「手に取るな やはり野に置け 蓮華草」瀧瓢水

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

「手に取るな  やはり野に置け  蓮華草」

少し前に「レンゲ」を御紹介した時に
この句をのせましたが、これは播磨
(兵庫県)の俳人、瀧瓢水の句です。

 

「滝野瓢水(たきのひょうすい)」と
書かれることが多いようですが、これ
は誤りで「瀧瓢水(たきひょうすい)」
が正しいそうです。

 

「蓮華草は野に咲くから美しく見えるので
あって、それを積んで家の中に飾っても
調和せず美しく見えないことから、播磨
の俳人瀧瓢水が遊女を身請けしようと
した友人を諌めた句。
自然の中で咲く蓮華草が美しいのと同じ
ように遊女は色町にいてこそ美しく見える」

 

との意味だそうですが、知りませんでした。
のんびりした素朴な句だと思っていたの
ですが、遊女の身請けをとめる句だった
のですね。

 

「此の里に  来らざるこそ  粋なるべし」
との花魁の発句に応えたものだとか。

 

教えていただいたのは「レファレンス
共同データベース」で、提供館は
「私立牛久中央図書館」です。

 

 

 

 

 

この【例文】は正しいのでしょうか?

その記載のなかに事典等の書籍ではなくネット
上の「故事ことわざ辞典」が紹介されていた
のですが、少々気になることがありました。

 

「やはり野におけ蓮華草」の
【類義】として「花は山人は里」
とあり、これはふむふむと納得ですが
気になったのは【例文】の方。

 

「やはり野に置け蓮華草で、金になるからと
いって無理をして違う業種に手を出してみて
も、まったく自分の能力が発揮できなかった」

 

と記載されているのですが、これは
例文として適しているでしょうか?
(2020年6月16日現在)

 

 

 

 

勿論、私は国語の専門家ではありま
せんが、この使い方にはすっきりと
しないすわりの悪さを感じます。

 

少々、無理やり例文を考えてみました感
も否めないような気もするのですよね、
この事例、

 

「金になるからといって無理をして
違う業種に手を出してみても、まったく
自分の能力が発揮できなかった」

 

でしたら「餅屋は餅屋」の方が
ふさわしいような気もします。

 

残念んがら私には適した例文
が思い浮かびませんが。

 

 

 

 

 

また、蓮華に戻りまして……

瀧瓢水がこの蓮華の句を詠んだ気持ちは、

 

「蓮華(遊女)は、野に咲いている(自分
のものではない)から美しいので、自分の
ものにしてはその美しさは失われてしまう」

 

はまことにもっともで、どこからも
反対意見は出なそうな正論です。

 

ですがこの出来事、私には森鴎外の
『舞姫』の最後の文を思い出させもします。

 

「ああ、相沢謙吉がごとき良友は
世にまた得がたるべし。
されどわが脳裏に一点の彼を憎む
心今日まで残りけり。」
        森鴎外『舞姫』

 

 

 

 

『舞姫』では別れさせたのが友人の
相沢謙吉であり、「蓮華草」の句では
瓢水が身請けを止めた方という違いは
ありますが。

 

_____________________________________________________________
         (とめた人)
作者・鴎外ーエリス  友人・ 相沢謙吉

(とめた人)
作者・瓢水      友人ー遊女

 

 

蓮華草を手に取ることのなかった
瓢水の御友人は後になって、このことを
どのように回想していたのでしょう。

 

 

 

 

最後に、森鴎外の蓮華(ゲンゲ)
の句を御紹介します。

 

「うらゝかや  げんげ菜の花  笠の人」

 

 

スポンサードリンク




うさぎの生存権は?

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

うさ友さんに感謝!

うさぎさんつながりのお友達を
「うさ友」さんといいますが、うさ友さん
には本当に良い方が多いんですよ。

 

うちのうさぎのあぷりが病気の時も
うさ友さんたちに支えていただき
本当にありがたく思いました。

 

mちゃん、シュウママさん、
ちっぷママさん、くう姫さん等々。

 

あぷりのおかげで、素晴らしい獣医の
先生方にも出会え、得難きお友達にも
会うことができました!

 

 

 

 

なかには、知り合った時はうさぎを
飼ってはいませんでしたが、その後うさぎと
暮らすようになったという人がいました。

 

その人は、女の子を二人育てている方で
当時は離婚して実家でご両親と暮らして
いるということでした。

 

下の女の子が、とても動物が好きで将来
獣医さんになりたいというほどだったそう。

 

うさぎを2匹(本当は「2羽」)飼い始めた
と彼女から聞いた時、彼女の家には鳥と、
もう一種類動物がいたように記憶しています。

 

 

 

 

 

世話をする母親が難色を示し

彼女は弁護士と大学教授の仕事が忙しく、
家に帰るのが遅くなることも度々でした。

 

それどころか、タクシーで帰るより
安いからと、カプセルホテル
に泊まることもあったようです。

 

ですから彼女自身は、うさぎの世話を
するどころではなかったのでしょう。

 

うさぎを飼い始めたと聞いてから
しばらく経った時のことです。
彼女が困ったように言いました。

 

「母がうさぎの排泄物の臭いが
イヤだって言うのよね」と。
彼女の家の家事は、主に彼女の
母親が担っていたのでしょう。

 

 

 

 

 

家の中から外へ

うさぎは家の中から、外に出されました。
外の小さな箱の中にいて、
「かわいそうなの、まるで動物虐待」
とも彼女は言っていました。

 

たまたま彼女のご近所のでも、うさぎを
飼い始めた人がいて、そのおうちのうさぎ
はソファーが大好きだということでした。

 

彼女は、
「うちのうさぎたちだったら考えられ
ないわ、オシッコをしちゃうから」
と言ったので、

 

「人間だって、生まれてから、随分
長い間、おむつをしているじゃない、
うさぎさんだって少し時間が
必要なんじゃないかなぁ……」
と私はいいましたが。

 

 

 

 

 

家の外から山へ

それから数ヶ月後のことでした。
彼女と何かの場所で、ほんの少し一緒に
なった時に、彼女が私に聞きました。

 

「まだ、うさぎさん飼っているの?」
私は内心「?」と思いながら頷きました。

 

すると彼女は言ったのです。
「偉いわね。
うちは山へ返してきたわ」と。

 

 

 

 

耳を疑う言葉でした。
確かに昔は、そして現在でも山で自然
の中で暮らしているうさぎはいます。

 

ですが現在、彼女や私が飼っている
うさぎはペットショップにいたうさぎで
あり、山で暮らした経験など全くありません。

 

「捨ててきた」という言葉を使わずに
あたかも元に戻しただけというニュアンス
の、「山に返す」と表現したのです。

 

 

 

 

私は言葉を失いました。
力が抜けました。

 

そして十年以上たった現在まで、共通の
友人に、この話をしたことはありません。
何故なのか、その理由は自分でも
わからないのですが。

 

このことがあったからというわけ
ではありませんが、その後彼女とは
ほとんど話しをしなくなりました。

 

 

スポンサードリンク




ひきこもり 2  56歳のひきこもり男性が衰弱死

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

増える中高年のひきこもり

昨年2019年3月、内閣府は40〜64歳
の「中高年ひきこもり」状態の人が
全国に61.3万人いると発表しました。

 

しかし、当事者や家族で作るNPO法人
「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」
では、40歳以上も含めた数は
約100万人と推計しています。

 

青少年の若年期の問題と捉えられていた
ひきこもりも、その長期化に伴い高年齢化
が課題となってきています。

 

中高年になったひきこもりと、高齢の親が
孤立する「8050(はちまるごーまる)問題」
が深刻化してきました。

 

 

 

 

 

56歳のひきこもり男性が衰弱死

昨年の8月、56歳でひきこもりの男性が
衰弱で亡くなったという報道を目にしました。
死因は低栄養と低体温による衰弱死でした。

 

ひきこもり状態が30年以上も続いており
その間、両親も亡くなり自宅で一人暮らし。

 

家族や近所の人々、行政などは彼を気にかけ
ていたといいますが「自分でなんとかしたい」
と支援を拒んでいたといいます。

 

 

 

 

 

「自分でやりたい、

父親にそのように言われていましたので」

破れた服からは、肋骨が浮き出でるほどに
やせ細った体が見え、足元もふらついていた
彼に、一緒に病院へ行こうと勧めるも、

 

「病院は自分で探して行ってみたい。
自分の力でやりたい」

 

「健康を取り戻して、できるだけ
早く仕事につくよう努力します。
亡くなった父親にそのように
言われていましたので」

 

と行政の支援を拒み続けていました。

 

市の担当者は、数日おきに食料を持って彼を
訪ね説得しますが、病院へ行くことは頑なに
拒み、1か月半後に自宅で息を引き取ります。

 

 

 

 

 

受験に失敗後、次第に社会と接点をなくす

彼には弟が一人いましたが、11年前に
両親が亡くなった後、家を出て結婚し
彼とは疎遠になっていたそうです。

 

死後に家の整理に弟が訪れると、彼の部屋
にはせんべいの袋やペットボトルなどの
大量のゴミが散乱していました。

 

もともと社交的で、冗談を言っては家族を
笑わせ、将来は英語を使った仕事に就きたいと
英文科がある大学へ進学を希望していた彼。

 

その大学入試の失敗で、浪人生活を送るよう
になってから、彼は変化したといいます。

 

進学をあきらめて書店の営業や、医療事務
など複数の仕事に就きましたが長続きせず
次第に社会との接点は希薄に。

 

 

 

 

 

父親の日記

彼が20代半ばだった頃、父親は病気で仕事
を退職し「働かない息子を何とかしたい」
との思いが綴られた日記を残しています。

 

「何か少し忠告めいたことを口にすれば
『他人に迷惑をかけている憶えはない』
『俺がどのように生きようと勝手だ』
と返ってくるのみ」

 

「夕飯後また伸一と口論。
なるべく口にしないように心がけて
いるんだけどついつい」

 

「家庭内がだんだんぎくしゃくしていく。
どのように対処すべきかさっぱりわからない」

 

 

 

 

 

「働かざるもの、食うべからず」

働いていないことを繰り返し咎めたこと
で、彼と父親の関係は悪化して行き、次第
に彼は手洗いや戸締りの確認を繰り返す
などの行動が目立つようになります。

 

家族をさけて昼夜逆転の生活を送る
ようになった彼は、食事も極端に
制限するようになっていました。

 

その姿はまるで「働かざるもの、
食うべからず」を体現するように
父親の目には映っていたようです。

 

「最近は伸一、一緒に
食事をしたことがない。
やはり働きのないことが
気になっているのか」

 

「最近は食事のおかずもあまり食べない。
やせ細って命を絶つつもりか」

 

 

 

 

 

両親の死

父親は末期がんを患い、母親には
認知症の症状が現れ始めました。

 

弟は度々、公的支援に救いを求めますが
行政が支援に乗り出そうにも、彼のよう
なケースには、それもできませんでした。

 

そんななか、母親が死亡、その2か月後
には父親も亡くなってしまいます。

 

 

 

両親の死により、地域包括支援センター
との繋がりは絶えました。
それでも弟は、

 

「無理にでも入院させて、
生活を立て直してほしい」

 

と保健所に相談しますが、医師からは
「入院が必要なレベルには達していない」
と言われてしまいます。

 

 

 

 

 

緩やかに死に向かう

しかし弟の目からは、当時の兄はすで
に栄養状態が極めて悪く、直接的な
自傷行為こそないものの、緩やかに
死に向かっているように見えました。

 

「兄の場合は、やはり
窮迫していたと思います。
もう命が切れかかっているといいましょうか。
命が先か、それとも人権を守るという
ことかっていうと、まず、命の危険が
差し迫ってるんだったらば、命を救う
ことが先なんじゃないかなと思います」

 

「世間から褒められるということもなく、
家庭を築くということもなく、あまり
生産性という面では社会に寄与しなかった
人ですけど、弟の身からすれば、それで
生きる価値がなかったとは思いたくはない
ので、どういう形であれ命は長らえてほし
かった気持ちはありますね」

 

 

 

 

 

「手を差し伸べる『誰か』」

この取材をしたNHKクローズアップ現代
の森田智子ディレクターは、このように
記しています。

 

「私がこれまで取材をしてきたひきこもり
当事者の方の多くは、仕事についていな
かったり、子どもを生んでいないなどと
いった『社会に貢献できていないのでは
ないか』という負い目に苦しみ、今も
そこから抜け出せずにいます。
『助けて欲しい』という声を上げる
ことは死ぬことよりも難しい。
それが彼らの直面している現実です。(略)

 

手を差し伸べる『誰か』が確実にいる地域
を作り、困ったときに声を上げられる居場所
を確保していけるのかが、問われています」
       (「HNK NEWS WEB」)

 

 

 

「生きているだけで価値がある」山本太郎

「生産性だけで価値を測る社会が、
生き辛さを生んでいる」
と山本太郎は語りかけます。

 

彼にこの言葉を伝えてあげた
かったと、心から思います。

 

スポンサードリンク