渋谷区では「渋谷川」 天現寺橋から先の港区では「古川」 古川の橋3

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

160729tengenjibasi

 

 

ニュー山王ホテルの前の「狸橋」

前回は、麻布には大使館に限らず各国の施設が多く存在している
ことの一つの例としてニュー山王ホテルを御覧いただきました。
といってももちろん外見だけですが、中には入れませんので。

 

160602thenewsanno            ニュー山王ホテル

 

 

ニュー山王ホテルは明治通りに面している建物ですが
その明治通り沿いには、港区唯一の川である古川が流れています。

 

古川に架かっている橋の一つがニュー山王ホテルの
すぐ前にあるのですが、その橋の名前は「狸橋」。

 

 

160729tanukibasi      ニュー山王ホテルの前に架かっている「狸橋」

 

 

この写真の手前側、ニュー山王ホテルや明治通りがあるのは
港区南麻布4丁目13番で、「狸橋」を渡った先は港区白金5丁目1番、

 

長さは17,1メートルで、幅は4,7メートルです。
白金の方には、北里大学や北里大学研究所病院などがあります。

 

 

 

「天現橋」

そのあたりの地図を拡大してみました。
(未だに地図に日本を書き込むことができないので、アルフェベット
でごめんなさい。全く自己流でGIMPを使っているもので……)

 

 

hurukawanohasi    Aが「天現寺箸」、Bが「狸橋」(地図/googlemapに加筆)

 

 

中央に「THE NEW SANNO」と書いてあるのがニュー山王ホテル、
その右に「FRENCH EMBASSY」というのがフランス大使館。
そしてニュー山王ホテルの前に見える(B)が「狸橋」です。

 

 

160602huransutaisikan            フランス大使館

 

 

「狸橋」のある場所から、明治通りをもう少し西(地図では左)に
行きますと、上下(北南)に走っている外苑西通りと交差します。

 

そこで古川に架かっている橋(A)は「天現橋」
という名前で、交差点は天現寺交差点と呼ばれています。

 

 

 

「天現寺橋」から西(左)は渋谷区広尾

古川に架かっている橋としては以前、ヒュースケンが
暗殺された「中の橋」と、東京タワーのそばにある
「赤羽橋」の御紹介をしたことがありましたね。

 

 

160602nakanohashi            東麻布にある「中の橋」

 

 

「中の橋’(r)」や「赤羽橋(s)」は麻布の東端で住所は東麻布。
古川はそこから港区芝に入り、芝公園や浜離宮恩賜庭園(はまりきゅう
おんしていえん)の側を通り浜松町で東京湾に注いでいます。

 

 

hurukawanikakaruhasi渋谷|〜〜〜〜〜〜 ↑ 南麻布 〜〜〜〜〜↑ 古川から上のみ東麻布

 

 

今日の「天現寺橋」や「狸橋」は、それらとは反対側の端、
南麻布にある橋ですが、天現寺交差点から先(左)は広尾です。

 

「赤羽橋」の隣りの芝は同じ港区でしたが、今日の「天現寺橋」
のお隣は渋谷区広尾ですので、区の端でもあるのですね。

 

 

160602akabanebasi         麻布の東のはじにある「赤羽橋」

 

 

 

「渋谷川(渋谷区)」→「古川(港区)」

「天現寺橋」を越すと住所は港区南麻布4丁目から
渋谷区広尾5丁目へと移ります。

 

ただし正確にいいますと、「天現寺橋」を境にというのは
間違っていて、「天現寺橋」があるのは渋谷区。
「天現寺橋」と「狸橋」の間に渋谷区と港区の境界があるからです。

 

住所が変わるとともに「古川」という川の名前自体も変わり
「天現寺橋」から上流では「渋谷川」と呼ばれています。

 

渋谷川は東京都渋谷区の宮益橋から「天現寺橋」までの
2.6キロメートル、古川は「天現寺橋」から浜崎橋先の河口
までの4.4キロメートルを流れる川で、共に二級河川。

 

 

160729tengenjikousaten      天現寺交差点 港区側から渋谷区を見たところ

 

 

 

1653年、玉川上水が完成

古くからあったので古川という名前で呼ばれ、水源は新宿御苑の
湧水でしたが、さほど水量の多い川ではなかったといいます。

 

1653年に玉川上水が完成し、現在の新宿御苑を経て渋谷川へ流れるよう
になると、水量が増えて水車を掛けることができるようになりました。
その様子を描いたのが葛飾北斎の富岳三十六景『隠田の水車』。

 

「隠田」とは現在の渋谷区神宮前付近の古い地名のことだそうです。
今から150年ほど前に描かれたということですが、200年足らずで
風景というのはこんなにも変わってしまうものなのですね。

 

そういえば、これより少し地代は後になりますが
福沢諭吉も「狸橋」の近くに水車をもっていたとか。

 

 

sibu-hokusai-e_thumb   葛飾北斎 富岳三十六景『隠田の水車』(「写真が語る沿線」
 

童謡『森の水車』の舞台

北斎の絵は『隠田の水車』ですが『森の水車』という童謡がありますね。
♬「コトコトコットン コトコトコットン」という水車の廻る音が
特徴的にリズミカルに使われているあの歌です。

 

緑の森の 彼方から  陽気な唄が 聞こえましょう
あれは水車の 廻る音  耳を澄まして お聞きなさい
コトコトコットン コトコトコットン ファミレドシドレミファ
コトコトコットン コトコトコットン 仕事に励みましょう
コトコトコットン コトコトコットン
いつの日か 楽しい春がやってくる
*            (作詞 清水みのる  作曲 米山正夫)

 

この童謡は、1941(昭和16)年につくられましたが
この童謡の舞台となったのが渋谷川の水車だったそうです。

 

 

140420honzan

 

小学校唱歌『春の小川』も?

それだけではなく有名な小学校唱歌『春の小川』の舞台も
渋谷川と宇田川が合流する地点の代々木だといわれています。
一方、作詞をした高野辰之の故郷である長野県説もあるようですので
「故郷の長野を想いながら代々木で作った」というのはどうでしょう?

 

こちらは1912年に発表され、作詞は高野辰之、作曲は岡野貞一
ということですが、発表当時は作者の名は伏せられていました。

 

どこが舞台かは別として驚いたのは、私たちの知っている
歌詞が、発表された当時とは違っていたこと。

 

 

141015ringoshuyou

 

 

 

『春の小川』の歌詞は3パターンあった!

上の段が発表当時の1912年の歌詞で、真ん中は1942年度版、
そして下の段は1947年版ですが、異なる部分をピンク色で表示。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

春の小川はさらさら流る  岸のすみれやれんげの花に
春の小川はさらさら行くよ 岸のすみれやれんげの花に
春の小川はさらさら行くよ 岸のすみれやれんげの花に

 

にほひめでたく色うつくしく 咲けよ咲けよとささやく如く(1912)
すがたやさしく色うつくしく 咲いてゐるねとささやきながら(1942)
すがたやさしく色うつくしく 咲けよ咲けよとささやきながら(1947)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

最初の歌詞は当時では普通の言葉だったのかもしれませんが
現代から見ますと格調高く感じられて素敵ですね。

 

渋谷川の名前が港区に入ると古川に変わるように
『春の小川』の歌詞も変わっているようです。

 

 

 

麻布七不思議の一つから命名?

渋谷川でちょっと寄り道をしてしまいましたので古川に戻りましょう。
「狸橋」(B)は、1978(昭和53)年9月に出来た橋
ということなのですが、かなり新しく感じられます。

 

色も形も古川に架かっている他の橋に比べてシンプルで
モダン、そして一番新しく出来たような気もするほどですが。

 

 

160729tanukibasi渋谷川(渋谷区)から古川(港区)
になって最初の橋が「狸橋」

 

 

「狸橋」という名前の由来が、橋のたもとの碑に書いてありました。

 

「むかし、橋の東西にそば屋があって子どもを背負い
手ぬぐいをかぶったおかみさんにそばを売ると、
そのお金が、
翌朝は木の葉になったといいます。
麻布七ふしぎの一つで、狸そばと呼んだのが、
地名から橋の名になりました。

ほかに、江戸城中で討たれた狸の塚があったからともいっています。」

 

 

160629nagasakasarasina      現在は狸蕎麦はありませんので、イメージね

 

 

 

たぬきも福沢諭吉も大好き「狸蕎麦」

明治になりますと、この狸蕎麦にしばしば顔を見せるようになったのが
福沢諭吉で、彼はこの地を愛で「狸橋」の南側一帯の土地を購入。
それが現在の北里研究所や慶応義塾幼稚舎に繋がっています。

 

ところで先ほどの「狸橋」の名前の由来ですが
「子どもを背負い手ぬぐいをかぶったおかみさん」
というあたりが、私には何ともおもしろく感じられます。

 

もし現代にたぬきが「子どもを背負って手ぬぐいをかぶった
おかみさん」に化けてきたら、かなり目だってしまうでしょう。

 

その当時はそれが、子どもを育てている女の人の普通の姿
だったということが、何ともやさしく美しく感じられます。
今だったらたぬきは、どんな格好で現れるのかな?

 

スポンサードリンク




「つばき」と「さざんか」 「椿」赤坂「青野」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

121230tuba

 

 

赤坂「青野」の「椿」、2月バージョン

今日のお菓子は赤坂「青野」の「椿」。
赤坂「青野」は、1月と2月に「つばき」のお菓子がでますが
今日の写真は2月バージョンの「つばき」です。

 

1月と2月の「つばき」を作り分けるとは
なんとも繊細な美意識ですね。

 

そういえば桜も「つぼみ」「満開」「八重桜」と
作り分けていましたし、紅葉もそうでした。

 

こんなふうに美しいものに優しい眼差しを注ぎ
心を込めて細やかに作り出される和菓子は素敵ですね。

 

 

130101tubakiuka            白い「椿(つばき)」

 

 

 

椿の季語は冬

赤坂「青野」の「椿」が1月、2月のお菓子として紹介されて
いることからもおわかりのように「つばき」は春の季語。

 

本来は日本では季節は次のようになっています。

 

1月2月3月 4月5月6月 7月8月9月 10月11月12月
                

 

「椿」という字からして、木偏に旁(つくり)が春。
「椿」は日本で作られた国字です。

 

このような字の作り方は遊び心さえ感じられて、なぞなぞみたい。
この方法で国字ならぬ「私字」も創作できるかも。

 

 

 

中国で「椿」というと「山茶」のこと

「椿」という字は国字とされていますが
中国でも「椿」という文字はあるそう。

 

ですが中国で「椿」という字が示す植物は、今日御紹介の
「つばき」ではなく「山茶」を指すのだとか。

 

「山茶」といったら日本では「山茶花(さざんか)」のこと
ですので、なにやらこんがらがってしまいますね。

 

 

sazanka     「山茶花(さざんか)」(写真/「私の花図鑑」

 

 

 

「つばき」と「さざんか」

ここで「山茶花(さざんか)」が出てきましたが
「つばき」と「さざんか」の花はよく似ているといわれます。
両方とも、ツバキ科ツバキ属ですので似ていて当然ですが。

 

先ほど、木偏に春と書く「つばき」が春の季語
と申しましたが、一方「さざんか」の季語は冬。

 

種類によって時期が異なるものもあるそうですが大まかにいって
「さざんか」は10月〜12月が花の時期で
「つばき」は、12月〜4月に咲くということです。

 

 

140316higasinaha450         「椿(つばき)」と水仙の干菓子

 

 

 

落ちる「つばき」に散る「さざんか」

「つばき」と「さざんか」の違いはいくつもあるようですが
なんといってもわかりやすいのは「つばき」が落ちる時は
花びらが別々に散るのではなく、一つの花ごとポトッと落ちること。

 

江戸時代には「つばき」の花が落ちる様を、首が落ちる
斬首を連想して縁起が悪いなどともいいました。

 

そういえば前に松月」の餡に使うあずきの話もそうでしたね。
大粒のあずきの大納言は、煮た時に皮が破れるという「腹切れ」が
ないので、切腹のない公卿の官位である「大納言」と名づけられたと。

 

 

150717siratamazenzaishougetu     大納言が使われている「松月」の白玉ぜんざい

 

 

また、うなぎの蒲焼きも同様で、お腹を切らずに背開きに
するのも(関西では腹開きだそうですが)腹開きが切腹を
連想されるからに他なりません。

 

武士にとっては斬首、切腹ということは常に背中合わせ。
覚悟を秘めながら日々を生きていたのかもしれません。

 

花全体がぽとっと落ちる「つばき」とは違い
「さざんか」は、一ひらずつ花びらが散って行きます。

 

このように「つばき」は落ちて、「さざんか」や桜は散って行き
牡丹はくずれて梅はこぼれる、との言い換えも美しいですね。

 

 

blog_import_51536863b4556      白い椿「(つばき)」の花と虫食いの葉っぱ

 

 

 

花のかたちや開く様

その他の違いとしては花が咲いた時の横からのかたちは
「つばき」は次の写真のように「V」に近いですが
「さざんか」は「—」と、横に手を広げたように花が開きます。

 

 

130312tubaki 花のかたちが「V」字型の椿(つばき)」
(赤坂の本氷川坂に咲いていた薄紅色の「つばき」)

 

 

おしべの形状も異なり、「つばき」のおしべは筒状ですが
「さざんか」のそれは筒状ではなく、放射状(?)です。

 

次の写真はちょっと小さいのですが、「つばき」の
おしべが筒状になっているのが御覧になれるでしょうか?

 

 

140228tubaki   赤坂サカスの隣りのビルに咲いていた赤い「椿(つばき)」

 

 

赤坂「青野」の上生菓子の「つばき」も
おしべの形を正確に表現していますね。

 

 

121230tuba         「椿(つばき)」 赤坂「青野」

 

 

これら以外には、葉のふちがギザギザ(鋸葉)しているのが
「さざんか」で、ギザギザがなくつるっと直線になっている
のは「つばき」とよくいわれますが、そうでもないようです。

 

また、葉脈を太陽に透かしてみて白いと「つばき」、
黒ければ「さざんか」ともいわれますが、これも違うよう。

 

例えば、寒椿という名前からもわかるように、春ではなく
冬に咲く「つばき」は、先ほど挙げた「つばき」の特徴である
筒状のおしべもなく、花はV字に開かずに平に開きます。

 

こちらは今日の夕方、麻布で撮った「つばき」ですが
「V」ではなく、平たい「—」の形に咲いています。

 

 

160219akaitubaki      平たい形に咲いている「椿(つばき)」(麻布)

 

 

というようにいくつもの例外があるようですが
「つばき」と「さざんか」の違いはこのようにいわれています。

 

1 花の落ち方(「花ごと」と「花びら」)
2 花の形(「V」と「—」)
3 葉のふち(「ギザギザ」と「直線」)
4 葉を太陽に透かした時の葉脈の色の違い(「白」と「黒」)

 

私自身は「さざんか」の葉よりも「つばぎ」のほうが
大きくてツヤツヤしっかりとしている気もします。

 

 

 

「椿餅」

そんなツヤツヤのしっかりした「つばき」の葉っぱ
だからこそできるのが、和菓子の「椿餅」。

 

 

               「椿餅」

 

 

今考えてみましたら何年も、いえ十年以上も
頂いていませんが「椿餅」はおいしいですね。

 

白あずきの餡を道明寺粉のお餅で包み、それを二つの
「つばき」の葉っぱで挟んで白椿の花に見立てたお菓子。

 

道明寺粉がつぶつぶしていておいしくて。
私は道明寺粉が大好きなのですが、それはまた別の機会にでも。

 

 

140316higasihana          「つばき」と水仙の干菓子

 

 

 

ベルディの『椿姫』

このように「椿」という字からして国字である「つばき」は
本当に日本的な花、という印象を私はかつて持っていました。

 

ですが、ふっと海の向こうの国々を見回しますと
それがそうでもないのですよね。

 

ヴェルディのオベラに『椿姫』というものがありますし
ファッションで有名なココ・シャネルのブランド『シャネル』は

 

「つばき」の花・カメリカをモチーフにした
ブローチなどがたくさんありますものね。

 

 

350x211_ZM9V9102_02         赤坂プリンスクラシックハウス

 

 

 

ベルディ『椿姫』

ジョゼッペ・ヴェルディの有名なオペラ『椿姫』は
1848年にアレクサンドル・デュマ・フィス(小デュマ)が
書いた小説の『椿姫』を、1853年にオペラ化したものです。

 

ディマの小説の題名は『椿姫(La Dame aux camelias)』、
「椿の花の貴婦人」というもの。

 

一方、日本ではオペラの方もディマの小説と同じように
『椿姫』と呼びますが、ヴェルディが作った
オペラとしての題名は『ラ・トラヴィアータ』です。

 

「ラ・トラヴィアータ(La traviata)」とは
「道を踏み外した女」という意味。

 

 

akasaka3          赤坂プリンスクラシックハウス

 

 

数十年間前、私が海外で初めて見たオペラが
この「ラ・トラヴィアータ」でした。

 

オペラに招待していただいた夜は、旅に連れて行って
下さった先生と私達3人は旅の疲れが出ていた日。
これは寝てしまうね、と残念に思っていたものです。

 

そこで寝てしまうのはしょうがないけど
「いびきをかいたら起きている人が起こそう」

 

そんな約束をしながら見始めた『椿姫(ラ・トラヴィアータ)』
でしたが、幕が開いた瞬間、みんな舞台に目が釘付けになりました。

 

さほどオペラが好きというわけでもなく、また詳しくもない私が
眠たいどころか息をするのも忘れるほど。
初めて見たウイーンのオペラに心を奪われてしまったのです。

 

 

160219sirotubaki          白い「椿(つばき)」(麻布)

 

 

 

「つばき」をつけているけどビオレッタ(すみれ)

その時に『ラ・トラヴィアータ』が「道を踏み外した女」という
意味を持つということを知り、深く心に残りました。

 

今、これを書くためにネットで検索してみましたら
「ラ・トラヴィアータ」は「堕落した女」と訳されていました。

 

「道を踏み外した女」は直訳だと説明されていて、それはその通り
なのでしょうが、私には「堕落した女」より「道を踏み外した女」
の方が、美しい題名のようにも思えますが、いかがでしょう?

 

一月のうち25日を白い「つばき」の花、後の5日を赤い「つばき」
をつけていたということから「椿姫」と呼ばれていた主人公。
とはいえ主人公の名は、オペラでは「ビオレッタ(すみれ)」。

 

 

130504bach

 

 

 

『道を踏み外した女』

オペラの「道を踏み外した女」あるいは「堕落した女」
といわれる主人公は、19世紀中頃にパリで暮らしていた
実在の高級娼婦がモデルといわれています。

 

ウィーンで初めて『椿姫』を見た時に
『ラ・トラヴィアータ(道を踏み外した女)』というタイトルに
なぜか他人事とは思えない不思議な思いを私は抱きました。

 

私はその時は(!)、何一つ道を踏み外してはいなかったのに。
そしてその日以来、『ラ・トラヴィアータ』という言葉は
私の心の中に住みつくことになったのです。

 

スポンサードリンク




「およげ!たいやきくん」 たいやき「浪花家総本店」麻布十番

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

130421naniwayataiyakimateki

 

 

お待たせしました……

思わずそう言いたいほど遅くなってしまいましたが
やっと麻布十番は「浪花家総本店」のたいやきの登場です。

 

一昨年、2013年に同じ麻布十番の「浪花家総本店」のあんみつ
御紹介して、次はたいやきをといいつつ早2年。
(東京都港区麻布十番1-8-14 たいやきビル 03-3683-4975)

 

お店のあるビルの名前が「たいやきビル」というのがいいですね。
「浪花家」は、初代の店主、神戸清次郎さんが
大阪の出身だったことからつけた名前だそうです。

 

創業は、なんと明治42年、1909年。
「浪花家総本店」ができて百年以上とは知りませんでした!

 

 

130426naniwayaanmitu2        麻布十番「浪花家総本店」のあんみつ

 

 

 

ツイッターで流れた初代店主の死

「浪花家総本店」のたいやきは、皮がちょっと薄めです。
というせいもあってが、はじっこがパリパリと焦げていて美味しい。

 

その「浪花家総本店」の初代店主、神戸清次郎さんですが
数年前にお亡くなりになったようです。

 

「浪花家総本店」の御主人が亡くなったという情報が
ツイッターで流れていました。
神戸清次郎さんは名物御主人だったとか。

 

ツイッターでつぶやいていた皆さんは、
「もう『浪花家』の店主に会えない」ことをとても残念がっていました。

 

 

150408shabondama            麻布十番のパティオ

 

 

 

創立記念日には「浪花家総本店」のたいやきで

以前私は、麻布十番にあるNPO組織の姉妹組織(?)に
少々関わっていたことがありました。

 

その中の一つのミーティングの創立記念日には、参加者全員に
「浪花家総本店」のたいやきが振る舞われるのが恒例。

 

普段は参加しない人たちもその記念日には
こぞって出席するのだと聞いたことがあります。

 

参加者全員が一斉に「浪花家総本店」のたいやきを手に
おごそかに(?)食べ始めるのを想像するとおかしくもありますが。

 

 

130426nanwayaanmitu        麻布十番「浪花家総本店」のあんみつ

 

 

 

平日でも2000匹以上

今日の「浪花家総本店」のたいやきですが、買いに行ったものの
2、3回売り切れが続き、今回やっと手に入りました。

 

「浪花家総本店」では、平日でも2000匹以上焼くそうですが
それでも私が行った時は、既に売りきれていたほどの人気者。

 

薄いきつね色に焼き上げられたカリカリの皮と
自慢のあんの取り合わせはまさに完璧。

 

映画監督の山本嘉次郎さんをして、
「浴衣を着た粋なたいやき」と言わしめたそうです。

 

 

140408pikokku         麻布十番「ピーコックストアー」

 

 

 

古伊万里の上で跳ね踊る?

そんな「粋なたいやき」君、それでは今度は
古伊万里の染付けのお皿にのってもらいましょうか。

 

 

130421naniwayataiyaki    古伊万里の上のたいやき 麻布十番「浪花家総本店」

 

 

たいやき君は、古伊万里も似合いますね。
海の色のような藍色の上で、生きがよく見えますし。

 

そうそう、忘れるところでした。
この「浪花家総本店」のたいやきは、子門正人が歌って大ヒットをした
「およげ!たいやきくん」のモデルだそうですよ。

 

スポンサードリンク