「和種ハッカ」と「ペパーミント」と「スペアミント」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

「ハッカ」 =「ミント(Mint)」

ハッカやミントや、ペパーミントなど、言葉と
してはお馴染みのものですが、それぞれの違い
は何なのでしょう?

 

ハッカ「薄荷」は世界中で栽培されるハーブ
ですが、「ミント(Mint)」というのはハッカ
の英語ですので、ミントとハッカは同じ意味。

 

英語では「Mint(ミント)」ですが、
イタリアやスペインなどでは「Mentha(メンタ)」、
中国でも「薄荷」と書きますが、読み方は日本と
異なり「ボーフォァ」と言うそうです。

 

この「ミント」および学名・メンタは、
ギリシャ神話に登場するニンフの
「Menthe(メンテー)」に由来しています。

 

 

こちらは「セイヨウヤマハッカ」とも
いわれる「レモンバーム(メリッサ)」
やはりシソ科ですので葉が似ています

 

 

 

「スペアミント」や「ペパーミント」は洋ハッカ

ただ、「ミント」といっても「スペアミント」や
「ペパーミント」など、ガムや歯磨き粉に入って
いるものもありますが、これらは洋種ハッカです。

 

つまり日本のハッカ「和ハッカ」といわれるものも
洋種ハッカである「ペパーミント」も「スペア
ミント」も、大きな括りでは同じハッカなわけです。

 

これらは全てシソ科の植物ですので
葉っぱは、シソの葉fとよく似ていますね。

 

 

これはシソですが、ハッカはシソ科の植物です

 

 

 

スースー成分はメントール

ハッカといえばスースーするというのが
特徴ですが、このスースーは、ハッカ草に
含まれる「ハッカ油」という精油によります。

 

ハッカ油の含有量は、品種によって異なりますが
最も多く含まれているのは「和種ハッカ」です。
とはいえ含有量は1〜2%ですが。

 

ハッカ油の主成分は「メントール」、「カルボン」
で、その他100種類以上の成分を含みます。

 

これらの主成分の種類や含有量により
ハッカは大きく3種類に分けられます。

 

         メントール含有量
1 和ハッカ      65〜85%
2 ペパーミント    50〜60%
3 スペアミント      0(主成分はカルボン)

 

 

和ハッカ(ニホンハッカ)

 

 

 

1 和種ハッカ(apanesemint)

 学名 Mentha arvensis L.
 主成分 L(-)Menthol
 主原産地 インド、北米、ブラジル、
      ヨーロッパ、日本

 

和種ハッカには、「ハッカ脳」と呼ばれる主成分が
65〜85%と、ハッカ草の中では最も多く含まれます。

 

 

「ハッカ脳(メンソールクリスタル)」

 

 

本来、和種ハッカにはペパーミントに含まれて
いるメントフランは含まれていないのですが、
各国の新種改良により、メントフランを含む
ものもできているということです。

 

ペパーミントの精油と比べると、和ハッカは鋭く
甘さがない、すっきりとした香りが特徴です。

 

洋種のハッカが、オイルを加工品の原料として使う
のに対し、和種ハッカは主としてハッカ脳を析出
するのが目的でしたが、メントールを多く含むため
副産物としてのハッカ油も生成することができます。

 

和種ハッカ油は、常温放置でも(特に10度以下)
結晶化しやすい性質をもちます。

 

 

ペパーミント

 

 

 

2 ペパーミント(Peppermint)

 学名 Mentha piperita L.
 主成分 L(-)Menthol
 主原産地 アメリカ、インド、
 地中海沿岸、ヨーロッパ、ロシア

 

ペパーミントは「スペアミント」と「ウォーター
ミント」の交配によってできたといわれています。

 

 スペアミント  ウォーターミント
   |         |
     ーーーーーーーーーー
        |
      ペパーミント

 

「ペパーミント(Peppermint)」の
「ペパー(pepper)」は胡椒のこと。
刺激のある風味が胡椒に似ているからだそうです。

 

 

ゴーダブラックペッパー
(黒胡椒の入ったゴーダチーズ)

 

 

主成分の「L(-)Menthol(エル  メントール)」
の含有量は  50〜60%  と和ハッカより低め
です(35〜45%とする説もあります)。

 

ヨーロッパ、アラビアでは、葉を摘み取って乾燥
させたものをハーブ(薬草)やとして使用したり、
花を枝ごと水蒸気蒸留して精油を抽出して香料
として利用されてきました。

 

 

スペアミント

 

 

 

3 スペアミント(Spearmint)

 学名 Mentha spicata L.
 主成分 L‐Carvone
 主原産地 アメリカ・インド
 ・ヨーロッパ・ロシア

 

お料理に使うのはスペアミント

ヨーロッパやアメリカで、お料理に使う
ミントはといえば、このスペアミント。
繁殖力の高さでも有名です。

 

「スペアミント(spearmint)」の「スペア
(spear)」とは、「槍(やり)」の意味で
先のとがった葉を槍に見立てた命名。

 

 

槍の写真がないので、オクラで……

 

 

「スペアミント」は別名「ラムミント」とも
呼ばれ、イギリスのラム料理にはスペアミント
を使ったミントソースがつきものです。

 

ミントソースの作り方は、ミントをみじん
切りにし、お酢に砂糖を溶かし、ミントを
加えてミキサーにかけて作ります。

 

日本人の感想は、「超美味しい!」
と「……」に分かれるようです。
材料を見るとちょっとアレですよね。

 

 

 

メントールの含有量は「0」

日本には19世紀の初めにオランダ戦から伝えられ
「オランダハッカ(ちりめんハッカ、緑ハッカ)」
と呼ばれましたが、特異な香りが好まれず定着は
しませんでした。

 

日本人は一般的にメントールを好むといわれますが
スペアミントの主成分は「カルボン」、苦味成分の
「プレゴン」などで、メントールの含有量がゼロ
だったためと思われます。

 

 

 

 

 

脱毛抑制効果も?

このスペアミント、最近は脱毛抑制
効果があることがわかりました。

 

ペパーミントがもつ、抗男性ホルモン作用が
男性型脱毛症の発症を抑える効果が期待できるとか。
(ということは女性の脱毛には効かないのかな?)

 

これを発見したのは毛髪クリニックのリーブ21で
2018年の3月に、日本薬学会で発表されました。
        (参照/「北見ハッカ通商」)

 

スポンサードリンク




咳でむせたり、喉が痛い時に「メントールクリスタル」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

 

咳が出る時に

今日はここ数ヶ月、私が試してみた
メントールクリスタルにオイルと水を加えた
ものの作り方をシェアしたいと思います。

 

「メント(ソ)ールクリスタル(Menthol)」は
「ハッカ脳」「薄荷脳」といわれるもので
詳しいことは後日、記事にする予定です。

 

今回、書くオイルを加えた「ハッカ油」と
水を加えた「ハッカ水」ですが、一般的に
使われている「ハッカ油」と「ハッカ水」と
いう言葉が指しているものとは別のもの。

 

誤解がないように今回、作り方を書く
「ハッカ油」は
「オイルを加えたメントールクリスタル」、

 

「ハッカ水」は
「お湯でとかしたメントールクリスタル」
という言い方に統一したいと思います。

 

 

お茶に入れれば「ミントティー」

 

 

 

「食品グレード」を使用

「メント(ソ)ールクリスタル((Menthol))」とは
いわゆるハッカの葉から水蒸気蒸留法で作られた
精油から得られる、透明の水晶のような結晶の
ことで「ハッカ脳」「薄荷脳」ともいいます。

 

これから作られた「ハッカ油」も市販されて
いますが今回、御紹介する「オイルを加えた
メントールクリスタル」の方がリーズナブル
という以前に違うものです。

 

なお、メントールクリスタルには「食品グレード」
や「化粧品グレード」などがあるようですが
必ず「食品グレード」でお願いします。

 

 

↑ この辺りに白く見えるもの

 

 

 

A「オイルを加えたメントールクリスタル」

こちらは文字通り、メントールクリスタルに
オイルを加えるのですが、上の写真のように
最初はごく少量をガラスの容器に入れてください。

 

次にオイルを入れますが、これは「入れる」
というよりは「垂らす」という表現の方が
正確かもというほど、少しの量にします。

 

オイルが多くてもよいのですが、この
「オイルを加えたメントールクリスタル」の
ビンを、口と鼻に当てて使用するのでオイル
がこぼれないよう敢えて少なめにしています。

 

 

オイルを加える(たらす)

 

 

特に私は夜、就寝時に横になって使用するので
オイルを「ヒタヒタ」ではなく「パラパラ」と
かける程度(オイルが多すぎてお布団に
こぼしたことが何度もありますので)。

 

使用するオイルは、この写真では「ひまし油」
を使いましたが、おうちにある調理用の油
でしたら、何でも大丈夫だと思います。

 

あえていえば、酸化しにくい方がいいのかも
しれませんが、少しずつ作って使用します
ので、そこまで気にしなくてもいいかなと。

 

上から見ると、こんな感じです。

 

 

 

 

あまりオイルに溶けた、という感じがしないかも
しれませんが、大丈夫、香りを嗅ぐと十分、ハッカ
の香りが漂っていますし、ビンを傾けてもメン
トールクリスタルが落ちてくることはありません。

 

その上、メントールクリスタルはビンを持つ手
の温度で徐々に溶けてきますので、嗅いでいる
時間にもよりますが、液体状になってきます。

 

これを、好きな時に好きな時間だけ鼻や口から
吸うと、咳が出るときなどとても楽になります。
私は気管支喘息を患っていますので毎晩、この
香りを嗅ぎながら眠りについています。

 

 

 

B「お湯で溶かしたメントールクリスタル」

次はお湯版の作り方ですが、実はメントール
クリスタルは、油には溶けますが水には溶けない
というよう説明されていて、それは事実です。

 

ですが、お湯を加えると、いわゆる溶ける
というのではありませんが一瞬、溶けたよう
に見えた後、時間が経つと再び固まります。

 

ただしその時に、元のクリスタル状になるの
ではなく、細かくなったお砂糖が再結晶します。
お湯を加える→除去する→再びお湯を加える、を
繰り返していくと、そのうちに結晶はなくなります。

 

作り方というほどのものではありませんが、
1 このように少しだけメントールクリスタル
 をガラス等の容器に入れます。

 

 

1 ガラスの容器にメントールクリスタルを入れる

 

 

2 次にお湯を適当に入れます。
 入れた直後は、まだ結晶が見えます。

 

 

2 お湯を注ぐ

 

 

3 メントールクリスタルが溶けたように見えます。
(下に何色のものを置いたら見えやすく
 なるかを試しましたが、あまり変わりませんね、
 というか、かえってこちらの方がみづらい
 ですね……ごめんなさい)

 

 この時に飲むのは刺激が強すぎてNG!

 

 

3 最初は、結晶が消えてお湯だけになる

 

 

4 もう少し時間がたつと、こんなふうになります。
 ビーカーの目盛りの20くらいから下が水で、
 上に白っぽく見えているのが、メントール
 クリスタルの再結晶化したもの。

 

その時の分量にもよりますが、水の上に
蓋をしたようになったりもします。

 

この蓋は、牛乳を温めた時のタンパク質のように
プニョプニョしたものではなく、お砂糖の結晶
のような、ちょっとかたいものです。

 

 

4 下に水、上に蓋をしたように
メントールクリスタルが再結晶化する

 

 

 

調子の悪い時に少しだけ飲む

これの利用方法は、咳が出てむせた時や、
喉の調子がよくない時にほんの少しだけ飲みます。
風邪、喘息、タバコ等で喉の調子が悪い時など。

 

このビーカーは50ミリリットルの小さいもので
お湯は、20ミリリットルも入れていないのが
おわかりだと思います。
これを4〜5回に分けて飲みます。

 

お薬ではありませんので決まりはありませんし
食品添加物ですので多めに飲んでも問題はない
と思います。

 

水の部分を飲んでしまった後は、またお湯を
加えるというのを何回か繰り返しているうちに
メントールクリスタルはなくなってきます。

 

 

 

 

 

清涼感は感じても体は冷やしていない

冬はちょっと向きませんが、夏にメントール
クリスタルを浴槽に入れると(ほんの少しだけ、
多いと大変なことに)スースーして面白いですよ。

 

でもハッカのスースー感は、そう感じるだけで
実際は体を冷やしていませんので、今日の「オイル
を加えたメントールクリスタル」も御心配なく。

 

ハッカ油の使用方法については、たくさんの情報が
ネットにあふれていますが、このような使い方が
見当たりませんでしたので書いてみました。

 

咳で苦しい時などに試してくださいね。
少しでも楽になりますように!

 

スポンサードリンク




シナモン 「シナモンロール(成城石井)」と「八つ橋(匠、宇治彩菓)」

「あぷりのお茶会 赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

151115sinamonroru

 

 

世界3大スパイスの一つ

「コショウ」「クローブ」とともに世界の3大スパイス
として有名な「シナモン」は「世界最古のスパイス」
ともいわれています。

 

紀元前4000年頃にはミイラ作り
にも使われてたそうですよ。

 

シナモンは、高さが10メートルにもなるクスノキ科
の常緑高木で、淡い褐色の厚い樹皮が
お互いに内側に巻いた形態をしています。

 

樹皮の裏側がシナモンの香りがする部分で
木自体は匂いがしません。

 

この樹皮を剥いで乾燥させてたものがシナモン
スティック、フランス語では「カネール(cannelle)」。
こんなによい香りなのに、アリや虫は嫌いなんですって。

 

 

セイロンシナモン 後ろがスティック、前がパウダー

 

 

熱帯地方が原産地と推測されているシナモンは
一年中花を咲かせる木で、葉脈の形が面白いことも
あって観葉植物として楽しむ人もいます。
日本名は「桂皮」「肉桂」。

 

 

 

セイロンシナモン

「シナモン」の英語表記は「Cinnamon」で
学名は「Cinnamomum zeylanicum 」。
「zeylanicum」とは「スリランカの」を意味する言葉。

 

英語の「cinnamon」は、ギリシャ語の「kinnamon」
が語源といわれ、このギリシャ語はヘブル語の
「qinnamon」からきているといわれています。

 

インドネシア原産の「Cinnamomum zeylanicum 」を
オランダ人が18世紀にスリランカで栽培したため
「セイロンシナモン」とも呼ばれます。

 

 

シナモンの木

 

 

 

カシア

普通、シナモンといえば「セイロンシナモン」
を指しますが、中国南部やベトナム、アフリカ
でとれる「カシア」もあります。

 

「セイロンシナモン」は上品で甘い繊細な香り、
一方「カシア」は、濃厚で辛味が強いのが特徴。

 

両者は共に、はがした樹皮を丸めて乾燥させた
ものですが、「セイロンシナモン」より
「カシア」の方が少々肉厚です。

 

「セイロンシナモン」や「カシア」以外では
インドでとれる「シナモン・タマラ」、
中国の「「シナニッケイ」や「ニッキ」があります。

 

 

シナモンスティック 少し肉厚の「カシア」

 

 

 

偽装「セイロンシナモン」?

「セイロンシナモン」には「オイゲノール」という
成分が含まれていて、「セイロンシナモン」独特の
マイルドな香りを生み出しています。

 

ところが最近の日本では、「シナニッケイ」が
「セイロンシナモン」として売られている
こともあるのだとか。

 

安さや供給の安定ばかりを望むことで
ホンモノがすり替わってしまうのですね。

 

少し前の記事の杏仁豆腐の元となる
「杏仁霜(あんにんそう)」
もそうでしたが
消費者の姿勢が問われているようです。

 

 

アラボンヌー「ゼリー杏仁」

 

 

 

シルクロードやスパイスロードを渡って

中国やタイ、インドネシア、セイロンと、東洋の
シナモンは陸路のシルクロードや、「香料の道
(スパイスロード)」、またインド洋やアラビア海、
紅海を経る海上ルート等で、地中海沿岸地方
へと運ばれました。

 

シナモンの産地を明かさなかったり、あるいは
神秘的な付加価値をつけたりすることにより、
価格を上げていたともいわれるほどシナモンは
遠い異国の神秘的なスパイスだったよう。

 

こうして長い旅を経たシナモンは、紀元前6世紀頃
書かれた旧約聖書の『エセキエル書』や、
古代ギリシアの詩人だった、サッポーの
書いた詩にも登場することになります。

 

 

スターアニス

 

 

 

フェニックスもミイラも、権力者も

エジプト神話のなかで不死鳥として知られる
フェニックスは、死期が近づくと、シナモンの小枝を
集めて火をともし自らの身を焼き、その灰の中から
復活するという、永遠の時を生きるとされる火の鳥。

 

そして永遠の時を生きるミイラもまた
シナモンによって作られます。

 

クミンやアニス、マジョラムなどで作られていた
ミイラは、紀元前4000年頃からは、シナモンや
クローブで作ることが主流になりました。

 

 

 

 

ミイラ作りにおいては、殺菌作用や防腐作用を期待
されていたシナモンですが、その芳香は当時の
エジプトの権力者たちの日々の生活や、聖なる儀式に
欠かせないものとなり、重要な位置を占めてゆきます。

 

またシナモンは愛情を表すための
プレゼントでもありました。

 

ローマ帝国第2代皇帝のネロは、妻が亡くなった
際に、1年分もの大量のシナモンを焚くことで
愛情を表したともいわれています。

 

 

 

 

 

日本に伝わったのは奈良時代

一方、中国でシナモンが初めて登場
するのは、後漢時代(25〜220年)。

 

薬学書である『神農本草経』にシナモンは
「牡桂」や「菌桂」という名前で記載されおり
漢方薬として扱われていたことがわかります。

 

日本にも聖武天皇の時代(724〜749年)には、中国
から伝わっていたようで、コショウやクローブ、香木
などと一緒に中国産のシナモンが正倉院に「桂心」
という名の生薬として現在でも保存されています。

 

 

香木「伽羅」

 

 

奈良時代に日本に入ってきてはいましたが、当時
「桂心」と呼ばれていたシナモンは天皇や貴族たち
のもので、一般庶民に親しまれるようになった
のは江戸時代になってからのこと。

 

 

「シナニッケイ」という品種の樹木が、江戸時代
の享保年間に日本に伝り栽培が始まったため
一般庶民にも浸透するようになりました。

 

 

 

 

 

八つ橋やお屠蘇にも

日本で栽培されていくうちに
シナモンは「日本肉桂」や「ニッキ」
と呼ばれるようになっていきます。

 

シナモンは普通、樹皮を利用するものですが
ニッキは根の部分を乾燥させて作るため
シナモンより一層スパイシー。

 

これを利用したものが、京都の
有名なお菓子「八つ橋」です。

 

 

 

 

ニッキの油を生地に加えて、おせんべいのように
焼いたもので、江戸時代から作られていました。
焼かないものの方は「生八ツ橋」と呼ばれています。

 

またお正月に頂くお屠蘇にも、シナモンは入っています。
三国時代の中国で医師により作られたという
お屠蘇は、病を防ぐ飲み物とされていました。

 

 


ニッキ油を使った「生八ツ橋」(匠、宇治彩菓)

 

 

 

煮込み料理やお菓子に

シナモンの香りの主成分は「桂皮アルデヒド」です。
「桂皮アルデヒド」とは、「シンナムアルデヒド
(cinnamaldehyde)示性式 C6H5CH=CH?CHO 」
という芳香族アルデヒドの一種。

 

この桂皮アルデヒドは、40度前後で香りが最もよく
発散するといわれ、さまざまなお料理に使われています。
もちろん、カレーにもシナモンは欠かせない香辛料ですね。

 

煮込み料理に、ローレル(月桂樹)の葉っぱを入れる
ことがありますが、インドでは、シナモンの葉を
同様に煮込み料理に使うことから、シナモンの葉を
「インディアンベイリーフ」とも呼ぶそう。

 

シナモンはお砂糖との相性も抜群なため、パンや
クッキーにジャム、特にアップルパイや
シナモンロールなどはシナモンの独擅場。

 

グラニュー糖とあわせるシナモンシュガーも、
トーストやヨーグルト、アイスクリーム
などで大活躍すること間違いなしです。

 

 

 

 

 

薬効

漢方の「桂皮(ケイヒ)」は、体を温める作用、
発汗作用、健胃作用をもつとされ、多くの方剤に
処方されていますので、シナモンもその働きに
近い効果があるといわれます。

 

血行促進
冷え性の改善も期待でき、むくみの予防にもなります。

 

風邪の症状の緩和
粘液の排出を促進してくれるので、風邪の症状が
和らぐだけではなく、悪寒や暑熱にも良いそう。

 

消化促進作用
食後に飲むと胃腸を守ってくれます。

 

血糖値を下げる
毛細血管の修復を促し、心筋梗塞の予防にも。

 

神経の痛みを除去
手が痺れるなどの軽い神経の痛み、筋肉痛
などに効果があり、精神面での不安を
取り除きリラックスされてくれます。

 

 

「シナモン」のスティックとパウダー

 

 

 

手軽に作れるシナモンレシピ

シナモンをお料理に使うだけではなく、もっと手軽に
いつもシナモンを摂りたいという方へのお手軽レシピを。

 

さっと焼いた食パンに、ココナッツオイルとシナモン
シュガー(お砂糖にシナモンパウダーを混ぜたもの)
+塩を乗せて焼くだけのシナモントースト。

 

シナモンをもっとも簡単に摂ることが
できるのは飲み物でしょうか。

 

 

 

 

カプチーノコーヒーに添えるものはいうまでも
ありませんが、ココアなどにシナモンを入れたり、

 

クエン酸にハチミツを加えてレモネードのようにした
ものに、シナモンを加えるなどなど、色々なドリンク
にシナモンを試してみるのも楽しそうです。

 

 

シナモンロール「成城石井」麻布十番店

 

 

 

使用に際しての注意点

ただし注意も必要で、シナモンはクマリンを含むため
過剰摂取をすると肝障害を起こすこともあります。
1日に3グラムまでを目安にするとよいよう。

 

シナモンパウダー1振りは0,1グラム、と聞くと
全然、平気と思いますが、シナモンロール1つは
2,5グラムですので、やっぱり注意が必要かも。

 

「チャイナシナモン」より「セイロンシナモン」の方が
肝臓にかかる負担が少ないといいますので、いつも摂り
たい方は「セイロンシナモン」を選ぶ方がよいようです。

 

もう一点、シナモンには子宮収縮作用があり、子宮出血
や流産の危険性もあり、ドイツ連邦リスクアセスメント
研究所ではシナモンに含まれる、シンナムアルデヒドが
胎児に悪影響を及ぼすと注意を促しています。
妊娠中の方は避けてくださいね。

 

スポンサードリンク