と
いうことだそう(って意味わかりませんが)。

 

アントシアンの色素群は、普通
酸性溶液中で紅色、
アルカリ性溶液中では青色です。
(ここは、ちょっとわかりますね)

 

 

イチゴ

 

 

 

アントシアニンはギリシャ語で「花の青色成分」の意

アントシアニン(Anthocyanin)
という名前はギリシャ語の、

 

「花」(anthos)と
「青」(cyanos)という言葉が語源で
「花の青色成分」という意味です。

 

青色とありますが、青い色だけではなく
赤い色、紫色などの幅広い色調を持っています。

 

 

紫(赤)タマネギ

 

 

現在までに発見されたアントシアニン
の種類は、500種類以上もあります。

 

そしてそれらはいろいろな条件、phや温度、
濃度、金属イオン、酵素などによって、
色調や構造に微妙な変化が現れれます。

 

「赤タマネギ」か「紫タマネギ」と呼ぶかは
別として、この色はアントシアニンが作り
出している美しい色ということなのですね。

 

 

紫いものおまんじゅう

 

 

 

「アントシアニン」は力持ち(?)

アントシアニンは抗酸化力が
非常に強いといわれています。

 

植物にとってのアントシアニンの
役目とは、人間でいいますと
メラニンと同じようなものだとか。

 

太陽からの紫外線を受けたとき、人間は
メラニンという色素によって肌を黒くする
ことで、体内に紫外線が入るのを防いで
細胞が傷つかないようにします。

 

 

紫(赤)タマネギ

 

 

それと同様に、植物は紫外線などの有害な
光から身を守るために、アントシアニン
という色素を作りだしているのです。

 

またアントシアニンには強力な抗酸化作用、
目の機能を向上させ、血圧上昇を抑制する
働きを持つといわれます。

 

そのほかには、活性酸素の抑制や肝機能の
改善、結晶板凝固の抑制に動脈硬化などの
生活習慣病予防に効果があるということです。

 

スポンサードリンク




「ズッキーニ」の各国での呼び名 「黄色いズッキーニ」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

140716zukkini

 

 

ズッキーニはカボチャの仲間

 

今日、御紹介する野菜は黄色いズッキーニです。
ズッキーニは、一見キュウリのように見えますが
カボチャの仲間というのは有名な話。

 

 

rosenthalmagicflute140717黄色いズッキーニ

 

 

 

食材としては1959年代以降

原産地ははっきりわかっていないようですが
アメリカ南部からメキシコのあたりということです。

 

Wikipediaによりますと、このズッキーニ、
ヨーロッパにはすでに16世紀頃には持ち込まれていた
ようですが、お料理の食材としての人気はいまいち。

 

ところが、イギリスのお料理研究家、エリザベス
・デイビットが紹介したことから、一躍
お料理の素材としての人気が出たそうです。

 

それが1950年代〜1960年代ということですので
まだ、新参者(?)の食材なのですね。

 

 

rosenthalmateki140716黄色のズッキーニ 丸型ときゅうり型(?)

 

 

 

色々な名前で呼ばれるズッキーニ

現在一番よく見られる、今日のズッキーニ
のようなきゅうり状のものができたのは
かなり最近のこと。

 

19世紀後半のイタリアで
改良されたものなのだそうです。

 

このズッキーニという、おもしろい名前ですが
国によって、違う呼び名で呼ばれています。

 

ズッキーニ(zucchini)」というのは、
     アメリカとオーストラリア

 

コーフェット、クルジェット
(courgette)
」は、
     イギリスやフランス

 

ズッキーナ(zucchina)」は
これはいかにもという感じで
     イタリア

 

サパージョ イタリアーノ
(zapallo otaloano)
」は
     南米というように。

 

 

また、アメリカではズッキーニやその仲間の

 

が旬のものを、
「サマースカッシュ
(summer spuash)」

と呼び、

 

秋冬が旬のものは、
ウインタースカッシュ
(winter spuash
)」
と呼ぶそうです。

 

この「スカッシュ(spuash)」という意味は、
カボチャ属の実を意味するということですので
「夏のカボチャ」「冬のカボチャ」と
まんまということになりますね。

 

スポンサードリンク