ナイラ証言 「本物」「ニセモノ」25

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

ウソの証言が戦争を後押し

イラク攻撃への一つのきっかけともなった
「ナイラ証言」を覚えていらっしゃいますか?

 

1990年の10月10日に、米国議会下院の公聴会
で、非政府組織トム・ラントス人権委員会で
行われた証言です。

 

私でも覚えているほど有名な証言でしたので
きっと多くの方の記憶にも残っていることと
思われますが、当時、15歳の少女が涙ながら
に語った話は実はウソだったのです。

 

 

 

 

 

涙ながらに「本当に怖かった」

クウェートから奇跡の生還をした15歳の
少女、ナイラは、イラクによるクウェート
侵攻後の様子をこう語りました。

 

「私は12人の女性と共にアッ=ラダン
でボランティアをしていました。
私が最年少のボランティアで、他の女性
たちは20〜30歳でした。
イラク兵士が銃を持って、病院内に
押し入るのを目にしました。
イラク兵士たちは、生まれたばかりの
赤ちゃんを入れた保育器が並ぶ部屋を
見つけると、赤ちゃんを一人ずつ
取り出し床に投げ捨てました。
冷たい床の上で赤ちゃんは息を引き
取っていったのです。
(泣きながら)本当に怖かった……」

 

 

 

 

 

全米で放映された「証言」

集会の共同議長であるジョン・ポーター
下院議員は、8年間にわたる自らの職務
の中でこのように「惨たらしく非人間的
で残酷な仕打ち」は聞いたことがないと
述べました。

 

この証言の様子は、全米に約700のテレビ局
を擁するメディアリンクへ配給され、証言の
一部がABC、およびNBCのニュース番組で
放映され、数千万人のアメリカ国民が視聴。

 

7名の上院議員が、武力行使を支持する演説
の中でナイラ証言を引用し、ブッシュ大統領
やマケイン上院議員なども何度も取り上げた
といいます。

 

ジョン・マケイン(John McCain)上院議員
は、昨年、2018年8月25日に亡くなりました
が、数日前の10月27日に自殺したとされる
ISISのアブ・バクル・アル・バグダディと
一緒に写った写真も有名ですね。

 

 

 

 

 

アメリカ、ISIS誕生へ関与

IRIB通信によりますと、ケリー・ワード
元上院議員は、

 

「オバマ政権時代、尾花大統領自らを始め、
クリントン国務長官、マケイン上院議員と、
別の当時の上院議員が、ISISの誕生と武装に
関与した。

2011年、マケイン議員は、カダフィ大佐を
退陣されるために、リビアの民兵を武装させ
ようとした議員の一人だった。
その翌年、アメリカ大使をはじめとするアメ
リカ人4人が、この勢力によって殺害された。

その後、マケイン議員、オバマ大統領、クリン
トン長官がリビアをテロリストの拠点にした。
そして彼らの注目は、シリアの反体制派の
武装化に移っていった。

2013年5月、マケイン議員がシリアを訪問し、
シリアのテロリストと写真を撮ったが、彼ら
は後にISISと呼ばれた組織の中心人物に
なった人々だった。

マケイン議員は、シリアのテロリストの
武装化と国境に置ける彼らの安全確保の
ために、13億ドルを要請した」

 

と語っています。

 

 

ケリー・ワード元上院議員
(写真/「Pars Today」)

 

 

 

戦争反対8割 → 戦争賛成8割へ

それ以前は約8割のアメリカ人は戦争に
反対でしたが、いつの間にか数字は逆転、
8割の国民が戦争を支持するようになって
いました。

 

そしてその後、アメリカはイラクへ派兵し
湾岸戦争と呼ばれる戦いに突入したのです。

 

大義名分とされた大量破壊兵器の話も、
その情報を提供したイラク人科学者が
ウソをついていたことを認めています。

 

 

 

 

 

利用された「感情に訴えかける議論」

ナイラの証言は裏付けの取れたものと
国際的に認識されていたようですが、
解放後のクウェートで取材したマスコミ
により、証言が虚偽であったことが発覚。

 

ナイラ・アッ=サバーハ(Nayirah al-Ṣabaḥ)
は、在米クウェート大使の娘で、アメリカ
で贅沢な暮らしをしていました。

 

フランス・H・ファン・エーメレンは
『議論における戦略的操作』のなかで、
「議論に伴う身体的メッセージはあまりに
強烈なため、理性的な議論はほぼ不可能
になる」とし、ナイラ証言を「感情に訴え
かける議論」に過ぎないとしています。

 

 

 

 

 

「証言」と異なる内容

クウェート政府は、危機管理会社・クロール
社に保育器の件について調査を依頼しました。
9週間にも及ぶ調査のなかで、ナイラが話した
ことは「証言」とは大きく異なりました。

 

病院でボランティアをしたことすらなく、
実際には数分間立ち寄っただけで、新生児が
保育器の外にいるのを目撃したのは、たった
1人だけ、それも「ほんの一瞬」だったと。

 

1992年に人権擁護団体・ミドルイースト
ウォッチが調査結果を公表しました。

 

 

 

 

「イラク軍が病院を標的にしたのは確かだが、
保育器を奪い新生児を床に放置し死なせたのは
事実ではなく、戦争プロパガンダに過ぎない。
話自体は国外の人間が捏造したものであった」

 

ナイラが目撃したと主張する病院の医師への
インタビューは、次のようなものです。

 

「数十台の保育器はあるけれども、イラク軍が
奪った保育器はないし、新生児が取り出され
てもいない」

 

 

 

 

 

今の、そしてこれからのナイラを待ち受けるもの

2002年には、
『ライブ・フロム・バグダッド 湾岸戦争最前線』
という映画まで上演されるに至りましたが、
ナイラが証言をするように大人から言われた時、
それにノーを言う権利はあったのでしょうか?

 

彼女がウソの証言をしたという事実は消える
ことはありませんが、一方、ナイラは
被害者でもあるように思えます。

 

あれから30年ほどの月日が流れました。
その間、彼女に精神的な問題が、まったく
生じなかったということはあり得るでしょうか。

 

 

 

 

今までというよりは、歳を重ねていけばいく
ほど、むしろこれからの方が、精神的に
きつい状態になるような気がします。

 

15歳という年齢は、まるっきり子どもとは
いえないまでも、大人ではないでしょう。
現在、ナイラは40代半ば。

 

彼女を使った大人たちは、そろそろ鬼籍に
入りつつある時期を迎えています。

 

スポンサードリンク




国際ガールズデー 10月11日 

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

10月11日は「国際ガールズデー」

今年はもう過ぎてしまいましたが、
10月11日は、世界の女の子について考える日
「国際ガールズデー( International Day
of the Girl Child)」なのだそうです。

 

「女の子の権利」や「女の子のエンパワー
メント」の促進を、国際社会に広く呼びかけ
る日で、プラン・インターナショナルの働き
かけを受けて国連が定めたもの。

 

開発途上国では女の子の多くが経済的、文化的
な理由により学校に通えず、10代前半での結婚
を余儀なくされ貧困の中で暮らしています。

 

 

 

 

 

「まだ恋は知らない……」

数年前の地下鉄の中で見たポスターには、
「(インドの少女の写真とともに)
14歳で結婚 15歳で出産 でもまた恋は知らない」

 

うろ覚えなので、この年齢は間違っている
かもしれませんが、こんな感じの文章が
書かれていました。

 

多分、ブラン、インターナショナル
のものだったのでしょう。

 

最後の「でもまだ恋は知らない」という
ところで、この結婚が彼女自身が選んだ
のではないことがわかります。

 

 

 

 

 

1年に1億2000万人が性暴力に

結婚もし、子どもまでいるのに彼女はまだ
「恋は知らない」。
ふさわしい表現かはわかりませんが
残酷さが胸をつきました。

 

日本も昔はそうだったと聞いたこともあります
し(健婚式の日に、初めて夫になる人に会った
なんて話も)、その時代の人はそんなものだ
と諦めていたのかもしれません。

 

3人に1人の女の子が、18歳未満で結婚させられ
(2013年)、1億2000万人の女の子が性暴力
にあって(2014年)いる、この世界。

 

もっとも性暴力は女の子だけではなく男の子も
で、つまり弱者が被害者となるということです。

 

 

 

 

 

福島みずほさんのツイート

もちろん、先進国であっても様々な
社会的制約が女の子を縛っています。

 

11月10日に参議院議員の福島みずほさん
がこんなツイートをしていました。

 

「#女の子だから おとなしくしていなさい、
女の子だから可愛くしていなさい、
女の子だからそんなこと言ってはいけません、
女の子だから勉強しても仕方がない、
女の子だからという制約は全て取っ払って
いきましょう!」

 

 

 

 

 

「男女平等」という活字を見て涙が……

そういえば福島みずほさんが、初めて
国会議員になった時に事務局のお手伝い
をしたことがありました。

 

その時、ボランティアできてくれた女性が、
福島さんの本の中に『男女平等』という言葉が
出てきた時に涙が出て、今日ここに来ました、
と言ったことが忘れられません。

 

まあ、ちょっとこれだけでは言葉が足りない
なのですが、男女平等という言葉を見た時に
彼女の中で湧き上がった様々な体験や思いは
想像に難くありません。

 

 

 

 

 

「buu」さんのツイート

国会ウォッチャーとして有名な「buu」さんの
7月のツイートを御紹介したいと思います。

 

「母の、私と兄弟の扱いには明らかに違いが
あった。
でもそれは、『息子が恋人』という母親なる
ものの習性とうか、溺愛ゆえのことと、自分
では消化していた。
けれど、女性差別も、やっぱりあったんじゃ、
と初めて気づいた。

 

父からも、今でもしょっちゅう言われる。
『男だったらなぁと何度も思った』と。

 

 

 

 

ま、ツイッターでは、性別が明らかになる
ツイートをするたび、『男だと思ってた』
リプが沢山くるんだけど。

 

小学校に上がったばかりの頃、私はまだ、
自分用の傘を持ってなくて。
思えば、この梅雨の時期だったのかなぁ、
雨が降ると、母の、縮緬模様のような
えんじ色の傘か、弟の、茶色い怪獣が沢山
ついた青い傘を持たされた。
友達の、ピンクや赤の、花やリボンの
ついた可愛い傘がうらやましかった。

 

 

 

 

当時、母はとても厳しくて、私が弟の傘を
嫌そうにすると、『恥ずかしくないっ』と
一喝された。
後年、母と私の力関係が少し変わってから、
『とても嫌だった』と話してみたことがある。
『自分の子供時代、兄のおさがりを使うのが
当たり前だったから、全く貴女の気持ちに
気づかなかった』と驚かれた。

 

(いや、だって、上の子の ‘おさがり’
なら、それは分かるよ、おかあちゃん)

 

あれも、男子優先、が、母の中では
当たり前だったんだろうなぁ。

 

 

 

 

いや、本質は、『息子溺愛』だったんだと
思うけれど、世間の『男尊女卑』の風潮が、
それを正当化してくれた、ってところだろう。

 

さらに後年、弟優先が嫌だった、と母に
ぶちまけたことがある。
『貴女なんて、性が違うからまだマシで
しょう。
私なんか、母親に、妹と差をつけられて
どんなに辛かったか。
私の着物を作ってくれると言っていた赤い
反物が、出来上がってみたら妹用だったこと
に、どれだけ傷ついたか』と逆切れされた。

 

 

 

 

もう茫然として、言葉を失うと言うか、
笑うしかないと言うか、1ミリも理解
できなかったけど。
いや、そりゃ悔しい気持ちは分かりました
けど、お母さん。
それと私と、何の関係が?と思ったものだけど。

 

『男女で扱いに差があるのは、そういう
社会なんだから仕方ないだろう』
と言ってたんだな、あれ。

 

 

 

 

『一生懸命子育てしたのに、なぜ今ごろそんな
事を言われなければ』というのが、老いてから
の母の気持ちだった、『一生懸命やったのよ』
が口癖で。

 

(そゆの、『一生懸命ロンダリング』
って言うんだぜ)

 

結局、ドラマのように、後年『話し合って
心から分かりあい許しあえ』優しい主題歌が
流れる中、手を取り合う、というようには
いかなかったけれど。

 

 

 

 

まぁ私が求めすぎたのであって、母は母なり
に、自分の常識と能力の範囲内で精一杯育てて
くれたんだろうな、というところに、自分の
気持ちは落ち着いてる」

 

 

 

やっぱり男女差別だったんだよね

buuさんのお気持ちが、本当に素直に
綴られている美しい言葉の数々。
感銘を受けました。

 

お父様からは、「男だったらなぁと何度も
思った」と今でもしょっちゅう言われると
いうことには、驚きというよりは愕然と
しましたが。

 

 

 

 

女親の男の子に対する溺愛、ではありながら
も、やはりそこには男尊女卑が見え隠れする。

 

年月が経たのちに、自分の悲しかった思いを
甘えと非難半分ずつ、といった感じで母親に
吐露するも、方向違いの母親の過去の悲しみ
が怒りとなって飛んでくるという……。

 

結局、話してはみたものの聞きたい
言葉はかえってこなかった。

 

 

 

 

親子や血が繋がりが、岩のような頑強な
絆であったとしても、個々の思いはそれほど
理解しあえるわけではないのも常のこと。

 

心のすれ違いに一抹の寂しさを感じながら
も、一歩引いた大きな視点で母を見ること
で自らの心を落ち着けるという「buu」さん。

 

あたかも優れた短編小説のような
ちょっと悲しくもやさしいツイートでした。

 

 

 

 

 

3日前にはこんなツイートも

「きのこ 2019年10月27日

産後の退院直後から義母がスマホが
壊れただの家具を組み立てろだの
何かにつけて夫を義実家に呼びつけ
ようとして、その度に
『子育てがあるから行けない』
って夫は断ってたら
『なんでアンタが
そんなことしなくちゃいけないのよ!』
ってキレた義母に、夫が
『父親だからだよ!』
ってすかさず返したの有能すぎる」

 

こんな素敵な夫さんばかりだといいですね。
夫の母親も彼を育てたはずですが、子育て
は夫の手助けなしで私一人でやってきた、
なんて思っているかもしれませんが。

 

 

 

 

 

「質問の意味が……」

「男女平等 世界一への道
アイスランド女性権利協会事務局長へ
のインタビュー」が朝日新聞DIGITALに
載っていました。

 

アイスランドは、世界経済フォーラムの
男女格差ランキングで10年連続1位を誇る
「世界で最も男女平等な国」と言われて
いる国です。

 

方や、日本は10年間順位を下げ、去年は
149カ国中110位という体たらく。

 

 

 

 

記事の中で、
「日本では『政治は男性がするもの』
という
イメージが依然あるのですが
アイスランドではどうですか?」
との記者の問いに、

アイスランド女性権利協会事
務局長はこう答えました。
「ごめんなさい、質問の意味が
理解できませんでした」と。

 

……、ふっ〜、おもわず笑っちゃいましたが
すぐあとで、ちょっと泣きたくなりました。

 

スポンサードリンク




衣類に血液がついている人を見たら、あなたは?

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

ツイッター見かけた素敵はお話

数日前にツイッターで、こんなに素敵なお話が
呟かれていましたので、皆さんにも是非お伝え
したいと思いました。
それがこちらのツイートです。

 

「あいこむ♡飲食店オーナー 2019年10月18日

クラスで初潮の出血に気付かずかに服を
汚してしまった女の子、息子が見つけて
自分の上着脱いで隠してあげたそう。
気付いたのが息子だけやったんで
そっと先生に報告して女の子は
恥ずかしい思いをせずにすんだそう。
生理の時も包み隠さずに状況を伝えて
きてたし、息子はすぐに生理って
わかったって。

息子は生理痛のことも知ってるから、
その子がお礼言ってきた時に
『体調大丈夫?無理すんなよ。』って
声掛けれたらしい。
生理って恥ずかしいかもしれんけど、
親がきちんと教えてあげてたら性教育
で習わなくても男の子も生理について
学べるんやで。
子を持つ母親は、毎月のチャンスを
逃さないで欲しい」

 

 

 

 

 

上記のツイートへの返信の数々

「愛華レイラ 2019年10月18日

息子くん偉いですね!
いっぱい息子くんを褒めてください。
なかなかできることではありません。
性教育の大切さを示す貴重な実例ですね」

 

 

「りん 2019年10月18日

F F外から失礼します!
私も息子たちに正しく理解させようと
小学生の頃から教えてきました。
なので同じ部活動の女の子からは
生理でしんどいって息子だけには
打ち明けられるって言われたと…
元夫が生理中の私を冷やかしたのが
きっかけでした!
ステキ」

 

 

 

 

「千寿 2019年10月18日

ほんとそれですよね!
わざわざ、かしこまって教えなくても
『生理やしだるいわ~』とか会話で
出ていれば、男の子でも当たり前の
感覚って持てるんですよね。
願わくば、長ーい未来の世の中で、
生理が恥ずかしいっていう感覚も
男女関係なく、無くなってくれたら
いいですね~」

 

 

「なお@戦略的パートタイマー 2019年10月18日

FF外から失礼します。
息子さん超絶男前ですね!!!
うちの息子幼稚園年長で、どうやって
伝えようかと最近考えてましたが、
包み隠さず教えようと思えました
体調気遣える男に育ってほしい」

 

 

 

 

「papipu 2019年10月18日

素敵😭💖
1歳児の娘が私が出血すると、ナプキンを
棚から出して袋を開封して渡してくれる
のですが、それってどうなのって悩んで
ました。
連れション(一緒にトイレ)するのを
辞めないとなって思ってました。
あとから気持ち悪いと不快な思い出に
したらダメだなって思ってたので
また考えさせられました!」

 

 

「めっくお家で稼ぐママ 2019年10月18日

泣きそうになってしまうくらい…
当たり前にできるって素敵です……」

 

 

 

 

「息子が可愛すぎて仕方ない 2019年10月18日

イケメン過ぎる‥!!
素晴らしい育て方をしてくださり
ありがとうございます♡
私はクラスの男子にからかわれて
少しトラウマがあるので、息子さんの
ような男性が当たり前になることを
祈ります」

 

 

この方々の返信に、私も全く同意見です。
なんてに素敵な男の子と、
素晴らしいお母さんなのでしょう。

 

 

 

 

 

今、思い出したこと

これを読んだ時には忘れていたのですが
今、ブログを書いていて20代の時に、これと
は真逆の体験をしたことを思い出しました。

 

その日、私は作ったお菓子を両手で抱えて
タクシーに乗ると、反対側のシートがごく少量
の血液で汚れているのが見えました。

 

白いレースの上を、少々厚手の透明ビニール
を覆ったシートは、布だったら吸い込まれ
ているであろう血液が、ビニールの上で
弾かれたように乗っています。

 

 

 

 

前に乗った人が怪我でもしていたのでしょうか。

 

私は両手で持ったお菓子に気を取られて
いたこともあり、そのわずかな血液が服に
ついたことに気がつきませんでした。

 

目的地に着いて1〜2時間が過ぎた頃、
私の母親に近い年齢の女性が、私を見て
「洋服が汚れている」と言ったのです。

 

 

 

 

 

「男性には見せられない」

そして、その部屋に唯一いた男性の名前を出して
「これは、〇〇さんには見せらなれない」と
少々、意味ありげな口調で付け加えました。

 

洋服が汚れていると教えてくれ女性は
当時、50代だったと思います。

 

「男性には見せられない服の汚れ」という言葉
を使ったことにより、それが生理の血液だとの
イメージを周りの人に与えることになりました。

 

 

 

 

 

「TVのCMでやるのは、ちょっとね……」

またこんなこともありました。
一緒に市民活動をしている、少し年上
の女性と、数年前に話した時のこと。

 

彼女は、生理用のナプキンをTVのCMでするのは
「ちょっとね」と顔をしかめて言ったのです。

 

「どうして? 陰々滅々恥ずべき穢れ、
という扱いよりずっといいじゃない」
と少々驚いた私は彼女に言いましたが。

 

風邪薬のCMはOKで、生理用ナプキンはNG、
なんて変ですし普通に流れるのは、ある意味
「いい世の中になった」ということですよね。

 

 

 

 

 

私の中にもあったよ

とずっと思ってきたのですが、実は今日の
ツイッターでの話をこのブログに書くこと
を、一瞬ためらった私がいたのも事実でした。

 

この一瞬のためらいが、実は生理用ナプキン
のCMをTVでするのはどうも……、と思う
彼女と地続きであり、場所が少しだけ
離れいるに過ぎないと気づいたのです。

 

であればこそなお、この素敵な男の子の
話をブログで紹介しようと強く思い
これを書くことにしました。

 

 

 

 

 

「性教育」と構えるのではなく

以前、スウェーデン(だったと思いますが)の
性教育の本で、性教育は早ければ早いほどいい
と書いてあり、私はいくら何でも
それはないでしょう?、と思いました。

 

ところが何年も経つうちに納得したのです。
例えば、今日のツイートに対しての返信の
中の「papipu」さんの、

 

「1歳児の娘が私が出血すると、ナプキンを
棚から出して袋を開封して渡してくれる」
というお話。

 

 

 

 

これはもう、性教育だ何だという以前に
必要なものを用意してくれる、優しさに
溢れるお手伝いです。

 

もしかしたら大人たちは、性教育に対して
少々構えすぎているのかもしれませんね。

 

今年の6月28日のツイッターに「モーマ」さん
という方が、こんなことを書いていらした
ことを記憶しています。

 

「ビックリしたんだけど、小さいうちから
性教育をしておけば『性教育=特別なもの』
じゃなくなるんだよね。
日常生活の中で性のことを当たり前に話せる
環境って大事。
『性の絵本』のおかげで、我が家の性教育
は好スタートを切ったと私は思ってます。
たきれいさん、素敵な絵本をありがとう
ございます」

 

 

 

 

 

本当に、本当に嫌な記憶

今は違うと思いますが、私が小学生の大昔、
男の子は外で遊ぶ時間にし、女の子だけが
薄暗い部屋でスライド(か何か)を見せられ
て生理について教えられて記憶があります。

 

あれは本当に嫌でした。
先生方の口調も、男子には悟られないように
という雰囲気も、それら全てが恥ずかしいこと
であり、隠さなければいけないことのようで。

 

現在は全く違っていることを願うばかり
ですが、なぜあんな風だったんでしょうね?
別に全然、恥ずかしいことではなく
むしろ、生理がない方が心配なのに。

 

 

 

 

ところで現時点での素朴な疑問ですが、洋服に
血液がついていた場合、ケガの血より生理の血
の方が恥ずかしいと思うのはなぜでしょう?

 

素晴らしい教育をしたお母さんのツイート
のおかげで、私の中にも潜んでいたヘンテコ
な歪みに気づくことができました。

 

本当にありがとうございました!
それにしても本当に紳士ですね、彼は……。

 

スポンサードリンク