嗅覚障害と食欲 

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

65歳以上の約半分、80歳以上の3/4に嗅覚障害

誰もが避けられない加齢ですが、加齢に
よる嗅覚障害は、視覚や聴覚に比べます
と、その変化はあまり知られていません。

 

ですが実際は、65歳以上の人の約半数、
80歳以上になりますと、約4分の3の人に
嗅覚障害が生じているといわれています。

 

本人が気づいていないことも少なくない
そうですが、これは脳の嗅覚の記憶が減少
した部分を補っているからだそうです。

 

ですのでそのような人が、脳の記憶機能が
衰えますと、においがないことをはっきり
と自覚するようになります。

 

 

 

 

 

「味と思っているもの」=「味」+「口中香」

前回のブログ「口中香   人間だけがもつ
嗅覚の2つ目のルート」
でお話ししたよう
に、食物の味は嗅覚抜きには語れません。

 

一般的に私たちが「味」と考えているものは
実は「味」+「口中香」で醸し出されるもの
で、嗅覚が大きな役割を果たしているのです。

 

 

 

 

嗅覚の衰えは食欲や栄養摂取に大きな影響
を与えて、実際、嗅覚が弱い高齢者ほど
痩せ気味で、病気気味だということです。

 

また、薬によって嗅覚障害が起きることも
知られており、降圧剤や抗ガン剤、抗生
物質により嗅覚が弱まることもあります。

 

薬の服用により、においを感じにくく
なったと思われたら、なるべく早く
主治医に相談した方がよいようです。

 

 

 

 

 

嗅覚脱失になると体重が増加する?

全てのにおいの感覚がなくなってしまう障害
に「嗅覚脱失」がありますが、嗅覚脱失にな
ると体重が増加することがあるそうです。

 

先ほどの、嗅覚障害になると痩せ
気味、病気気味になるということと
矛盾するようにも思えますが、

 

においのない食事に満足感が感じら
れずに食べ過ぎてしまい、結果として
体重が増加するというのです。

 

味覚に影響を与えている「香り」という
豊かさがなくなってしまうぶん、他のもの
「量」で補おうとするのかもしれません。

 

 

 

 

 

食事の満腹感・満足感は量と比例しない?

以前、アメリカで食事の環境により食事
量が変化するという実験報告がありました。

 

コーネル大学のブライアン・ワンシンク
教授らが、イリノイ州のファースト
フード店で行ったものです。

 

それによりますと、よりくつろいで食事
ができるよう環境を整えると、摂取カロ
リーが18%も減ったとのことでした。

 

 

 

 

その環境とは、照明と音楽を通常より
落とし、観葉植物を置き、テーブルクロ
スを使ってキャンドルを灯すというもの。

 

快適さに欠ける食事は、そのマイナス部分
を埋めるかのように、もしくは取り戻すが
如くに食物を多く摂取する傾向があります。

 

快適であればあるほど満足感があり
おのずと少ない量でも、充分に満た
された感じになるのでしょう。

 

食事をして感じる満腹感、満足感は
必ずしも摂取量と比例するものでは
ないようです。

 

 

 

 

 

人間の感覚は超繊細

人間は、空腹になると特に食物のにおい
に敏感になったり、満腹になると鈍感に
なるという傾向があるそうです。

 

また、断食中にはにおいの感度が著しく
増大したという報告もありますが、これに
関しては何と何となく想像できますね。

 

現在、加齢による嗅覚障害の治療法は
まだないようですが、毎日の食事に上手に
香料を取り入れたりする工夫も重要です。

 

特に最近は、ドイツで始められた嗅覚刺激
療法(嗅覚トレーニング)を行っている
病院もあるようですので、次回のブログ
で紹介しましょう。

 

 

スポンサードリンク




「口中香」人間だけがもつ嗅覚の2つ目のルート 

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

2つある「においの通り道」

私たち人間が、においをどのように
認識しているのかについて、ブログ
でお話をしてきました。

 

鼻から入ったにおいが嗅上皮へ行き
におい分子受容体が電気信号として
脳の嗅球に伝達することで認識する
という一連の仕組みです。

 

ところが私たち人間は、他の動物が
もつことのない、上記以外のにおい
を感じるルートがあります。

 

 

 

 

あなたがイチゴを食べようとすると
まず、なんともいえないイチゴの甘ずっぱ
いかおりが鼻から入ってきますね。

 

そしてイチゴを口に含み、イチゴが
舌からノドを通過する時に、実はもう
一度、においが鼻に戻ってくるのです。

 

(先程の図と、顔の向きが逆ですが)

右側の鼻からにおいが入り

イチゴがノドを通過する際に
左側の方で立ち上ってくる香り

のことです。

 

 

 

 

これを「レトロネーザル(口腔香気)
といい、口中香・呼気に伴う風味の感覚
で「戻り香」「あと香」とも呼ばれます。

 

一方、右側の方の一般的な嗅感覚・吸気
にともなう感覚の方は「オルソネーザル
(鼻腔香気)」、または「たち香」と
いいます。

 

 

口の中からのにおい   鼻からのにおい
____________________

レトロネーザル    オルソネーザル
  口腔香気       鼻腔香気
 あと香        たち香
* 戻り香
 口中香

 

 

 

 

 

人間にしかない理由

この2つ目のにおいルートがある理由
は、人間の体の構造からきたものです。

 

人間は、
「肺への気道」と「胃への食道」
がノドで交差しています。

 

そのため、食道に入っていく食物のにおい
が、ノドから鼻へ抜けていく空気の通りに
より、においを感じることができるのです。

 

 

(イラスト/「エルメッド」)

 

 

哺乳類は「肺から鼻」「胃から口」の管が
互いに拮抗しない構造になっていて、人間の
ように「肺から口」へのルートはありません。

 

ヒトの食道は、呼吸をしている時には閉じて
いますが、食事の際は咽頭が引き上げられて
気管と食道の間が開き、飲食物が食道を通過
しやすくします。

 

飲食物通過の際は、気道の入り口をフタ
(咽頭蓋)でふさぎ、飲食物が気管に入
るのをふせいでいるという、信じられ
ないほどの精巧なつくりになっています。

 

この複雑な構造は、人間が「うめき声」
から「言葉を話す声」を得るという独特
な進化をしたためと考えられています。

 

 

 

 

 

美味しさを感じるのは「レトロネーザル・口中香」

また、同じチョコレートであっても
鼻から嗅ぐ「オルソネーザル
(鼻腔香気)たち香」と、

 

のどごしから嗅ぐ「レトロネーザル
(口腔香気)あと香・口中香」では
脳の反応部位が異なります。

 

おいしいと感じているのは
「レトロネーザル(口腔香気)あと香
・口中香」の方だということです。

 

 

 

 

 

味と思っているもの=「味」+「口中香」

鼻をつまんで食物を食べると
「レトロネーザル(口腔香気)あと香」
がないためにおいしく感じません。
もちろん、舌での味はしていても。

 

鼻をつまんだ時に感じるもの
       - – – – – – 「味」

 

つまんだ鼻をはなした時に感じるもの
       - – – – -「口中香」

 

私たちが一般に「味」と思っているもの
は実は、舌での「味」と「口中香」
の両方を合わせたものなのです。

 

スポンサードリンク




ハトムギご飯の作り方

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

ハトムギとは?

肌をきれいにするといわれているハトムギ
(鳩麦)は、「シコクムギ」「トウムギ」
とも呼ばれるイネ科ジュズダマ属の穀物です。

 

名前にムギとついていますが、麦類より
もトウモロコシやススキに近い仲間。

 

いわゆるジュズダマと近い種類にあたり
栽培することによって生じた変種です。

 

原産地は、中国からインドシナ半島の
ベトナムにかけての熱帯アジア原産と
されています。

 

日本へ渡来したのは、奈良時代とも
江戸時代ともいわれていますが、享保
年間には薬用として栽培されていました。

 

アジアでは主食として、あるいはハト
ムギ茶などの食品として、また成分の
ヨクイニンは生薬として利用されています。

 

 

 

 

 

ハトムギの中身が「ヨクイニン」

ハトムギの実の構造は
外側からいいますと、

 

「殻  →  薄皮  →  渋皮  →  実」

となっていて、一番中の実を
「ヨクイニン」と呼びます。

 

殻は硬いため、殻をとる前の
ハトムギを煎って、ハトムギ茶
として利用されます。

 

 

 

 

 

漢方の「薏苡仁湯(ヨクイニントウ)」

また、漢方で「薏苡仁湯(ヨクイニントウ)」
という薬がありますが、これは体の水分を調整
して痛みをとる効果があるとされるものです。

 

「薏苡仁湯」は、「ヨクイニンのお茶」では
ありませんので間違えないようにしましょう。

 

ヨクイニンは、角層の新陳代謝を促す働きを
もちますので、肌のターオーバーを正常にし
肌が滑らかにすることが期待できます。

 

 

上が「玄米」
下の段、左が「小豆」で、右が「ハトムギ」

 

 

 

ハトムギご飯の作り方

炊飯用ハトムギを用意して、よく洗います。
ハトムギを水に浸けて柔らかくなったら
お米に混ぜて、圧力鍋や普通の炊飯器で
炊くだけ。

 

上の写真のハトムギは、タイ産
の株式会社恒食(こうしょく)
「炊飯用ハトムギ(精白粒)」です。

 

水加減は、お米だけを炊く時より多めに。
また、ハトムギだけを炊くのではなく、お米
にハトムギを混ぜて炊くのもオススメです。

 

 

「発酵玄米(酵素玄米・寝かせ玄米)」
ハトムギ以外に大豆と小豆も入れてあります

 

 

割合はお好みで構いませんが、お米1合に
対して最初は30g、40g  と少しずつ増やし
ていくのも、いいかもしれませんね。

 

私は最初、薬効を期待する食品ですので、
あまりおいしくないものと思っていましたが
ちょっとクセはあるものの、大丈夫でした。

 

といいましても私は以前、御紹介した酵素玄米
(寝かせ玄米)に一緒に炊き込んでいますので
ハトムギ100%のご飯は、まだ頂いた
ことはありませんが。

 

スポンサードリンク