バンクシー狂想曲? 都庁に展示されたネズミの絵 「本物」「ニセモノ」22

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

都庁でバンクシー(?)展示

少し前に小池百合子都知事が、バンクシーが
描いた可能性のあるネズミの絵を、東京都庁で
展示する計画を発表していましたが、この度
本当に(?)公開されたということです。

 

期間は、2019年4月25日から5月6日の2週間
限定で、東京都新宿区にある都庁第一本庁舎
2階で展示されています。

 

このネズミのステンシルを見た小池百合子都
知事は、以前このようにツイートしていました。

 

「小池百合子 2019年1月17日

あのバンクシーの作品かもしれないカワ
イイねずみの絵が都内にありました!
東京への贈り物かも?
カバンを持っているようです。」

 

 

 

 

 

匿名の芸術家・バンクシー

バンクシーは、イギリスを基盤にして活動
している匿名の芸術家であり、公共物破壊者
(バンダリスト)、政治活動家です。

 

神出鬼没に現れてストリート・アート、
パブリック・アートを製作し、また映画製作
も手がけました。

 

ステンシルと呼ばれる型板を使用した独特
なグラフィティ絵画と、それに添えられた
エピグラムが、ダークユーモア的で風刺に
富んでいます。

 

(エピグラム、epigramma とは、古代ギリ
シア・ローマの詩の一種で、本来は「碑文」
を意味し、機知、風刺に富んだ短い文や詩、
警句、寸鉄詩などのこと)

 

 

 

 

バンクシーの作品は、世界中のストリートや
壁、または橋などに描かれていて、ギャラリー
や屋内で展示することは少ないようです。

 

バンクシー自身が、ストリート・アートの
複製物や写真作品を販売することはありま
せん。

 

しかしアート・オークション関係者は
様々な場所に描かれた彼のストリート・
アートの販売を試みています。

 

 

 

 

 

バンクシーに関しての様々な憶測

バンクシーのアイディンティティは公表されて
いませんが、様々な憶測が飛び交っています。

 

「本名はロビン・ガニンガムといい、1972年7月
28日にブリストルから19km離れたヤーテで
生まれた。

 

14歳から芸術活動を始めて学校を追い出され、
軽犯罪で何度か刑務所に入っている。

 

1990年代後半から約10年間、ブリストルの
イーストン地区に住んでいたが、2000年頃に
ロンドンに移った、等々」

 

 

 

 

 

「芸術テロリスト」と呼ばれるバンクシー

2000年代にバンクシーは、何度か美術館に侵入
し、無断で作品を設置するなどの事件を起こして
「芸術テロリスト」と呼ばれるようになりました。

 

例えば2004年4月には、ロンドンの自然博物館に
ガラス張りの箱に入れられたネズミを美術館員を
装って持ち込んだりも。

 

そのネズミは、サングラスをかけ、リュックを
背負い、マイクとスプレー缶を手にしていて、
後ろの壁には「我々の時代が来る」というメッセ
ージがスプレーで描かれていたということです。

 

 

 

 

そのようなものの1つとして、神出鬼没のバン
クシーが2003年、東京港区の「ゆりかもめ」の
日の出駅付近で描いたのでは?と思われている
のが今回、都庁で展示された作品です。

 

バンクシーは、2000年から2003年にかけ、
バルセロナ、東京、パリ、ロサンゼルス、イス
ラエルを訪問して、初期ステンシル作品シリー
ズ『Love is the air』を書き残しています。

 

この作品はそのシリーズの1つ
《東京 2003》とみられています。

 

 

 

 

 

 

バンクシーの作品か真偽は不明

しかし、公式サイトや書籍に掲載されている
写真と、今回の東京のものは写真が反転して
いて、またバンクシー自身もコメントをして
いないことから真偽は不明。

 

ロンドンのギャラリストでバンクシー作品を
所蔵するジョン・ブランドラーは、

 

「これは110%本物です。
何の疑いもありません。
約2000万円から3000万円はすると思います」
とコメントしています。

 

 

 

 

 

 

バンクシーを見に長蛇の列

そして4月25日、展示されたバンクシーかも
しれない作品を見るために、多くの人が都庁
を訪れました。

 

「まことぴ 2019年4月25日

『バンクシーすげーな』と素直に思うのは、
こういうコメディ映画みたいな馬鹿げた狂想曲
まで作品の一部に見えてしまうところ」

 

「ザラ吉くん 2019年4月25日

所詮無断で描かれた世間を皮肉ったラクガキ
をこんなに有難がる滑稽な奴らってこと迄が
作品の真意だから」

 

 

チュキ〜ッ!

 

 

「バンクシーさん、問題があれば都庁に連絡を!」

一方、記者のインタビューを受けた小池都知事は、
「バンクシーさんには、何か問題があるようなら
ご連絡を都庁までいただければと思います」
と答えています。

 

 

渡辺家のバンクシーのネズミの絵
(写真/渡辺貴博)

 

 

ツイッターではそれを受けて、

 

「渡辺 貴博(T.Watanabe) 2019年4月26日

‏我が家にも有ったのだけど、我が家にも
何か問題あれば連絡してほしい」

 

「石野 雅之 2019年4月26日

バンクシーのステンシル、1000円もしない
からみんなで買ってあちこちスプレーすれば
良いんじゃね?」

 

 

バンクシーのステンシルは
1000円もしないそうです

 

 

「KAZ 2019年4月25日

BANKSYの話題がでてるけど
日本で見つかったモノは本人のモノでは
ありません。
彼の絵単体には価値はありません。
切り絵にスプレーをしているだけで
誰でも真似できます。
彼の作品の本来の価値は、描かれた場所
との背景があって初めて成り立つのです。
僕は昔から彼のファンですから。」

 

 

 

 

 

バンクシーが語るネズミの意味

バンクシーは、ネズミの絵に対して彼の
書籍『Wall and Piece』の中で、こんな
説明をしているようです。

 

 

「やつらは許可なしに生存する。
やつらは嫌われ、追い回され、迫害される。
やつらは塵にまみれて絶望のうちに
粛々と生きている。
そしてなお、やつらは全ての文明を破壊
させる可能性を秘めている。
もし君が、誰からも愛されず、汚くて
とるに足らない人間だとしたら、
ネズミは究極のお手本だ」

         (参考/「Artpedia」)

 

スポンサードリンク




「Appleサポート」といいつつ「no-reply@accounts.google.com」からくる詐欺メール 「本物」「ニセモノ」21

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

手強い「詐欺メール」

今までいくつかの詐欺メールを御紹介してきましたが
今回のものは一番、わかりづらいものでした。

 

といいますのは、作りが本物とそっくりということ
の他に、差し出しのアドレスの問題があったからです。

 

まず、「Apple  サポート」からきたと
称するメールをご覧頂きましょう。

 

 

 

「詐欺メール」

こちらが「詐欺メール」ですが、件名は
「【警報】 ご利用の Apple ID のパスワードが
リセットされました。」です。

 

 

 

 

 

こちらはAppleからきた本物

それに対して、こちらが本物で、件名は、
「ご利用の Apple ID のパスワードが
リセットされました」です。

 

 

 

 

 

アドレスは違う

ねっ?、そっくりでしょ?
って、まあそっくりになるよう真似ているので
あたりまえといえば、あたりまえですが。

 

実はこのタイプのメールは初めてではなく
ここ1、2年の間、かなりきていたのですが少し調べて
詐欺メールと認定し、それ以降は削除していたのです。

 

本当のアップルからきたメールのアドレスは、
「appleid@id.apple.com」で、

 

詐欺メールと思われる方のアドレスは、
「no-reply@accounts.google.com」です。

 

 

 

 

 

「no-reply@accounts.google.com」を検索
第1位

そこで、今回はこのアドレスを検索してみたのですが
最初に出てきたのは「Yahoo!知恵袋」で、不安に
思う質問者への回答はこのようなものでした。

 

「『accounts.google.com』は正式なGoogleの
ドメインです。(略)
アカウントになにか変更があった場合そのアドレス
から自動的に送信されます。(略)
なにかGoogleのアカウントを変更した記憶は
ございませんか?

もしないのであれば、不正にアクセスされた
可能性がございます。
早急にGoogleアカウントにログインし、
パスワードを変更したほうがいいでしょう。」

 

というもので、これはApple IDについてではなく、
グーグルアカウントに関してグーグルから
きたものでした。

 

 

 

 

 

検索結果 第2位

2番目は、「最新!ネットのお得情報まとめ」
というもので長いのですが、結論を言えば、

 

「(no-reply@accounts.google.com)は、
間違いなくGoogleからのメールです。
スパム業者などのメールではありませんので、
ご安心ください。」との内容でした。

 

こちらも、あくまで一般的な
メールドメインとしての話です。

 

 

 

 

 

Appleサポートより
「詐欺メール」の見分け方

4番目になり、やっとApple サポートの記事が登場。
そこで詐欺メールの見分け方が詳しく説明
されていました。

 

(質問「詐欺で間違いないでしょうか?」に対して)

 

間違いありません。
Apple からのメールは、必ずメールドメイン
(@の右側)の最後に「apple.com」が入りますので、
明らかに Apple ID やパスワード等の個人情報を入力
させて搾取するのが目的のフィッシングメールです。
(「迷惑メール」に移動してから削除して下さい)

 

メール本文の内容が Apple ID に関する物である場合、
以下のポイントの内1つでも違っていれば偽メールです。

 

● Apple からの Apple ID に関するメールで、
「請求先住所」を日本の住所で登録している Apple ID
に関するメールが、外国語で届く事は有りません。

 

● Apple からの Apple ID に関するメールの本文が、
「お客様各位」や「親愛なる」で始まる事は有りません。

 

● Apple からの Apple ID に関するメールのアドレスは、
「appleid@id.apple.com」になります。

 

● Apple からの Apple ID に関するメールは、必ず
Apple ID に登録しているメールアドレスに届きます。

 

● Apple からの Apple ID に関するメールで、
確認内容を添付ファイルで添付する事は有りません。

 

● Apple ID アカウントページのリンクにカーソルを重ね
ると表示される URL は「https://appleid.apple.com/」
になります。

 

           ↓ 本物は「登録名」が記載されています

 

● Apple ID に関するメールの場合、必ずメール本文に
Apple ID 及び「請求先住所」として登録している、
banirakat さんの「本名(フルネーム)」が記載されます。

 

 

              ↓ニセは「お客様各位」となっています

 

(Apple ID はメールアドレスなので、偽メールに
記載されていても不思議ではありませんが、
「本名(フルネーム)」が記載されていない場合は、
偽メール確定です)

 

 

 

 

 

やっぱり、詐欺メールだよね

ということなので「no-reply@accounts.google.com」
からきたメールは詐欺と認定してよいと思われます。

 

そう考えてみますと、件名の「ご利用の Apple ID の
パスワードがリセットされました。」に、偽物の方は
【警報】 がついていたのも、ヘンといえばヘン。

 

本当に私がパスワードのリセットをすることも
あり得るのに、敢えて【警報】などとつけるのは、
リセットしていないことを知っているからこそで
あり、不安を煽っているとも考えられますしね。

 

本物のApple  サポートからのメールには
リセットされました、というお知らせのみです。

 

 

 

 

 

「グーグル」が「Appleサポート」を名乗る?

ただ、私があえてこれを記事にしたのは、
「no-reply@accounts.google.com」検索結果の
上位1位、2位が、

 

「これは間違いなくgoogleからのもの」と断言して
いるので、詐欺メールではないと勘違いしてしまう人
もいるのではないかという老婆心からです。

 

もし今回のメールが、正式にグーグルからのもので
グーグルがApple IDに関する不正な変更等を察知し
ユーザーに教えてくれたのだとしたら、

 

なぜ、グーグルからのお知らせとしてではなく
「Apple  サポート」を名乗るのかが大いに疑問。

 

 

 

 

 

「Apple」でも「Google」からでもない

ですから「Apple  サポート」としては正しくないけど、
「no-reply@accounts.google.com  は正式なもの
なので、グーグルからきたものには間違いない」
というのも間違っているのではないかと思うのです。

 

そうでないと、グーグルが詐欺メールを送った、
ということになってしまいますよね?

 

現時点では、私は今回の詐欺メールは
「Apple」からでも「Google」から
きたものでもないと思っています

 

 

 

 

 

詐欺メールにはくれぐれも御注意を!

そのあたりのちょっとややこしいことを整理して
「やっぱり、これは詐欺メールだよ!」
とお伝えしたく思い、この記事を書きました。

 

ちょっと不審に思って検索して、1つ2つ見て
「これってグーグルの正式のものだから、詐欺じゃ
ないんだ」なんて思う人もいるかもしれないと。

 

そんなおっちょこちょいは、私以外には
あまりいないかもしれないけど……。
まあ、お互い注意しましょうね。

 

 

 

この絵は、徳川家光の描いた「兎図」の一部
ウソ見たいでしょ?、でも「ホンモノ」です!

 

 

 

 

2019年2月3日(日):追記
新たな詐欺メール

今日は、やはりアップルサポートからを
名乗るこんな偽メールもきました。

 

こちらは「お客様各位」もないですね。
見た感じも、上の詐欺メールより作りが
イマイチでしたので、スクリーンショット
にもせず単に、コピペにしました。

 

ロック解除として記されているURLを、クリック
せずに検索してみましたら、こんなものが出ました。

 

 

 

 

これは私が使っている  Google Chrome  に
備わる不正サイト検出する仕組みによるもの。

 

 

    ニセメール ↓

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

セキュリティ上の理由により、ご利用の
Apple IDがロックされています。

この度、お客様のAPPLE ID登録が第三者に
よって不正にログインされたことがある為、
セキュリティ保護の観点から緊急の措置として
ご利用の AppleIDがロックされています。

AppleIDのロック解除は下記ページにでご利用下さい

http://www.apple-detect.com/

不明な点がある場合は、Apple サポート へ
ご連絡ください。

http://www.apple-detect.com/

今后ともよろしくお愿いいたします。
Apple サポート

Apple ID | サポート | プライバシーポリシー
Copyright@2019 iTunes
〒106-6140东京都港区六本木6丁目10番1号
六本木ヒルズ All Rights Reserved.

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

最後の方の「Appleサポート」の上の行の文字が
「今後とも」ではなく「今后とも」
になっていますし、

 

一番下の住所が、「東京都」ではなく
「东京都」ですね。

 

件名は、
「【重要】ご利用の Apple IDがロックされています」
と、これもお約束の【 】つきの件名でした。

 

 

 

 

また差出人のメールアドレスは
「info@jp-support3.info」。

 

メールアドレスに、「Apple」が入って
いたりという紛らわしいものではなく、
スパッと偽メールと断定できる「初級の上」
位?、という詐欺メールでした。

 

スポンサードリンク




「イスラム教の信仰を捨てたために家族に殺される」とツイートした女性    「BBC」と「TBS」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

2019年1月12日(土)BBC News JAPAN

「家族の元に戻ったら殺されてしまう」

ツイッターでは数日前から、サウジアラビア人
女性のツイートが話題になっています。

 

その女性とは、ラハフ・ムハンマド
・アルクヌンさん18歳。

 

彼女はクウェートに住む家族の元から脱出して
タイにやってきて、バンコク空港のホテルの
一室からツイートを発していました。

 

「家族の元に戻されたら殺されてしまう。
私はタイに逃げてきました。
サウジ大使館が帰国させようとしているの
今、本当に危険な状態です」

 

 

 

 

 

フォロワーは4日で、24人から9万人へ

このツイートをしたのは、アカウントを
開いた1月5日のこと。
その日、フォロワーは24人でした。

 

しかし、「#SaveRahaf(ラハフを救え)」
のハッシュタグのついたツイートは、瞬く間に
多くの人の間を飛び交うことになります。

 

5日の24人の翌日は、すでに17000人に増え、
7日は57000人、8日には90000人にまで増え、
彼女が亡命を希望していたオーストラリアでも
トレンド入りを果たします。

 

 

ラハフ・ムハンマド・アルクヌン(18)さん
(写真/「 BBC  JAPAN」)

 

 

 

オーストラリアへ難民申請

タイとサウジアラビア両国の当局者が
彼女の難民申請を協議しました。
サウジ総領事はこのように言ったということです。

 

「タイ当局は、旅券ではなく
電話を取り上げるべきだった」と。

 

ツイッターでの多くの声に押されるように、
国連難民高等弁務官事務所が、オーストラリア
への難民申請の仲介をすることになります。

 

 

 

 

 

「あなたの翼を折らせないで」

この短期間での展開に一役も二役も
かったツイッター。

 

ラハフ・ムハンマド・アルクヌンさんは
「ツイッターのおかげで全てが変わった」
と言い、こう続けました。

 

「あなたの翼を、誰かにおられてはダメ!
(Don’t  let  anyone  break  your  wings,
you’re  free,  fight  and  your RIGHTS!)」

 

 

 

 

むか〜し、「翼をください」という曲がありました。
その歌詞も切ないほどに美しいものでしたが
今回のラハフ・ムハンマド・アルクヌンさんは、

 

「あなたの翼を、誰かに折られてはダメ」
と言います。

 

あなたもあなたのお友達も、そのお友達の
あまり好きではない人も含めて、全ての人の翼を
誰かに折らせてはいけない、のですね。

 

 

 

 

翼を折らせないための彼女の必死の願いは、
ツイッターの、そして多くの人の力を得て叶いました。
新しい年にふさわしい素敵なお話ですね。

 

 

 

 

追記
2019年1月13日(日) TB系S(JNN)

上記のBBCの記事の後に、新しい情報が
入りましたので、付け加えたいと思います。

 

前の情報では、国連難民高等弁務官事務所が
オーストラリアへの難民申請の仲介をする
ということでしたが、カナダ政府が、彼女を難民
として受け入れることを決めたということです。

 

ラハフ・ムハンマド・クヌンさんは、12日
トロント空港に着き、カナダのフリーランド外相
から、花束を受け取ったとあります。

 

 

 

 

(名前の表記も「ラハフ・ムハンマド・アルクヌン」
から「ラハフ・ムハンマド・クヌン」になっています)

 

フリーランド外相は、

 

「新しくカナダ人になる勇敢なクヌンさんを
新しい生活の地に迎えられて嬉しく思います。
彼女は私にカナダの寒さについて話しましたが、
これから暖かくなると伝えました」

 

と述べ、クヌンさんが疲れているため今はコメント
できないが、のちに改めてする旨を説明。

 

 

 

 

TBS系( JNN)のこの記事の、最終更新(1月13日
・日 18:43)では、次のような文でしめています。

 

「サウジアラビアでは、旅行するのに父や兄、夫と
いった男性親族の許可が必要とされるなど女性の
権利に対する制限は厳しく、クヌンさんの決断は
SNSを通じて国際的に注目されていました」

 

BBCの記事にあった「イスラム教」「家族に殺される」
という文字は消えて「家族の虐待などから逃れるため」
という表現になり、最後の文章で、「女性の権利に
対する制限」の厳しさと説明しています。

 

 

 

ツイッター上では今年の5日から、私たちの目に見える
ようになったこの問題ですが、ラハフ・ムハンマド・
クヌンさんにとっては数年前か、あるいは物心ついて
以来の問題なのかもしれません。

 

しばらくは安全な場所でゆっくりと羽を休めて
その後、彼女の望む人生に向かって、思い切り
羽ばたけますようにと願わずにはいられません。

 

 

 

 

再び追記
2019年1月14日(月)BBC News   JAPAN
    15日(火)   〃

昨日、一昨日の記事に追記をしたばかりですが
今日もまた、新しい情報がありましたので
付け加えておきたいと思います。

 

最初の記事は12日(土)、「BBC 」、
昨日(13日・日)の追加記事は、「TBS」、
そして14日・15日(月・火)は、再び「BBC」。

 

 

 

 

 

より詳細になったBBC報道

今日の BBCの記事は、最初の報道よりかなり長い
もので、14日のタイトルは
「SNSで助け求めたサウジ少女、難民認定先の
カナダに到着」

 

なお名前の記載の仕方ですがBBCは、一昨日と同じく
「ラハフ・ムハンマド・アルクヌン」です。
TBSでは「ラハフ・ムハンマド・クヌン」。

 

昨日のTBSでは、全く触れられていない
「イスラム教を捨てた」ことに関しては、14日、
15日のBBCは、より詳しく説明がされています。

 

名前についてですが、彼女の名前は
「ラルフ・ムハンマド・アル=クヌン」ですが、
家族に勘当されたため「アル=クヌン」の使用をやめ
今は「ラルフ・ムハンマド」を名乗っているそうです。

 

 

 

 

 

イスラム教を捨てるのは死刑に処せられる罪

ラハフさんは、イスラム教を捨てたと話していますが
これはサウジアラビアでは死刑に罰せられる罪に
あたるということです。

 

続いてラハフさんは、「自分の国では盤踞も就職も
できない。だから自由になってやりたいように
勉強と仕事がしたい」とも話しています。

 

AFPの取材によりますと、ラハフさんは髪を
切ったことにより6ヶ月間も自室に閉じ込められ
家族から心身に虐待を受けたそうです。

 

彼女の家族の代理人によれば、
家族はコメントするつもりはなく、ただラハフさん
の安全を気にしていると述べたそうです。

 

 

 

 

 

サウジアラビアの女性は……

「大事な事柄を自分で決められない
父親や兄弟、夫や息子など男性保護者の許可が必要だ」

 

「就職:政府機関・企業は男性保護者の同意を求める」

「教育:女性の入学には男性保護者の許可が必要」

「結婚:女性は男性保護者の許可がないと結婚できない」

「旅行:
 旅券や身分証の入手には男性保護者の同意が必要」

「刑務所:
 男性保護者が出迎えなければ女性は釈放されない」

 

というBBCのビデオが添えられていました。

 

特に最後の刑務所から保釈されない、というのが
なんとも……、まあ、該当する人は少ないでしょうが
何ともいえない理不尽さが胸をつきました。

 

 

 

赤坂のカナダ大使館

 

 

 

「カナダは、常に世界中の人権と女性の権利の
ために立ち上がることを明白にしてきた」

また、昨日の築城でご紹介したカナダのクリスティア
・フリーランド外相の言葉に加えて、ジャスティン
・トルドー首相の言葉も紹介されています。

 

「カナダは国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)
の要請を受けて難民として認定した」とし、

 

「カナダは、常に世界中の人権と女性の権利の
ために立ち上がることを明白にしてきた」
とも述べています。

 

 

 

 

国連難民高等弁務官事務所は、ラハフさんを
合法的な難民だと認識しており、カナダが
難民認定を下したことを歓迎するとしています。

 

フィリッポ・グランディ難民高等弁務官は、
『国際難民法と、何よりも重要な人権の勝利だ」
と語りました。

 

実はカナダは以前にも、サウジアラビアに女性の
権利活動家を解放するよう求めたことがあります。

 

その時、怒ったサウジアラビアは、駐サウジ・
カナダ大使を強制送還した上、新規貿易案件を
全面的に凍結するという報復措置をとりました。

 

 

前カナダ・ペン会長
キャサリン・ゴヴィエの「北斎と応為」

 

 

 

バンコクにいた理由

15日の記事では、最初にこのことを知った時に
なぜラハフさんはバンコクにいたのか?
という疑問についても説明されていました。

 

ラハフさんは本来、家族と共にクウェートへ行く予定
でしたが、バンコク行きの便に逃げ込みます。

 

しかし、バンコクで飛行機を降りたところでサウジの
外交官にパスポートを没取され立ち往生してしまいます。

 

ただし、バンコクのサウジ領事館は、ラハフさん
の拘束に関わったことを否定しています。

 

 

 

 

タイ当局は当初、ラハフさんの件を「家族の問題」と
しており、翌日にもラハフさんをクウェートへ
強制送還する予定だったといいます。

 

確かに、13日のTBSの報道ですと
まさに彼女の「家族の問題」と読めますね。

 

そこで彼女は、ツイッターで助けを求めました。
その後、タイはラハフさんの滞在を認め、国連が
彼女の難民申請を検討することになったのです。

 

 

カナダ大使館で飾られていたお花

 

 

ラハフさんは、カナダ紙、トロント・スターに対して
「失うものは何もなかった」と話しています。

 

「私たちはもの扱いされている、奴隷のように」、
「私の話と、サウジの女性がどういう目に逢うか、
大勢に話したかった」

 

「こういう展開になる確率は1%だと思っていた」
また、「カナダにいて、とても安心している。
カナダは人権を尊重する国なので」とも語りました。

 

スポンサードリンク