イタリア大使館と、ローマで行われている日本人への式典を知っていますか?

「あぷりのお茶会赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

 

       イタリア大使館庭園(写真/「イタリア大使館」)

 

 

 

「綱坂」の向こうはイタリア大使館

広大な8千坪もの敷地の中に英国人建築家、ジョサイア・コンドルの
最高傑作といわれる美しい建物がある「綱町三井倶楽部」。
その位置しているのがイタリア大使館です。

 

水色の矢印がある「二の橋」から A、B、C、D、Eと
数でいいますとほんの数軒しかなく、わずか数区画に過ぎませんが
一つ一つの建物と敷地が大きいために、広大な面積を有しています。

 

今日、御紹介のイタリア大使館も同様です。
「イタリア大使館」 〒108-8302 港区三田2丁目5-4
 Tel.0081334535291 / 0081334535292)

 

 

水色の矢印)「二の橋」 (ピンク色の線)「日向坂
紺色の線)「綱の手引き坂」 (緑色の線)「綱坂」 
B )「オーストラリア大使館」 ( C )「綱町三井倶楽部
E )「イタリア大使館

 

 

 

松山藩中屋敷  →  松方正義  →  イタリア大使館

「オーストラリア大使館」と「綱町三井倶楽部」、「イタリア大使館」
の3つは全て、江戸時代は大名家の江戸藩邸だったところです。

 

(B)の「オーストラリア大使館」は、日向佐土原藩の島津家のお屋敷。
(C)の「綱町三井倶楽部」は、やはり同じ日向佐土原藩、島津家の
屋敷の一部と、会津藩松平(保科)肥後守のお屋敷の一部と思われます。

 

そして今日の(E)「イタリア大使館」ですが、こちらは
伊予国松山藩、15万石、松平隠岐守の中屋敷があった場所。

 

明治維新後には、国立西洋美術館の「松方コレクション」と
して有名な松方幸次郎の父・松方正義の手に渡っていた
この土地を、イタリア政府が1934(昭和9)に取得しました。

 

 

          このあたりは大名屋敷の多い一角です

 

 

 

伊予松山藩 松平隠岐守

上の地図でも「松平姓」がたくさんありますが
以前このブログでそれを取りあげたことがあります。
「江戸切絵図に『松平家』が多いのはなぜ?」

 

松平を名乗っている家は、大きく分けて3つあります。
① 徳川を名乗らない家康の子孫の松平姓
② 家康が将軍になる前からの親類の松平姓(十八松平、十四松平とも)
③ 報賞、名誉として与えられた松平姓

 

現在、イタリア大使館ある場所に江戸時代、お屋敷を構えて
いたのは、①の徳川家康の子孫の松平家ということで
家康の異父弟・定勝の子孫の「久松松平家」です。

 

 

     伊予松山藩・松平隠岐守の中屋敷だったイタリア大使館

 

 

 

4代藩主・定直は俳句好き

伊予松山藩は、現在の愛媛県松山市を中心とした地域をおさめていた藩。
残念ながら私は松山には行ったことはありませんが
松山といって思い浮かぶのは、なんといっても俳句ですね。

 

正岡子規や高浜虚子が、現代俳句で名を残したのも、久松松平家と
全く無関係というわけでもないようですが、その理由は
第4代・定直(1660〜1720年)は徘徊を好んだ藩主だったから。

 

定直の死後の安永年間(1772〜1781年)に、俳句は一般の
庶民にまで普及してゆき、領内では徘徊が盛んになったといいます。
また正岡子規も高浜虚子も、藩士の子弟です。

 

 

   イタリア大使館 緑の向こう側に池があるのでしょうか?

 

 

 

赤穂義士を預かった4人の藩主

イタリア大使館といって一番有名なのは、もしかしたら忠臣蔵・
元禄赤穂事件が起こった際に、義士のうちの10人を屋敷に預かり
後に切腹をさせた場所の一つであるということかもしれませんね。

 

1703(元禄15)年12月15日に吉良邸討ち入りを果たした赤穂義士は
4つのお屋敷に分けて預けられることになりましたが
そのうちの一つがこの松山藩・松平家です。

 

その他は以前、御紹介した現在は六本木ヒルズになっている
長府藩・毛利家と熊本藩・細川家、もう一つはやはり
同じ三田にある岡崎藩・水野家です。

 

 

    ( E  )の文字の下に見えるのが、イタリア大使館の池

 

 

 

伊予松山藩 第4代藩主・松平定直

伊予松山藩の中屋敷に預けられた赤穂義士の面々とは
大石内蔵助の長男である大石主税良金、堀部安兵衛武庸、中村勘助正辰、
菅谷半之丞政利、木村岡右衛門貞行、千馬三郎兵衛光忠、岡野金右衛門
包秀、貝賀弥左衛門友信、大高源吾忠雄、不破数右衛門正種の十名。

 

最も当時、第4代藩主の定直は病に伏していて登城できなかったため
赤穂義士預かりの命令は家臣を通じて聞いたといい、定直が赤穂義士
たちと面会をしたのは元禄16年の1月5日になってからのことでした。

 

定直は会見が遅くなったことを詫び、仇討への
賞賛をした後に、このように語ったといいます。

 

「もっと大歓迎をしたいところだが、
幕府からのお預かり人であるためできない。
しかし諸事不自由はさせない。
用事があれば遠慮なく家臣に申しつけてくれて構わない」と。

 

 

         イタリア大使館の庭園にある池

 

 

 

毎年、赤穂義士の供養を行うイタリア大使館

イタリア大使館には、大きない池を有した美しい庭園が
あることでも有名ですが、先ほどの地図で( E  )の文字の
下に、水色で描かれていたのが庭園の池です。

 

この池は、赤穂義士の切腹の場の一部を掘り起こしたものともいわれ
池の裏手にある築山は、池を掘り起こした時の土でできているそうです。
そばには当時のイタリア大使により1939(昭和14)年、記念碑も建立。

 

記念碑はイタリア語と日本語の両方が刻まれているようで
日本語は徳富蘇峰が揮毫したと伝えられています。

 

そして一般には公開されていませんし、日本人もあまり知らないこと
だと思うのですが、イタリア大使館では赤穂義士の命日に
歴代のイタリア大使の手により義士たちへの供養が行われています。

 

 

 

毎年、8月6日にパンテオン前で行われる原爆の日の式典
(写真/「藤村シシン1/7映画ミューズアカデミー」」)

 

 

 

ローマで毎年、広島・長崎への式典も

そしてこちらは、もっと知られていないように思えるますが
実はイタリアでは毎年、8月6日の朝からローマのパンテオン前で
誰でも参加できる原爆記念日の式典を行なっているそうです。

 

横断幕に書かれているのは
「Mai più HIROSHIMA」(広島を二度と繰り返すな)という言葉。
この時期、ローマに沢山の日本人環境客が来ているにもかかわらず式典は
知られていないようで、参加してくれないことを残念がっているとか。

 

そうだったのですね……、日本人として、心から感謝を!
私もその時期にイタリアに行ってみたいなぁ。
「藤村シシン1/7映画ミューズアカデミー」さんのツイート, 写真も)

 

 

   チェルノブイリにある福島への祈りを込めた「折り鶴の像」

 

 

 

チェルノブイリにある「折り鶴の像」

そういえば今年の初めに、チェルノブイリにある
「折り鶴の像」を御紹介したのを思い出しました。
「フクシマへの祈り「折り鶴の像」」

 

1986年4月26日に起きたチェルノブイリ原発事故から
ちょうど25周年目にあたる、2011年に起きた福島原発事故。
同じ苦しみを受けた福島の人たちへの思いを込めて建てられた像です。

 

ウクライナ政府の資金提供により、ウクライナ人デザイナーの設計
で作られたものですが、このような像はフクシマに対してだけではなく
ヒロシマへの同様の折り鶴の像が建てられているということです。

 

 

チェルノブイリの「折り鶴の像」のそばには
「Fukusima」の文字が

 

 

 

知らないところで……、ありがとう!

2016年の初めと終わりにはからずも私たち、といってはいけないのかも
しれませんが、少なくとも私は知らなかった外国から日本に対しての
あたたかい思いを記すことができたことをとても嬉しく思います。

 

血の繋がりや国境を越え、人々が心を砕いてくださっていることを
決して忘れることなく、今度は私たちができることをしたいですね。

 

2016年、ありがとう!
そして、ブログを訪れてくださった皆様へ、ありがとうございます!

 

 

 

スポンサードリンク