「柿右衛門」と「柿右衛門様式」の違い

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

柿右衛門様式「色絵花鳥文皿」

 

 

肥前陶磁の様式変遷

日本で初めて磁器が作られるようになった
1610年代からの変遷を簡単な表にしてみました。

 

 

           唐津焼

1600年 ____________________

          初期伊万里

 

         初期色絵(古九谷)

1650年 ____________________

 大河内山   南川原山    内山・外山   武雄市など
  鍋島    柿右衛門    |        |
  |       |     |        |
  |        古 伊 万 里 金 蘭 手
1700年 ____________________

  |             |      |
  |             |      |
  ▽             ▽      ▽


 (「有田焼400年の歴史展 様式から見る有田焼の変遷」
東武百貨店池袋店 2016年 「とんとん・にっき2」)

 

 

 

唐津焼については……

「唐津焼『中里太郎衛門』

 

 

唐津焼「叩き唐津南蛮耳付壷」13代・中里太郎衛門

 

 

 

初期伊万里から初期色絵については……

「伊万里焼(有田焼) 色絵の誕生」
「なぜ『色絵」を『赤絵』というのか?」

 

 

「色絵蓮池翡翠文皿」江戸時代 17世紀中頃

 

 

 

鍋島焼についてはこちら。

「関ヶ原の戦いを挟んで揺れる佐賀藩鍋島家」
「佐賀鍋島藩の御用窯完成」
「鍋島焼の種類『染付鍋島・色鍋島・鍋島青磁』」

 

 

色絵鍋島「色絵宝尽文皿 」
ロサンジェルス・カウンティ美術館

 

 

 

柿右衛門以前の色絵

1596(慶長元)年に生まれた初代・酒井田柿右衛門は
1643(寛永20)年頃から「赤絵」の制作をはじめて
1946(正保3)年に完成させました。

 

染付の青以外の色を使って描く色絵磁器は
柿右衛門が「赤絵」を完成する以前に、既に3カ所の
窯で焼かれていたことが発掘調査からわかっています。

 

それが上の表の「初期色絵(古九谷)」です。
初期の色絵は、緑や紫、黄色などの寒色系の絵の具を
多用して、模様を器全体にびっしり描くのが特徴。

 

 

「色絵菊文輪花大皿(青手)」16650年代
(写真/「4travel.jp 」

 

 

この「色絵菊文輪花大皿」は「青手」と
呼ばれるもので、赤は使用せずに、模様の輪郭
を黒い線で描き、黄色、緑、紫などの色絵の具
を使って隙間を作らずに描き込んだお皿です。

 

 

 

柿右衛門の「赤絵」

それに対して酒井田柿右衛門の「赤絵」は
余白を充分にいかして明るく繊細な構図を
特徴とする色絵磁器でした。

 

初期の赤絵は、お手本としていたものが中国明朝の
磁器だったことから、中国的な「花鳥図」や
「鳳凰図」などの絵柄が多かったということです。

 

 

「色絵花鳥文皿」柿右衛門様式 1670〜1690年代

 

 

しかし三代、四代と柿右衛門も代を重ねてゆくにつれ
「秋草」や「波千鳥」といった日本画に多い
文様が描かれるようになります。

 

 

 

ヨーロッパ向けの柿右衛門

1659(万治2)年、オランダ東インド会社( VOC)に
よる磁器輸出が本格化してから、伊万里焼はヨーロッパ
向けの製品を作り出すようになりました。

 

この「色絵花鳥文八角共蓋壺 」は、高さが
61.5cmもある大きな沈香壺(じんこうつぼ)で
世界最大級の柿右衛門壺といわれるものです。

 

 

「色絵花鳥文八角共蓋壺 」酒井田柿右衛門 江戸時代前期
出光コレクション – 出光美術館  総高61.5cm

 

 

蓋が紛失していないのは珍しいそうで、イギリス
から里帰りして現在は出光コレクションの収蔵品。

 

写真が小さくて見にくいのですが、蓋と肩の部分に
藍色と赤で牡丹唐草文を配してあり、胴には
梅や牡丹、竹に菊と戯れる小鳥が描かれています。

 

写真ですと胴の部分は六面体のように見えますが
実際は八面に面取りしてあるようです。

 

繊細な模様を纏った堂々とした立派な作品に
ヨーロッパの王侯貴族は心を奪われたことでしょう。
            (参照「出光美術館」)

 

 

 

 

 

「沈香壺」の使い方

ちなみに「沈香壺」とは沈香を入れておく壺という名前
の通りの物なのですが、私はこれには驚きました。
まさかこの巨大な壺の中に沈香を入れておいたという
ことはなかろう、と勝手に思っていたからです。

 

同じ重さの金よりも高いといわれる沈香を、この壺
いっぱいに入れたら一体どれほどの価格になるのかと。
でも王様だったら全然、普通なのかもしれませんが。

 

沈香壺は沈香の容れ物というだけではなく、お客様が
みえると普段は被せている蓋を開けて、芳しい香りを室内
に漂わせるという、容れ物兼香炉でもあったようです。

 

 

細川家所蔵の香木「白菊」

 

 

 

「沈香壺」があっても

実は私は、昔からこの壺は何を入れる
ものなのか皆目、見当もつきませんでした。
単なる飾り、オブジェとも思っていたのです。

 

「沈香壺」という名前を知った後でさえ
なぜそう呼ばれるのかの意味がわからなくて。

 

ところがこれは飾りではなく本当に沈香入れでした!
万が一、億が一、私が沈香壺をプレゼントされた
としても入れる沈香がないですね……。

 

ヨーロッパ向けに作られて海を渡っていったこれらの
作品は、欧州貴族達に愛され「柿右衛門」あるいは
「柿右衛門手」と呼ばれてきました。

 

ところで沈香壺は「酒井田柿右衛門」作ですが
その前に紹介したお皿には「柿右衛門様式」と
記載されていますね。
両者の違いは何なのでしょう?

 

 

 

 

 

「柿右衛門」と「柿右衛門様式」の違い

ヨーロッパ向けの磁器製品は、当然のことながら
国内にはあまり数がなかったようですが、先ほどの
沈香壺のように里帰りする作品が増えてきました。

 

一方、ヨーロッパの東洋陶磁コレクションの実態も明らか
になりつつあるなか、国内の窯跡の発掘調査も行われる
ようになって様々なことが明らかになってきたようです。

 

「戸栗美術館」のサイトによりますと、従来
「柿右衛門」と呼ばれてきたものの全てが柿右衛門
個人の作品ではないと説明されています。

 

「現在では柿右衛門個人の作品ではなく、柿右衛門窯が
牽引した伊万里焼の一様式であると考えられるようになり、
『柿右衛門様式』と呼ばれるようになりました」とのこと。

 

 

 

 

ちょうど今、東京渋谷の戸栗美術館では
「17世紀の古伊万里  逸品再発見! 展」が開催中です。
会期は、2017年5月27日(土)〜9月2日(土)。
午前10時から午後5時までで、月曜日が休館。

 

「戸栗美術館(TOGURI  MUSEUM  ART)」
150-0046東京都渋谷区松濤1丁目-11-3
tel.03(3465)0070

 

スポンサードリンク




「キットカット」の名前の変遷 日本は「キットカット」世界2位の消費国 

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140919kittokatto

 

 

九州の方言から?

「キットカット」は日本では受験の時
にも人気のお菓子ですね。
これについては「ネスレ」のサイトでは、

 

九州の方言で「きっと勝つどぉ(きっと勝つよ)」
が「キットカット」という言葉に似ていることから
九州を中心に受験生の間で生まれ、2002年頃から
受験生の間に口コミで広まった、

 

というような説明があります。
私自身はもっと前から、すでに大昔の
私の受験時代から、そのように囁かれていた
ような気もするのですがいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

イギリス生まれの「キットカット」

この「キットカット」の本家といえば
もちろんイギリスですが、現在はイギリス以外
の多くの国でも作られているよう。

 

次の写真は以前、シアトル在住のみぎぃさんに
送っていただいた「キットカット」たちです。

 

左の赤い四角形の大きいものがアメリカの
「キットカット」で、その右にあるの細長い2つの
ものはイギリス、下の緑色の細長いものは
ブルガリアの「キットカット」なんですって。

 

 

blog_import_515364c4f19a211赤い四角形(アメリカ)       細長い赤(イギリス)
細長いオレンジの模様付き(イギリス)
緑りの細長(ブルガリア)

 

 

送ってくれたみぎぃさんの美味しさの順位
というと、一番美味しいのは日本、
次がイギリスだとのことでした。

 

それを聞いた時に私は、同じキットカットなのに
味が違うの?、と不思議に思っていたものでしたが
今回いただいてみてようやく納得、謎が解けました。

 

 

 

「キットカット」はミートパイの名前だった?

今やイギリスのみならず、多くの国で作られている
「キットカット」ですが一体、いつ誕生したのでしょう?

 

「キットカット(Kit Kat)」という名前そのものは
すでに18世紀にはイギリスに存在してしていました。

 

とはいっても当時の「キットカット」は現在の
ようなチョコレート菓子ではなく「ミートパイ」。

 

 

当然のことながら、当時の写真ではありませんが

 

 

ロンドンのクリストファー・カット(Christopher Catt)
が経営していたレストランで出していた羊肉のパイの
名前が「キットカット」。
もちろんこれは彼の名からきています。

 

「クリストファー」という人名の当時の愛称は
「キット」だったということですから
「キットカット」といったら、まんま彼の名ですよね。

 

有名な羊肉のパイ「キットカット」がでるレストランで
社会をよりよくするための政治的、文学的な会合が
開かれましたが、そのクラブの名前も
「キットカットクラブ(Kit  Kat  Club」でした。

 

1911年には、ヨークにあったお菓子製造のロントリー社
(Rowntree’s)が、「キットカット」を登録商標し、
1920年代に「キットカット」の名前のついたお菓子を
発売したものの、1930年代初頭には生産中止。

 

 

blog_import_515363452f412-11こちらは日本で購入した「ラズベリーキットカット」
私個人の感想としては、香りがちょっと強すぎるかな

 

 

 

社員の提案から生まれた「キットカット」

というように「キットカット」は、実態よりも
先にまず、名前が誕生していました。

 

その名にふさわしい私達にお馴染みの「キットカット」
というお菓子が生まれたのは、1935年のことでした。

 

登録商標を持っていたロントリー社の提案箱に寄せられた
社員の提案がもとになってできたということです。

 

その提案というのはこのようなものでした。
「男性がランチバックに入れて職場に持っていくことが
できるようなチョコレートーバーを作ってみては?」

 

 

140919rosenthalbourukitkatこちらはミニタイプの「キットカット」
色々な種類がありすぎて、全部を試すことはできないほど

 

 

 

「ロントリーズ」から「キットカット」へ

かくして1935年8月29日に、現在お馴染みの
「キットカット」の前身が生まれます。

 

ですが、誕生した時は「キットカット」という名前
ではなく「ロントリーズ・チョコレート・クリスプ
((Rowntree’s Chocolate Crisp))」という名でした。

 

まあ何とも現在の「キットカット」になるまでに
名前と実態がなかなか一致しない「キットカット」では
ありますが、「ロントリーズ・チョコレート・クリスプ」
はロンドンとイングランドの南部一帯で発売されました。

 

 

 

 

「ロントリーズ・チョコレート・クリスプ」は大ヒット。
その2年後の1937年5月、大ヒットを受けお菓子の名前を
より覚えやすいよう「キットカット・チョコレート・
クリスプ(Kit Kat Chocolate Crisp)」に改名。

 

と同時に「キットカット」という名前に、
「ブレイク(Break、休憩)」を組み合わせた
大々的な宣言が始まりました。

 

「ブレイク(休憩)してバーを割って食べよう」という
現在にも続いているこのコンセプトが生まれたのです。

 

 

 

 

 

 戦時中、赤  →  青に変わった「キットカット」

ところが1942年、原材料の一つである牛乳が手に入らない
ため、ロントリー社は「キットカット・チョコレート・
クリスプ」のレシピの大幅な変更を余儀なくされます。

 

1942年といえば第二次大戦真っ最中
原料の調達ができなかったのです。

 

今までの製品とは異なったお菓子となってしまった
「キットカット・チョコレート・クリスプ」の名から
「チョコレート・クリスプ」の文字をとり、

 

「キットカット」だけを残した上に
パッケージも赤から青い色に変更。
味も「ダーク」と呼ばれるものになりました。
ロントリー社は、次のような説明書をつけたといいます。

 

 

senjityukitkat香港海防博物館に展示されている戦時中に発売された
青い「キットカット」(写真/Wikipedia)

 

 

 

青ざめた悲しげな「キットカット」

「平和な時代に楽しんでいただいていたチョコレート
クリスプは
牛乳不足のため作ることができなくなりました。
この『キットカット』は、現在我々が提供できる、
最大限
味を近づけたレシピで作られた製品です」

 

ブルーは大好きな色ではありますが、そうと知って
見るからでしょうか、何とも青ざめて寂しげな
「キットカット」ではあります。

 

そして1949年、戦後になり「ダーク」味から
「ミルク」味の赤いパッケージが再び戻ってきました
が、「キットカット」という名称はそのまま
使われることになったのです。

 

 

 

抹茶味の「キットカット」

 

 

 

日本上陸は1973年

赤い「キットカット」が戻ってきてから約10年後、
「Have a break, have a Kit Kat.」という今に続く
コピーが1958年に誕生に、イギリスのTVで
大キャンペーンが打たれました。

 

そして1973年「キットカット」は日本にも上陸。
イギリスのロントリー・マッキントッシュ社と
提携した不二家から発売されることになりました。

 

その後、ロントリー・マッキントッシュがネスレに
吸収され、1989年にネスレと不二家の合弁企業
「ネスレマッキントッシュ」設立、

 

後に「ネスレコンフェクショナリー」に社名を
変更後、2010年にネスレ日本に吸収されています。
(なんともめまぐるしい!)

 

 

kitkatiroiro1左/イギリス「Pop Choc」
中/アメリカの普通サイズ
右/アメリカ「Big kat」

 

 

 

 現在、日本は世界第二位の消費国に

「キットカット」が日本に入ったのはそれほど早くは
なかったものの、現在では、「キットカット」の
本国であるイギリスの次、世界第二位の
「キットカット」消費国だそうです。

 

日本では、ホワイトチョコ、宇治抹茶、ほうじ茶、
さくら風味、ラムネ、わさび、アップルビネガー、
ずんだ、夕張メロン、マンゴー,巨峰、ヨールグ等々、
100種類以上ものキットカットが発売されているとか!

 

2010年の8月30日には、37年ぶりに
ウエハースが今まで以上にサクサクする
よう食感を改良させたということです。

 

スポンサードリンク




「そういう」を「そうゆう」と書くこと、気になりませんか?

「あぷりのお茶会赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

「い」の方が美しいと思うのですが

今回は、かなり前から非常に気になっていて
私個人としてはちょっと気持ちが悪い表記に
ついて書かせていただきたいと思います。

 

それというのは「そうう」を「そうう」と
「い」を「ゆ」として書くことです。

 

本来は「そういうことです」「そういうふうに」
のように書くところを、「そうゆうことです」
「そうゆうふうに」のように、「いう」の部分を「ゆう」
と書くことなのですが、皆さんは気になりませんか?

 

そのような表記をするのがごく少数でしたら、単なる
書き間違えとやり過ごすこともできるのですが、かなり
多くの人がそう表記しているように見受けられます。

 

またこのように、はびこっている(?)様子にも
かかわらず、それについて指摘している人をあまり
みかけることもないのも不思議な感じがします。

 

まあこれは、私がたまたま見ていない
だけかもしれませんが。

 

 

「赤坂サカス」のシンボルツリー「紅枝垂」

 

 

 

冗談でしょ?

「いう」を「ゆう」とする表記を最初に見た時
私は筆者がふざけて書いているのだと思いました。
そのようなことは私自身もしていますから。

 

例えば、今日のブログの最初の一行目では
非常に気になり」という言葉を使いましたが、これを
ひじょ〜に気になり」「ヒジョーに気になり」等
の書き方をあえてすることはあります。

 

また「冗談でしょう?」の「う」を抜かして
「冗談でしょ?」にしたり、
「嘘(うそ)」を「ウッソー」と書いてみたり、
「そうなの?」を「そーなのぉ〜?」というように。

 

 

 赤坂サカス「さくら坂」

 

 

くだけた雰囲気と表現の誇張が漂うような気がする
このような書き方は、多くの人もしていらっいます。

 

ですがあくまでもこれは、あえて何らかの効果を
狙って書いている(というほどのこともありませんが)
のであって、「そーなのぉ」という表記が正しくない
ことは充分承知して書いているはず。

 

ですから「そうゆう」と書かれている文章を見た最初の
頃は、当然のことながら、書いている人はわかっていて
あえて書いているのだろうと思っていたわけです。

 

 


「六本木ヒルズ」

 

 

 

えっ、マジ?!

ところがそのうちに、そうでは
ないと気づくようになりました。
文章の性質からしても、前後の文を見ても、とてもそうとは
思えないものを度々目にすることが増えてきたのからです。

 

そのうちこれは真面目にというか、本当に「そうゆう」が
正しい表記と信じて書いているらしいと思うにいたりました。

 

しかも、10代や20代になったばかりの人が書いている
のみならず、それよりははるかに年上の人さえ
「そうゆう」を平然と使っていることには驚くばかり。

 

 

「赤坂サカス」のさくら坂にある八重桜「普賢象」

 

 

 

実際の発音に近いというのならば……

確かに、実際に話す時は「そういう」の「い」は
「い」ではなく「ゆ」と発音しています。

 

「ですが書く時は『そうゆう』ではなく『そういう』
と書くのです」と、このことに関して書かれているもの
の多くは、このあたりの説明で止まっているよう。

 

でも「そうゆう」が実際の音に合わせた、というのならば
「い」だけを「ゆ」するのもおかしなことです。

 

「そういう」の発音を忠実に表記するとしたら
「そうゆう」よりも「そおゆう」「そーゆう」
の方がより近いでしょう。
それなのに、なぜ「い」だけを「ゆ」と書くのでしょうか?

 

 

「国際文化会館」の入り口から見える「六本木ヒルズ」

 

 

 

むしろ、「そうゆう」は発音しづらい

その上、実際に発音をしてみると分かりますが
「そうゆう」は話し言葉としては、かなり言いづらい言葉。

 

「そういう」も実際に音に出すと言いづらい言葉では
ありますが、「そうゆう」は、「そういう」に
負けず劣らず発音しにくい言葉ですよ。
是非、皆さんも実際に音を出して試してね。

 

ですから「そうゆう」を使う理由が、話し言葉通り
の表記にしているためということだとしたら
とてもおかしなことに思えます。
中途半端感は免れません。

 

 

 「国際文化会館(旧岩崎邸)」六本木
池に浮いているのは桜の花びらです

 

 

 

増えてきていませんか?

このように、文字の表記と実際の音が
違うことは結構あることです。

 

「お父さん(おとうさん)」と書いても、
実際は「おとおさん」と発音していますし、
あるいは「おとーさん」の方が近いかもしれません。

 

「行く」も「ゆく」と言ったりしますが、書き言葉を
全て実際の話し言葉の発音通りに表記しようというこ
とになったならばこれはもうかなり大変化が起きますね。

 

でも、そのような理由ではなく、なぜ「そういう」
のみが「そうゆう」と書くことが多くなっているのか
本当に不思議。

 

 

「プルデンシャルタワー」

 

 

 

しかも最近は「そうゆう」表記が
市民権を得つつあるような気がするほどの
勢いで広まっているようにも思えます。

 

それを目の当たりにして私は、少々
恐れ(!)をなしているというのが実際のところ。

 

などと書いてしまった後に「なぜだ!」と自分に
突っ込んでみたのですが、こう改めて考えてみますと
それは多分「そうゆう」が美しくないからでしょう。

 

でも言葉って、多くの人が使うようになると
勢力を持っちゃうんですよね、残念なことに。

 

どうか皆さん、ここは一致協力して
「そうゆう」をとどめませんか?

 

 

赤坂サカスのお隣の「赤坂パークピル」の桜

 

 

今、最近と書いてしまいましたが調べてみると
すでに2007年に、「『そうゆう』と『そういう』は
どちらが日本語として正しいのか?」
という質問がヤフー知恵袋等にありました。

 

ということは10年以上前から、すでにかなりの人がその
ように表記していたため、疑問に思った人がいたわけです。

 

私も人様のことをとやかくいえるほど
ことば遣いがよいわけでもありませんし
時にはわざと乱暴な言葉を使ったりもします。

 

ですがあくまでもTPOをわきまえて、それなりの
ことば遣いができるようになりたいとは思っています。
少なくとも、大人(20歳以上)は
正しい表記をしたいものです。

 

スポンサードリンク