本来、ニンジンは白が基本

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

ニンジンは白かった!

ニンジンはオレンジ色のものだけではな、黄色、紫、金時人参の
赤い色というように様々な色があり、そのうちいくつかは
ブログでも紹介してきました。

 

私はまだ買ったことはありませんが白いニンジンもありますね。
と思っていたら、なんとニンジンは白が本来のもので
カラフルなニンジンはあとからできてきたものだそうです。

 

ニンジンの原産地は、中央アジアのアフガニスタン。
ヒンドゥークシュ(ヒンズークシ)山脈のふもとで栽培されていた
ニンジンが、東西に分かれて世界各地に伝わったといわれています。

 

アフガニスタンから西に伝わって行った「西洋系ニンジン」と
中国から東へと伝来していった「東洋系のニンジン」。
西洋系は短く太く、東洋系は細長いのが特徴です。

 

 

          短くて太めの西洋系ニンジン

 

 

 

西洋系と東洋系

現在、多く普及しているのは西洋系のニンジンで、おおよその長さで
ある、三寸ニンジンや五寸ニンジンという名前がつけられています。
(五寸は15.2cm。五寸ニンジンは15〜20cmの大きさのものが多い)

 

一方、東洋系といわれるニンジンは、西洋系の
コロッとした形とは異なって細長いのが特徴です。
京都の「金時人参(京人参)」や沖縄の「島ニンジン」が有名。

 

鮮やかな赤い色が好まれ、お正月のお料理などに
よく使われる「金時人参」ですが、栽培が難しさから
生産量が少なく、あまり出回っていません。

 

 

        細くて長い東洋系ニンジン「金時人参」

 

 

 

オランダでオレンジ色のニンジンが誕生

古代ギリシャではニンジンは薬用として栽培されていました。
現在、もっとも多く見られる円錐形のニンジンは、
10世紀頃に、現在のトルコ西部あたりで誕生したと考えられています。

 

12〜15世紀頃、ニンジンはヨーロッパに広がってゆきました。
その時のニンジンの色は、白や黄色、紫色とはいうものの、当時の
ニンジンは現在のような鮮やかな色ではなく、くすんだ色合いでした。

 

17〜18世紀になると、鮮やかなオレンジ色の
ニンジンが、オランダで作り出されたのです。

 

 

      オランダで誕生した「オレンジ色」のニンジン

 

 

 

江戸時代後期からは西洋ニンジンが主流

東洋系のニンジンの方は、12〜13世紀頃に中国に
伝わって改良されたものが、日本に伝わってきました。

 

伝来した時期については、はっきりとはわかっていないようですが
「新刊多識編」(1631年)に「胡蘿蔔(セリニンジン)」の記載が
あることから、それ以前には伝わっていたものと考えられています。

 

ニンジンはセリ科の野菜ですので「胡蘿蔔(こらふ・セリニンジン)」
と呼ばれていたと思われますが、この名前からもわかるように
当時は、葉っぱと根菜部の両方を食用としていたようです。

 

江戸時代に栽培されていた品種は、主に東洋系ニンジンでしたが
栽培が難しいという事情から、江戸後期になると
西洋系のものに取って代わられるようになりました。

 

現在と同じような西洋系のニンジンを栽培するようになった
明治時代以降は、葉は食べずに根の部分のみを食べるようになります。

 

 

 

 

 

「胡蘿蔔」の「蘿蔔」=「すずしろ(大根)」

ニンジンを英語でいうと「Carrot」、フランス語では「Carotte」。
ドイツ語は「Karotte」と「 C」が「K」になっているだけで
こちらもほぼ同じで、ラテン語の「carota」からきている言葉です。

 

中国では当然のことながらガラッと変わって「胡羅蔔(コロボウ)」。
「胡」は「異国の」を意味し、「羅蔔」は「大根」ですので
「異国の大根」という意味になります。

 

日本では先ほども記した通り、ニンジンは「胡蘿蔔(セリニンジン)」
と呼ばれていましたが、振り仮名がなければ読むことはおろか
書くことも到底できないと思われる難しい字、「蘿蔔」とは何でしょう?

 

 

 

 

「蘿蔔」と書いて、「すずしろ」と読むそうです。
「すずしろ」とは「春の七草」にもうたわれている大根の昔の呼び名。
「すずしろ」は、「蘿蔔」以外に「清白」とも書くそうです。

 

「せり なずな おぎょう はこべら ほとけのざ
             すずな すずしろ これぞななくさ」

 

「胡」は「胡瓜」や「胡弓」というように中国を指し、そこからからきた
「蘿蔔(すずしろ)」ですので「胡からきた大根」。
でも振り仮名が「セリニンジン」ですので、かなりの意訳ですね。

 

胡蘿蔔セリニンジン)」の
見かけは__「胡蘿蔔」(「」の「蘿蔔(大根)」)
実際は___「セリニンジン」(「セリ」の「ニンジン」)
ということを表しているなのでしょうか?

 

 

 

 

 

「ニンジン」といえば「朝鮮人参」

日本に入ってきた当時のニンジンの呼び名は、何とも
ややこしいものでしたが、実はニンジンの名前については
もう一つややこしいことがあります。

 

「ニンジン」という名前自体、本当は「胡蘿蔔(セリニンジン)」
のものではなく、本来は別の植物の名前だったのです。

 

「チョウセンニンジン(朝鮮人参)」「コウライニンジン(高麗人参)」
という言葉を聞いたことがあると思いますが、中国や朝鮮半島で古くから
薬草として知られていたものが日本でいう本来の「ニンジン」でした。

 

 

       日本で最初にニンジンと呼ばれていた「朝鮮人参」

 

 

「朝鮮人参」の「人参」という名前の由来は、根の部分が
人の形のように見えることからつけられたといいます。

 

後から日本に入ってきた「胡蘿蔔(セリニンジン)」が
この朝鮮人参の根の部分と似ていたことから、セリ科のニンジン
「胡蘿蔔(セリニンジン)」と呼ぶようになりました。

 

なお、生薬の「朝鮮人参」はウコギ科であるのに対して
「胡蘿蔔(セリニンジン)」の方はセリ科です。

 

 

 

庇を借りて……

江戸後期から栽培されるようになった野菜の「ニンジン」は、最初は
「胡蘿蔔(セリニンジン)」と呼ばれていたものの、「セリ」が取れて
いつの間にか「ニンジン」とのみ呼ばれるようになったのです。

 

 _____________________________

 

 

 

 

 

 

 


「ニンジン」
と呼称していた生薬

    ↓              後から入ってきた野菜
                  ニンジンに似ていたので
    ↓           「セリニンジン(胡蘿蔔)」と呼ぶ
                         ↓

 「朝鮮」をつけ             「セリ」が取れ

    ↓                   ↓

  「朝鮮人参」             「ニンジン」

 

 

 

 

 

 

 

 

 ____________________________

 

という感じで、庇を借りて母屋を乗っ取るではありませんが
(例え方、間違っている?)、現在では「ニンジン」といえば薬草の方
ではなく、野菜として食べる「ニンジン」を指すようになりました。

 

 

 

時々生えてくる白いニンジン

現在、白以外のニンジンの種を撒くと、1袋に1本ほどは
白いニンジンができることがあるそうです。
その理由についてタネの販売元「タキイ種苗」では

 

「販売しているニンジンの種は南米のチリで採取しているが、
野生の白いニンジンの花粉が飛んできて受粉してしまい、
結果的に我が社が販売する種の中に交じってしまうことがある。
色は違いますが、普通に食べられます」と説明しています。

 

また中には、先祖返りの突然変異で白いニンジンができるのではないか
という方もいらっしゃいますが、どちらの理由にしろ、ニンジンの
原種は白だった、ということが感じられる興味深いお話ですね。

 

スポンサードリンク




「白いニンジン」に見えるけど違う野菜 「パースニップ」と「ルートパセリ」

「あぷりお茶会」へようこそ!

 

 

 

別名がややこしい「パースニップ」

(今日は前回の「パースニップ」のおまけ(?)の記事です。
今日の分を前回にプラスすると、あまりにも長くなってしまうので……)

 

「パースニップ」はアメリカ国立がん研究所が発表したがん予防効果の
ある植物性食品のトップクラスに位置しているということでしたが、

 

「パースニップ」という名前以外にも「オランダボウフウ」、
「清正ニンジン」、「白ニンジン」、「アメリカボウフウ」、
「砂糖ニンジン」等いろいろな別名があるそうです。

 

私はまだ日本で、「パースニップ」に出会ったことはないのですが
もし、日本のスーパーマーケットでパースニップを
「白ニンジン」と称して売っていたら迷ってしまうかもしれません。

 

本当の「白ニンジン」なのか、
あるいはパースニップを、別名の「白ニンジン」と
呼んでいるのか、どちらかわかりませんものね。

 

 

              こちらは本当の「白ニンジン」

 

 

ちなみにこちらが本当の「白ニンジン」です。
ちょっと見ると大根のようにも見えますが、葉っぱは確かにニンジン。

 

以前、ブログでも取り上げましたがニンジンはいろいろな色があります。
普通のオレンジ色以外に、黄色、紫色、そして白。

 

「京人参」ともいわれる「金時人参」はオレンジ色
というよりは、もう少し赤に近い色ですね。

 

 

            いろいろな色のニンジン

 

 

 

「白ニンジン」に似てる「ルートパセリ」

そういえば以前、ハンガリアングラーシュなどに入れる野菜として
「パセリの根(ルートパセリ Petersilienwurzel  ←  読み方がわからず)」
という、やはり白いニンジンに似ているお野菜をご覧いただきました。

 

それが次の写真ですが、これはパセリの根
(ルートパセリ)なのだそうです。

土の上に出ている葉っぱ部分も、もちろん食べられますが
地下のこの根菜部を煮込み料理などに使用します。

 

 

  「ルートパセリ(パセリの根 Petersilienwurzel)」(上下とも)

 

 

他の国にもあるのでしょうが、私はこの「Petersilienwurzel」という
パセリの根はドイツに暮らしている方のブログで知りました。

 

見かけは「パースニップ」にそっくりですが
それもそもはず「パースニップ」の仲間だそう。

 

ただしこちらは、セロリ風の香りと甘みがある「パースニップ」
とは違って。苦味があって匂いもきつい野菜だとのことです。

 

 

           「パースニップ( Parsnip)」

 

 

 

「パースニップ」と「ルートパセリ」の違い

味や香りは異なっていても、外見はこんなにそっくりな
「パースニップ」と「ルートパセリ」ですが
両者の一番の違いといえばサイズだそう。

 

「ルートパセリ」の根菜部分の直径は
約3〜5センチで長さは20センチほどであるのに対して
「パースニップ」はその2倍ほどの長さがあるということです。

 

上の写真の一番上にある「パースニップ」は確かに結構、長さがありそう
ですが、小さい方の「パースニップ」は「ルートパセリ」とさほど
違わないような気もしますので、やはり見慣れていないと難しいかも。

 

 


 

 

 

二つを使って作るスープは美味しい

日本のスーパーマーケットで両方のお野菜が、普通に
手に入れられるようになって、どちらがどちらか
わからなかったら、思い切って二つとも買ってしまいましょう。

 

「パースニップ」はベビーフードなどによく使われる野菜ですし、
「パースニップ」と「ルートパセリ」は一緒にスープを作っても
とても美味しいそうですから。

 

しかも「ルートパセリ」は、洗わない状態のままで数ヶ月も
保存することができるということですので、あまっても安心。

 

とまあ、今日は現代の日本ではあまりというか、ほとんど
役に立たないかもしれない情報ではありましたが、どうかお許しを。

 

スポンサードリンク




「パースニップ」 パースニップは英語圏で人気の野菜

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

 

 

「デザイナーズフーズ」とは?

1990年、アメリカ国立がん研究所(National  Cancer  Institute)を中心に
「デザイナーズフーズ・プログラム」という計画が発表されました。

 

これは「抗がん剤」「放射線」「手術」の三大療法に頼らずに
ガン発症を抑える成分をもつ植物性食品(デザイナーズフーズ=
設計食品)を積極的に摂る栄養療法を目指したものです。

 

約40種類の食品を、ピラミッド方式でまとめたリストは
上に位置するものほど、ガン予防の効果は高いとされています。

 

その第一段階に位置しているのが
ニンニク、キャベツ、ショウガ、大豆、甘草、
ニンジン、セロリとパースニップなのです。

 

 

 1990年 アメリカ国立がん研究所 発表
がん予防効果が期待される「デザイナーズフーズ」
「パースニップ」は最上階に入れられています

 

 

 

「パースニップ」って?

このピラミッドリストの最上階にあるほとんどの
ものは日本人にもお馴染みの野菜ですが
唯一、パースニップというのはあまり聞きませんよね?

 

下の写真をご覧いただければお分かりだと思いますが
「パースニップ」は一見すると白いニンジンの
ようにも見え、ニンジンと同じセリ科の根菜です。

 

セリ科 アメリカボウフウ属の二年草植物で、
別名は「オランダボウフウ」、「清正ニンジン」、
「白ニンジン」、「アメリカボウフウ」、「砂糖ニンジン」など。

 

「パースニップ(Parsnip)」は英語の表記で
フランス語は「Panais(パネ)」、
イタリア語ですと「Pastinaca(パスティナーカ)」。

 

 

            パースニップ(Parsnip)

 

 

 

抗酸化作用にガン予防効果も

原産地はヨーロッパといわれ、古代ギリシャの時代から
地中海周辺で作られていたパースニップは
整腸作用や利尿作用をもつ薬草としても重宝されていました。

 

17世紀頃からイギリスやアメリカ大陸へと普及した
パースニップは、抗酸化ビタミンとして有名なビタミンC  、
ビタミンEを多く含み、高い抗酸化作用をもつことでも有名です。

 

糖質の代謝を助け、疲労回復に役立つビタミンB1や、
新陳代謝を促進し、皮膚や粘膜に欠かせないビタミンB2,、
脳神経の正常な働きに作用するナイアシン、

 

赤血球を作り出すのに必要なビタミンの葉酸などを含み、
特に近年は生活習慣病やガンを予防する効果が高いと評判の野菜です。

 

 

 

 

 

英語圏の国で人気

収穫時期は秋から早春で、夏は高温と乾燥で硬くなって食べられません。
貯蔵性にも優れていて低温貯蔵や、土に埋めて保存することもできます。
その上、土に埋めて保存している間に糖度も増す、といいことづくめ。

 

50センチほどの長さのニンジンという感じのパースニップは
ショ糖を含むために加熱することによりさらに甘さが増し
煮込み料理やスープ、グリル料理などに適しています。

 

少しの苦味と香りをもち、カブとお芋の間のような食感で
熱を加えるとお芋のようにホクホクになる。
主にイギリスなどの英語圏でよく使われる野菜です。

 

 

 

 

 

あの時の野菜はパースニップだったかも!!

と書いてきて今、フッと思ったことがあります。
昨年末に今はもういない、うさぎのももちのことを書きました。
「お城で渡されたカード うさぎからのメッセージ6」

 

以前イギリスで、お友達の夫、Pさんが作ってくれたクリスマスの
ターキーに添えられていたお野菜が、私はとても気に入りました。
名前を教えてもらったのですが、忘れてしまって残念と書いたのです。

 

あれはひょっとしたら、パースニップだったのではないでしょうか?
白いニンジンのような形で、味は少し甘いお芋系。
調べてみると、パースニップはターキーにも添えると書かれています。

 

 

 

 

 

「筋っぽくて美味しくない…」?

調べている時に、北海道でパースニップを食べた方の感想がありましたが
その方によりますと、一言で言うと「美味しくない」とのこと。
セロリ風の香りと、中心部が筋っぽかったことが気になったそうです。

 

調理をした時期が6月のようで、先ほどの「収穫の時期は秋から早春で、
夏は高温と乾燥で硬くなって食べられません」との情報によれば
食するには適さない時期のパースニップだった可能性もありますね。

 

ただ、そういうこととは別に「好きではない」と書いている方もいます。
特に子どもに人気がないようでもありますので、もしかしたら
独特の香り等、好き嫌いが分かれる野菜なのかもしれません。

 

 

 

 

 

オーストラリア

私はいつか絶対に手に入れるつもりですが、残念ながら今は手元に
ありませんので(5キロで送料込みだと15,000円もするの!)
ネットでパースニップ料理を見てみましょうか。

 

「主にイギリスなどの英語圏でよく使われる」ということで、イギリス
にお住いの方の情報が多いようですが、まず最初はオーストラリアから。

 

オーストラリアのスーパーでは、スープ用の野菜がセットされた
「スープパック」なるものが売られているそうですが
その中に入っていたものがこちらの写真のお野菜だそう。

 

 

        オーストラリア「vegeflulifeのブログ」

 

 

一番右にある2本が「パースニップ」。
そのお隣のベージュっぽいコロッとしたものは
「tumip」という株だそうで、中身が黄色だとか。

 

というか、その下の緑色のものも私にはわからず
結局わかったのは、左のオレンジ色のニンジンのみ。
う〜ん、やっぱり所変われば品変わるですね。

 

次もオーストラリアのシドニーから。
名前の通りにいろいろな野菜をオーブンで焼いたものです。
これ一番気に入っちゃいました。すっごく食べたいです!

 

 

    「いろんな野菜のロースト」(写真/「犬とご飯と雑貨。」)

 

 

 

イギリス

イギリス在住の日本人女性のブログ(「ろっきぃのえーもん字引」
には、日本では1本が500円ほどのパースニップも
イギリスでは50円とお手頃価格との説明がありました。

 

ニンジンやゴボウの感覚で、最初はお味噌汁の具にしたそうです。
切った時に硬い手応えを感じたので、長時間茹でたら煮崩れてしまい
パースニップがかけらとなってお味噌汁に浮かんでいたとか。

 

加熱するとサツマイモのように甘く、カブのように柔らかくなる
「パースニップ(parsnip)」、カブは英語で「ターニップ(turnip)」。
似ているのがよくわかるような気がしたと書いていらっしゃいました。

 

次に、ニンジンとセロリと一緒にパースニップきんぴらに挑戦。
火を通しすぎないように作ったところ大成功で定番となっているとか。

 

パースニップを調理する時の注意点
「加熱でお芋のようにホクホクになるが、火を通し過ぎない方がいい」

 

 

  「栄養たっぷりのパースニップケーキ」(写真/「レシピブログ」)

 

 

 

お菓子にも

熱を通すとサツマイモのように甘くてホクホクになるということは
ケーキに入れてもOKということで、イギリスにお住いの
tkさんは「栄養たっぷりのパースニップケーキ」を作りました。

 

材料もパースニップ以外は、小麦粉、砂糖、バター、卵と素朴で
飽きのこない、いつでも美味しいケーキというような感じがします。

 

また、同じくイギリスに暮らす日本女性、akokvさんの
「ロンドンの食卓」というブログにはこんなことが書かれていました。

 

 

 

 

 

フランスでは「忘れ去られた野菜」?

レストランでメニューを見た時に、akokvさんの
夫の母は、こんなことを言ったそうです。

 

「パースニップですって。
レギュム・ウブリエ(忘れさられた野菜)なんて久しぶりに見かけるわ」

 

akokvさんの夫がイギリス人なのか、フランス人なのか、
あるいはフランスで暮らしているイギリス人なのかはわかりませんが。

 

とにかくフランスでは、忘れ去られた野菜を「古い野菜たち
(レギュム・アンシャン)」といい、何十年、あるいは何世紀も前には
よく食べられていたものの最近では食べない野菜のことをいうのだそう。

 

 

 1990年 アメリカ国立がん研究所 発表
がん予防効果が期待される「デザイナーズフーズ」

 

 

パースニップの他にフランスで「忘れ去られた野菜」といえば
これも日本人には馴染みのないものですがルタバカ、
ゴボウ、キクイモなどを指すようです。

 

イギリスでは完全に現役で、どのスーパーマーケットに行っても
見かける野菜と、akokvさんは書いていらっしゃいますが
フランスではパースニップは「忘れ去られた野菜」なのですね。

 

アメリカで「デザイナーズフーズ」として、ガン予防に
優れた効果を持つ野菜として脚光を浴びていると知ったら
フランスでも「思い出された野菜」になるのでしょうか?

 

スポンサードリンク