オランダ東インド会社(V O C)

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

 

 

独立戦争後にスペインが貿易禁止命令

現在はベルギーに属するアントワープの地に、イタリア
から陶工がやってきてマジョリカ焼を広めていた時、
オランダではスペインとの独立戦争が始まりました。

 

アルプス以北における最大規模の都市だったアントワープは
多くの外国商人が居住し、胡椒やシナモンなどを積んだポルト
ガル船が日々、荷を降ろすといった賑わいをみせていた港。

 

しかし独立戦争の騒乱を避けようとした陶工たちは、次第
に他の地に移って行き、マジョリカ焼の中心地はアント
ワープからハールレム、デルフトへ移ることになります。
「『デルフト焼』と日本の意外な関係」

 

 

A「アントワープ」→H「ハールレム」→D「デルフト」

 

 

 

戦争の結果、1581年にオランダはネーデルランド
連邦共和国となる独立宣言をしました.

 

一方、スペインは1585年、オランダとの貿易の
全面的禁止とオランダ船拿捕の命令を出します。
これはポルトガル船から拿捕されることをも意味します。

 

何故ならば当時のポルトガルは、1580年から
スペインのフェリペ2世を国王とする同君王国で
事実上スペインに併合されていたからです。

 

 

 

スペインとポルトガル船からの拿捕の危機

この結果、リスボンやアントワープに入港する
ことができなくなったオランの商人たちは
アジアの香辛料を手に入れる術をなくします。

 

オランダ人が、1602年と1604年にポルトガル船を拿捕し
積んでいた10万点あまりの中国磁器を奪った
「『デルフト焼』と日本の意外な関係」)との事実に

 

なんと手荒なことを!と驚きましたが
それはこのような理由があったから。
オランダ船は、アジアの海でボルトガル船に
対して、公然と海賊行為を行なっていたのです。

 

 

 

 

 

1596年、ジャワに到着

リスボンやアントワープに入港できず、またスペインと
ポルトガルに拿捕される危険性があったオランダ商人は
香辛料を直接手に入れることを考えます。

 

最初は北極海を抜ける北回りでアジアに行く
ことを試みましたが、あえなく失敗。

 

1596年に、希望峰周りでアジアに向かった4隻の船が
ポルトガル船に見つかることなくジャワに到着すると
続けとばかりアジア貿易を目指す会社ができはじめます。

 

 

 

 

 

 

各国にあった「東インド会社」

これらの会社が統合されて「東インド会社」になるの
ですが、東インド会社と名乗るものはオランダだけでは
なく、イギリスやデンマーク、フランス等にもあります。

 

「オランダ東インド会社」「イギリス東インド会社」
「デンマーク東インド会社」「フランス東インド会社」
というように。

 

「東インド会社」は西洋がアジアと貿易をするために
作った会社で、世界初の株式会社といわれています。

 

オランダ東インド会社が主に扱ったのが香辛料で、
イギリス東インド会社は綿織物でした。

 

 

 

 

 

 

「インド」とは「アジア方面」を指す

「東インド会社」という名前が紛らわしいのですが、
これはインドが作った会社でも、インドのみを貿易相手
とする会社でもなく、「インド」という言葉が指すのは
「アジア方面」という程度の意味です。

 

南北アメリカ大陸に挟まれたカリブ海にある群島に
「西インド諸島」がありますが、これはコロンブスがそこが
インドだと勘違いをしたことから名づけられたものですし、
アメリカ大陸の人々も「インディアン」と呼ばれましたしね。

 

というわけで東インド会社の「インド」も、コロンブス
のアバウトすぎる間違えからきた名称だと思われ、それは
「地中海から東の方」や「アジア」を意味しています。

 

 

 

シナモン(桂皮)スティック

 

 

 

「西インド会社」は「アメリカ方面」

オランダの東インド会社は、希望峰からマゼラン海峡まで
のアジア地域の商業活動を行う特許を持っていました。

 

ちなみに「西インド会社」もありましたが
この場合の「西インド」とはアメリカ大陸のこと。
超ヨーロッパ中心主義ですね。

 

とはいえこの理由は差別意識ではなく無知からきたもの。
あとで勘違いに気づいた後も、名称として定着して
いたために変更しなかったのかもしれません。

 

 

 

シナモン(桂皮)の木

 

 

 

1602年設立の「V・O・C」

当時は、アジアと貿易をしよう思ってもリスクが一杯でした。
嵐などの天候の問題や、海賊の心配もあります。
そして何より莫大な資金も要します。

 

そのため出資者を募って、その資金で貿易をしようと
考えましたが、同じような考えからいくつもの会社が
しのぎを削って競争するというのもまた問題があります。

 

ということで政府から貿易をする独占権を得ることになり
オランダは1602年、貿易政策としていくつかの会社を
統合して「東インド会社」としました。

 

東インド会社の正式名は「連合東インド会社
(Vereenighde OostIndische Compagnie)」。
略称を「V O C」です。

 

 

 

セイロンシナモン(桂皮) スティックとパウダー

 

 

 

「17人会」

正式な本社はありませんでしたがアムステルダム、ホールン、
エンクハイゼン、デルフト、ロッテルダム、ゼーラントの
6支社から構成され、アムステルダム支社の出資額が最も
多かったことから事実上、本社の役割を果たしました。

 

大口出資者の76名が重役となって、そのうちの
17人で取締役会を作り、会社の経営方針をを決定。

 

17人会には、条約締結や戦争の遂行、要塞の構築、
貨幣の鋳造などの権限が与えられています。

 

 

 

 

 

 

植民地経営会社

と何やら物騒な権限が並んでいますが、海賊及び他国の
妨害も考えられることから、会社とはいえ「軍隊」
も持ち、必要とあらば戦争も厭いませんでした。

 

またその際に、いちいち本国に問い合わせるのも
大変ですので「外交交渉権」をも併せ持ち
その上、現地の統治も任されています。

 

つまり東インド会社とは、貿易商社というよりは
「植民地経営会社」だったというのが実態です。

 

 

 

 

 

 

日本との貿易を独占

希望峰からマゼラン海峡までの貿易独占権を得て
1619年には現在のジャカルタであるジャワ島の
バタヴィアに東インド総督の拠点を置きました。

 

ポルトガルやイギリスを抑えて、東南アジアの香辛料
貿易に成功し、台湾、スリランカ、マラッカなども占領。

 

1609年からは日本の平戸に商館を置き、生糸や銀を
中心として交易も行ない、1639年以降はヨーロッパ諸国
の中では唯一、日本との貿易を独占することになります。

 

 

 

「染付芙蓉手大皿」江戸時代 伊万里焼
高さ6.4cm 径39.5cm 神戸市立博物館所蔵
(写真/「文化遺産オンライン」)

 

 

 

東インド会社の注文品

上の写真は、有田の伊万里焼で作られた芙蓉手の
お皿ですが、中心に「V」と、さらにその左右に
「O」と「C」がデザインされています。

 

これはオランダ東インド会社(V O C)の注文
によって作られたものと考えられています。

 

それまで磁器生産の中心だった中国が内乱で輸出禁止に
なったことから、それに代わるものとして有田で作られ
るようになったのがこのようなお皿だということです。

 

スポンサードリンク




「メディチ磁器」マイセンより100年以上前にイタリアに誕生した幻の磁器

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

 

 

「この世の至高の什宝」

マルコ・ポーロがその著書「東方見聞録」の中で
初めて中国磁器を紹介すると、中国磁器は
ヨーロッパの王侯貴族の憧れの的となりました。

 

磁器に魅せられた人々は中国磁器を
「ホワイト・ゴールド」「この世の至高の什宝」
とまで讃えられるようになったのです。

 

そして当然のことながら、ヨーロッパの人々も
この透き通るように美しい肌を持った磁器を、自らの手で
作ることができないだろうかと考えるようになりました。

 

 

「マジョリカ焼」

 

 

 

イタリアで磁器作りに挑戦

ヨーロッパで最初に磁器製造に成功したのは1709年、
マイセンのベトガーでしたが、それ以前のルネッサンス期
のイタリアでも磁器製造に取り組んだことがありました。

 

しかしこれは残念ながら成功することなく終わります。
叶わなかった磁器製造のかわりでもあるかのように
イタリアではマジョリカ陶器」が発展しました。

 

15世紀にギリシャの東ローマ帝国がオスマントルコ
によって滅ぼされると、イタリア半島では
フィレンツェを中心にルネサンスが訪れます。

 

 

「デルフト焼」

 

 

東方から科学技術が流入し、アフリカからは金が、
アメリカ大陸からは金に続いて銀がもたらされる
ようになっていたフィレンツェ。

 

そこに1000年以上前に古代ペルシャで作られスペイン
に広がっていたマジョリカ焼が、マジョリカ島経由で
シチリア、フィレンツェへと伝えられていたのです。

 

ルネッサンスの新風の中でマジョリカ焼は進歩し、
後にアントワープからデルフトへと移るとともに
それぞれの
地で創意工夫が加えられて「デルフト焼」となりました。

 

 

 

 

 

イタリアでのもう一つの試み

磁器製造は叶わずマジョリカ焼の発展へと
繋がったこの試み以外にもイタリアでは
もう一つ別の磁器製造を試みた人がいました。

 

ヨーロッパ初の白磁製造に成功したマイセン
のベトガーより100年以上も前のこと。

 

フィレンツェのメディチ大公がそれを試みました。
そしてその試みは、ある程度の成功を収めたのです。

 

 

 メディチ家の紋章

 

 

 

メディチ家

メディチ家はルネッサンス期のフィレンツェを
支配し、金融業や政治の世界で活躍した一族。
新興商人階級に属し、元々の出自はわかっていません。

 

ローマで金融業を営んでいた初代のジョバンニ・ディ・
ビッチが、1397年に本拠地をフィレンツェに移した
ことからフィレンツェでの活躍が始まります。

 

仕事で得た莫大な財産でボッティチェリ、レオナルド・
ダ・ヴィンチ、ミケランジェロという芸術家のパトロン
となりルネッサンス文化を育てたことでも有名ですね。

 

「メディチ(Medici)」という名前は「メディカル
(Medical)」からきていて、紋章についている
プチプチは丸薬を表しているともいわれますが、薬種業
を営んでいたという裏付けとなる資料はないそうです。

 

 

 

メディチ家家系図「that blog-ish thingy」

                                 ↑ 下から2番目が
                                 フランチェスコ1世

 

 

 

フランチェスコ1世・デ・メディチ

初代から数えて7代目のフランチェスコ1世・デ・
メディチ(Francesco Ⅰ de Medici、1541年〜1587年)
が、ヨーロッパで最初の磁器に取り組みました。

 

磁器製造に関わった期間は、1575年頃から1583年
までの短い期間といわれていますが、これについて、
松本典昭「マニエリスム期におけるメディチ家の宝物
コレクション」
では、

 

「ヴァザーリは,『美術家列伝』第2版(1568年)で,
* フランチェスコ 1 世が1560年代から磁器工房を開いて
* 試作の 実験に乗り出したと伝えている」

 

と記されていますので、一般的に伝えられているよりは
かなり早い時期から取り組んでいたのかもしれません)

 

 

フランチェスコ1世・デ・メディチ
(Francesco de’ Medici 、1541年〜1587年)

 

 

 

1575年「メディチ磁器( Medici porcelain )」完成

1574年、フィレンツェで、フランチェスコ1世の命
により始められた研究は、レヴァント人の協力のもと、
翌1575年には「メディチ磁器」を完成します。

 

一説にはマジョリカ焼の陶工が焼いたともいわれて
いますが、できた作品のほとんどが染付であり
マジョリカ焼独特のおおらかな派手さはありません。

 

「メディチ磁器」という名前ではあっても
正確には磁器ではなかったのですが、外観が
かなり磁器に似ていたためにそう呼ばれています。

 

 

中国磁器「染付芙蓉手蓮池水禽文輪花大皿」
景徳鎮窯 1590~1630年代 九州陶磁文化館所蔵

 

 

 

材料に「カオリン」を含まない

メディチ磁器は、硅(ケイ)砂、ガラス、水晶粉に、
ファエンツァの白陶土、ビセンツァ粘土を混合した素地に、
錫(スズ)釉を掛けた陶器で、中国磁器をお手本に
マジョリカ焼の技法も取り入れたものです。

 

釉薬は比較的厚めで気泡が多いために
コバルトが少し滲んだように見えるそうです。

 

材料には、磁器作りといえば欠かせない
「カオリン」を
使用していませんので、正確にいうと磁器ではなく
陶器ですが、かなり磁器に近づいた「軟質磁器」です。

 

 

「メディチ磁器」(Baby’s bottle in Medici porcelain.
Soft Paste Porcelain ca. 1575–87.)
(写真/「Jelly Angel」

 

 

 

フランチェスコ1世もともに

フランチェスコ1世は磁器製作を命じるのみでなく、
カジーノ・ディ・サン・ マルコの工房で多くの錬金術師と
一緒に一日中、磁器製造に没頭したといいます。

 

錬金術が好きで科学に明るいということが
磁器作りへの意欲を一層かきたてたのかもしれません。

 

マイセンでベトガーに磁器製造を命じたザクセン強王は
秘密の漏洩を恐れてベトガーを監視付きの部屋に閉じ込め
外界との接触を一切たったそうですが、フランチェスコ
1世は自ら実験に勤しんでいたということですね。

 

 

メディチ磁器(©RMN, Sèvres,
cité de la Céramique, Martine Beck-Coppola)

 

 

 

ヴァザーリも絶賛!

その甲斐あって、正確には磁器ではないものの美しい
軟質磁器の「メディチ磁器」が生まれました。

 

イタリアの画家であり建築家、美術史家でもある
ヴァザーリは、メディチ磁器について

 

「素晴らしい技術から生まれる完全な作品であり、
しかも芸術的にも最高の到達点である」と絶賛しています。

 

 

「メディチ磁器」皿 1575年〜1587年
大英博物館所蔵(写真/「やきもの色々」

 

 

 

つかのまの煌き

しかし1587年、毒殺とも噂されたフランチェスコ1世の
死とともにメディチ磁器の歴史も終わることになります。

 

この後、イタリアで磁器が作られるのは100年以上後の
ウィーンからの硬質磁器を受け継ぐヴェッツィ窯で
作られる1720年のことです。

 

短い製造期間だったこともあり、現在残っている
メディチ磁器はごくわずかなものです。

 

フランチェスコ1世の亡くなった年、1587年の財産目録
によれば
「メディチ磁器」は820点を数えていますが、
現存するのは60点ほどにすぎません。

 

セーヴル国立陶芸美術館に9点、
ヴィクトリア&アルバート美術館に9点、
ルーブル美術館に6点、
大英博物館に4点、
メトロポリタン美術館4点、などです。

 

 

スポンサードリンク




「遅起きのススメ」早起きは心身に悪いという嬉しい研究結果が世界中で話題に

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

うれし過ぎる研究結果

寝正月ならぬ寝ゴールデンウィークもそろそろ終わりに
近づきましたが、少し前に早起きは身体に良くない
という記事を読んでびっくりしたことがありました。

 

「早起きは三文の徳」などという古い諺の中で暮らして
いる私たちにとっては健康のためにも、また社会人としても
あらまほしい早起きを全否定したものだったからです。
(まあ、古過ぎて「三文っていくらなの?」と思いますが)

 

これはオックスフォード大学での研究ですが
レポートが発表されるや否や、イギリスの新聞等で
報じられ、世界中で大いに話題となったそうです。

 

実は私がこれを知ったのは、一年半ほど前のことでした。
嬉しくてすぐブログに書きたかったのですが、何かあまりに
あまり(!)なので、ちょっと躊躇しちゃったりして……。

 

 

 

 

 

「早起きは人体にとって『拷問』」なんですと

この嬉し過ぎるい研究をしてくれたのはイギリス、
オックスフォード大学の睡眠・概日リズム神経科学
研究所の名誉研究員であるポール・ケリー博士。

 

ちょ、ちょっと待って!、その「概日リズム」って何?
とのっけからコムズカシイ言葉が出てきてめげそうになりますが
「概日」は「がいじつ」と読むそうですよ(がいにちかと思った)。

 

概日リズムとは、英語で「circadian rhythm (サーカディアン・
リズム)」で、約24時間周期で変動する生理現象のこと。
動物だけではなく植物や、なんと菌類、藻類などの生物
にも存在している、体内時計のことなんですって。

 

イギリスの科学イベントで発表されたポール・ケリー博士の
「朝早く起きることは、人体にとって『拷問』に等しい」との
お言葉には、個人的には冗談抜きで嬉し涙にくれるほどの思いです。

 

小学生の頃から、本当に毎朝、毎朝感じていたことでした。
他の人は難なくこなしているように見えるのに、朝起きる、
というそれだけのことがなぜこんなに大変なのだろう?、と。

 

 

 

 

 

推奨すべき起床時間、活動開始時間

ポール・ケリー博士は、世界中のあらゆる人たちの睡眠
パターンを分析し、年齢層ごとの推奨すべき起床時間と、
起床後の活動開始時間をはじきだしてみました。

 

個人差はありますが、起床時間は以下の通り
15〜30歳の青年期  朝9時
31〜64歳の中年期  朝8時
64歳以上 高年期  朝7時

 

起床後に活動を開始する時間
 青年期  11時
 中年期  10時
 高年期  9時

 

これによりますと、どの年代の人であっても朝は6時
より前に起きないほうがいいということになります。
つまり、早起きは良くないということ。

 

 

 

 

 

早起きのリスク

もし早起きを続けているとどのようなリスクがあるのかに
ついては、ケリー博士はこうおっしゃっています。

 

「私のいるオックスフォード大学だけでなく、米国のハーバード
大学やネバダ大学などの研究機関で、早起きが病気のリスクを
高めることに関する実証研究がすすめられています。
現時点でもすでにメタボリック・シンドロームや糖尿病、
高血圧、より重篤な病気であれば、心筋梗塞や脳卒中、心不全
などの循環器疾患やHPA(視床下部ー脳下垂体ー副腎皮質)
機能不全によるうつ病などが判明しています。

 

いや〜、これ本当にあるあるです、納得。
私は子どもの頃から今朝に至るまで、毎日ではありませんが
かなりの確率で起きる前に体の不調を一番感じます。

 

空が白み始める頃から、もう完全に明るくなった頃、心臓が
少し痛かったり、動悸がしたりすることがよくありますが、
本格的に目覚めて起きた後は就寝するまで結構平気なのです。

 

 

 

 

 

早起きによって生まれる体内時計のズレ

この早起きによって体の不調が起きることの原因は
「人間の体内時計の『ズレ』」にあるということです。

 

体内時計とは先ほどの「概日リズム」のことですが、生物に
備わる生命活動のサイクルがあることで、無意識のうちに一定
のリズムで活動状態と睡眠状態を繰り返すことができるのです。

 

それが早起きをすることによって、体内時計の周期と、
実生活における行動周期との間にズレが生じてしまうため
体に悪影響を及ぼすと考えられているのだそうです。
ケリー博士はこうも付け加えています。

 

 

 

 

「体内時計は身体のあらゆる部位に存在します。例えば脳の
視交叉上核という場所に体内時計が備わっていますが、早起き
することによってこれがズレてしまうと、著しく脳の機能が
低下します。すると集中力や記憶力、コミュニケーション能力
などが著しく減退してしまうのです」

 

ケリー博士は、ハーバード大学医学部でこんな実験をしました。
朝から夕方までの勤務シフトで働く医者と、
昼から夜までの勤務シフトで働く医者の仕事ぶりを比較すると、

 

前者の医者は後者の医者に比べて、集中力の欠如がみられ、
医療ミスが36パーセントも増加したというのです。

 

 

 

 

 

フレックスタイムを導入しているグーグル社

この事実を知っているのでしょうか、世界最大のIT企業である
グーグルがフレックスタイムを採用していることは有名ですね。

 

グーグルは社員の能力と睡眠の関係性を重要視している企業で、
出社時間と退社時間は社員が自由に決められるということです。

 

お昼過ぎになると社員たちが姿を見せ始め、午前中は人が
まばらだといいますから、入社時にみそぎ研修がある日本の
企業だったら「滝に打たれてこい!」とか言われそうですね。

 

 

 

 

 

心臓への負担、実感しています……

65歳以上の人の起床時間と病気に関係について
調査をしたケリー博士の研究結果によりますと
7時以降に起きている人に比べて、6時以前に起きている人は、

 

心筋梗塞や脳卒中などの循環器疾患の発症リスクが最大で約4割、
糖尿病やうつ病といったその他の病気に関しても2〜3割高く、
また高いだけではなく重篤化しやすいという結果も出ているそう。

 

早起きが習慣化することによって、脳や心臓に負担を
かけることによって、寿命が短くなってしまうといいます。

 

 

スティルトンチーズを食べると奇妙な夢が見られるとか
「『奇妙な夢を見る』スティルトン 実験しました!」

 

 

 

日本の医師も警告

ケリー博士の研究結果と同様に、早起きが病気を引き起こす
恐れがあると指摘するのは睡眠医療の専門家である
遠藤拓郎・スリープクリニック調布院長。

 

「人間のパフォーマンスというのは体温に依存します。
体温が低い時は身体中の機能が著しく低下します。
人間の一日のなかで最低体温というのは、
個人差もありますが朝の4時から6時。
一方で最高体温となるのが夕方4時から6時。
したがってケリー博士の言う通り、朝早くから
活動をするのは年齢に関係なく危険なのです」

 

高齢になると朝早く目が覚めるといいますが、これはメラトニン
と言う眠気を誘発するホルモンが加齢によって減少してしまうため。

 

うとうとしながらテレビを見るのは最悪だといいます。
遠藤院長によりますと、深い眠りを誘う一番良い方法は、昼間
から夜にかけて時間を忘れるくらい趣味没頭するのがよいそう。

 

 

 

 

 

最後に勤勉な日本人の皆様へ

ケリー博士は、特に日本社会に対して
危機感を抱いているということです。

 

ケリー博士から…

「統計的にも、日本人は世界中で突出して睡眠時間が短い。
加えて早く起きる人の割合も多い。
しかも学校や政府、企業がそれを主導しているように思えます。
『早起きは三文の徳』ということわざが日本にはあるようですが、
特に高齢者の方には、それは科学的に間違いだということを
十分理解してもらいたいです」

 

ケリー博士と並ぶとはおこがましいですが、あぷりからも…

ということだそうですよ、皆さん、なんといっても
「朝早く起きることは、人体にとって『拷問』に等しい」
のだそうですから、今日からは後ろめたさを一切
感じることなく、いっぱい、いっぱい寝ましょうね! Zzzz…
             (「週刊現代」2015年10月17日号)

 

スポンサードリンク