勝った方がみかんの皮? 食べるものがない戦時中のこと

「あぷりのお茶会」へようこそ!

 

 

blog_import_51536677a6983

 

 

 よく「聞く」こと

今日はお盆で、終戦の日ですね。

 

戦争中は食べるものがなかったという話は、よく聞きます。
先日読んだ本で、それに関することで
驚いたことがありましたので、今日はそのお話を。

 

著者は,お茶の先生でもあり文筆家でもあった
三田富子さんという方です。

 

130617hasunoha

 

 

ジャンケンで勝った方が、みかんの皮?

三田富子さんは、戦時中は十代の終わりか
二十歳位だったと思われます。

 

食べ物に苦労していた戦時中のこと。
ある時、三田富子さんは珍しく、みかんを一つ
手に入れることができました。

 

彼女はそのみかんを、弟さんと食べようとします。
その時、弟さんが言いました。

 

「みかんの実と皮にわけて
ジャンケンで勝った方が好きな方を取ろう」と。

 

彼女は内心、皮の方がいいなあ、と思いながら
弟さんとじゃんけんをすると……、
残念ながら、彼女は負けてしまいました。

 

 

130315makoto

 

 

「読んだ」こと

ここまでのお話で、皆さんはどう思われましたか?
私には不思議に思えました。

 

ジャンケンで勝った方が実を食べるのではなく、
なぜ「皮」なのか?

 

彼女が内心、皮の方がいいと思ったのは、
弟さんに実を譲ろうとしてのことなのでしょうか。

 

先を読んでいくうちに、意味がわかってきました。
二人とも実ではなく、本当に皮が食べたかったのです。

 

130715hasutubomi

 

 

実際の「体験」

その理由は、食べるものがない月日が長く続いたせいで
それほどまでに、「噛む」ことに飢えていたからだそうです。

 

夏みかんやオレンジではない普通のみかんの皮など、
噛みごたえがあるとも思えませんし、苦いばかりで
あまりおいしいものでもないでしょう。

 

それでも、皮が欲しかった、皮が噛みたかった、
というのは私にとっては驚きでした。

 

私は戦時中は食べ物がなかったということは、
何度も聞いたり読んだりして、知っているつもりでいたのです。

 

しかし、それは所詮、単に頭で考えたことに過ぎず
実際にそれを経験した方の実感とは
ほど遠いものなのだということを思い知らされました。

 

そして、そのような体験をする人が
今後、2度とでないように祈るばかりです。

 

スポンサードリンク