カカオ85%、99%のチョコレート「リンツ(Lindt)」 成城石井麻布十番店

「あぷりのお茶会赤坂・麻布・六本木」へようこそ!

 

161017lindt99

 

 

「成城石井」麻布十番店

前回の「イートモアグリーンズ」の斜め後といった
あたりの場所にあるのが成城石井麻布十番店です。
麻布十番駅の4番出口から徒歩2分ほど。

 

「成城石井麻布十番店」
 106-0045 港区麻布十番2丁目2-10 麻布十番スクエア1F
 03-5439-6401  24時間営業)

 

麻布十番に「成城石井」がいつ出来たかは覚えていないのですが
そんなに前ではなく、少なくとも前回、御紹介した
「カフェ  ラ・ボエム」よりは後だったような気がします。

 

 

azabu (K)が「成城石井  麻布十番店」(Aの左がピーコックのあった場所)

 

 

 

「ピーコック麻布十番店」は一時休業?

このそばにあった「ピーコック麻布十番店」が9月11日でなくなった
ので、「成城石井麻布十番店」の需要がたかまるかもしれませんね。

 

まさについ最近まで営業していたので、上記の地図では(A)の少し
左側に「大丸ピーコック麻布十番店」との記載がまだ残っています。

 

ピーコックのサイトでは「一時休業させていただいております」
と記載されているのですが、また営業を再開するのでしょうか?
今日見ましたら、お店の前はもう塀のような囲いが出来ていましたが。

 

 

160712lindt        エクセレンス・85%カカオ「リンツ」

 

 

 

最初はカカオ86パーセント

今日は2つのチョコレートを御覧いただきたいのですが
まず最初はリンツ社のカカオ85パーセントチョコレート。
南麻布の「ナショナル麻布スーパーマーケット」で購入しました。

 

その時に同じリンツのエクセレンス・カカオ99パーセントも
あったのですが、これはちょっと無理かな?、と思って
無難なところで85パーセントにしたのです。

 

ちなみにこれ以外には、もう少しカカオの分量の少ない
70パーセントというチョコレートもありました。

 

リンツのサイトを見てみますとそれ以外にも
カカオ90パーセントというものもあるようですね。
私はお店で見た記憶はありませんが。

 

 

blog_import_515361ab92b4e          こちらはカカオ86パーセント

 

 

86パーセントを食べてみましたら全然、平気。
普通のチョコレートをさほど変わらないような感じでした。

 

以前、他のメーカーのチョコレートでしたがカカオ86パーセント
というのを試したことがあり、そんなに食べづらいものでない
ことは経験済みでしたので、まあこんなでしょう、という感じ。

 

 

160712chocolate        エクセレンス・カカオ85%「リンツ」

 

 

 

どこにも売っていない?

そこでこの度、99パーセントに挑戦をしてみることにしたのです。
ところがいざ手に入れようとすると、どこにもないのです。

 

今はお店を閉めているピーコック麻布十番店、成城石井麻布十番店、
日進ワールドデリカテッセン  インターナショナルスーパーマーケット
と、全てのお店で85パーセントまでしかありません。

 

一時的にカカオ99パーセントが品切れだったのでしょうか?
少し時間がたって忘れかけていた頃に成城石井で見つけたので則購入。

 

リンツの「エクセレンス・カカオ85%」と「エクセレンス・カカオ99%」
の記念撮影をしたのですが、どうも99パーセントの写りが悪いです。

 

何度試してみてもゴールドで書かれた「99」の文字が写らないので
ここはどうか一つ、想像という御協力をお願いいたします。

 

 

161017lindt99    左「カカオ・99%」 右「カカオ・85%」(共にリンツ)

 

 

 

一口目は……

買わなければよかったかも、という思いが一瞬よぎる味
というのが正直な感想でした。
ですが一方、思っていた通りの味でもありました。

 

だってカカオ分が99パーセントなのだから当然、甘くもないのだし。
そもそもチョコレートは、最初はお薬として扱われていたという
くらいですから、その流れの味がして納得。

 

ただ、それを強く感じたのは初めだけで、二口目からは
苦いお薬風の固まりの中にもカカオの個性、おいしさがほんの
少しだけ味わえるような気もしてきました(気のせいかも)。

 

 

161017lindt85    左が「カカオ・85%」、右が「カカオ・99パーセント」

 

 

 

カカオの効能

カカオに含まれるカカオポリフェノールには
欠陥を広げ血圧を下げる血圧低下の効果や、
血中のストレスホルモンの分泌を抑える働き、
抗酸化作用があるといわれています。

 

カカオの苦味成分はテオブロミンといわれる成分で
これは血行をよくしたり、自律神経を整え疲労回復に繋がります。

 

これらの効果が期待できるのは、カカオが60〜70パーセント以上
含まれている高カカオチョコレートということです。

 

 

130715tyokosakuranbo

 

 

 

「カカオ・85%」VS「カカオ・99%」

ちなみに両者は同じ大きさの箱に入っているのですが
「カカオ・85%」は100グラム入りで、カロリーは530キロカロリー。

 

「カカオ・99%」は50グラム入り、カロリーは
100グラム当たり295キロカロリーということです。

 

かなり昔に話題になったチョコレートダイエットでは
カカオ80パーセント以上のチョコレートを食事の前に50グラム食べる、
ということだったように記憶していますが、85はともかく99はきつそう。

 

いえ、85パーセントでも毎日、続けるとなると大変かも知れません。
痩せるためにという義務感で毎日食べなければならないとなると
苦行のように感じたりして、やはり楽しては痩せられないのですね。

 

 

121022hosi3

 

 

「リンツエクセレンス カカオ・85%」
原材料 カカオマス、ココアパウダー、ココアバター、砂糖、香料

 

「リンツエクセレンス カカオ・99%」
原材料 カカオマス、ココアパウダー、ココアバター、砂糖

 

というように当然のことながら、成分はほとんど同じ。
ただ85パーセントのほうには「香料」が入っているようです。
70、85、90の全てに香料が入っていて、含まれないのは99だけのよう。

 

また70、85、99は「原産国フランス」となっていますが
90だけは「原産国ドイツ」となっているのはリンツ社の都合かな。

 

 

160712lindt      エクセレンス カカオ・85パーセント「リンツ」

 

 

 

カカオはかなり高カロリー

私自身、もう一つ意外に思ったことは、カカオ・99パーセントの
100グラムあたりのカロリーが295キロカロリーもあるということ。

 

普通のチョコレートはお砂糖がバシバシ入っていますので、当然
カロリーが高いのは当然のことですが、カカオは何となく果物や
野菜というような感覚でしたので、かなり熱量が低いのではないかと。

 

お砂糖は色々な種類がありますが、大体のところ100グラム当たり
380キロカロリーほどといわれていますので、お砂糖と比較すると
カカオはあんなに苦いのに295キロカロリーもあるのですね(って、
計算の仕方が間違っている気もしますが)。

 

そうそう、どこで読んだものか忘れてしまったのですが
カカオ99パーセントとドライのナツメを一緒に食べるといい、
ということを読んだ記憶がありますので今度、試してみましょう。

 

スポンサードリンク