「キットカット」の名前の変遷 日本は「キットカット」世界2位の消費国 

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

140919kittokatto

 

 

九州の方言から?

「キットカット」は日本では受験の時
にも人気のお菓子ですね。
これについては「ネスレ」のサイトでは、

 

九州の方言で「きっと勝つどぉ(きっと勝つよ)」
が「キットカット」という言葉に似ていることから
九州を中心に受験生の間で生まれ、2002年頃から
受験生の間に口コミで広まった、

 

というような説明があります。
私自身はもっと前から、すでに大昔の
私の受験時代から、そのように囁かれていた
ような気もするのですがいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

イギリス生まれの「キットカット」

この「キットカット」の本家といえば
もちろんイギリスですが、現在はイギリス以外
の多くの国でも作られているよう。

 

次の写真は以前、シアトル在住のみぎぃさんに
送っていただいた「キットカット」たちです。

 

左の赤い四角形の大きいものがアメリカの
「キットカット」で、その右にあるの細長い2つの
ものはイギリス、下の緑色の細長いものは
ブルガリアの「キットカット」なんですって。

 

 

blog_import_515364c4f19a211赤い四角形(アメリカ)       細長い赤(イギリス)
細長いオレンジの模様付き(イギリス)
緑りの細長(ブルガリア)

 

 

送ってくれたみぎぃさんの美味しさの順位
というと、一番美味しいのは日本、
次がイギリスだとのことでした。

 

それを聞いた時に私は、同じキットカットなのに
味が違うの?、と不思議に思っていたものでしたが
今回いただいてみてようやく納得、謎が解けました。

 

 

 

「キットカット」はミートパイの名前だった?

今やイギリスのみならず、多くの国で作られている
「キットカット」ですが一体、いつ誕生したのでしょう?

 

「キットカット(Kit Kat)」という名前そのものは
すでに18世紀にはイギリスに存在してしていました。

 

とはいっても当時の「キットカット」は現在の
ようなチョコレート菓子ではなく「ミートパイ」。

 

 

当然のことながら、当時の写真ではありませんが

 

 

ロンドンのクリストファー・カット(Christopher Catt)
が経営していたレストランで出していた羊肉のパイの
名前が「キットカット」。
もちろんこれは彼の名からきています。

 

「クリストファー」という人名の当時の愛称は
「キット」だったということですから
「キットカット」といったら、まんま彼の名ですよね。

 

有名な羊肉のパイ「キットカット」がでるレストランで
社会をよりよくするための政治的、文学的な会合が
開かれましたが、そのクラブの名前も
「キットカットクラブ(Kit  Kat  Club」でした。

 

1911年には、ヨークにあったお菓子製造のロントリー社
(Rowntree’s)が、「キットカット」を登録商標し、
1920年代に「キットカット」の名前のついたお菓子を
発売したものの、1930年代初頭には生産中止。

 

 

blog_import_515363452f412-11こちらは日本で購入した「ラズベリーキットカット」
私個人の感想としては、香りがちょっと強すぎるかな

 

 

 

社員の提案から生まれた「キットカット」

というように「キットカット」は、実態よりも
先にまず、名前が誕生していました。

 

その名にふさわしい私達にお馴染みの「キットカット」
というお菓子が生まれたのは、1935年のことでした。

 

登録商標を持っていたロントリー社の提案箱に寄せられた
社員の提案がもとになってできたということです。

 

その提案というのはこのようなものでした。
「男性がランチバックに入れて職場に持っていくことが
できるようなチョコレートーバーを作ってみては?」

 

 

140919rosenthalbourukitkatこちらはミニタイプの「キットカット」
色々な種類がありすぎて、全部を試すことはできないほど

 

 

 

「ロントリーズ」から「キットカット」へ

かくして1935年8月29日に、現在お馴染みの
「キットカット」の前身が生まれます。

 

ですが、誕生した時は「キットカット」という名前
ではなく「ロントリーズ・チョコレート・クリスプ
((Rowntree’s Chocolate Crisp))」という名でした。

 

まあ何とも現在の「キットカット」になるまでに
名前と実態がなかなか一致しない「キットカット」では
ありますが、「ロントリーズ・チョコレート・クリスプ」
はロンドンとイングランドの南部一帯で発売されました。

 

 

 

 

「ロントリーズ・チョコレート・クリスプ」は大ヒット。
その2年後の1937年5月、大ヒットを受けお菓子の名前を
より覚えやすいよう「キットカット・チョコレート・
クリスプ(Kit Kat Chocolate Crisp)」に改名。

 

と同時に「キットカット」という名前に、
「ブレイク(Break、休憩)」を組み合わせた
大々的な宣言が始まりました。

 

「ブレイク(休憩)してバーを割って食べよう」という
現在にも続いているこのコンセプトが生まれたのです。

 

 

 

 

 

 戦時中、赤  →  青に変わった「キットカット」

ところが1942年、原材料の一つである牛乳が手に入らない
ため、ロントリー社は「キットカット・チョコレート・
クリスプ」のレシピの大幅な変更を余儀なくされます。

 

1942年といえば第二次大戦真っ最中
原料の調達ができなかったのです。

 

今までの製品とは異なったお菓子となってしまった
「キットカット・チョコレート・クリスプ」の名から
「チョコレート・クリスプ」の文字をとり、

 

「キットカット」だけを残した上に
パッケージも赤から青い色に変更。
味も「ダーク」と呼ばれるものになりました。
ロントリー社は、次のような説明書をつけたといいます。

 

 

senjityukitkat香港海防博物館に展示されている戦時中に発売された
青い「キットカット」(写真/Wikipedia)

 

 

 

青ざめた悲しげな「キットカット」

「平和な時代に楽しんでいただいていたチョコレート
クリスプは
牛乳不足のため作ることができなくなりました。
この『キットカット』は、現在我々が提供できる、
最大限
味を近づけたレシピで作られた製品です」

 

ブルーは大好きな色ではありますが、そうと知って
見るからでしょうか、何とも青ざめて寂しげな
「キットカット」ではあります。

 

そして1949年、戦後になり「ダーク」味から
「ミルク」味の赤いパッケージが再び戻ってきました
が、「キットカット」という名称はそのまま
使われることになったのです。

 

 

 

抹茶味の「キットカット」

 

 

 

日本上陸は1973年

赤い「キットカット」が戻ってきてから約10年後、
「Have a break, have a Kit Kat.」という今に続く
コピーが1958年に誕生に、イギリスのTVで
大キャンペーンが打たれました。

 

そして1973年「キットカット」は日本にも上陸。
イギリスのロントリー・マッキントッシュ社と
提携した不二家から発売されることになりました。

 

その後、ロントリー・マッキントッシュがネスレに
吸収され、1989年にネスレと不二家の合弁企業
「ネスレマッキントッシュ」設立、

 

後に「ネスレコンフェクショナリー」に社名を
変更後、2010年にネスレ日本に吸収されています。
(なんともめまぐるしい!)

 

 

kitkatiroiro1左/イギリス「Pop Choc」
中/アメリカの普通サイズ
右/アメリカ「Big kat」

 

 

 

 現在、日本は世界第二位の消費国に

「キットカット」が日本に入ったのはそれほど早くは
なかったものの、現在では、「キットカット」の
本国であるイギリスの次、世界第二位の
「キットカット」消費国だそうです。

 

日本では、ホワイトチョコ、宇治抹茶、ほうじ茶、
さくら風味、ラムネ、わさび、アップルビネガー、
ずんだ、夕張メロン、マンゴー,巨峰、ヨールグ等々、
100種類以上ものキットカットが発売されているとか!

 

2010年の8月30日には、37年ぶりに
ウエハースが今まで以上にサクサクする
よう食感を改良させたということです。

 

スポンサードリンク




「そういう」を「そうゆう」と書くこと、気になりませんか?

「あぷりのお茶会赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

「い」の方が美しいと思うのですが

今回は、かなり前から非常に気になっていて
私個人としてはちょっと気持ちが悪い表記に
ついて書かせていただきたいと思います。

 

それというのは「そうう」を「そうう」と
「い」を「ゆ」として書くことです。

 

本来は「そういうことです」「そういうふうに」
のように書くところを、「そうゆうことです」
「そうゆうふうに」のように、「いう」の部分を「ゆう」
と書くことなのですが、皆さんは気になりませんか?

 

そのような表記をするのがごく少数でしたら、単なる
書き間違えとやり過ごすこともできるのですが、かなり
多くの人がそう表記しているように見受けられます。

 

またこのように、はびこっている(?)様子にも
かかわらず、それについて指摘している人をあまり
みかけることもないのも不思議な感じがします。

 

まあこれは、私がたまたま見ていない
だけかもしれませんが。

 

 

「赤坂サカス」のシンボルツリー「紅枝垂」

 

 

 

冗談でしょ?

「いう」を「ゆう」とする表記を最初に見た時
私は筆者がふざけて書いているのだと思いました。
そのようなことは私自身もしていますから。

 

例えば、今日のブログの最初の一行目では
非常に気になり」という言葉を使いましたが、これを
ひじょ〜に気になり」「ヒジョーに気になり」等
の書き方をあえてすることはあります。

 

また「冗談でしょう?」の「う」を抜かして
「冗談でしょ?」にしたり、
「嘘(うそ)」を「ウッソー」と書いてみたり、
「そうなの?」を「そーなのぉ〜?」というように。

 

 

 赤坂サカス「さくら坂」

 

 

くだけた雰囲気と表現の誇張が漂うような気がする
このような書き方は、多くの人もしていらっいます。

 

ですがあくまでもこれは、あえて何らかの効果を
狙って書いている(というほどのこともありませんが)
のであって、「そーなのぉ」という表記が正しくない
ことは充分承知して書いているはず。

 

ですから「そうゆう」と書かれている文章を見た最初の
頃は、当然のことながら、書いている人はわかっていて
あえて書いているのだろうと思っていたわけです。

 

 


「六本木ヒルズ」

 

 

 

えっ、マジ?!

ところがそのうちに、そうでは
ないと気づくようになりました。
文章の性質からしても、前後の文を見ても、とてもそうとは
思えないものを度々目にすることが増えてきたのからです。

 

そのうちこれは真面目にというか、本当に「そうゆう」が
正しい表記と信じて書いているらしいと思うにいたりました。

 

しかも、10代や20代になったばかりの人が書いている
のみならず、それよりははるかに年上の人さえ
「そうゆう」を平然と使っていることには驚くばかり。

 

 

「赤坂サカス」のさくら坂にある八重桜「普賢象」

 

 

 

実際の発音に近いというのならば……

確かに、実際に話す時は「そういう」の「い」は
「い」ではなく「ゆ」と発音しています。

 

「ですが書く時は『そうゆう』ではなく『そういう』
と書くのです」と、このことに関して書かれているもの
の多くは、このあたりの説明で止まっているよう。

 

でも「そうゆう」が実際の音に合わせた、というのならば
「い」だけを「ゆ」するのもおかしなことです。

 

「そういう」の発音を忠実に表記するとしたら
「そうゆう」よりも「そおゆう」「そーゆう」
の方がより近いでしょう。
それなのに、なぜ「い」だけを「ゆ」と書くのでしょうか?

 

 

「国際文化会館」の入り口から見える「六本木ヒルズ」

 

 

 

むしろ、「そうゆう」は発音しづらい

その上、実際に発音をしてみると分かりますが
「そうゆう」は話し言葉としては、かなり言いづらい言葉。

 

「そういう」も実際に音に出すと言いづらい言葉では
ありますが、「そうゆう」は、「そういう」に
負けず劣らず発音しにくい言葉ですよ。
是非、皆さんも実際に音を出して試してね。

 

ですから「そうゆう」を使う理由が、話し言葉通り
の表記にしているためということだとしたら
とてもおかしなことに思えます。
中途半端感は免れません。

 

 

 「国際文化会館(旧岩崎邸)」六本木
池に浮いているのは桜の花びらです

 

 

 

増えてきていませんか?

このように、文字の表記と実際の音が
違うことは結構あることです。

 

「お父さん(おとうさん)」と書いても、
実際は「おとおさん」と発音していますし、
あるいは「おとーさん」の方が近いかもしれません。

 

「行く」も「ゆく」と言ったりしますが、書き言葉を
全て実際の話し言葉の発音通りに表記しようというこ
とになったならばこれはもうかなり大変化が起きますね。

 

でも、そのような理由ではなく、なぜ「そういう」
のみが「そうゆう」と書くことが多くなっている
のか、本当に不思議です。

 

 

「プルデンシャルタワー」

 

 

 

しかも最近は「そうゆう」表記が
市民権を得つつあるような気がするほどの
勢いで広まっているようにも思えます。

 

それを目の当たりにして私は、少々
恐れ(!)をなしているというのが実際のところ。

 

などと書いてしまった後に「なぜだ!」と自分に
突っ込んでみたのですが、こう改めて考えてみますと
それは多分「そうゆう」が美しくないからでしょう。

 

でも言葉って、多くの人が使うようになると
勢力を持っちゃうんですよね、残念なことに。

 

どうか皆さん、ここは一致協力して
「そうゆう」をとどめませんか?

 

 

赤坂サカスのお隣の「赤坂パークピル」の桜

 

 

今、最近と書いてしまいましたが調べてみると
すでに2007年に、「『そうゆう』と『そういう』
はどちらが日本語として正しいのか?」
という質問がヤフー知恵袋等にありました。

 

ということは10年以上前から、すでに
かなりの人がそのように表記していたため
疑問に思った人がいたわけです。

 

私も人様のことをとやかくいえるほど
ことば遣いがよいわけでもありませんし
時にはわざと乱暴な言葉を使ったりもします。

 

ですがあくまでもTPOをわきまえて、それなりの
ことば遣いができるようになりたいとは思っています。
少なくとも、大人(20歳以上)は
正しい表記をしたいものです。

 

スポンサードリンク




ミツバチダンス ミツバチの言葉(The Language of Bee)

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

曇りの日でも太陽の位置がわかる

ミツバチは、花からミツを採取して巣へ運ぶという作業を
一日に何度も繰り返していますが、花を見つけるために
むやみやたらに飛んでいるわけではありません。

 

ミツバチ同士で、花のある場所を
教えあっているということです。

 

その伝達にはダンスを使っていますが、これは
花の位置を伝えるのみならず、新しく巣を作る
候補地を知らせる時にも使われている方法です。

 

 

 

 

巣に新たに女王バチが誕生すると、今までの
女王バチは半数ほどのミツバチを連れて巣を
出ますが、これを「分峰」といいます。

 

「分峰」をしたミツバチの群れが、一時的に
木の枝などに丸く固まって「蜂球」といわれる状態
になっている時に、新しい巣を作る場所を
偵察に行っているミツバチがいます。

 

目星をつけて戻って来た偵察バチが
候補地の場所を仲間に伝える時も
やはりこのダンスを使うといいます。

 

 

「分峰」をし、一時的に木の枝に
いる蜂の群れ「蜂球」

 

 

 

太陽が目印 それでは曇りの日は?

ダンスをすることで「場所」を伝えるといっても
グーグルマップなどを持っていないミツバチに
教えるには、基本になる目印が必要です。

 

日中に世界のどこでも必ず存在するもの、
それは太陽。

 

 

 

 

となりますと、太陽の出ていない曇りの日は目標が見えず
ミツバチは迷ってしまうのかといえばさにあらず、
曇りの日でも紫外線は出ていますので、紫外線を
キャッチできるミツバチには全く問題はありません。

 

空の一角を見るだけで、ミツバチには
太陽の位置がちゃんとわかります。

 

これは「偏光解析能力」と呼ばれるものですが
昆虫や甲殻類などがもつ、小さな個眼が多く
集まって出来ている複眼の効果でもあります。

 

 

蝶々も複眼をもっています
これはガラスの羽を持つ蝶々といわれる「ツマジロスカシマダラ」

 

 

 

赤い色は見えない?

紫外線を見ることのできるミツバチには、黄、青緑、
青、紫外が区別されることが証明されています。
ということは赤い色は見えないということですね。

 

赤い色の花は多いように思うので、ちょっと意外な
感じもしますが、ミツバチは白や青、紫色の
花を見つけるのが得意だそうです。

 

 

 

 

ミツバチは匂いを、触覚に広く分布する感覚子
(かんかくし)と呼ばれる、体の表面などに
ある、小さな器官で識別しています。

 

匂いによって、花の種類さえ他の
ミツバチに伝えることも可能だとか。

 

また味覚に関しては、口と足の跗節(ふせつ)という
先端の節や、その他の触覚にも味覚の受容体があります。

 

 

これはショウガの花ですが
ミツバチには見えるかな?

 

 

 

ミツバチのダンス「言葉」

ミツバチには何色が見えているか?、という
研究をしたのは、カール・フォン・フリッシュ
(Karl von Frisch、1886〜1982)という
オーストリアの動物行動学者です。

 

彼は40余年にもわたる長い間、冒頭のミツバチの
「言葉」といわれる、ミツバチダンスの
解明に取り組んだ学者でもあります。
その研究により、1973年にはノーベル賞を受賞。

 

置いてある濃厚な砂糖溶液にミツバチが来た後に
同じ巣の多くのミツバチが訪れるのを見たカール・
フォン・フリッシュは、ミツバチたちが、その情報を
伝える手段を持っているに違いないと確信します。

 

 

 

 

そこで彼は、特殊な細工をして、ガラス板越しに
巣の中が見えるミツバチの巣箱を作って設置。

 

すると彼の予想に違わず、豊富な花蜜が
ある場所から巣に戻ったミツバチは、巣板
の上で興奮気味にダンスをしていたのです。

 

観察するうちにミツバチのダンスには
2種類あることがわかりました。

 

 

「円形ダンス」

 

 

 

1 「円形ダンス(円舞)」(Rundtanz)

一つ目のダンスはミツバチが、ただグルグルと回るだけ
の「円形ダンス(円舞)」といわれるものです。

 

「巣の近くに蜜がいっぱいの花が
あるので集めに行こう」という意味。
これは100メートル以内という
近い距離のみを伝えるダンスです。

 

 

 

2 「8の字ダンス」(Schwanzeltanz)

こちらは、目的の花が100メートル以上、
離れている場所にある場合。

 

「8の字ダンス」の「8」は、「蜂」では
なく、数字の「8」の字を描くように
ミツバチがダンスをすることによる命名です。

 

 

「8の字」ダンス

 

 

「尻振りダンス」ともいわれ、規則正しく「8」の
字を描きますが、その中央の直線部分に来ると
特に腹部を激しく振動させます。

 

 

ミツバチは15秒間に、何回「8」の字を描くか
という実験をカール・フォン・フリッシュは
していますが、その結果は以下の通り。

 

 

巣から花までの距離  ミツバチが15秒間に踊る回数
________________________
  100メートル        9〜10回
     1000メートル         4〜5回
     6000メートル           2回

 

 

 

 

というように、巣からの距離が近いと
ダンスの速度は速く、離れれば離れるほど
速度はゆっくりになることがわかりました。

 

次の表は「8の字ダンス」の速度と
花までの距離を表したものです。

 

ミツバチほど賢くない私には正直なところ
もうついていけないという感じもしますが
15秒の間に何回踊るかをグラフにしているそうです。

 

 

グラフ(「B*topia」

 

 

15秒間に5回踊ったとすると
「巣から750メートル離れた所に花がある」
という意味だとか。

 

「8の字ダンス」を動画で見ると、ミツバチが
実際にどのようにダンスをしているかがわかり
とても面白いですよ。

 

「あぷりのお茶会」史上(!)初めての
動画をつけてみました。

 

 

 

 

54秒ほどの、短い「8の字ダンスの動画」
ドイツ語ですが、映像を見るだけでわかっちゃい
ますので、解説は必要ないかと。

 

動画を見ますと「8の字ダンス」の中央の直線部分は、

 

「__  」という感じではなく、「〜〜〜」と
ジグザクとかなり激しく動いているのがわかります。
だから「運動」ではなく、「ダンス」なのですね。

 

 

 

 

 

「8の字ダンス」は方向も示す

ダンスの速度が、巣から花までの距離を表している
ということも驚きますが、次はもっと驚いちゃいますよ。

 

「8の字ダンス」は距離だけではなく
なんと方向も示しているのです。

 

「8の字ダンス」の中央の直線は
花がある方向を示しています。

 

ミツバチが巣板の上で横向きになって(下のように)
ダンスをしていた場合、ダンスの中央の直線は
左を差していますので、そちらが花の方向。

 

 

                太陽

 *                  ↑
              90度     |
                     |
 花  ←_____

 

 

その時に、垂直の上の方が太陽のある方向で、
花(左)と太陽(上)の作る角度
(この場合は90度)を示しています。

 

「巣から出て太陽のある方向から
左に90度の所に花がある」
と教えているのです。

 

いくら何でも、これは凄すぎませんか?
私は言葉を失うほどの驚きを覚えました。
ホント、ミツバチってすごい。

 

 

 

 

このダンスの規則を覚えれば、人間が見ても
その意図するところを理解することができ
花のありかがわかるといいます。

 

この実験に付随して、カール・フォン・フリッシュの
弟子であるリンダウエル(Lindauer)は「オオミツバチ」
「コミツバチ」「トウヨウミツバチ」のダンスを研究し
ミツバチの種によって、ダンスが少しずつ
異なっていることを発見しました。

 

また、「トウヨウミツバチ」や「セイヨウミツバチ」
の場合は、ダンスを暗い巣の中で行なっている
ことから、現在では、仲間への情報の伝達に際して
音も関与していることがわかっているそうです。
 (参照/「SCIENTIFIC AMERICAN」、酒井哲夫)

 

 

 

 

 

決定方法や、合図の出し方は?

このミツバチのダンスは、花の蜜のある場所を
教えるだけではなく、「分峰」をした後、新しい
巣を作る候補地を教える方法でもありました。

 

偵察をしてきた複数のミツバチが
それぞれにダンスをして伝えます。

 

新しい巣の場所を決定するのに、数時間から
数日かかることもあるといいますが、それは
どのように決められるのでしょうか?

 

 

 

 

また「分峰」の合図は働きバチが出しますが
(女王バチは巣別れフェロモンを放出するそう)、
「コロニーの中でどのような位置にある働きバチ」
が「いつ」「どんな方法」でこの合図を出すのか等々。

 

これらの研究をしている方がいらっしゃるのかどうか
わかりませんけれど、ミツバチってもうホント面白
すぎて、次々と興味が湧いてきてしまいますね。

 

スポンサードリンク