テレビを多く観ることによる影響

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

当たり前にテレビをつける!?

10年以上前のことですが、知人の車に乗って
用事を済ませた後に「うちに来ない?」と
誘われ、彼女の家を訪れたことがありました。

 

昼間でしたので彼女の夫と子どもはいません。
家の様子、キッチンや食器棚の中などを
見せてくれた後にリビングに行きました。

 

椅子に腰掛ける際に、彼女はあたかも
暑い日に冷房のスイッチを入れるような
当たり前の様子でテレビをつけたのです。

 

 

 

 

 

これは、普通なのでしょうか?

私は驚きました。
その時間に、彼女が楽しみにしている番組が
あるというわけでもなかったようでしたし。

 

2.3時間ほどいた間、テレビはずっとついたまま。
ちらっと視線を送ることはあっても、彼女が
テレビを観たい様子は全く感じませんでした。

 

さほど大きな音量ではなかったものの
正直なところ、テレビの音は話をする
のに少々、邪魔だったのですが。

 

 

 

 

 

「夫が見もしないのに、テレビをつけて」

それから数ヶ月ほど経った後、彼女の夫が
休日に一人で早めに起きて、テレビをつけて
うるさくてと彼女が愚痴っていました。

 

「すぐテレビをつけるんだよね、
見もしないのに……」と.
まあ、それは彼女も同様ではあるのですが
自分のことは気づかないのかもしれません。

 

とにかく彼女の家族は暗ければ電気をつけ、
適温でないと思えば冷暖房を入れるように
テレビをつけているようでした。

 

 

 

 

 

彼女の家族だけではなく

そしてその後、そのような人が決して
少なくないことを知りました。

 

「仕事がら、老人宅に行くことが多いが、
ほぼ100%テレビがついている。
そして半数以上が、会話が
始まってもテレビを消さない」

 

と書いている人がいて、テレビのない私には
驚くべき行動に映った彼女の行動も、特別に
驚くほどのものでもないのとわかったのです。

 

 

 

 

 

高齢になるほど多い視聴時間

年齢が進むにつれて、つまり高齢者に
なるほどテレビの視聴時間が伸びる
との調査結果もあるようです。

 

1日あたり何時間程度テレビを見ているか

 

20代 男性 1時間44分
  女性 2時間23分

50代 男性 3時間39分
   女性 4時間16分

60代 男性 4時間55分
   女性 4時間47分

70代 男性 6時間
   女性 5時間

 

80代、90代はどうなんでしょうね。

 

 

(グラフ/「全国視聴率調査」2017年)

 

 

 

高齢者はテレビに何を求めているか

「世の中の動き、出来事などを伝えてくれる」 29%

「世間の動きに遅れない」           12%
「感動を与えてくれる」              〃
「知らなかったことを知ることができる」     〃

「楽しい気分になれる」            10%

 

☆ 今回の話とは関係ありませんが、4番目の
「知らなかったことを知ることができる」は
もとは「知らなかったことを知れる」でした。
文章を書く専門家が「知れる」を
使うとはちょっと残念です。

 

 

 

 

 

受動的になった脳は認知症の原因にも

テレビは、次々と画面が勝手に切り替わって
くれますので、脳は受け身になってしまいます。
これは認知能力の低下にもつながりかねません。

 

受動的になった脳は、積極的に考えることを
しなくなり、認知症などの原因になる恐れも
あり、実際そのようなレポートも存在します。

 

また、テレビを多く見ていることで運動不足
にもなりやすく、脳の血流が悪化し認知症を
進行させる可能性も指摘されています。

 

 

 

 

 

若い頃にテレビを3時間以上見ていた人

一方、高齢者だけではなく若い人もテレビ
の影響から免れることはできないようです。

 

1日3時間以上テレビを見ていた人は、見て
いなかった人に比べて40、50代になると記憶力
が低下する確率が最大で約2倍も高いとか。

 

研究チームは「老いる」ことと関連づけて考え
られてきた認知症を食止める方策について、
「若い頃から考えるべきだ」と指摘。
視聴時間を減らすことを促しています。

 

 

 

 

 

25年間にわたる研究

この研究をまとめたのは、
サンフランシスコの医療センター
のティナ・ホワンさんと、
カリフォルニア大学サンフランシスコ校
のクリティン・ヤッフェさんの2人。

 

米医師会(AMA)の精神医学専門誌
『JAMAサイキアトリー』に発表されました。

 

調査は、シカゴやミネアポリス、オーク
ランドなど、全米各地の18〜30歳の男女、
計3247人を対象にしています。

 

驚くのはその長さ、1985年3月から2011年
8月31日までの25年間にわたって追跡しました。
実験開始時の参加者の平均年齢は25.1歳。

 

 

 

 

 

25年経過後に

調査開始から25年目に行ったテスト。

1 同じ図形を1分間にいくつ見つけ
 られるかをチェックする
 認知症テスト「DSST試験」

 

2 文字の意味と色との違いを判別させる
 「ストループテスト」

3 言語の記憶などに関する検査「RAVLT」

 

 

 

 

 

結果は……

1日にテレビを2時間以上視聴していた353人
(これは全体の約11%)は、それ以外の人よりも
記憶力が大きく劣っているという結果が出ました。

 

さらに3時間以上視聴している上、殆ど運動も
しないという107人は、3種類全てのテストでそれ
以外の人に比べ記憶力が半分程度だったのです。

 

ホアンさんは今回の研究結果を受け学会誌で、
「20代半ばに運動をせず長時間テレビを視聴する
ことが、中年に突入してからの記憶力の悪化に
関係していることが判明した」と結論づけました。

 

 

 

 

ただし、今回の調査は、テレビの視聴時間が
自己申告だった上に、参加者の約3割が途中で
離脱していることから、結果に疑問を抱く
研究者もいるということですが、

 

私自身は、25年にもわたる実験では
3割の人が離脱するということも、充分
考えられることのような気もします。

 

また記憶力が半分程度か、3分2だったか
という数字よりも、有意差があることが
判明したことに意味があると捉えました。

 

スポンサードリンク




着物の「おはしょり」は何のためにある?

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

「おはしょりは必要なの?」

昨夜、ツイッターで『日本会議の研究』の著者
である菅野完さんが、女の人の和装について
「おはしょりは必要なのか?」という、とても
共感できる質問をつぶやいていらっしゃいました。

 

実は私も同じことを思ったことが
ありましたし、また多くの方も同様に
思われているような気がします。

 

「おはしょり」とは、帯の下に
着物を帯と平行に畳んだように
着付ける部分のことです。

 

 

 

 

確かに着物を着る時に、このおはしょり部分
がいまいち綺麗に整わなくてやり直す
などということもあります。

 

以前、「節子・クロソフスカ・ド・ローラ伯爵夫人
『お人形ではなく』」
のところでも書きましたが、
着物に関して現在は、やたら「美しく着る」風潮が
蔓延り(?)、プレッシャーも感じますし。

 

おはしょりがない方が、着るのが簡単なのは
いうまでもありませんが、結論をいいますと
やはりあれは「必要です」。

 

ただし、体系によって「絶対に必要」から
「なくても平気」まで色々だとは思いますので
全ての女性が絶対に必要とも言い切れませんが。

 

 

 

 

 

立体的な洋服に必要な「ダーツ」

着物は、反物を複数縫い合わせてはありますが
全て平面的な作りで、したがって綺麗に畳んで
収納することもできます。

 

一方、洋服は立体的な作りですので
畳んで収納というよりは、ハンガーにかけて
できるだけ立体的な保存が望ましいですよね。

 

洋服を作ったことがある方はおわかりだと
思いますが、洋服の型紙には「ダーツ」と
いう部分があります。

 

 

洋服の型紙 グレーの部分が「ダーツ」
左が前身頃、右が後ろ身頃

 

 

「ダーツ(darts)」とは、平面的な布を立体化する
ための技法の一つで、体の凹凸に合わせて丸みを
作るために布の一部を縫い込んだつまみのことです。

 

上の型紙は左が前身頃で、右が後ろ身頃ですが、
それぞれグレーの部分の両端を縫って膨らみを作り
前身頃は胸、後ろ身頃は肩のラインに添わせるため。

 

上の型紙の場合は、前身頃にダーツは一箇所
でしたが、下のイラストに示されているように
ダーツはさまざまな場所で作られます

 

 

 

 

下から2番目には「ウエスト・ダーツ」と
ありますように、ウエストからヒップに
かけての丸みを作るダーツもあります。

 

ですが、一番多いのはやはり
バスト周りの調整でしょう。

 

イラストでも、幾つものダーツがバストトップ
に向かって、布ができるだけ自然に美しく沿う
形に出来上がるように考えられています。

 

 

 

 

 

「前後の差」

本当は、後ではなく前の裾が上がってしまう例
のイラストを探していたのですが、見つから
ないので、こちらを拝借してみました。

 

これは年齢とともに脊柱のカーブが変化
した場合に、洋服をどのように直したら
着やすくなるかを説明したものです。

 

後ろの部分が、脊柱のカーブにより膨らんで
引っ張られ、前が下がったように見えます。
横から見ると床と平行ではありませんね。

 

 

イラスト/「とうきょう福祉ナビゲーション」

 

 

この例は後ろが膨らんでいる場合でしたが
前に胸が膨らんでいる場合も同様です。
その時は先ほどとは反対に、前裾が上がり
後ろが垂れ下がったようになってしまいます。

 

また胸の膨らみに限らず、妊娠中でお腹が
大きくなった場合も同様のことが起きます。

 

つまり体が上から下まで、ほぼ同じサイズで
凹凸がなくスト〜ンとしていたら(太くても
細くても)問題はないのです。

 

 

 

 

ところがそうでない場合は、前後に差が生じて
しまうため、この「前後の差」を、洋服の型紙
ではダーツ等で調整するのです。

 

そしてダーツ等の調整機能がない着物の場合
に必要なのが「おはしょり」というわけです。

 

もっともこの調整機能の中には、体型の変化に
対応するためや、どのように着付けたいかと
いうニュアンスを表現するため等も含まれます。

 

 

 

 

 

5センチ位までは「おはしょり」なくてもOK?

また「前後の差」に関してですが、5センチ位
まででしたら、おはしょりがなくてもほとんど
問題なく着付けができるように思います。

 

(正確な統計をとったものでは
なく、私の実感にすぎませんが)

 

ですが、前後の差が10〜15センチ以上
ということになりますと、おはしょり
がないと厳しいのではないでしょうか。

 

 

 

 

前後の差は、必ずにも胸の大きさだけで
決まるというものでもないようです。

 

肩の形や背中の肉付き(極端な例が先ほど
の脊柱カーブ例)などによっても変化する
ようですので、一概には言えませんね。

 

女性でもおはしょりは不要という方もいますが
おはしょりを必要とする女性も多いのが現状。
体系は千差万別ですので。

 

 

 

 

 

ここからは、超個人的な話で「おはしょり」
とは直接関係のない話です……

私が「前後の差」等に注目するように
なったのは、高校生の頃に洋服を
作り始めたのがきっかけでした。

 

本を見ながら型紙通りに作っても体に合わない
ものしかできないので、自分の型紙を作ること
から始めましたが、それでも結果はいまいち。

 

自分で作るものだけではなく、市販の洋服
でもそれは同様で、必ず直してもらわなけ
れば着ることができませんでした。

 

 

 

 

お世辞にもスタイルがいいとはいえない体型
でしたが、かといって一見しただけでは他の人
とそんなに違っているようには見えないのに。

 

みんなが普通に来ている既製服が、40キロ台の
私にきついことが全く理解できないまま数十年
考え続け、なんとか難ありの自分の体型にあう
ものが作れるようになりつつある、今日この頃。

 

私はお太鼓結びが苦手なのですが、その理由も
単に趣味の問題のみならず、私の体型による
ものであることも数年前にわかりました。

 

 

 

 

本当に人間も、人間の体も様々ですね。
少々  かなり難ありの体と、数十年つき
あってきて今、しみじみ思います。

 

スポンサードリンク




青山ブックセンター六本木店、6月25日閉店

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

青山ブックセンター六本木店も……

以前、六本木の「クローバー」が閉店した
記事を載せましたが、なんと今日は本屋さん
の閉店のお知らせをしなくてはなりません。

 

あの辺りではかなり有名な(と思う)
「青山ブックセンター六本木店」です。

 

私も待ち合わせに使ったり、ハービー山口さん
のサイン会(?)などがあったりと、親しみを
感じている本屋さんでしたので、かなり残念。

 

 

 

 

 

ツイッターには

「ryugo hayano 2018年6月24日

街から消える本屋 惜しまれつつ、
青山ブックセンター六本木店が25日に閉店 |

(今惜しんでいる人が,ずっと愛顧して
いれば無くならなかったのではないか、
と思われる事例は多数.

類似の事例として,古典芸能が滅ばない
ためにも,身銭を切るお客様は大事)」

 

このようなツイートがありましたが
本当にそうですね。

 

 

 

 

私は青山ブックセンター六本木店には
何度も足を運んでいますが、そういえば
本を買ったことってあったかな?、と。

 

もっとも私は、読みたい本を買ってしまう
と、果てしなく本が増え続けてしまうので
小学生の頃から本は基本的に買わない主義。

 

そうはいっても、短期〜中期滞在(うちに)
用として本を購入することがないわけでは
ありません。

 

 

 

 

そんな折、青山ブックセンターを利用して
いたかと振り返ってみますと、ごめんなさい
と言わざるを得ない状況に胸がグサッ……。

 

「ryugo hayano」さんがツイートして
いた通りです。

 

これ以上、好きなお店の閉店が
続かないことを祈るばかりです。

 

 

 

 

青山ブックセンター六本木店さん、
今までありがとうございました!!

 

スポンサードリンク